小麦粉 に関する公開一覧

小麦粉」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「小麦粉」の詳細情報や、「小麦粉」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「小麦粉」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(28,250件中)1/1,413ページ目

  1. 【課題】本発明は、食肉具材と衣層との一体感を実現することができる食肉具材の揚げ物用バッター液、該バッター液を使用した食肉具材の揚げ物の製造方法、及び、該バッター液を使用して製造された食肉具材の揚げ物を提供することを目的とする。【解決手段】本発明は、食肉具材の揚げ物用バッター液であって、穀粉及び/又は澱粉で構成される粉体原料と、食肉のすり身とを含む、前記バッター液を提供する。

  2. 【課題】球形ソーセージ、セミドライソーセージ、ドライソーセージ等の、全面に均一に皮膜形成がなされた球状の食肉加工製品を製造すること。【解決手段】(A)略球状、略長球状、略扁球状又は豆菓子形状に成型した食肉原料を、傾斜面に沿って皮膜形成剤溶液中に転がり落とすステップ;(B)前記食肉原料を、前記皮膜形成剤溶液から取り出すステップ;及び(C)前記皮膜形成剤溶液から取り出した...

    皮膜を有する球状の食肉加工製品、その製造方法及び製造装置

  3. 【課題】根菜類を含むレトルト食品において好ましくない臭いが生じるものにおいて、その臭いが低減されたものを提供すること。【解決手段】以下を含む、根菜類を含むレトルト食品: 1つ又は2つ以上の根菜類の切片において、中心部から表面のいずれかの部位までの最短の距離が5mm以上であり、体積に対する表面積の割合が0.6以下である、根菜類の前記切片; チキンオイル;及び 水、...

  4. 【課題】食品の熟成感を向上させることができるとともに、熟成期間を短縮することができるマイクロ波熟成方法を提供する。【解決手段】香り、味、食感のおいしさの要素を構成する成分がバランスよく存在するとともに各成分間の物理的、化学的、生理的相互作用が食品に固有の微妙な風味を形成させるように熟成感を向上させる食品のマイクロ波熟成方法であって、該風味が酵素および/または微生物およ...

    食品のマイクロ波熟成方法およびマイクロ波熟成装置

  5. 【課題・解決手段】本発明は、AIPペプチドおよびポリヌクレオチド組成物、CPVTの治療のためのそのような組成物の使用方法、ならびに心筋の伝導および収縮を調節する薬剤を特徴付けるのに有用なヒト人工多能性幹細胞由来心筋細胞モデルを特徴とする。

    カテコラミン誘発性多形性心室頻拍を治療または予防するための組成物および方法

  6. 【課題・解決手段】本発明は、少なくとも1個のT細胞エンハンサーアミノ酸配列に融合された少なくとも4個の異なる腫瘍特異的なネオアンチゲンを含むポリペプチド、かかるポリペプチドをコードする核酸配列、かかる核酸配列を含むベクター及びかかるベクターを含むベクターのコレクションを提供する。さらに、癌の治療に使用される、混合して又は別々に、本発明のポリペプチド、核酸配列、ベクター...

    癌の治療のためのネオアンチゲンワクチン組成物

  7. 【課題・解決手段】本発明は、遺伝性及び散発性のマイクロサテライト不安定性(MSI)腫瘍を有する患者の予防法及び治療のための万能癌ワクチンペプチドコレクション(CVP)を作製するためにフレームシフトペプチドのコレクション(CFSP)を選択する方法に関する。本発明は、CFSPからフレームシフトペプチド(FSP)のサブセットを選択し、任意にFSPのアミノ酸(aa)配列を修飾...

    マイクロサテライト不安定性(MSI)癌の予防及び治療のための共通腫瘍ネオアンチゲンをベースとした万能ワクチン

  8. 【課題・解決手段】マイクロバイオーム関連障害の処置のための方法および組成物が、本明細書において開示される。さらに、対象における短鎖脂肪酸産生をモジュレートするための方法および組成物が、本明細書において開示される。本発明は、例えば、それを必要とする対象における障害を処置する方法であって、組成物の治療有効量を対象に投与するステップを含み、前記組成物が、前記対象におけるブチ...

    マイクロバイオーム関連障害の処置のための方法および組成物

  9. 【課題・解決手段】除草有効量の(a)ピリジンカルボン酸除草剤又は農学的に許容されるそのN−オキシド、塩若しくはエステル、及び(b)グリホサート若しくはグルホシネート又は農学的に許容されるその塩を含有する除草組成物が、本明細書に開示されている。植生の出芽若しくは成長を防ぐために、植生若しくはその植生に隣接する場所へ、又は土壌若しくは水に、(a)ピリジンカルボン酸除草剤又...

  10. 【課題・解決手段】食料品中の単体のタンパク源および/またはタンパク質成分としての食用糸状菌バイオマット配合物の生産方法、ならびに少なくとも1つの区画を有する容器と、区画内に配置された原材料、真菌接種材料、ガス透過性の膜、および適宜液体栄養培地を含む、一回使用型または反復使用型内蔵式バイオフィルム−バイオマットリアクターが提供される。

    糸状菌を含む食用組成物およびその栽培のためのバイオリアクターシステム

  11. 【課題・解決手段】除草有効量の(a)ピリジンカルボン酸除草剤又は農学的に許容されるそのN−オキシド、塩若しくはエステル、及び(b)フィトエン不飽和化酵素(PDS)阻害剤、超長鎖脂肪酸(VLCFA)合成阻害剤、又はその混合物を含有する除草組成物が、本明細書に開示されている。植生の出芽若しくは成長を防ぐために、植生若しくはその植生に隣接する場所へ、又は土壌若しくは水に、除...

  12. 【課題・解決手段】本発明は、ボツリヌス毒素(BoNT)等の治療用ペプチドに融合した1つ又は複数のジンクフィンガーモチーフを含む、キメラポリペプチドを提供する。ジンクフィンガーモチーフは、BoNTのC末端側に位置していてよく、キメラポリペプチドは、任意選択で2つ以上のそのようなジンクフィンガーモチーフを含むことができる。本発明のキメラポリペプチドが、被験体に経皮で効率良...

    局所用組成物及び使用

  13. 技術 ペプチド

    【課題】破骨細胞による骨吸収を抑制する作用を有し、骨粗鬆症や骨折、リウマチ、関節炎などの種々の骨疾患の予防や治療に有用である骨強化用組成物、及び該組成物を含有する飲食品、飼料、医薬等の骨強化用製品を提供することを課題とする。【解決手段】Ile−Arg、Ile−Gln、Leu−Lys、Ser−Pro、Lys−Gly、Thr−Pro、Val−Leu、Leu−Glu、Asn...

  14. 【課題】異味の付与が抑えられた、好ましい風味やコク味を有する飲食品を得ることができ、且つ、ベーカリー食品に適用した場合には、歯切れの悪さを生じさせずに、適度にソフトな食感と、老化耐性を有するベーカリー食品を得ることができる、油脂分解物を提供すること。【解決手段】含有されるモノグリセリドの量が0.1〜4質量%である、油脂分解物。含有されるモノオレインの量が1.0質量%以...

  15. 【課題】野菜にかける調味料であるドレッシングに米粉やおからを所定の割合で混合し凍らせたものを削ることで、野菜にかける調味料の量を自由に調節できて、且つ、溶けにくくさせた冷凍調味料の提供。【解決手段】摩砕してペースト状にした米粉と、調味液と、おからとを、重量比1:1:1で混合し、攪拌して得られた混合物を、冷却し凝固成形した冷凍調味料。

  16. 【課題】羽根や焼き面の官能特性(外観、食感等)が向上した餃子(羽根つき餃子)を得ることができる冷凍餃子の提供。【解決手段】遊離又は塩形態のアルギニンを含有する組成物が、凍結状態で付着している冷凍餃子。

  17. 【課題】フィリングが内包されたパンなどの食品を高温で加熱調理したとき、フィリングが外包生地に染み出たり、あるいは外部に漏出したりすることがないような包餡適性を有し、一方でトマトの風味を維持して、自然な食感と見た目が保たれているトマトソースフィリングを提供すること。【解決手段】少なくとも、トマト原料、化学変性又は酵素変性された加工澱粉、乾燥玉ねぎ、及び水を原料とするトマ...

  18. 【課題】多分野における経済開拓・新時代の歴史的スタート・食材高騰商法・詳細・解決策・日本国内外農業新時代による説明。【解決手段】トマト(トマト缶)を主原料にして特殊スパイス・香辛料・酢・オリーブオイル・ガーリック・パプリカ(赤色・黄色・オレンジ色)・たまご・きゅうり・たまねぎなど特殊食材・特殊スパイスを調合ブレンドし冷製ドリンクとしたもの。

  19. 【課題】種々の野菜について電子レンジ加熱することにより生じる野菜臭を抑えることができ、かつ、汎用性の高い電子レンジ調理用調味料、食品、野菜臭抑制剤及び調理方法を提供する。【解決手段】調味成分に、野菜臭抑制剤としてα化米粉及び米粉由来のα化澱粉のいずれか一方又は両方を配合した調味料を、α化米粉及び米粉由来のα化澱粉の総含有量が野菜類の総含有量の0.01〜2質量%となるよ...

  20. 【課題】高い起泡力および泡保持力を有する皮膚洗浄用組成物の提供。【解決手段】炭素数15以上の1種以上の脂肪酸またはその塩および炭素数15未満の1種以上の脂肪酸またはその塩を含む皮膚洗浄用組成物であって、該炭素数15以上の脂肪酸またはその塩と該炭素数15未満の脂肪酸またはその塩との重量比が、約4:6〜約8:2である、皮膚洗浄用組成物。

    皮膚洗浄用組成物

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1054