夾雑物 に関する公開一覧

夾雑物」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「夾雑物」の詳細情報や、「夾雑物」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「夾雑物」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(22,676件中)1/1,134ページ目

  1. 【課題】 本発明の課題は、試料の夾雑物及びpHによる影響を受けにくく、正確に標的物質を検出又は定量できるケミカルセンサキット及び分析方法を提供することである。【解決手段】 実施形態に従うケミカルセンサキットは、基板と、基板の表面に配置された、六角形の結晶格子を形成する炭素原子を含むチャネルとを有し、チャネルに第1の物質が固定されているケミカルセンサと、蛍光色素で標...

    ケミカルセンサキット及び分析方法

  2. 【課題】リボソームタンパク質を含む溶液を迅速に調製する。【解決手段】分析用試料の調製方法は、リボソームを含む試料を取得することと、試料を、リボソームタンパク質の少なくとも一つを透過させるが、リボソームタンパク質の複合体の少なくとも一つを透過させない膜を用いてろ過することと、上記ろ過において膜を透過しなかった成分を用いて分析用試料を調製することとを備える。

    分析用試料の調製方法、分析方法および微生物の識別方法

  3. 【課題】緑色光応答型の光触媒粒子の光触媒反応によって植物の病害を抑制する植物保護剤を提供する。【解決手段】チタン酸化物を含有する粒子であり、金属原子及び炭化水素基を有する金属化合物により表面処理され波長550nmに吸収を持つ光触媒粒子、を含有する植物保護剤。

    植物保護剤

  4. 【課題】緑色光応答型の光触媒粒子の光触媒反応によって植物の病害を抑制し且つ植物を傷害しにくい植物保護剤を提供する。【解決手段】チタン酸化物を含有する粒子であり、金属原子及び炭化水素基を有する金属化合物により表面処理され波長550nmに吸収を持ち、照度3000ルクスの白色光を24時間照射した前後の波長550nmの吸光度の変化率が10%以上である光触媒粒子、を含有する植物保護剤。

    植物保護剤

  5. 【課題】高い処理効率を実現可能なシリコンのエッチング液を調製するための添加剤及び添加剤分散液と、この添加剤及び添加剤分散液を用いたエッチング技術とを提供する。【解決手段】一実施形態に係る添加剤は、シリコンのエッチングに用いるエッチング液を調製するための添加剤である。添加剤は、固体状シリコン材料を含む。固体状シリコン材料の比表面積は、12.6cm2/gより大きい。固体状...

    添加剤、添加剤分散液、エッチング原料ユニット、添加剤供給装置、エッチング装置、及びエッチング方法

  6. 【課題】大気圧下でも消失し難いケミカルセンサ用液膜材料及びケミカルセンサを提供する。【解決手段】ケミカルセンサ10は、基板1を備えている。基板の表面1a上には、感応膜2と、感応膜の一端に接続されたソース電極3と、感応膜の他端に接続されたドレイン電極4が設けられている。感応膜の表面2aには、生体物質である受容体6が固定されている。感応膜の表面には、受容体を覆うように液膜...

    ケミカルセンサ用液膜材料及びケミカルセンサ

  7. 【課題】生体物質が液体で濡れている状態を維持する液膜維持装置及びケミカルセンサを提供する。【解決手段】生体物質を濡らす液膜7に液体を供給する液体供給機構110と前記液膜中の液体を排出する液体排出機構120とを備えた液膜維持装置100と、感応膜2と、感応膜の表面に固定された生体物質と、感応膜及び生体物質を覆う液膜と、感応膜の一端に接続されたソース電極3と、感応膜の他端に...

    液膜維持装置及びケミカルセンサ

  8. 【課題】極低濃度のガス成分を選択的にかつ高感度に検出する装置の提供。【解決手段】有機物プローブは、プリン構造、ピリミジン構造、またはトリアジン構造を有するヘッド部と、基材に結合するベース部と、ヘッド部とベース部とを結合する結合部と、を有する有機化合物を具備する。また、前記ベース部は、1価の多環芳香族炭化水素基を有する。また、第1の有機物プローブと、第2の有機物プローブ...

    有機物プローブおよび分子検出装置

  9. 【課題】質量分析計を長期的に安定して運用するための技術を提供する。【解決手段】保守管理装置は、質量分析装置の保守作業間において注入可能な試料量に基づいて定められる保守間隔決定指標を記憶する記憶装置と、質量分析装置に注入された試料量に応じた情報を記憶装置に記憶させる分析部と、注入された試料量に応じた情報に基づいて、注入された試料量を積算し、積算された試料量及び保守間隔決...

    保守管理装置、保守管理方法および保守管理プログラム

  10. 【課題】標的粒子を特異的且つ高感度に検出又は分離する方法及びそれに用いるバイオセンサを提供する。【解決手段】試料中の標的粒子を検出するためのバイオセンサである。バイオセンサは、複数のセンサ素子を備えるセンサアレイを備える。複数のセンサ素子は、第1の絶縁層7に互いに間隙をあけて埋め込まれた少なくとも2つの電極9、10と、両方の電極と接続されたチャネル12a、第1の絶縁層...

    バイオセンサ、標的粒子検出方法および分離方法

  11. 【課題】変質によるDPの変化を抑制し、被検出分子を高い精度で検出する分子検出装置を提供する。【解決手段】実施形態の分子検出装置は、両極性を有するチャネル層を備え、第1のディラックポイントを有する第1の電界効果トランジスタを含む第1のセンサ22Aと、両極性を有するチャネル層を備え、第1のディラックポイントとは異なる第2のディラックポイントを有する第2の電界効果トランジス...

    分子検出装置及び分子検出方法

  12. 【課題】脳卒中、動脈瘤、くも膜下出血及び他の神経学的又は神経外傷状態の治療に有用な、安定なTAT−NR2B9cの凍結乾燥製剤の提供。【解決手段】TAT−NR2B9cであるペプチド又は最大5つのアミノ酸置換、挿入若しくは欠失でTAT−NR2B9cと異なるペプチドの塩化物塩、及びホスファートバッファーを含む製剤であって、前記製剤中におけるクロライドとアセテートアニオン及び...

    Tat−NR2B9cの塩化物塩

  13. 【課題】 輸送過程における振動や衝撃に耐え、且つ、使用時に液体中に容易に分散するように担体粒子が乾燥固定された試料分析用カートリッジと、これを用いる被検物質の検出方法を提供する。【解決手段】 試料分析用カートリッジは、被検物質を含む液体を収容するためのチャンバ、及び、該チャンバと接続可能であって該チャンバに供給すべき液体試薬を収容するための収容部が形成されたカート...

    試料分析用カートリッジ及びその製造方法、並びにその利用

  14. 【課題】採取し難い検査対象物の表面から揮発性物質を容易且つ効率的に採取することができる採取器具及び弾性吸着体を提供すること。【解決手段】本発明の採取器具1は、ガスクロマトグラフィーで分析可能な揮発性物質を検査対象物から採取する。採取器具1は、棒状の弾性吸着体2と、該弾性吸着体2を脱着自在に取り付け可能な支持体3とを備えている。弾性吸着体2は、表面が不活性化され且つ曲げ...

    採取器具及び弾性吸着体

  15. 【課題】貯蔵安定性が高く、インクジェット記録用のインクとして好適に用いられ、さらにインクジェット専用紙に記録した場合、印字濃度が高く、演色性に優れ、且つ彩度が低く、高品位な黒色の色相を有し、特にブロンジング性に優れる、インク組成物、それに含まれるアゾ化合物の提供。【解決手段】下記式(23)などで表されるアゾ化合物若しくはその互変異性体又はそれらの塩。

  16. 【課題】パルス磁場で検査対象物の内部欠陥の有無や位置、裏面の性状を簡便且つ正確に探査できることを課題とする。【解決手段】接合体11にパルス磁場を照射する。パルス磁場によって接合体11のライナーRを励振させて弾性波を発生させる。弾性波を外殻体G側で検出する。弾性波の波形と予め入手した内部欠陥のない基準体Bにおける基準弾性波の波形とを下記(イ)〜(ニ)の内の1又は複数の項...

    電磁パルス音響非破壊検査方法

  17. 技術 脱穀機

    【課題】従来はシーブにより落下物から穀粒を選別する構成のため、緑豆等の選別精度の向上と脱穀ロス低減との両立が難しいという課題がある。【解決手段】選別室(17)に、選別風を発生させる唐箕(15)と、前後方向に往復揺動する揺動選別棚(20)を備え、揺動選別棚(20)には、脱穀室(11)から落下した被処理物を受け止めて後方へ移送する移送棚部(22)と、移送棚部(22)の後方...

    脱穀機

  18. 【課題】薄くかつ均一な保護層が集電体本体に積層されている二次電池用集電体、及びその製造方法、並びに、充放電特性、及びエネルギー密度に優れた二次電池を提供する。【解決手段】金属からなる集電体本体と、前記集電体本体の少なくとも一方の表面に積層された、セルロースナノファイバーに複数の導電性ナノ粒子が線状に担持されてなる導電性ナノ粒子集合体からなる層とを含むことを特徴とする、...

  19. 技術 作業車両

    【課題】施肥装置を備えながらリアステップを作業スペースとして確保することのできる作業車両を提供すること。【解決手段】走圃場を走行可能な走行車体と、走行車体の後部に連結される作業装置とを備える。走行車体は、前輪および後輪と、前輪と後輪との間に配設されたエンジンと、エンジンを覆うとともに、操縦座席が取付けられたエンジンカバー部と、エンジンカバー部の後側部に形成されたリアス...

    作業車両

  20. 【課題】掘り取って地干しされている状態の落花生の株を自走しながら拾い上げて脱莢する作業を、脱莢機構の残滓滞留に起因して中断されずに連続的に効率良く行い得る自走式拾い上げ脱莢機を提供すること。【解決手段】自走式拾い上げ脱莢機1に搭載される脱莢部4は、水平な回転軸線46回りに回転する扱ぎ胴47と、扱ぎ胴47の外周面47aの下側部分に配置した受け網48とを備えている。扱ぎ胴...

    落花生の脱莢機構および自走式拾い上げ脱莢機

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1134