坐剤 に関する公開一覧

坐剤」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「坐剤」の詳細情報や、「坐剤」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「坐剤」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(4,368件中)1/219ページ目

  1. 【課題】 本発明は、植物由来アルカロイドを含有する医薬組成物を提供することを目的とする。【解決手段】 リンパ球の病的活性化が関与する疾患、障害または病態の治療または予防のための、植物由来アルカロイドまたはその医薬的に許容可能な塩もしくは溶媒和物を含有する医薬組成物。

    植物由来アルカロイドを含有する医薬組成物

  2. 【課題】Aβ産生抑制剤を提供すること、好ましくは、Aβ産生酵素(β-セクレターゼやγ-セクレターゼ)のAPP以外の基質(例えばNotch)に対する影響がより低減されたAβ産生抑制剤を提供すること。【解決手段】糖鎖修飾阻害剤を含有する、Aβ産生抑制剤。

    Aβ産生抑制剤

  3. 【課題】アミロイドβ産生抑制活性を有し、アミロイドβタンパク質の産生、分泌および/または沈着により誘発される疾患の治療または予防剤として有用な化合物を含有する医薬組成物を提供する。【解決手段】式(I)で示される化合物またはその製薬上許容される塩、を含有する医薬組成物。(R3:ハロゲン、シアノ、アルキルオキシハロアルキルオキシ、非芳香族炭素環式基で置換されていてもよいア...

  4. 【課題・解決手段】認知または神経の疾患および障害を処置する方法であって、それを必要とする患者に、ラパスチネルまたはその薬学的に許容される塩、エステルもしくは代謝産物を投与するステップを含み、ラパスチネルが約1〜約14日間の投与期間投与され、続いて、ラパスチネルが投与されない少なくとも約1〜約16週間の休薬期間がある、方法を開示する。

    NMDA受容体アゴニストの投与方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、アシルヒドラジン誘導体化合物、その立体異性体又はその薬学的に許容可能な塩を有効成分として含む炎症性疾患の予防、改善又は治療用組成物に関する。本発明のアシルヒドラジン誘導体化合物、その立体異性体又はその薬学的に許容可能な塩は、炎症性サイトカイン及び炎症性シグナル伝達経路を効果的に抑制し、皮膚炎のような炎症性疾患の症状を効果的に改善することがで...

    アシルヒドラジン誘導体を含む抗炎症組成物

  6. 以下の式(I)の化合物が開示される:【化1】 (式中、変数A、B、X、W、V、R1−R5、及びmのそれぞれは、本明細書で定義される)。ナノ複合体を含む医薬組成物(ナノ複合体は、化合物の1つ、及びタンパク質、核酸、または低分子から形成される)ならびに医薬組成物の1つで病状を処置する方法も開示される。

    脂質様ナノ複合体及びその使用

  7. 【課題・解決手段】本発明は、IRAK阻害剤として有用な、式Iの化合物及びその薬学的に許容される塩に関する。化1】。

    IRAK阻害剤としてのキノリン化合物及びその使用

  8. 【課題・解決手段】本発明は、中東呼吸器症候群コロナウイルス(Middle East Respiratory Syndrome−Coronavirus、 MERS−CoV)に対して中和活性を有する結合分子に関する。より具体的には、MERS−CoVのSタンパク質に対する優れた結合能力を有し、MERS−CoVに対して中和効果を有する結合分子に関し、MERS−CoV感...

    中東呼吸器症候群コロナウイルスに対して中和活性を有する結合分子

  9. 【課題・解決手段】本発明は、病原性免疫グロブリン駆動型B細胞疾患の治療又は予防における使用のための、化合物クロザピン及びその主要代謝産物ノルクロザピン、及びそれらのプロドラッグ、並びにそれらの医薬として許容し得る塩及び溶媒和物に関する。また、本発明は、そのような化合物を含有する医薬組成物を提供する。

    新規の使用

  10. 【課題・解決手段】本開示は、治療有効量の抗ムスカリン薬又は抗コリン作動薬又はそれらの薬学的に許容可能な塩又は立体異性体を、治療有効量のリポ酸又はその薬学的に許容可能な塩又は立体異性体と組み合わせて含む医薬組成物に関する。抗ムスカリン薬又は抗コリン作動薬は式I、式II又は式IIIの化合物であり、リポ酸は式IV又は式Vの化合物である。医薬組成物は、抗ムスカリン薬又は抗コリ...

  11. 【課題・解決手段】眼疾患を阻害するための[(2E)−2−[(3−メトキシ−1,4−ジオキソ−1,4−ジヒドロナフタレン−2−イル)メチリデン]−N,N−ジエチルペンタンアミド](APX2009)および(2E)−2−[(3−メトキシ−1,4−ジオキソ−1,4−ジヒドロナフタレン−2−イル)メチリデン]−N−メトキシペンタンアミド](APX2014)が、本明細書に開示される。

    新規なAPE1/Ref−1阻害剤による眼疾患のターゲティング

  12. 【課題・解決手段】本発明は、発癌性(腫瘍原性)細菌を標的とする1つ以上(適切には2つ以上、または3つ)のバクテリオファージを含むバクテリオファージ組成物、およびがんの治療または予防のためのその使用に関する。

    細菌関連がんの治療および予防のためのバクテリオファージ

  13. 本開示は、式(I)【化1】の化合物又はその薬学的に許容される塩(ここでは、R1及びR2)、本開示の化合物の製造、及びその治療的使用を提供する。本開示はさらに、本開示の化合物の医薬組成物、並びに薬理活性物質及び本開示の化合物の組み合わせを提供する。

    NEP阻害剤としての置換ビスフェニルブタン酸エステル誘導体

  14. 【課題・解決手段】本発明は、ある種の障害および症状、例えば、嗜癖または強迫障害の処置のための化合物およびその使用方法に関する。一態様において、本発明は、嗜癖、嗜癖性行動、行動的嗜癖、脳内報酬系障害、強迫障害もしくは関連する状態を予防し、好転させ、処置し、またはそれからの回復を促進する方法であって、嗜癖、嗜癖性行動、行動的嗜癖、脳内報酬系障害、強迫障害もしくは関連する状...

    嗜癖および関連する障害を処置するための化合物および方法

  15. 【課題・解決手段】それを必要とする哺乳動物においてP2Y14R受容体アゴニストの拮抗作用に応答する疾患または障害を治療または予防するための式(I)〜(IX)の化合物が開示され(式中、R1〜R8、X、Y、Z、X’、Y’、Z’、およびAは本明細書に定義の通りである。)、それらは喘息、嚢胞性線維症、および腎臓の無菌性炎症などの炎症を利用するのに有用である。

    複素環P2Y14受容体拮抗薬

  16. 【課題・解決手段】N-(2-(5-(((2R,3R,4S,5R)-3,4-ジヒドロキシ-5-メトキシ-6,6 ジメチルテトラ-ヒドロ-2H-ピラン-2-イル)オキシ)-3'-フルオロ-[1,1'-ビフェニル]-2-イル)エチル)-アセトアミドとL-プロリンまたはD-プロリンとの共結晶形態、それらの薬学的組成物、製造方法、ならびに糖尿病性末梢神経障害等の神経変性障害を治...

    ノボビオシン類似体とプロリンとの共結晶形態

  17. 【課題・解決手段】本開示は一般的に、新規のキメラ抗原受容体(「CAR」)、そのようなCARを発現する改変された調節性T細胞(「Treg」)、及び/または神経変性疾患を改変する分子、例えば酸化/炎症活性を防止する分子、または神経成長因子もしくは非古典的神経栄養因子のような神経細胞の成長/生存を促進する分子を発現するように設計されたTregに関するものである。また、本開示...

    神経変性疾患及び障害の治療のためのキメラ抗原受容体

  18. 【課題・解決手段】(1S,3S)−3−アミノ−4−(ジフルオロメチリデン)シクロペンタン−1−カルボン酸またはその医薬的に許容可能な塩を用いて、耳鳴、急性感音性難聴、メニエール病、トゥレット症候群、ADHD、または嗜癖を治療する方法が提供される。(S)−3−アミノ−4−(ジフルオロメチルエニル)シクロペンタ−1−エン−1−カルボン酸を用いて、耳鳴、急性感音性難聴、メニ...

  19. 【課題・解決手段】イブジラスト(3−イソブチリル−2−イソプロピルピラゾロ[1,5−a]ピリジン)またはその薬学的に許容可能な塩、および少なくとも一つ以上の他の治療剤の投与により、膠芽腫または再発性膠芽腫、およびそれの関連症状を治療するための方法、ならびに投与レジメン。

    癌療法に対するイブジラストおよび第二の薬剤を使用した方法ならびに投与レジメン

  20. 【課題・解決手段】本明細書に提供されるのは、ヘテロアリール化合物、例えば、式IまたはIAの化合物、及びそれらの医薬組成物である。本明細書に提供されるのはまた、カゼインキナーゼ1(CK1)、インターロイキン−1受容体関連キナーゼ(IRAK1)、またはサイクリン依存性キナーゼ9(CDK9)によって仲介される障害、疾患、または状態の1つまたは複数の症状を治療する、改善する、...

    ヘテロアリール化合物、それらの医薬組成物、及びそれら治療的使用

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 219