増量剤 に関する公開一覧

増量剤」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「増量剤」の詳細情報や、「増量剤」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「増量剤」の意味・用法はこちら

21〜40件を表示(2,555件中)2/128ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、加齢黄斑変性症(AMD)及び目の関連疾患の予防(例えば発現を遅らせる又は発症のリスクを減らす)及び治療(例えば進行を、抑制する、緩和する又は緩やかにする)において有用な、式Iの新規な脂肪族プロリンアミド誘導体、並びにその薬学的に許容される塩、溶媒和物、その塩の溶媒和物、及びプロドラッグを対象とする。これらの疾患には、ドライ型AMD、ウェット...

    脂肪族プロリンアミド誘導体

  2. 【課題・解決手段】醸造所の使用済み穀物ベースのタンパク質粉末およびタンパク質強化食品の生産を使用するための関連方法である。醸造所の使用済み穀物ベースのタンパク質粉末は、低いフィチン酸含量、高いPDCAAS値および有意な抗酸化特性の保持などの有益な特性を有する。醸造所の使用済み穀物ベースのタンパク質粉末は、最大50重量%の濃度で、溶解しやすく、したがって簡単に湿潤可能で...

    醸造所の使用済み穀物ベースのタンパク質粉末

  3. 【課題・解決手段】本発明は、楡根皮(Ulmus davidiana Planch)抽出物から分離したUldavioside A(Uldavioside A)の化合物を有効成分として含有する傷治療用の組成物に関するもので、上記のUldavioside Aの化合物が優れた傷の治療効果を示すので、傷の治療のための治療剤として有用に用いられる。

    Uldavioside  Aの化合物を含有する傷治療用の組成物

  4. 【課題・解決手段】本明細書において、特に、化合物及びCCR4活性の調節のためのそれの使用方法が開示される。

  5. 【課題・解決手段】本発明の下記配列[一般式I]で表現される抗生ペプチド及びこれを含む抗生ペプチド組成物は、23個のアミノ酸配列よりなる抗生能を有する野生型LPcin−Iに比べてグラム(+)菌株及びグラム(−)菌株に対して顕著に高い抗菌活性を有する。また、野生型LPcin−Iに比べてアミノ酸の個数が少ないので、合成が容易であるだけなく、生産費用を節減するのに非常に有利で...

    病原菌に対する抗生活性を有するペプチド及びこれを含む抗生ペプチド組成物

  6. 【課題】免疫チェックポイント分子等の免疫系で抑制的に作用するタンパク質に対して阻害的に作用し、癌に対する免疫能を向上させることができる天然由来の成分を提供する。【解決手段】オオイチョウタケ(Leucopaxillus giganteus (Sow.:Fr.) Sing.)抽出物及び/又はショウゲンジ(Cortinarius caperatus)抽出物を有効成分として含...

    抗癌剤耐性抑制剤

  7. 【課題】ロキソプロフェンとメトカルバモールを有しながら、悪臭等の問題のない医薬組成物を提供すること。【解決手段】ロキソプロフェン又はその薬学的に許容される塩と、メトカルバモールとを組み合わせ配合する組成物において、これら両配合成分を、それぞれを別々に顆粒化し、次いで、これを組成物内部での相互作用を防ぐように製剤化したことを特徴とする医薬組成物。

  8. 【課題・解決手段】血管新生疾患の治療又は予防に使用される医薬組成物等を提供すること。下記(i)乃至(v)の特徴を有するモノクローナル抗体もしくはその抗原結合断片、及び、VEGFアンタゴニストの組合せ、又は、該抗体もしくはその抗原結合断片、及び、VEGFアンタゴニストを含む医薬組成物:(i)1×10−8M以下のKd値でROBO4蛋白質に結合する;(ii)配列表の配列番号...

    抗ROBO4抗体と他剤を含む組成物

  9. 【課題・解決手段】本発明は、メインプロテイン(main protein)および一つ以上の延長ペプチドを含む融合タンパク質に関し、ここで、メインプロテイン(main protein)のアミノ酸配列が、哺乳動物タンパク質またはその断片のアミノ酸配列と同一または類似であり、そして、前記延長ペプチドがO−グリコシル化アミノ酸のクラスター(cluster of O−gl...

    改善された薬物動態を有する、グリコシル化VWF融合タンパク質

  10. 【課題・解決手段】本開示は、新規抗CD40抗体、前記新規抗体を含有する組成物、前記抗体をコードする核酸、及びそれらの製造方法と使用方法を提供する。

    抗CD40抗体とその使用

  11. 【課題・解決手段】本発明は、ヒト好中球エラスターゼに対する阻害活性を有する式シクロ(−OctG−Glu−Thr−Ala−Ser−Ile−Pro−Pro−Gln−Lys−Tyr−DPro−Pro−)のβヘアピンペプチド模倣体又は医薬として許容されるその塩を含む医薬用エアロゾルに関する。さらに、そのようなエアロゾルを調製し、投与するための固体又は液体の医薬組成物及びキット...

    エラスターゼ阻害活性を有するベータヘアピンペプチド模倣体及びそのエアロゾル剤形

  12. 【課題・解決手段】有害生物防除剤、特に殺菌・殺カビ剤として有用である、式(I)の化合物 (式中、置換基は請求項1に定義されているとおりである)。

    殺微生物チアゾール誘導体

  13. 【課題・解決手段】有害生物防除剤、特に、殺菌・殺カビ剤として有用な、式(I)の化合物(式中、置換基は、請求項1に定義されているとおりである)。

    殺微生物オキサジアゾール誘導体

  14. 【課題・解決手段】本発明は、DMDなどの神経筋障害を治療する、寛解させる、予防する及び/又は遅延させるための、臨床適用性を増強する改善された特徴を有するアンチセンススプライススイッチングオリゴヌクレオチドを提供する。

    遺伝性障害の治療のための改善された特徴を有する二環式スキャフォールド部分を含むプレmRNAスプライススイッチング又は調節オリゴヌクレオチド

  15. 【課題・解決手段】本発明は、PCSK9阻害剤、PCSK9阻害剤を含む組成物、及びPCSK9阻害剤を同定及び使用する方法を提供する。

    心血管疾患を治療するための組成物及び方法

  16. 【課題・解決手段】本発明は、化合物、その組成物、およびそれを使用する方法を提供する。本発明は、薬物様小分子による、例えばRNAまたはDNAといった核酸分子のレベルおよび/または活性のモジュレーションのための化合物、およびその使用方法を提供する。本発明はまた、3WJを形成する可能性があるまたは開示した化合物の存在下で3WJを形成する可能性があるシスまたはトランスの配列相...

    RNA機能をモジュレートするための化合物および方法

  17. 【課題】加熱前には導電材料を介した視認性を高めることができ、加熱後には導電材料の硬化物の透過率を下げることができる導電材料を提供する。【解決手段】本発明に係る導電材料は、硬化性成分と、導電性粒子とを含む導電材料であり、導電材料を25℃から60℃に加熱したときに、加熱後の波長400nmにおける透過率が、加熱前の波長400nmにおける透過率よりも10%以上低くなる性質を有する。

    導電材料、接続構造体及び接続構造体の製造方法

  18. 【課題】植物の輸送体を標的にした機能制御活性を有するジフェニル尿素化合物誘導体をスクリーニングし植物のカリウムイオン輸送体の機能制御剤を提供し、当該植物のカリウムイオン輸送体の機能制御剤を植物に施用する改質された植物体の育成方法を提供する。【解決手段】下記一般式(1)(式中の記号は明細書に記載の通り。)で示される化合物誘導体(NS5806類)を含む植物のカリウムイオン...

    植物のカリウムイオン輸送体の機能制御剤及び植物の育成方法

  19. 【課題】電極間を電気的に接続した場合に、接続抵抗を低くすることができる導電性粒子を提供する。【解決手段】本発明に係る導電性粒子は、基材粒子と、前記基材粒子の表面上に配置された導電部とを備え、前記導電部が外表面に複数の突起を有し、前記複数の突起の全個数100%中、アスペクト比が2以上、4以下である突起の割合が20%以上である。

    導電性粒子、導電材料及び接続構造体

  20. 【課題・解決手段】本発明は、本明細書において定義されている式(I)の化合物または式(I’)の化合物、これらの調製プロセス、これらを含む殺有害生物、特に殺虫性、殺ダニ性、殺軟体動物性および殺線虫性組成物、ならびに、これらを用いて昆虫、ダニ類、軟体動物および線虫有害生物などの有害生物を駆除および防除する方法に関する。

    有害生物防除剤としての尿素およびチオ尿素置換二環式誘導体

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 128