坐剤 に関する公開一覧

坐剤」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「坐剤」の詳細情報や、「坐剤」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「坐剤」の意味・用法はこちら

81〜100件を表示(50,390件中)5/2,520ページ目

  1. 【課題】腫瘍形成はシグナル伝達経路であるPI3K経路の機能不全を起こす。過剰発現され、異常に活性化されたP13Kを阻害化する、インヒビターを予想する方法が必要とされている。又、特定の標的のインヒビター単独及び/又はインヒビター−組合せ治療に対する臨床的な感受性を決定するのに用いることができる、複数の主要なシグナリング経路を調べる、予測的な生物マーカーアッセイが必要であ...

    癌を有する患者に治療を選択する方法

  2. 【課題】ヒストンデアセチラーゼ(HDAC)の阻害のための有用な化合物、その薬学的に許容される塩、水和物、溶媒和物の提供。【解決手段】式(I)で表される化合物。(Uが一重結合、NR2d、NR2d-NR2d’又はO;JがNH2、又はSH;VがC又N、但しVがNである場合、R2a〜R2cのうちの1つは存在しない;Xが各々独立にH、D、メチル、CF3又はハロゲン;R2a〜及び...

    ヒストンデアセチラーゼ阻害剤

  3. 【課題】式(I)の化合物またはその薬学的に許容される塩である化学成分(式中、Y、Ra、Ra’、Rb、Rc、X1、X2、X3、Rd、Z1、及びZ2は、本明細書に記載の値を有し、アステリスクを付された位置に示されている立体化学的配置は、絶対立体化学を示す)を提供すること。【解決手段】本開示による化学成分は、Sumo活性化酵素(SAE)の阻害薬として有用であり得る。さらに、...

    SUMO活性化酵素の阻害薬として有用なヘテロアリール化合物

  4. 【課題】胃腸系へのLFA−1アンタゴニストの送達の提供。【解決手段】本発明は、LFA−1アンタゴニストを胃腸系に送達することにより障害および疾患を治療するための組成物および方法を提供する。方法は、LFA−1アンタゴニストを送達して、局所治療を行うことを包含する。一態様では、LFA−1アンタゴニストまたは薬学的に許容されるその塩もしくはエステルと、経口投与に適した賦形剤...

    胃腸系へのLFA−1アンタゴニストの送達

  5. 【課題】組換えインターフェロンを用いて被験者の腫瘍を治療する方法、及び被験者の肺癌を含む固形腫瘍を治療するための方法を提供する。【解決手段】本発明は、組換えインターフェロン(rSIFN-co)で、被験者の腫瘍を治療する方法、及び、任意で固形腫瘍例えば肺癌の治療に用いる方法を提供し、特に、投薬前に手術を行った或いは手術を行わなかった、及び第一選択又は第二選択単剤療法とし...

    空間配置が変化した組換えインターフェロンを用いる腫瘍治療の方法

  6. 【課題】細胞療法のための細胞を製造する方法を提供する。【解決手段】第一の側面において、本発明は、療法に使用するための細胞を培養する方法であって、(i)細胞サンプルを、第一の血清、第一の血清代替物及び/又は第一の血清フラクション(serum fraction)を含む第一の細胞培養培地中、細胞が所望の増大(expansion)レベルを達成できるのに十分な時間、培養するこ...

    細胞培養方法

  7. 【課題】キムチまたはヒトの糞便から単離された新規ラクトバチルス属菌株、新規ビフィドバクテリウム属菌株、又は、これらの混合乳酸菌の提供。【解決手段】特定のラクトバチルス属菌株、又は、特定のビフィドバクテリウム属菌株は、キムチ又はヒトの糞便から単離されており、高い安全性、抗酸化活性、β−グルクロニダーゼ阻害活性、リポ多糖類生成抑制活性、及び/又は、密着結合タンパク質(ti...

    多様な機能性を有する新規乳酸菌およびその用途

  8. 【課題】高コレステロール血症、アテローム性動脈硬化症、冠動脈性心疾患、胆石、肥満症、および他の心血管疾患の処置のために有用なグアニル酸シクラーゼのアゴニストの提供。【解決手段】本発明はまた、グアニル酸(guanalyte)シクラーゼ受容体の少なくとも1つのアゴニストを、単独で、または脂質代謝障害、胆道障害、心血管疾患、肥満症、または内分泌障害を処置するのに一般に使用さ...

    高コレステロール血症、アテローム性動脈硬化症、冠動脈性心疾患、胆石、肥満症、および他の心血管疾患の処置のために有用なグアニル酸シクラーゼのアゴニスト

  9. 【課題】nOHの処置における使用のための、予測可能な薬物動態特性を有する安全かつ耐容性が良好なノルエピネフリントランスポーター阻害剤を提供する。【解決手段】本発明は、神経原性起立性低血圧およびその症状の処置のための、4−[2−(2,4,6−トリフルオロフェノキシメチル)−フェニル]ピペリジンまたはその薬学的に許容される塩の使用に関する。一態様では、本発明は、ヒト患者に...

  10. 【課題】不安関連障害の症状の治療剤として有用なピリジン誘導体およびその製薬学的に許容される塩に関する。【解決手段】次式で表される化合物。[式中、R1は、置換されていてもよいC1−6アルキル、置換されていてもよいC3−10シクロアルキル、または置換されていてもよい5員〜10員の飽和または部分不飽和のヘテロ環基を表し;R2は、ハロゲン原子、シアノ、同種または異種の1〜3個...

    2,6−ジ置換ピリジン誘導体

  11. 【課題】本発明の目的は、GPR120アゴニストとしての新規ビアリール誘導体を提供することである。【解決手段】本発明は、式(1)で示されるビアリール誘導体、その製造方法、それを含む医薬組成物及びその用途に関し、本発明に係る式(1)で示されるビアリール誘導体は、GPR120アゴニストとして胃腸管でGLP−1生成を促進し、マクロファージや膵臓細胞などでの抗炎症作用により、肝...

  12. 【課題】本発明の目的は、一般的な治療上の使用に好適な改善された脂質−治療用核酸組成物を提供することである。【解決手段】本発明が解決しようとする課題は、核酸ベース薬、例えば、dsRNAを、ステロール;中性脂質;PEGまたはPEG修飾脂質;および特定のカチオン性脂質を有する製剤と複合体化させることによって解決される。

    免疫細胞へオリゴヌクレオチドを送達する方法

  13. 【課題】神経障害性疼痛の治療・予防薬として有用な医薬組成物の提供。【解決手段】神経障害性疼痛の有効成分として、化学式(I)及び/又は化学式(II)で表される色素、その薬学的に許容される塩、並びにそれらの水和物から選ばれる少なくとも何れかを含有する、神経障害性疼痛の医薬組成物。

    神経障害性疼痛の医薬組成物

  14. 【課題】CD70発現細胞に特異的に薬剤を送達することが可能な薬剤又は方法を提供する。【解決手段】IgGのFc部分又はその断片を含む抗CD70抗体、及び薬剤が結合したIgG結合ペプチドを含む複合体であって、前記IgG結合ペプチドが前記抗CD70抗体に連結されている複合体、及び該複合体を含む。

    抗CD70抗体とIgG結合ペプチドの複合体

  15. 【解決課題】 微小管重合阻害活性を有し、抗癌剤として有望な新規化合物を提供すること。【解決手段】 以下の式(I)で表される化合物又は医薬的に許容可能なその塩。

    γ−チューブリン阻害剤

  16. 【課題】本願の課題は、脳梗塞の処置方法を提供することである。【解決手段】脳梗塞の処置用の式(I)の化合物、当該化合物を含む医薬組成物、当該化合物を使用することを含む脳梗塞の処置用医薬の製造方法、脳梗塞の処置用医薬の製造における当該化合物の使用、または、当該化合物または医薬組成物を投与することを含む脳梗塞の処置方法を提供する。脳梗塞には、例えば、ラクナ梗塞、アテローム血...

    脳梗塞の処置用の医薬組成物

  17. 【課題】神経障害性疼痛、特にイオンチャネルP2X4によって媒介される疼痛を治療するための剤および改善された方法の提供。【解決手段】P2X4ポリペプチドに特異的に結合しかつP2X4チャネル活性を調節する抗体、および神経障害性疼痛および他の徴候の治療のためにP2X4抗体を用いる方法。さらに組換えP2X4ポリペプチド、およびかかるポリペプチドを作成するための方法、ならびに抗...

    イオンチャネルモジュレーターおよびその使用

  18. 【課題】高親和性でインターロイキン-33(IL-33)と結合する、単離された免疫グロブリン重鎖ポリペプチド及び単離された免疫グロブリン軽鎖ポリペプチド、及び該免疫グロブリン重鎖ポリペプチド及び免疫グロブリン軽鎖ポリペプチドを含むIL-33結合剤の提供。【解決手段】特定のアミノ酸配列を含む、単離された免疫グロブリン重鎖ポリペプチド。

    インターロイキン−33(IL−33)に対する抗体

  19. 【課題】前立腺肥大の治療方法、血中トリグリセリド値を低下させる方法、血糖値を低下させる方法、生後体重を増加させる方法、免疫機能を増加させる方法、注意欠陥障害の治療方法の提供。【解決手段】アブシジン酸、および/またはその塩、誘導体、および類似体を含む組成物、および医薬的および/または栄養補助食品的使用方法に関する。

  20. 【課題】オキシンドール化合物およびその医薬組成物の提供。【解決手段】式で表される、5−クロロ−1−エチル−3−(2−ヒドロキシ−3−メトキシベンジル)−2−オキソインドリン−3−イルジメチルカルバメートである、化合物または薬学的に許容されるその塩。該化合物、ならびに、それらを含有している薬学的組成物は、カルシウムストレスおよび酸化ストレスによって媒介されるミトコンドリ...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 2520