地下タンク に関する公開一覧

地下タンク」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「地下タンク」の詳細情報や、「地下タンク」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「地下タンク」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,864件中)1/94ページ目

  1. 【課題】従来の農業及び漁業及び林業及び中小企業は、知的所有財産の特許権等が無かった為、大企業の下請け仕事の大企業の経費処理作業の為、大企業が、取り決めている商品の値段に基づく生活管理社会の為、日本の国の全額借金返済生活から抜け出せない国税と言う借金放棄出来ない事実を抱えていた。【解決手段】農業及び漁業及び林業及び中小企業の日本の過去から海外と異なった技術で作り上げて来...

    国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済後に対して自給自足型の農業及び漁業及び林業及び中小企業が世界トップの日本円銀行団体と世界最高銀行団体に成る為の完全自給自足物流通システムに対しての知的所有財産を使った財団経営の未来的農業漁業林業一体型中小工企業体システム。

  2. 【課題】 給油所のうち携帯端末器の使用可能なエリアを特定し、荷卸し作業の安全性、信頼性を向上することができるようにする。【解決手段】 タンクローリ車8から給油所1の地下タンク2に燃料を荷卸しする作業を開始するときに、荷卸しコンピュータ12の一部をなす携帯端末器14が載置部(即ち、ブラケット15)に載置されているか否かを判定する。携帯端末器14がブラケット15に載置...

    燃料荷卸しシステム

  3. 【課題】危険物を扱う油タンクの改造工事を施工することなく、タンク水切り作業上の安全性および設備信頼性を高めた上で、水切り作業の自動化を最大限に図ることのできる油タンク水切りシステムを提供すること。【解決手段】この油タンク水切りシステムSは、水切り配管4を介して油タンク1に接続された水タンク59と、水タンク59に接続された水払出し配管30と、水払出し配管30に配備された...

    油タンク水切りシステム

  4. 【課題】殺菌剤や紫外線などにより回収した排液中に含まれる栄養成分を変質することなく、細菌などの濃度を回収の都度分析せずに再利用可能な品質の養液を供給することができる濾過装置を提供する。【解決手段】栽培地PLから排出された養液を貯留する貯留槽1と、貯留槽1から送液ポンプP1を介して送液された養液を濾過する第1濾過装置2と、第1濾過装置2により濾過された濾液をさらに中空糸...

    養液濾過装置

  5. 【課題】 本発明はガソリンスタンド等のガソリンや油類を貯留する設備に配設された油配管内部ライニング施工に係り、長年使用され油分や錆、バリ等がある配管の内部を確実にクリーニングし、所定の厚さのライニング施工を行うことができる油配管内部ライニング施工方法に関する。【解決手段】 油配管内部ライニング施工方法であって、水圧を使用して配管に洗浄用ピグを通し、配管内部の油分を...

    油配管内部ライニング施工方法

  6. 【課題】地中に埋設された金属材料の腐食速度をより正確に測定する。【解決手段】交流測定部220が交流インピーダンス法により交流抵抗RCnを測定し、直流測定部221が直流分極抵抗法により直流抵抗RDnを測定し、分極抵抗算出部40が直流抵抗RDnから交流抵抗RCnを引いて分極抵抗Rpnを算出し、計算記録部50が分極抵抗Rpnを用いて腐食速度rnを導出する。

    腐食速度測定装置及び腐食速度測定方法

  7. 【課題】土壌埋設された金属材料の腐食速度をより正確に評価する。【解決手段】埋設された金属材料に対し交流インピーダンス法による測定を実施し、土壌腐食反応を良く説明可能な等価回路に基づき、測定で得られたナイキスト線図から分極抵抗Rpを算出し、算出した分極抵抗Rpを用いて腐食速度を導出する。これにより、交流インピーダンス法の測定結果から埋設された金属材料の腐食速度をより正確...

    土壌腐食速度測定装置及び土壌腐食速度測定方法

  8. 【課題】工程を簡略化し、工期の短縮を図ることのできる地下タンク貯蔵所の施工方法を提供する。【解決手段】燃料タンク2と、燃料タンク2上部のタンクマンホール3を囲むようにして設けられ、上方に延びる略筒状のプロテクタ4と、地中において、プロテクタ4と、建屋の配管ピット5との間を連結する筒状、かつ、金属製のカルバート6とを備える地下タンク貯蔵所1の施工は、地盤を掘削してタンク...

    地下タンク貯蔵所の施工方法

  9. 【課題】設備投資コストを低減すると共に、設置面積を縮小して敷地の有効利用を図ることができるベーパ回収装置を提供する。【解決手段】燃料油Gの荷卸時に地下タンク2内で発生する燃料油ベーパV1と、給油装置4の給油機構が供給する燃料油によって車載タンクから押し出される燃料油ベーパV2の両方を回収するベーパ回収機構を備えるベーパ回収装置1。地下タンクに挿入される通気管3と、燃料...

    ベーパ回収装置

  10. 【課題】セルフサービス方式の燃料供給システムに適用して好適な、種々の顧客それぞれに対する迅速、適確なサービス対応をはかれるようにした燃料供給システムを提供する。【解決手段】顧客自身が給油ノズルを操作して車両等に燃料補給を行う給油機と、給油機毎に対応した給油作業エリアの作業監視画像を取得する監視装置と、給油機それぞれから送信される送液許可要求が入力され、当該送液許可要求...

    燃料供給システム

  11. 【課題】地中連続壁を容易に構築できる地中連続壁の構築方法等を提供する。【解決手段】地盤に形成した掘削溝117にプレキャストブロック1を挿入して地中連続壁のエレメント112を構築する。次に、当該エレメント112の側方の地盤を掘削して掘削溝117を形成し、上記エレメント112のプレキャストブロック1に近接するように当該掘削溝117にプレキャストブロック1を挿入して地中連続...

    地中連続壁の構築方法、および地中連続壁

  12. 【課題】壁状又は柱状のコンクリート躯体を効率良く構築する。【解決手段】構築予定のコンクリート躯体を上下方向に複数のロットに分け、上から下に向かって順番にロットごとに型枠を盛り替えてコンクリートを打設することにより、コンクリート躯体を構築する方法は、コンクリート打設用シース管81,82及びバイブレータ用シース管91,92を、第1ロット構築用型枠50,50’の内面によって...

    コンクリート躯体の構築方法

  13. 【目的】止水材が剥がれることを防止すると共に、既に配管同士が継手によって接続された後からでも止水工事の施工が可能な止水材抑え具を提供する。【構成】本発明の一態様の止水材抑え具10は、壁面から突き出た円形の配管を外側から挟み込み可能に形成され、バンドを用いて外側から締め付けられることによって前記配管に取り付けられる、対となる半円筒部材16,18と、 一方が第1の半円筒...

    止水材抑え具及び地下埋設型配管継手ボックスの止水方法

  14. 【課題】地中連続壁を容易に構築できる地中連続壁の構築方法等を提供する。【解決手段】地盤に、地中連続壁の周方向に所定の間隔を空けて離間した短冊形の掘削溝117を形成する。そして、当該掘削溝117に先行エレメント111aを構築する。その後、離間して構築された先行エレメント111aと先行エレメント111aの間に掘削溝117を形成し、当該掘削溝117に後行エレメント113を構...

    地中連続壁の構築方法、および地中連続壁

  15. 技術 給油装置

    【課題】セルフサービス方式等の給油所における損傷事故等を防止することなどを可能とする給油装置を提供する。【解決手段】一端が貯油タンクに接続され、他端が給油ノズル6を有する給油ホース5に接続された給油管と、給油管に介装された給油ポンプ及び流量計とを備え、給油ノズルがノズル掛け7から外された際に給油可能となる給油装置1において、給油ノズルがノズル掛けから外されているが給油...

    給油装置

  16. 【課題】タンク内の正確な液面を検出して液相部における漏えいを確実に検出可能にする液面計用フロート装置を提供する。【解決手段】磁歪式液面計の磁歪線を内部に埋設したステム3に上下動可能に嵌挿した縦型円筒状のフロート本体2内の下方部に円環状の磁石4を埋設すると共に、該フロート本体2の下面にバランスウエイト5を取り付けた。フロート1は垂直状態で液面L上に浮き、フロート1の内周...

    液面計用フロート装置

  17. 【課題】水素ステーションにおいて、有機ハイドライドの供給/脱水素化物の回収を適切に進めつつ、揮発成分の大気中への拡散を抑制する。【解決手段】水素供給システムは、有機ハイドライドを貯蔵するための第1の貯蔵タンクと、第1の貯蔵タンクに貯蔵されていた有機ハイドライドから脱水素反応により発生した脱水素化物を貯蔵するための第2の貯蔵タンクと、が設けられ、有機ハイドライドから脱水...

    水素供給システム、及び、脱水素化物回収方法

  18. 【課題】有機ハイドライド/脱水素化物の循環を適切に進めつつ、揮発成分の大気中への拡散を抑制する。【解決手段】水素供給システムは、有機ハイドライドを貯蔵するための第1の貯蔵タンクと、第1の貯蔵タンクに貯蔵されていた有機ハイドライドから脱水素反応により発生した脱水素化物を貯蔵するための第2の貯蔵タンクと、が設けられた水素ステーションと、有機ハイドライドを貯蔵するための第3...

    水素供給システム、及び、水素供給方法

  19. 【課題】 成形型が不要で、高い強度と耐衝撃性及び弾力性を備えた立体構造物を製造することが可能であり、従来のゴム製のものと比較して大幅な軽量化を図ることが可能である防舷材及び防舷材の製造方法を提供する。【解決手段】 芯材の表面にポリウレア樹脂層を形成し、前記芯材とポリウレア樹脂層が一体となった複合立体構造を有する緩衝材からなる防舷材を構成した。所望の立体形状に作製し...

    防舷材及び防舷材の製造方法

  20. 【課題】 洪水や津波に遭遇した際に、浮力によって浮上して避難するとともに、流れに乗って押し寄せてくる浮遊瓦礫の衝突から車や人を保護する機能を備えた浮上式防災車庫を提供する。【解決手段】 床版の下面にフロート部を配置するとともに、床版より上部の周囲に防舷材を配置したことを特徴とする浮上式防災車庫を構成した。防舷材及び/又はフロート部には、芯材の表面に弾性変形可能な樹...

    浮上式防災車庫

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 94