後結合 に関する公開一覧

後結合」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「後結合」の詳細情報や、「後結合」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「後結合」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,405件中)1/71ページ目

  1. 【課題・解決手段】本開示は、核酸を含有する試料を精製して、サイズカットオフを上回るか、またはカットオフを下回るか、またはサイズの定義された域内のいずれかである所望するサイズ範囲の単離された核酸を得るための方法であって、a)核酸含有試料と結合緩衝液を合わせて結合混合物を提供するステップと、b)結合混合物とシリカナノ膜を接触させるステップであり、シリカナノ膜が結合混合物か...

    熱可塑性シリカナノ材料を使用するサイズ選択精製

  2. 【課題】適切なWebページの画像を生成する。【解決手段】画像生成装置は、Webページの表示領域内の要素毎に、Webページ内における座標である第1ページ座標を取得し、Webページをスクロールし、スクロール後のWebページの表示領域内の要素毎に、Webページ内における座標である第2ページ座標を取得する座標取得部と、Webページの各要素について、第1ページ座標と第2ページ座...

    画像生成装置、画像生成プログラム、および画像生成方法

  3. 【課題】T細胞活性化のための新規二重特異性抗原結合分子及び特異的標的細胞への再指向の提供。【解決手段】活性化T細胞抗原に特異的に結合することができるFab分子である第一の抗原結合部分、それぞれが標的細胞抗原に特異的に結合することができるFab分子である第二及び第三の抗原結合部分、及び安定な会合が可能な第一及び第二のサブユニットからなるFcドメイン、を含むT細胞活性化二...

    二重特異性T細胞活性化抗原結合分子

  4. 【課題・解決手段】本発明は、ハイブリダイゼーションプローブを使用するin situでの核酸配列の検出および増幅されたハイブリダイゼーションシグナルの生成に関し、この際バックグラウンドシグナルを減少させ、感度を増加させる。

    デュアル相互作用ヘアピンプローブを使用した標的媒介in  situシグナル増幅

  5. 【課題】微生物から可溶性タンパク質を抽出する方法の提供。【解決手段】微生物集団から可溶性タンパク質を抽出する方法であって、可溶性タンパク質を発現する微生物集団と、微生物集団から可溶性タンパク質を抽出するのに有効な量の約1%(v/v)以上50%(v/v)未満のカルボン酸を含む溶液とを接触させることを含む方法、および該方法を実施することによって製造される、タンパク質、組成...

    タンパク質抽出方法

  6. 【課題】人工足関節置換のためのシステムおよび方法を提供する。【解決手段】手術用整列システムは、ガイドアーム402と、ガイドアームと摺動可能に結合するように構成されたラチェットアームフレーム420と、ラチェットアームフレームと結合するように構成されたラチェットアームと、ラチェットアームと結合するように構成された矢状のサイズ設定ガイド本体460と、を含む。矢状のサイズ設定...

    足関節置換システムおよび方法

  7. 【課題】細胞の集団が所望の密度に達したときにポリペプチドを放出するように遺伝子操作された細胞を提供することを課題とする。【解決手段】細胞の集団が所望の密度に達したときにポリペプチドを放出するように遺伝子操作された細胞を提供した。いくつかの実施形態では、放出されたポリペプチドは、治療用ポリペプチドであり得る。また、いくつかの実施形態では、治療用ポリペプチドは、腫瘍細胞を...

    治療剤の製造および放出のための遺伝子操作された細菌

  8. 【課題】義歯の製造に関してより改善し、特に製造効率の観点から著しく改善するばかりでなく美観的な品質の観点からも大幅な進歩を達成する、義歯あるいは部分義歯の製造方法、ならびに義歯を提供する。【解決手段】複数の歯(10)および製造すべき義歯床(12)を使用したデジタルデータに基づいた義歯あるいは部分義歯の製造方法であり、形成的あるいは切削的に作成される歯および/または形成...

    義歯あるいは部分義歯の製造方法

  9. 【課題】リグニンの反応性を増加させる方法の提供。【解決手段】以下のステップを含む。a)71〜94℃の温度での加熱下で、アルカリおよびリグニンを含む水性分散物を形成するステップであって、ここでアルカリはアルカリ金属の水酸化物を含む、ステップ、およびb)アルカリ化リグニンを生成するために、ステップa)で形成された分散物を50〜95℃の温度で加熱するステップ。

    リグニンの反応性を増加させるための方法

  10. 【課題】単一試料などの試料を配列決定し、解析し、利用するための組成物及び方法、試料由来の2つ以上の配列をマッチングさせるための組成物及び方法、更には関心対象の分子を発現させスクリーニングするための組成物及び方法の提供。【解決手段】複数の組成物を含むポリヌクレオチドライブラリーであって、該ライブラリーが、免疫グロブリンの重鎖及び軽鎖の可変領域、または、T細胞受容体のαお...

    試料に関連するポリヌクレオチドの同定

  11. 【課題】単一試料などの試料を配列決定し、解析し、利用するための組成物及び方法、試料由来の2つ以上の配列をマッチングさせるための組成物及び方法、更には関心対象の分子を発現させスクリーニングするための組成物及び方法の提供。【解決手段】複数の組成物を含むポリヌクレオチドライブラリーであって、該ライブラリーが、免疫グロブリンの重鎖及び軽鎖の可変領域、または、T細胞受容体のαお...

    試料に関連するポリヌクレオチドの同定

  12. 【課題】単一試料などの試料を配列決定し、解析し、利用するための組成物及び方法、試料由来の2つ以上の配列をマッチングさせるための組成物及び方法、更には関心対象の分子を発現させスクリーニングするための組成物及び方法の提供。【解決手段】複数の組成物を含むポリヌクレオチドライブラリーであって、該ライブラリーが、免疫グロブリンの重鎖及び軽鎖の可変領域、または、T細胞受容体のαお...

    試料に関連するポリヌクレオチドの同定

  13. 【課題】各遺伝子産物の発現の制御誘導が可能な誘導性共発現系を提供する。【解決手段】2つまたはそれ以上のタイプの発現コンストラクトを含む宿主細胞であって、各タイプの前記発現コンストラクトは、誘導性プロモーターおよび該誘導性プロモーターから転写されるための遺伝子産物をコードするポリヌクレオチド配列を含み、少なくとも1つの前記誘導性プロモーターは、別の前記誘導性プロモーター...

    誘導性共発現系

  14. 【課題・解決手段】高温超伝導フィラメント及びケーブル、並びにそれらの製造方法に関する。超伝導層を成長させるために使用する基板は除去し、剥離した超伝導層は、保護層で被覆した後に細条帯に切断する。この細条帯は、導電性金属でカプセル化し、高温超伝導フィラメントを提供する。フィラメントは束ねられて、高温超伝導ケーブルを提供する。

    第2世代超伝導フィラメント及びケーブル

  15. 【課題・解決手段】本発明は、スタフィロコッカス・アウレウス及びスタフィロコッカス・エピデルミディス等の眼瞼菌叢細菌の結合能力を阻止し、ひいては、バイオフィルム形成、並びにクオラムセンシングの遺伝子活性化、及びしたがって炎症性病原因子の産生を導く細菌の集団及び密度の増大を阻止することによって、眼瞼炎及びドライアイを治療する方法に関する。

  16. 【課題・解決手段】少なくとも1つの一官能性硬化性材料と、少なくとも1つの多官能性硬化性材料とを含む硬化性配合物が開示され、一官能性および多官能性の硬化性材料が、配合物を硬化エネルギーにさらしたときに形成される硬化物が水崩壊性であるように選択される硬化性配合物を使用して三次元物体を組み立てる方法、並びにそれによって製造された造形物物体も開示される。

    支持体材料配合物およびそれを使用する付加製造プロセス

  17. 【課題・解決手段】製剤なしに効率的かつ特異的な組織分布、細胞取り込み、最小免疫応答およびオフターゲット効果を示す分岐オリゴヌクレオチドが本明細書において提供される。

    分岐オリゴヌクレオチド

  18. 【課題】絶縁特性を向上させることができる磁性材料及びその製造方法を提供する。【解決手段】本発明の一形態に係る磁性材料は、Feを含む軟磁性金属粒子と、上記軟磁性金属粒子の表面を覆う多層酸化膜とを具備する。上記多層酸化膜は、Feを含む結晶質の第1の酸化物層と、Siを含む非晶質の第2の酸化物層とを有する。本発明の一形態に係る磁性材料の製造方法は、Feを含む軟磁性金属粒子の表...

    磁性材料、電子部品及び磁性材料の製造方法

  19. 【課題・解決手段】本発明は、T細胞阻害シグナル伝達経路をアンタゴナイズする結合部分を含む改変J鎖を有するIgM、IgA、IgG/IgM、またはIgG/IgA抗体を含む結合分子およびその使用を提供する。

    改変J鎖を有する結合分子

  20. 【課題・解決手段】本開示は、組換え宿主細胞で発現された場合に、改良されたω−ヒドロキシル化脂肪酸誘導体産生をもたらす、ω−ヒドロキシラーゼ関連融合ポリペプチドバリアントに関する。さらに本開示は、ω−ヒドロキシル化脂肪酸誘導体の産生のためのω−ヒドロキシラーゼ関連融合ポリペプチドを発現するための微生物に関する。

    改良された特性を有するω−ヒドロキシラーゼ関連融合ポリペプチドバリアント

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 71