懸濁剤 に関する公開一覧

懸濁剤」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「懸濁剤」の詳細情報や、「懸濁剤」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「懸濁剤」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(72,382件中)1/3,620ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明はCAPRIN−1タンパク質、と免疫学的反応性を有する抗体又はそのフラグメントと、免疫活性化因子が結合されてなるコンジュゲートならびに該コンジュゲートを有効成分として含むことを特徴とする、従来の抗体又は抗体と免疫活性化因子のコンジュゲートよりも抗腫瘍活性の優れた癌の治療及び/又は予防のための医薬組成物である。

  2. 【課題】優れた抗腫瘍活性を示す二本鎖核酸分子を提供する。【解決手段】化学式(1)(配列番号1)で表される塩基配列を含む第1ポリヌクレオチド鎖、および当該第1ポリヌクレオチド鎖と相補的な塩基配列を含む第2ポリヌクレオチド鎖を含む、二本鎖核酸分子である。

    二本鎖核酸分子、およびその用途

  3. 【課題・解決手段】式I:CCXXXCXXXXXXXXC(I)(Xはシステイン残基以外の任意のアミノ酸残基を表す。)で示されるアミノ酸配列を含むペプチド、及び式II:CXXXXXXXXXXXC(II)(Xは前記と同様である。)で示されるアミノ酸配列を含むペプチドを含み、かつ、ナマコ綱に属する無脊椎動物における放卵又は放精誘起活性を有するヘテロ二量体ペプチド。

    放卵又は放精を誘起するペプチド

  4. 【課題・解決手段】本発明の目的は、新たな水頭症の予防又は治療用医薬組成物、及び患者への負担の大きくない診断用キットを提供することであり、また、新たな水頭症の予防及び治療方法、並びに患者への負担の軽減された水頭症の診断方法を提供することである。本発明は、Tsukushiタンパク質を含む水頭症の予防又は治療用医薬組成物、Tsukushiタンパク質のアミノ酸置換又は該置換を...

    水頭症の治療用医薬組成物

  5. 【課題・解決手段】本発明は、シスチンおよびグルタミンの少なくとも一つを有効成分として含有する、消化管における吸収低下の改善用組成物、または消化管における吸収の促進用組成物を提供する。本発明の上記組成物は、種々の原因により引き起こされる消化管における吸収の低下、特に、ストレスや運動による消化管における吸収の低下を良好に改善することができ、また、消化管における吸収を促進す...

    消化管における吸収低下の改善用組成物、および消化管における吸収の促進用組成物

  6. 【課題・解決手段】本発明は、白金系抗ガン剤組成物と併用するための、該組成物の抗ガン活性を増強し、また該組成物に由来する疼痛を低減する、ラクトフェリン活性を有するタンパク質を含む、抗ガン治療補助剤に関する。本発明のラクトフェリン活性を有するタンパク質は、白金系抗ガン剤と併用するための、白金系抗ガン剤組成物による疼痛の軽減に有用であり、さらに抗ガン活性を増加させる、疾患の...

    ラクトフェリン活性を有するタンパク質を含む、抗ガン治療補助剤

  7. 【課題・解決手段】生物安全性が高く、FOXO1活性の阻害に寄与する組成物を提供することを目的とする。また、FOXO1活性を阻害するための組成物の使用、及びFOXO1活性を阻害する方法を提供することを目的とする。天然物由来の化合物の中から特定の化合物がFOXO1活性の阻害作用を有することを見出した。本発明は、筋委縮抑制、筋肉合成促進、及び骨密度低下抑制に資する、効果的且...

  8. 【課題・解決手段】生物安全性が高く、PGC−1αの活性化に寄与する組成物を提供することを目的とする。また、PGC−1αを活性化するための組成物の使用、及びPGC−1αを活性化する方法を提供することを目的とする。天然物由来の化合物の中から特定の化合物がPGC−1αの活性化作用を有することを見出した。本発明は、持久力の向上、筋肥大、肥満抑制、ストレス軽減、糖代謝機能の改善...

  9. 【課題・解決手段】疾患全体の発症を抑制するための薬剤又は飲食品の提供。乳酸菌を有効成分とする無病率低下抑制剤。

    無病率低下抑制剤

  10. 【課題・解決手段】本発明は、希少疾患である血管免疫芽球性T細胞リンパ腫(AITL)を含む各種腫瘍の治療剤等を提供する。本発明は、ダサチニブ、若しくはそのプロドラッグ、又はそれらの薬理学的に許容し得る塩、あるいはそれらの水和物若しくは溶媒和物を有効成分として含む、VAVファミリーに属する癌原遺伝子タンパク質のリン酸化で同定される腫瘍の治療剤等に係るものである。

    VAVファミリーに属する癌原遺伝子タンパク質のリン酸化で同定される腫瘍の治療剤

  11. 農業及び園芸等の作物生産において、害虫等による被害は今なお大きく、既存薬に対する抵抗性害虫の発生等の要因から新規な農園芸用殺虫剤の開発が望まれている。本発明は、一般式(1):【化1】R1及びR4が、水素原子;であり、R2及びR3がハロゲン原子;であり、R5が、ハロアルキル基;であり、Ra、Rb及びRcが、水素原子;であり、A1がCH基、A2が、窒素原子であり、A3がN...

    N‐アルキルスルホニルインドリン化合物及び該化合物を含有する農園芸用殺虫剤並びにその使用方法

  12. 本発明は、農業及び園芸等の作物生産において、害虫等による被害が今なお大きいことから、既存薬に対する抵抗性害虫の発生等の要因から新規な農園芸用殺虫剤を開発し、提供することを課題とする。本発明は、一般式(1)【化1】 式中、R1はハロアルキル基、R2は水素原子又はアルキル基、R3はハロアルキル基又はアルキルチオアルキル基であり、AはN‐メチル基、A1は窒素原子、A2はC...

    オキシム基を有するキノリン化合物、N‐オキサイド又はその塩類及び該化合物を含有する農園芸用殺虫剤並びにその使用方法

  13. 【課題・解決手段】クローン病患者又は潰瘍性大腸炎患者由来の唾液を、無菌マウスに経口投与した結果、大腸においてTh1細胞が著増することを見出した。さらに、このTh1細胞の増加が見られたマウスの腸内細菌叢から、腸管に定着すると大腸で強いTh1細胞の誘導を引き起こすことになる細菌を単離することに成功した。

    Th1細胞を誘導する細菌

  14. 【課題・解決手段】本発明は、以下の(1)および(2)を含む、抗がん剤を提供する。(1)HVJ-E (hemagglutinating virus of Japan envelope)、(2)免疫チェックポイントタンパク質の阻害物質。

    HVJ−Eおよび免疫チェックポイントタンパク質の阻害物質を含む抗がん剤

  15. 【課題・解決手段】本発明は、皮膚美白活性を有するペプチドを提供する。本発明のメラニン生成を抑制し、チロシナーゼの活性を抑制し、メラニン形成と関連した因子の発現を抑制し、メラノソーム移動を抑制することによって、皮膚美白に対して優れた効果を示す。本発明のペプチドは、小型であるために、皮膚透過度が非常に優れる。前述した本発明のペプチドの優れた活性及び安定性は、化粧品に非常に...

    皮膚美白活性を有するペプチド及びその用途

  16. 【課題】トマトかいよう病菌に対して直接的な殺菌作用を示さず、トマトかいよう病に対する病害抵抗性をトマトに誘導することによって、トマトかいよう病を防除する手段を提供すること。【解決手段】L−アラニン、L−アルギニン、L−アスパラギン、L−アスパラギン酸、L−グルタミン、グリシン、L−ヒスチジン、L−イソロイシン、L−ロイシン、L−フェニルアラニン、L−プロリン、L−セリ...

    トマトかいよう病抵抗性誘導剤及びトマトかいよう病防除方法

  17. 【課題】スラリー状電極合剤の保管時における不可逆的な増粘現象を抑制すると共に、そのチキソトロピー性をも抑制するバインダー組成物を提供する。【解決手段】本発明に係るバインダー組成物は、フッ化ビニリデン共重合体とポリマー添加剤とを含み、フッ化ビニリデン共重合体は、フッ化ビニリデンに由来する構造単位と、クロロトリフルオロエチレンに由来する構造単位と、を含み、ポリマー添加剤は...

    バインダー組成物、電極合剤および非水電解質二次電池

  18. 【課題】新規なヘプシジン発現抑制剤、並びに鉄欠乏性貧血改善及び/又は予防用飲食品を提供すること。【解決手段】特定のフラバン、フラボノン、フラボン類からなる発現抑制剤。(−)−ガロカテキンガレート、(−)−エピガロカテキンガレート、(−)−カテキンガレート、(+)−ガロカテキン、(−)−エピガロカテキン、(−)−エピカテキンガレート、(−)−エピガロカテキン−3−O−(...

    ヘプシジン発現抑制剤、並びに鉄欠乏性貧血改善及び/又は予防用飲食品

  19. 【課題】マイオカイン産生促進作用を有する組成物を提供すること。【解決手段】植物由来の精油及び/又はメントールを含有するマイオカイン産生促進用組成物。

    マイオカイン産生促進用組成物

  20. 【課題】ノンエンベロープ型ウイルスに対して不活化効果を発揮し、かつ手指への適用や経口摂取も可能な安全性の高い抗ウイルス剤を提供することを課題とする。【解決手段】バチルス・サブチルスの発酵物抽出ペプチドと、他のカチオン性ポリマーとを組み合わせて、抗ウイルス剤の有効成分とする。バチルス・サブチルスの発酵物抽出ペプチドは、配列番号1のアミノ酸配列からなるペプチド又はその誘導...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 3620