地盤 に関する公開一覧

地盤」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「地盤」の詳細情報や、「地盤」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「地盤」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(5,300件中)1/265ページ目

  1. 技術 免震建物

    【課題】簡単な機構で、免震層の過大変形を抑制する。【解決手段】免震建物100は、下部構造物10の上に設けられ上部構造物20を支持する免震層102と、免震層102に設けられてハードニングを開始するせん断変形量が異なる第一積層ゴム支承110及び第二積層ゴム支承120と、を備えている。

    免震建物

  2. 【課題】従来、作業現場の地盤の性状とは無関係に、掘削軸を、掘削孔の壁面に摺接する摺接体により支持する構成のため、摺接体の摺接する部分の掘削孔が崩れるという課題がある。また、複数の掘削軸の一部あるいは全体に前後左右に荷重が掛かったり、または、掘削ヘッド先端が岩などの異物に接触して、複数の掘削軸が前後左右に曲がって、掘削孔が曲がってしまうという課題がある。【解決手段】地上...

    多軸掘削装置

  3. 【課題】野生動物による農作物被害の防止や危険区域への人や動物の侵入を防止するための侵入防止柵の設置については、柵を支持するの固定安定のために支柱を土中に深く打ち込んで安定させなければならないが、場所によっては冬季に除雪車との接触を避ける等の理由により、打ち込んだ支柱を引き抜かなければならない必要を生ずることも多い。このような侵入防止柵の設定や移動においては、支柱の打ち...

    侵入防止柵の構築方法とこれに用いる構築基礎ブロック

  4. 【課題】倒壊後の柱状構造物の小割発破を効率的に行なう上で有利な柱状構造物の解体方法を提供する。【解決手段】基部16および門柱部18に、削孔角度θが83度以上87度以下の角度となるように複数の装薬孔26を削孔する。削孔角度θが83度を下回ると、装薬孔26に装填された雷管28の起爆による破砕力が基部16および門柱部18の内部に届きにくく、小割発破を確実に行なう上で不利があ...

    柱状構造物の解体方法

  5. 【課題】矯正作業に要する手間を低減する等の新規な特徴を有する継手装置を提供する。【解決手段】継手部材(34)と、継手部材の所定部位に一端が固定された少なくとも1個の固定部材(38)とを備え、継手部材の断面方向の所定部位に、継手部材の長手方向に延びた一定幅の開口からなる嵌合用スリット(36)が設けられていることを特徴とする継手装置(30)が提供される。好ましくは、継手部...

    継手装置、継手装置を有する鋼製構造部材、および継手装置の使用方法

  6. 【課題】本発明は、簡単な構成で、鉄骨部材とコンクリート部材とを接合することを目的とする。【解決手段】溶接鉄筋接合構造は、コンクリート柱10と、コンクリート柱10の柱梁仕口部20と接合される梁コンクリート34と、端部が柱梁仕口部20に埋設されずに梁コンクリート34に埋設される梁鉄骨36と、を有する梁30と、梁コンクリート34に埋設されるとともに梁鉄骨36の端部に溶接され...

    溶接鉄筋接合構造

  7. 【課題】本発明は、柱状改良体の本数を低減することを目的とする。【解決手段】地盤改良構造20は、盛土12を支持する地盤10に形成される複数の柱状改良体30と、地盤10に形成され、柱状改良体30の上部から外側へ張り出す張出改良部40と、地盤10に形成され、隣り合う柱状改良体30を連結する壁状改良体50と、を備える。

    地盤改良構造

  8. 【課題】排水能力が大きく、短時間集中豪雨に対応することが可能な架設構造体およびその施工方法の提供。【解決手段】一対の支持部上に架設される架設構造体3であって、架け渡す方向を第1方向X、第1方向Xに対して直交する横方向を第2方向Yとしたとき、第1方向Xに延び、一対の支持部上に両端部が架設される複数の角パイプ30であり、第2方向Yに所定間隔で並設される複数の角パイプ30と...

    架設構造体およびその施工方法

  9. 【課題】 低コストで設置でき、また、丸太材のカスケード利用が容易な木柵および木柵支持部材を提供する。【解決手段】 下方から受けて丸太材30を保持する半円弧状の受け部材21と、一端が受け部材21の一端とヒンジ22を介して連結され、上方から被せて丸太材30を保持する半円弧状のかぶせ部材23とでリング部24を形成し、リング部24の内周面にネジ部材27による複数の突起部位...

    木柵および木柵支持部材

  10. 【課題】フリクションカットプレートに箱形ルーフ用筒体の一部を使用できるようにして、部材費用を低減し、また、設置の手数を簡素化できる箱形ルーフ用筒体およびそれを用いた箱形ルーフ工法を提供する。【解決手段】鋼管による略正方形断面の箱形筒体である箱形ルーフ用筒体6において、周面の一部を箱形筒体の長さ方向に延びる帯状板体18として分離可能とし、分離の帯状板体17をフリクション...

    箱形ルーフ用筒体および箱形ルーフ工法

    • 公開日:2021/03/25
    • 出願人: 植村誠 、...
    • 発明者: 植村誠 、...
    • 公開番号:2021-046746号
  11. 技術 免震機構

    【課題】より簡易な構成で、応答変位を抑制することができる免震機構を提供する。【解決手段】免震機構では、可動子3の上面は、上部案内部材の傾斜面に対向配置され、可動子3の下面は、下部案内部材の傾斜面に対向配置され、可動子3の上面及び可動子3の下面は、対向する案内部材の傾斜面に沿うように形成され、可動子3の上面及び可動子3の下面には、複数の摩擦板321,323,331,33...

    免震機構

  12. 【課題】予算および地域の実情に即して施設の管理を行うことができる資産マネジメント支援システム、資産マネジメント支援方法およびプログラムを提供する。【解決手段】指標化処理部84は、ステップS151において、評価基準値設定部83または計画案関連情報記憶部91から、対応する各項目の評価基準値を取得し、ステップS152において、評価基準値に基づいて、指標化のための段階評価に用...

    資産マネジメント支援システム、資産マネジメント支援方法およびプログラム

  13. 【課題】複数台の車両が自動制御で走行中に特定の車両で走行異常が発生した場合に、他の車両に影響を与えにくくする。【解決手段】複数台の車両20は、第1地点P1から第2地点P2に車列38を形成して走行する。自律走行制御部20Gは、自車両を自律的に走行させる。車両側異常検出部20Hおよび飛行体側異常検出部22Eは、車両20の走行異常の有無を検出する。車両側注意情報送信部20I...

    複数台の車両の管理システム

  14. 【課題】楔緊結部の上面近傍又は下面近傍に他の仮設部材が位置する状態であっても比較的容易に楔部材の頭部及び先端部を工具で打撃し得るとともに、上層床レベルの楔部材の頭部を工具で打撃する作業者等の作業上の負荷又は労力を軽減し得る楔緊結構造及び楔緊結方法を提供する。【解決手段】仮設構造物の楔緊結構造(10)は、支柱(1)に配設された楔緊結部(11)と、横架材(3,4)又は斜材...

    仮設構造物の楔緊結構造及び楔緊結方法

  15. 【課題】地中構造物への地盤改良壁の固定度を意図的に下げて浮き上がりを許容する構成を実現する技術的思想を導入することにより、地盤改良壁の剛性を低減するにもかかわらず地震時動水圧を抑えることが可能な、経済性、施工性に優れた地中構造物の液状化対策構造を提供する。【解決手段】地中構造物(既設の共同溝)1の延長方向両側に沿って、改良径Sの小さい地盤改良体2が柱列状に非液状化層5...

    地中構造物の液状化対策構造

  16. 【課題】直線走行しか出来なかった従来のレール送り装置付き台車を曲線走行に対応させるようにする。【解決手段】レール送り装置を備えた台車1において、前記台車1は前後左右の4箇所にそれぞれ台車昇降回転装置2,2…を備えるとともに、前記台車昇降回転装置2は、台車1に対して鉛直軸周りに回転自在に支持された回転基台20と、この回転基台20に対して水平方向に沿って相対的に移動可能に...

    レール送り装置を備えた台車

  17. 【課題】直線走行しか出来なかった従来のレール送り装置付き台車を曲線走行に対応させるようにする。【解決手段】レール送り装置を備えた台車1において、前記台車1は前後左右の4箇所にそれぞれ台車昇降回転装置2,2…を備えるとともに、前記台車昇降回転装置2は、台車1に設けられた基台20と、この基台20に対して水平方向に沿って相対的に移動可能に設けられた横向スライドフレーム21と...

    レール送り装置を備えた台車

  18. 【課題】所定の距離にある、ターゲット物質を検出するための方法および装置を提供する。【解決手段】ターゲット物質80の方向を指示する手段と、サンプル物質をエネルギに晒すための一次エネルギ源と、装置を増感させるための手段と、また特に、その指示手段と、を有しており、それによって、指示手段は、サンプル物質に類似するターゲット物質を検出する。

    物質を検出するための方法および装置

  19. 【課題】油圧式掘削装置を用いた掘削施工において、掘削装置に接続された油圧ホースを良好な状態に保てるように該油圧ホースをハンドリングすることを可能にする油圧ホース保持装置を提供する。【解決手段】油圧ホース保持装置は、上下方向で向かい合う一対のシーブ装置として、・クレーン吊り下げ式で空中に位置する可動シーブ装置1と、任意の位置に設置可能な固定シーブ装置2を有している。掘削...

    油圧ホース保持装置および掘削方法

  20. 【課題】若材齢のコンクリート内の応力を適切に測定可能な応力測定装置及び応力測定方法を提供する。【解決手段】応力測定装置100は、吹き付け又は打設されたコンクリート6内に埋設される埋設ケーブル10、歪み測定部20、弾性係数測定部30及び応力算定部40を含む。埋設ケーブル10は光ファイバーケーブル11と光ファイバーケーブル11を被覆する被覆部材12とからなる。歪み測定部2...

    応力測定装置及び応力測定方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 265