アミノ末端 に関する公開一覧

アミノ末端」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「アミノ末端」の詳細情報や、「アミノ末端」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「アミノ末端」の意味・用法はこちら

61〜80件を表示(35,406件中)4/1,771ページ目

  1. 【課題】核酸を、それを必要とする対象の眼へ送達するための医薬組成物の提供。【解決手段】sd-rxRNAを、眼における該sd-rxRNAによるRNA干渉を促進するための有効量で含み、ここで、sd-rxRNAはガイド鎖とパッセンジャー鎖とを含み、sd-rxRNAは二本鎖領域と一本鎖領域とを含み、二本鎖領域は、8〜15ヌクレオチド長であり、一本鎖は、ガイド鎖の3’末端にあり...

    眼への適用におけるRNA干渉

  2. 【課題】 本発明は、皮膚の色素沈着を減少する組成物及び方法を提供する。当該発明は、シアリルトランスフェラーゼ活性の阻害剤、オリゴ糖形成の阻害剤、及びオリゴ糖活性の阻害剤、並びにそのような阻害剤を使用する方法を含む。【解決手段】 幾つかの態様において、本発明は、Neu5Ac(α2,6)Gal/GalNAc−含有オリゴ糖の形成及び/又は活性の阻害を含む。

    皮膚の色素沈着を減少する組成物及び方法

  3. 【課題】アデノウイルスpIXタンパク質、DNAポリメラーゼタンパク質、ペントンタンパク質、ヘキソンタンパク質及び/又はファイバータンパク質に関連する、1つ以上の特定の核酸配列若しくは1つ以上の特定のアミノ酸配列又はそれらの部分を含むことを特徴とするアデノウイルス又はアデノウイルスベクターの提供。【解決手段】前記タンパク質の特定のアミノ酸配列と、少なくとも97%、97....

  4. 【課題】ヒト組織因子(TF)に結合するヒト抗体の提供。【解決手段】ヒトTFに結合する単離されたヒトモノクローナル抗体ならびに関連する抗体をベースとする組成物および分子。前記抗体を含む薬学的組成物ならびに抗体を使用する治療方法および診断方法。

    ヒト組織因子に対するヒト抗体

  5. 【課題】CD38発現腫瘍を伴う多くの種類のガンを治療するための方法の提供。【解決手段】CD38に結合するための試薬及び方法、並びにCD38特異的抗体を含むCD38特異的結合剤を用いた、CD38関連疾患の治療方法及びCD38の検出方法を提供する。ヒトCD38及びカニクイザルCD38と結合する単離された抗体を開示する。

    抗CD38抗体

  6. 【課題】プロラクチン受容体(PRLR)に結合する抗体及びその使用方法を提供する。【解決手段】本開示の抗体は、高い親和性でヒトPRLRに結合し、かつプロラクチン媒介性細胞シグナル伝達を遮断する抗体、あるいはPRLRに結合するが、プロラクチン媒介性細胞シグナル伝達を遮断しない抗体を含む。本開示の抗体は、完全ヒト抗体であってもよい。細胞毒性剤、放射性核種、又は細胞の成長もし...

  7. 【課題】インビボにおける薬剤送達のための核酸ナノ構造体の提供。【解決手段】本開示は、態様によって、ポリアミンポリマーにより亜飽和された核酸ナノ構造体を提供する。本開示はまた、態様によって、pH感受性の接触部分によって第2の核酸ナノ構造体に結合された第1の核酸ナノ構造体を含み、それによって、外部表面および内部表面を有する内部コンパートメントを有するナノカプセルを形成する...

    インビボにおける薬剤送達のための核酸ナノ構造体

  8. 【課題】発現中にヘテロ二量体形成を促進するように工学的に作出され、プロテインAの差動的精製技法を用いた高度精製が可能な、CD3及び疾患関連抗原に結合する新規ヘテロ二量体免疫グロブリン又はそのフラグメント。【解決手段】(a)第1のエピトープに結合するエピトープ結合領域、及び免疫グロブリン定常領域を含む、プロテインAと結合する第1のポリペプチドと、(b)第2のエピトープに...

    T細胞再標的化ヘテロ二量体免疫グロブリン(hetero−dimeric  immunoglobulin)の製造

  9. 【課題】異常Frizzled受容体発現又は活性が種々の障害に関与している。従って、1又は2以上のFrizzled受容体を標的化し、そして阻害する治療剤についての必要性がある。【解決手段】本発明は、1以上のFrizzled受容体に結合し、そして前記1以上のFrizzled受容体のWntタンパク質リガンドへの結合を阻止する、単離されたモノクローナル抗体又はその抗原結合フラ...

    Frizzledタンパク質に対する抗体及びその使用方法

  10. 【課題】新しい免疫グロブリン融合タンパク質およびそのような免疫グロブリン融合タンパク質を生成する方法の提供。【解決手段】抗体領域、特定の配列を持つ治療ペプチド、および特定の配列を持つ連結ペプチドを含む、免疫グロブリン融合タンパク質を提供する。連結ペプチドは、伸長ペプチドを含み得る。伸長ペプチドは、アルファヘリックスの二次構造を有し得る。連結ペプチドは、リンカーペプチド...

    コイルドコイルの免疫グロブリン融合タンパク質およびその組成物

  11. 【課題】血中循環腫瘍細胞(CTC)を検出する方法を提供する。【解決手段】試料中の血中循環腫瘍細胞(CTC)を検出する方法であって、試料中のPC-CTCマーカー遺伝子発現産物のレベルを測定する段階;および該マーカー遺伝子発現産物の検出レベルが参照基準レベルを上回る場合にPC-CTCが存在すると判定する段階を含む、方法。CTCマーカー遺伝子の異常発現、例えば、CTCを指し...

    血中循環腫瘍細胞に関する方法およびアッセイ

  12. 【課題】前立腺癌を治療および診断するための新たな治療薬剤ならびに方法を提供する。特に播種性悪性疾患、特に微小転移巣に対する相補的な治療様式を提供する。【解決手段】ヒトカリクレイン−2(hk2)に対する結合特異性を持つ抗体ポリペプチドであって、特定の重鎖可変領域ならびに軽鎖可変領域を含み、重鎖可変領域および軽鎖可変領域は、1つまたはそれ以上のヒト抗体に由来するフレームワ...

    ヒト化抗カリクレイン−2抗体

  13. 【課題】腫瘍形成はシグナル伝達経路であるPI3K経路の機能不全を起こす。過剰発現され、異常に活性化されたP13Kを阻害化する、インヒビターを予想する方法が必要とされている。又、特定の標的のインヒビター単独及び/又はインヒビター−組合せ治療に対する臨床的な感受性を決定するのに用いることができる、複数の主要なシグナリング経路を調べる、予測的な生物マーカーアッセイが必要であ...

    癌を有する患者に治療を選択する方法

  14. 【課題】がん、特にヒト腎細胞がんの病理発生をより良く理解し、新しい治療ターゲットを特定する方法の提供。【解決手段】個体からのサンプルがMiTバイオマーカーを発現するかどうかを決定する工程を含む、MiTバイオマーカー発現を決定する(MiTバイオマーカーの存在を決定する)ための方法が提供される。幾つかの実施態様では、MiTはMITFである。幾つかの実施態様では、MiTはT...

    MITバイオマーカーとその使用方法

  15. 【課題】BCMAに対する抗体の選択のための方法、BCMAに対する新たな抗体を提供する。【解決手段】本発明は、BCMAに特異的に結合するモノクローナル抗体を含み、該抗体は、濃度6.25nMでの該抗体の結合が、140ng/ml マウスAPRILによって10%超は低下せず、好ましくは、APRILなしのヒトBCMAへの該抗体の結合と比較して、ELISAアッセイにおいて450...

    BCMAに対する抗体の選択のための方法

  16. 【課題】ω-ヒドロキシル化脂肪酸誘導体を高い純度および収量で生産する、環境負荷の少ない方法の提供。【解決手段】チオエステラーゼ;またはエステルシンターゼ;および改変されたω-ヒドロキシラーゼを含むポリペプチドをコードする少なくとも2つの核酸配列を発現するように操作された経路を含む、再生可能な原料由来の炭素源の存在下において発酵ブロス中で増殖させた場合にインビボでω-ヒ...

    ω−ヒドロキシル化脂肪酸誘導体を生産する方法

  17. 【課題】ヌクレオチド・ライブラリーを提供する。【解決手段】CysXaaXaaXaaXaaXaaXaaXaaCysXaaXaaXaaXaaXaaProValからなる特定のアミノ酸配列が(ア)乃至(エ)の特徴を有するヌクレオチドライブラリー。アミノ末端から数えて、(ア)1番目乃至5番目、7番目、9番目および10番目のXaaが、それぞれ、システインおよびプロリンを除く、天然...

    ヌクレオチド・ライブラリー

  18. 【課題】インテグリン関連タンパク質(IAP)、卵巣がん抗原OA3、Rh関連抗原およびMER6としても知られているCD47を標的とする治療に用いられる従来の抗体の欠点を克服した抗体、その製造方法および使用方法の提供。【解決手段】CD47に結合する完全ヒト抗体、CD47抗体結合断片およびこのような抗体の誘導体、ならびにこのような断片を含むCD47結合ポリペプチド。このよう...

    CD47に結合する抗体医薬

  19. 【課題】野生型アペリン−13ポリペプチドと比較して、安定性、循環半減期及び/または効力が向上した修飾アペリンポリペプチドを提供すること。【解決手段】修飾アペリンポリペプチドを含む組成物及び当該ポリペプチドを心不全などの心臓機能障害を治療するために使用する方法についても開示される。ある特定の実施形態において、修飾アペリンポリペプチドは、安定性、半減期及び/または効力の向...

    アペリンポリペプチド

  20. 【課題】ドライアイ症候群のための代替治療の開発を提供する。【解決手段】鼻組織または副鼻腔組織の電気刺激を促進するためのポリマー配合物が本明細書にて記載される。ポリマー配合物は、紫外線架橋プロセスによって調製されるヒドロゲルであり得る。ヒドロゲルは、涙腺を電気的に刺激して涙の産生を改善しドライアイを処置する、鼻刺激デバイスの一構成要素として含めることができる。更に、鼻刺...

    鼻涙腺刺激のためのポリマー配合物

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 1773