後養生 に関する公開一覧

後養生」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「後養生」の詳細情報や、「後養生」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「後養生」の意味・用法はこちら

1〜6件を表示(6件中)1/1ページ目

  1. 【課題】拡底部を備えた壁杭の拡底部の耐力が低下することを解消し、高支持力の地下壁杭を形成すること。【解決手段】壁状体の下部が広がった拡底部を有する地下壁杭構造であって、当該拡底部の底面がアーチ状である地下壁杭構造。

    拡底部を備えた地下壁杭構造

  2. 【課題】施工環境に応じた最適な超速硬セメント使用のモルタル又はコンクリートの施工方法の提供。【解決手段】硬化促進剤を含有する超速硬セメントを用いるモルタル又はコンクリートの施工方法であって、(1)気温13℃未満の施工地では、硬化促進剤として、(a)硫酸ナトリウムもしくは硫酸カリウム単独、又は(a)硫酸ナトリウムもしくは硫酸カリウムと(b)炭酸リチウムを(a)/(b)質...

  3. 【課題】アルミナセメント無添加の流し込み不定形耐火物において、乳酸アルミニウムを用いて硬化させ、養生後の収縮亀裂抑制及び、1000℃焼成後強度の向上を行なう方法の提供。【解決手段】耐火材料100質量%に対し、乳酸アルミニウム0.1〜2.0質量%を外掛けで添加した配合に、養生亀裂抑制材として有機繊維を外掛けで0.05〜0.3質量%添加し、1000℃焼成後強度の向上のため...

  4. 【課題】シリコーンゴムを各種の被着体に良好に接着させることが可能なプライマーを提供する。【解決手段】 (A)有機チタン化合物、(B) 分子中に少なくとも二種類の構成単位を含む3次元網状構造のオルガノポリシロキサンレジン、及び(C)溶媒を含むプライマー組成物であって、上記(A)有機チタン化合物が、平均組成式(I): Ti(OR1)4-a(Y3Si-A-O-C...

  5. 【課題】石膏ボード廃材由来の再生無水石膏を原料とし、良好な特性を有する繊維混入石膏板の製造方法の提供。【解決手段】石膏ボード廃材を粉砕した二水石膏粉を600℃〜1200℃で焼成して得られるpH9.5以上12未満の再生無水石膏を主原料とし、無機充填材、補強繊維及び硬化促進剤を含む配合物に水を加えて混合し、抄造法によりシート状にした後加圧成形し、養生硬化させる繊維混入石膏...

    繊維混入石膏板の製造方法

  6. 【課題】吹付工法に適した高い付着性と良好な施工作業性を具備するセメント系の建築モルタルの提供。【解決手段】(A)ポルトランドセメント100質量部、(B)高炉スラグ微粉及び/又はポゾラン反応性物質26〜38質量部、(C)石膏類4〜12質量部、(D)増粘剤0.2〜0.4質量部、(E)フミン酸及び/又はフルボ酸5〜10質量部および(F)細骨材230〜290質量部を含有する。...