アミノ末端 に関する公開一覧

アミノ末端」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「アミノ末端」の詳細情報や、「アミノ末端」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「アミノ末端」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(3,257件中)1/163ページ目

  1. 【課題・解決手段】フローセルの一例は、基材と、該基材上の第1の領域に結合した第1のプライマーセットであって、切断不可能な第1のプライマーおよび切断可能な第2のプライマーを含む第1のプライマーセットと、前記基材上の第2の領域に結合した第2のプライマーセットであって、切断可能な第1のプライマーおよび切断不可能な第2のプライマーを含む第2のプライマーセットとを含む。

    フローセル

  2. 【課題】軟組織内に水溶性ゲルにより充填されたチャンネルを提供する方法、デバイス及びシステムを提供する。【解決手段】軟組織14内に水溶性ゲルにより充填されたチャンネルを提供する方法は、組織内に生体適合水溶性ゲルを注入することを含む。対応するデバイス、デバイスと組織内へのデバイスの挿入のためのガイド17との組み合わせ、及び、その組み合わせと、ゲルに圧力を加える手段を備える...

    軟組織内に埋め込み部位を提供する方法

  3. 【課題】抗腫瘍免疫応答を引き起こすためのワクチン組成物中で、または薬理的/免疫学的活性化合物および細胞の開発のための標的として使用され得る、ヒト腫瘍細胞のHLAクラスI分子に由来する、新規ペプチド配列およびそれらの変異型を提供する。【解決手段】MHCクラスIまたはII分子に結合する能力を有し、前記MHCクラスIまたはII分子に結合すると、CD4および/またはCD8T細...

    免疫療法で使用するための新規ペプチドおよびペプチド組み合わせおよび膵臓がんおよびその他のがんに対して使用するためにスキャフォールドを作製する方法

  4. 【課題】抗腫瘍免疫応答を引き起こすためのワクチン組成物中で、または薬理的/免疫学的活性化合物および細胞の開発のための標的として使用され得る、ヒト腫瘍細胞のHLAクラスI分子に由来する、新規ペプチド配列およびそれらの変異型を提供する。【解決手段】MHCクラスIまたはII分子に結合する能力を有し、前記MHCクラスIまたはII分子に結合すると、CD4および/またはCD8T細...

    免疫療法で使用するための新規ペプチドおよびペプチド組み合わせおよび膵臓がんおよびその他のがんに対して使用するためにスキャフォールドを作製する方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、とりわけ、マスト細胞媒介性炎症性疾患を有する患者を処置する方法、マスト細胞媒介性炎症性疾患を有する患者が治療(例えば、トリプターゼアンタゴニスト、Fcイプシロン受容体(FcεR)アンタゴニスト、IgE+B細胞枯渇抗体、マスト細胞または好塩基球枯渇抗体、プロテアーゼ活性化受容体2(PAR2)アンタゴニスト、IgEアンタゴニスト、及びこれらの組...

    マスト細胞媒介性炎症性疾患の治療法及び診断法

  6. 【課題・解決手段】本発明は、中東呼吸器症候群コロナウイルス(Middle East Respiratory Syndrome−Coronavirus、 MERS−CoV)に対して中和活性を有する結合分子に関する。より具体的には、MERS−CoVのSタンパク質に対する優れた結合能力を有し、MERS−CoVに対して中和効果を有する結合分子に関し、MERS−CoV感...

    中東呼吸器症候群コロナウイルスに対して中和活性を有する結合分子

  7. 【課題・解決手段】呼吸器合胞体ウイルス抗原に対する抗体をコードする組換え核酸配列を含む組成物が本明細書に開示される。この組成物を対象に投与することによって、対象において合成抗体を生成する方法もまた本明細書に開示される。本開示はまた、当該組成物および生成の方法を使用して、対象における呼吸器合胞体ウイルス感染症を予防および/または治療する方法を提供する。

    呼吸器合胞体ウイルスに対して使用するための核酸抗体構築物

  8. 【課題・解決手段】本明細書で提供されるものは、ガレクチン-3(LGALS3)炭水化物結合ドメイン(CBD)と免疫特異的に結合する抗体を含む組成物、方法、及び使用である。さらにまた本明細書で提供されるものは、疾患(例えば癌)を管理し、治療し、又は予防するための使用及び方法である。

    ガレクチン−3に対する抗体及びその使用方法

  9. 【課題・解決手段】眼疾患を阻害するための[(2E)−2−[(3−メトキシ−1,4−ジオキソ−1,4−ジヒドロナフタレン−2−イル)メチリデン]−N,N−ジエチルペンタンアミド](APX2009)および(2E)−2−[(3−メトキシ−1,4−ジオキソ−1,4−ジヒドロナフタレン−2−イル)メチリデン]−N−メトキシペンタンアミド](APX2014)が、本明細書に開示される。

    新規なAPE1/Ref−1阻害剤による眼疾患のターゲティング

  10. 【課題・解決手段】本発明は、ヒトCTLA−4分子に結合する抗CTLA−4抗体組成物、並びにがん免疫療法における使用及び他の免疫治療剤と比較して自己免疫副作用を低減するための前記組成物の使用に関する。

    免疫療法効果が向上し副作用が軽減した変異抗CTLA−4抗体

  11. 【課題・解決手段】本発明は、第1の標的抗原(例えば、CD3などのT細胞抗原)に特異的な一価のアーム、及び、第2の標的抗原(例えば、HER2などの腫瘍抗原)に特異的な二価のアームを有する二重特異性抗原結合分子を提供する。二重特異性抗原結合分子は、癌(例えばHER2陽性癌)などの障害の処置に有用である。本発明はまた、二重特異性抗原結合分子の作製方法、二重特異性抗原結合分子...

    二重特異性抗原結合分子及びその使用方法

  12. 【課題・解決手段】本開示は、複数回のゲルから溶液への(ゲル−ゾル)および溶液からゲルへの(ゾル−ゲル)相転移を受けることができる核酸分子(miRNAなど)を含む封入ナノ粒子を含有する新規ペプチドヒドロゲル、ならびに対象への核酸分子の制御送達のためなどのそれらの使用を提供する。一部の実施形態では、ペプチドヒドロゲル内に封入されたナノ粒子を含むペプチドヒドロゲルが提供され...

    核酸分子送達のためのナノ粒子−ヒドロゲル複合材料

  13. 【課題・解決手段】リソソーム蓄積症の治療など、CNSを損なう疾患および障害を治療するために、治療用タンパク質を中枢神経系(CNS)に送達するための組成物および方法が開示されている。血液脳関門(BBB)を通過する細胞表面受容体結合タンパク質にコンジュゲートされた治療用タンパク質をコードするヌクレオチド組成物の治療有効量を介して送達される治療用タンパク質が提供される。

    治療用タンパク質送達のための方法および組成物

  14. 【課題・解決手段】本開示は一般的に、新規のキメラ抗原受容体(「CAR」)、そのようなCARを発現する改変された調節性T細胞(「Treg」)、及び/または神経変性疾患を改変する分子、例えば酸化/炎症活性を防止する分子、または神経成長因子もしくは非古典的神経栄養因子のような神経細胞の成長/生存を促進する分子を発現するように設計されたTregに関するものである。また、本開示...

    神経変性疾患及び障害の治療のためのキメラ抗原受容体

  15. 【課題・解決手段】一部分では、本開示は、異所性骨化または異所性骨化の1つもしくは複数の合併症を処置するための方法に関する。特に、本開示は、1つまたは複数のTGFβアンタゴニストを、必要に応じて異所性骨化を処置するための1つもしくは複数の追加の活性薬剤または支持療法と組み合わせて、必要な患者に投与することによって、異所性骨化を処置するための方法を提供する。例えば、一部の...

    異所性骨化を処置するための方法

  16. 【課題・解決手段】本発明は、がんの治療に使用するための方法及び組成物を提供し、これは有利には腫瘍微小環境の標的化によって達成されうる。本発明は腫瘍微小環境を標的とするキメラ抗原ん受容体(CAR)を提供する。一態様では、本発明は(a)第一抗原に結合する第一抗原結合ドメインと第二抗原に結合する第二抗原結合ドメインを含む細胞外ドメインを含むキメラ抗原受容体(CAR)ポリペプ...

    腫瘍微小環境を標的とするキメラ抗原受容体

  17. 【課題・解決手段】硬化性組成物は、第1のポリアミドを含むポリアミド組成物を含む。第1のポリアミドは、その主鎖に三級アミドを含み、アミン末端化されている。硬化性組成物は、2〜20個の炭素原子を含むアミノ官能性化合物、多官能性(メタ)アクリレート、エポキシ樹脂、及び無機充填剤を更に含む。無機充填剤は、硬化性組成物の総重量に基づいて、少なくとも25重量%の量で存在する。

    硬化性組成物、それから製造された物品、並びにその製造方法及び使用

  18. 【課題・解決手段】対象の細胞または対象の炎症を起こした眼における膜非依存性CD59タンパク質の発現および分泌のためのプロモーターに作動可能に連結された膜非依存性CD59タンパク質をコードするヌクレオチド配列、または可溶性CD59タンパク質を含み、インフラマソームの活性化を阻害する組成物を対象に投与することにより、対象の細胞または対象の炎症を起こした眼におけるインフラマ...

    インフラマソームの活性化を阻害するためのCD59

  19. 【課題・解決手段】トリアゾール、イミダゾールおよびピロール縮合ピペラジン誘導体、およびmGlu5受容体活性のアロステリックモジュレータとしてのそれらの用途、そのような化合物を医薬組成物、およびそれによる治療方法が開示される。本発明の化合物は、統合失調症または認識低下、認知症または認識障害などのグルタミン酸機能不全と関連する神経障害および精神障害、またはグルタミン酸機能...

    トリアゾール、イミダゾールおよびピロール縮合ピペラジン誘導体、およびmGlu5受容体のモジュレータとしてのそれらの使用

  20. 【課題・解決手段】本発明は、線維芽細胞活性化タンパク質(FAP)の過剰発現を特徴とする疾患の診断または処置における、化合物、該化合物を含むか、または該化合物からなる医薬組成物、該化合物または医薬組成物を含むか、またはそれらからなるキット、および該化合物または医薬組成物の使用に関する。

    FAP阻害物質

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 163