尿素態窒素 に関する公開一覧

尿素態窒素」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「尿素態窒素」の詳細情報や、「尿素態窒素」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「尿素態窒素」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(133件中)1/7ページ目

  1. 【課題】哺乳動物における、がんの存在を検出する方法、及び、がんを治療又は予防する方法の提供。【解決手段】CD70に対する抗原特異性を有するキメラ抗原受容体(CAR)であって、以下:CD27細胞内T細胞シグナル伝達ドメインの全て又は一部を欠くCD27アミノ酸配列を含む抗原結合・細胞膜貫通ドメイン;4−1BB細胞内T細胞シグナル伝達ドメイン;CD3ζ細胞内T細胞シグナル伝...

    抗CD70キメラ抗原受容体

  2. 【課題】磯焼け防止効果を向上する磯焼け防止材の提供。【解決手段】セメントと忌避材を含有する磯焼け防止材。忌避材として石灰窒素及び腐植酸のうち少なくとも一つを含有することが好ましい。セメントと忌避材の合計100質量部に対して、忌避材の使用量が30〜70質量部であることが好ましい。更に、骨材や水を含有することが好ましい。骨材の使用量は、セメントと忌避材の合計100質量部に...

  3. 【課題】哺乳動物の乳量を改善する乳量改善剤及びそれを用いた乳量改善方法を提供する。【解決手段】本発明は、植物クルードレシチン、好ましくは大豆クルードレシチンを有効成分として含む哺乳動物用乳量改善剤を提供する。本発明は、また、この哺乳動物用乳量改善剤を含む哺乳動物用乳量改善用飼料を提供する。本発明は、また、哺乳動物用乳量改善剤を哺乳動物に給与することを含む、哺乳動物の乳...

  4. 【課題・解決手段】本発明は、CD70に対する抗原特異性を有するキメラ抗原受容体(CAR)であって、以下:CD27細胞内T細胞シグナル伝達ドメインの全て又は一部を欠くCD27アミノ酸配列を含む抗原結合・細胞膜貫通ドメイン;4−1BB細胞内T細胞シグナル伝達ドメイン;CD3ζ細胞内T細胞シグナル伝達ドメイン;及び任意でCD28細胞内T細胞シグナル伝達ドメインを含む前記CA...

    抗CD70キメラ抗原受容体

  5. 【課題】肥料粒の硬度が高く、なおかつ水中形状安定性が高く、安定した緩効性を有する粒状オキサミドを提供し、追肥回数を減らして追肥作業負担を軽減する。【解決手段】オキサミド粉末100重量部に対して、ポリビニルアルコール又は変性ポリビニルアルコールを0.5重量部以上含有する混合物を傾斜型の混合パン容器内で高速撹拌造粒した後、乾燥して製造する。

    粒状オキサミドの製造方法

  6. 【課題】水稲の栽培において、栽培期間中、肥効及び有害生物防除効果を持続させることが可能な水稲有害生物防除組成物の提供。【解決手段】群A〜群Cより選ばれる1種以上の化合物と群Dから選ばれる1種以上の肥料成分とを含有する水稲有害生物防除組成物。群A:イソチアニル、プロベナゾール、チアジニル、ピロキロン、ジクロシメット、カルプロパミド、フェノキサニル、アシベンゾラルSメチル...

  7. 【課題】農産物中に含まれる硝酸塩の量を低減させつつ、農産物を十分に生育させることのできる、水耕栽培方法および水耕栽培装置を提供すること。【解決手段】本発明は、24時間のうちに、農作物に光が照射される明期と、農作物に光が照射されないか、または、農作物に明期より光量が少ない光が照射される暗期と、を含む明暗サイクル下で、農作物を養液栽培する、養液栽培方法である。本発明の養液...

    養液栽培方法および養液栽培装置

  8. 【課題】牛、羊、山羊などの反芻家畜の窒素代謝を活性化し、また、その乳量及び当該乳中の乳脂肪含量を同時に増加させて、乳質及び乳生産量をともに改善できるような栄養生理学的技術(経口投与又は給与成分、方法等)を提供する。【解決手段】有効成分としてビタミンK3(メナジオン)、あるいは、酢酸及び/又は酢酸塩とビタミンK3(メナジオン)を反芻家畜に経口投与又は給与することで、反芻...

    反芻家畜の乳量及び乳脂肪含量増加方法

  9. 【課題】補体B因子アナログおよびその用途の提供。【解決手段】本発明は補体B因子アナログを含有しているポリペプチドを提供する。本発明はまた、遊離のシステインアミノ酸の変異を含有している補体B因子アナログを含む様々な補体B因子アナログ、ならびに関連する方法、核酸、およびベクターを提供する。これらの補体B因子アナログ、ならびに関連する方法、核酸、およびベクターは、補体経路を...

    補体B因子アナログおよびその用途

  10. 【課題】体長率:(体長/体高)×100、尻長/体高比、体重/体高比の少なくともひとつの増大した動物を育成することのできる飼料組成物を提供する。【解決手段】乳酸菌(ラクトバチルス・ガッセリ:Lactobacillus gasseri)発酵物、及び、プロピオン酸菌(プロピオニバクテリウム・フロイデンライヒ:Propionibacterium freudenreich)...

    動物の体型改良用飼料組成物

  11. 【課題】硝酸含有廃水の脱窒処理において脱窒に必要な薬品コストを低減でき且つ余剰汚泥の発生が少ない廃水処理装置を提供する。【解決手段】本発明の培養方法で得られた新規な脱窒菌を含有する培養汚泥を投入した第1の脱窒槽22と、第1の脱窒槽22の1次脱窒処理水を硝化する硝化槽24と、硝化槽24の硝化処理水を、水素供与体(メタノール等)を栄養源とする従属栄養脱窒菌で脱窒処理する第...

    微生物の培養方法並びに廃水処理方法及び装置

  12. 【課題】正常体温若しくは実質的に正常体温である温度における理想的な保存条件を提供すること。【解決手段】所定の構成要素を含有してなり、非代謝性インペルメントを実質的に含有しておらず、さらに約7.4〜約8.5のpHを有する、機能状態でのヒト採取臓器又はヒト適合性採取臓器の保存のための臓器保存溶液。

    臓器を維持するための組成物、方法及び装置

  13. 【課題】移植又は再移植の前に、採取した(体外の)動物臓器を機能状態及び生存状態に維持するための、正常体温若しくは実質的に正常体温である温度における理想的な保存方法の提供。【解決手段】保存の必要な臓器に適合性の全血又は白血球除去全血と代謝性炭水化物、塩化ナトリウム、カリウムイオン、カルシウムイオン、マグネシウムイオン、重炭酸塩、エピネフリン及びアデノシンを含有してなる保...

    臓器を維持するための組成物、方法及び装置

  14. 【課題】正常体温若しくは実質的に正常体温である温度における理想的な保存条件を提供すること。【解決手段】所定の構成要素を含有してなり、非代謝性インペルメントを実質的に含有しておらず、さらに約7.4〜約8.5のpHを有する、機能状態でのヒト採取臓器又はヒト適合性採取臓器の保存のための臓器保存溶液。

    臓器を維持するための組成物、方法及び装置

  15. 【課題】本発明は、農作物と大気中に常在する微生物との共生関係により、農作物を無肥料で栽培するため、必要な畑の構造および造成方法を提供することを第一の目的とする。さらに、無農薬で栽培でき、かつ、畑に灌水する必要もなく、かつ、単一作物を連作できる栽培方法を提供することを第二の目的とする。【解決手段】高さ35〜70cm、幅(上面)60〜200cmの畝を成形する無肥料および無...

    大気中の常在菌を活用し無肥料および無農薬で野菜を栽培する畑の造成方法

    • 公開日:2016/04/11
    • 出願人: 横内猛
    • 発明者: 横内猛
    • 公開番号:2016-049081号
  16. 本発明は、赤血球生成を強化する化合物と、その方法とに関する。化合物は、下記式(I)で表される化学構造を有し、式中、Rは、グリコシル基を示す。【化1】 又、式(I)で表される化合物は、赤血球生成を強化する効果を有することに加え、エリトロポイエチン生成を強化し、腎機能と肝細胞増殖因子の発現を増強する。更に、本発明は、有効量の式(I)で表される化合物を、それを必要とする対...

    赤血球生成の強化に係わる化合物とその方法

  17. 【課題】飼養動物に対して優れた腎機能維持作用を発揮する飼養動物用腎機能維持剤、腎機能維持用飼料、及び飼養動物の腎機能維持方法を提供する。【解決手段】本発明の飼養動物用腎機能維持剤は、コーヒー豆、例えばコーヒー生豆、焙煎コーヒー豆、コーヒーエキス、及びコーヒー豆のエキス抽出後の残渣等を含有する。本発明の飼養動物用腎機能維持剤は、例えば食肉用の家畜において、肥育後期に投与...

  18. 【課題】本発明は、体長率:(体長/体高)×100、尻長/体高比、体重/体高比の少なくともひとつの増大した動物を育成することを目的とする。【解決手段】上記目的達成のために、動物に微生物の発酵物を経口投与することにより生産することに成功したものである。上記発酵物としては、乳酸菌(ラクトバチルス・ガッセリ:Lactobacillus gasseri)発酵物、及び、プロピオン...

    動物の体型改良医薬

  19. 【課題・解決手段】処方された食事および/またはリン酸塩結合剤養生法に従順でない患者を特定する方法は、患者のタンパク質摂取量を計算し、患者の血清リン濃度を測定し、および測定された残存尿素クリアランスから患者の腎臓により除去されるリンの量を推定してリン-タンパク質比(PPR)を計算する。PPRは、患者から除去されるリンの全量と患者のタンパク質摂取量の比である。該方法により...

    リン−タンパク質比の計算方法

  20. 【課題】生乳を産出した乳牛の飼養内容を予測する方法を提供する。更に、その方法を用いて、所定の品質の生乳を得るための、乳牛の飼料を選定する方法を提供する。更に、その方法を用いて、生乳を所定の品質に制御する方法を提供する。【解決手段】下記の(a)〜(e)の工程を、適宜組み合わせて使用する。(a)飼養内容が既知の生乳について、官能検査、理化学検査、香気成分検査のうちの1種又...

    乳牛の飼養内容の予測方法、乳牛の飼料の選定方法、生乳の品質の制御方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9