圧延機 に関する公開一覧

圧延機」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「圧延機」の詳細情報や、「圧延機」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「圧延機」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(16,527件中)1/827ページ目

  1. 【課題】回転装置の異常予兆検知について、より信頼性を高める。【解決手段】異常予兆検知装置10は、回転装置の状態を計測するセンサ41〜48を有し、センサ41〜48による計測データを取得する計測部11と、計測部11が取得する少なくとも三種類の計測データを含む計測データセットを入力可能な入力部12と、複数の計測データセットを対象として主成分分析を行うことにより次元削減データ...

    異常予兆検知装置及び異常予兆検知方法

  2. 【課題】吸着用金属片を電磁チャックの吸着力で吸着して鋼板を保持する場合に、電磁チャックまたは吸着用金属片を駆動する駆動機構の損傷を抑える。【解決手段】鋼板200の上方側に配置される吸着用金属片ユニットと、鋼板200の下方側に配置される電磁チャックユニットと、を備え、吸着用金属片104ユニットは、吸着用金属片104を上下方向に移動させる第1の駆動機構と、第1の駆動機構に...

    鋼板の保持装置

  3. 【課題】H形鋼を製造する場合に、加熱炉のスキッド部でのスケール堆積に起因して発生する凹み(圧痕)を、最終製品において残存させることなくH形鋼製品を製造する。【解決手段】加熱炉から抽出されたスラブを素材とし、当該素材を被圧延材として圧延造形を行いH形鋼を製造する製造方法であって、前記圧延造形には、被圧延材を所定の略ドッグボーン形状に圧延造形するエッジング圧延と、エッジン...

    形鋼の製造方法

  4. 【課題】板厚が厚くとも鋼板の内部にわたって、優れた強度−靭性バランスを発揮、特には、高強度と従来よりも低温での優れた靭性とを示す厚鋼板、およびその製造方法を提供する。【解決手段】本発明の厚鋼板は、所定の成分組成を満たすと共に、下記式(1)から求められるDi+10Nb:1.20〜2.50を満たし、結晶方位差15°以上の大角粒界に囲まれる結晶粒のうち、円相当直径が7.5μ...

    厚鋼板およびその製造方法

  5. 【課題】本発明は、保護層の上から斜め方向に加わるXY軸方向の応力(せん断力)の接地圧分布を算出できる圧力センサーシートを提供することを目的とする。【解決手段】第一電極と第二電極との間に形成される絶縁層が異なる特性をもつ複数層で構成されている発明であり、タイヤ、靴底、トラックポイントなどの真の接地状態を測定するための装置に使用できるようにした。

    圧力センサーシート

  6. 【課題】 従来の圧力センサーシートでは、斜め方向から加わるせん断力の接地圧分布を測定することはできない。したがって、接地面との真の接地状態を測定することになっておらず、性能等を測定する試験装置としては不十分であるという問題があった。本発明は、その問題を解決できる圧力センサーシートを提供する。【解決手段】 絶縁層に階調を設けることで、ノイズとなる内部応力歪みを減少さ...

    圧力センサーシート

  7. 【課題・解決手段】説明される本技術は、リチウム蓄電池内のアノードの生産のために使用されるリチウムベースの合金電極材料と、それを取得するためのプロセスとに関する。合金は、金属リチウムと、マグネシウムおよびアルミニウムから選択される、金属成分X1と、アルカリ金属、アルカリ土類金属、希土類、ジルコニウム、銅、銀、ビスマス、コバルト、亜鉛、アルミニウム、シリコン、スズ、アンチ...

    リチウムベースの合金の形態における電極材料およびそれを製造するための方法

  8. 【課題】タンデム圧延機において、作業ロールのオフセット量の上限値を適切に設定することができるタンデム圧延設備におけるロールオフセット量の上限値の設定方法及び設定装置を提供する。【解決手段】作業ロール11をオフセットさせる圧延機10の作業ロール11のオフセット量Lを種々変更して、各圧延機10の作業ロール11の圧延方向の変形も考慮した圧延板断面形状解析を実施して圧延方向に...

    タンデム圧延設備におけるロールオフセット量の上限値の設定方法及び設定装置

  9. 【課題】鉄損改善効果が確実に得られる、方向性電磁鋼板の新規な製造方法を提案する。【解決手段】C:0.08%以下、Si:2.0〜8.0%、Mn:0.005〜0.500%、Al:0.010〜0.065%およびN:0.005〜0.012%を含有し、残部がFeおよび不可避的不純物の成分組成を有する鋼スラブに、熱間圧延を施して熱延板とし、該熱延板に中間焼鈍を挟む2回以上の冷間圧...

  10. 【課題】高い経済性を有する薄肉フランジのハット形鋼矢板を孔型圧延法によって製造する。【解決手段】粗圧延工程では、被圧延材の断面形状を、矩形断面から、左右のフランジ部が鏡面対称のZ型形状であり、且つ、フランジ部がウェブ部に接続する第1部位、腕部に接続する第2部位、及び、これら第1部位と第2部位との間に位置する第3部位からなるハット形粗形断面とする造形が行われ、中間圧延工...

    ハット形鋼矢板の製造方法

  11. 【課題】ユニバーサル圧延で製造されるH形鋼の製造ラインにて、ユニバーサル圧延で生じやすいウェブ中心位置精度の低下を防ぎ、圧延造形の生産性と製品品質を高める。【解決手段】H形鋼の圧延過程での中間材である被圧延材に対し、当該被圧延材のウェブ部の板厚中心をフランジ部の幅中央位置に修正するウェブ中心位置修正圧延機であって、上下対称形状の水平ロール対、及び左右対称形状の竪ロール...

    H形鋼のウェブ中心位置修正圧延機及びH形鋼の圧延方法

  12. 【課題】疲労き裂伝播特性と塗装耐久性が共に優れた構造用鋼材を提供する。【解決手段】所定の成分組成にするとともに、鋼材のミクロ組織を、硬質相と軟質相から構成される複合組織とし、硬質相の体積分率を0.20〜0.80とし、かつ軟質相におけるフェライトの平均粒径を5〜50μmとする。

  13. 【課題】疲労き裂伝播特性と塗装耐久性が共に優れた構造用鋼材を提供する。【解決手段】質量%で、C:0.020%以上、0.200%以下、Si:0.05%以上、1.00%以下、Mn:0.20%以上、2.00%以下、P:0.003%以上、0.030%以下、S:0.0001%以上、0.0100%以下、Al:0.001%以上、0.100%以下およびW:0.005%以上、1.000...

  14. 【課題・解決手段】導電性の媒体(20)で満たされた液圧システムのための液圧式のアクチュエータ装置(10)が、前記液圧システムに接しておよび/または前記液圧システム内に配置可能または配置されており、少なくとも1つのアクチュエータモジュール(12)を有しており、該アクチュエータモジュール(12)はそれぞれ、前記導電性の媒体(20)の少なくとも部分量が、前記それぞれのアクチ...

    液圧式のアクチュエータ装置、および導電性の媒体で満たされた液圧システムの少なくとも1つの部分体積内で圧力上昇を生ぜしめるための方法

  15. 【課題】ユニバーサル圧延機を用いたH形鋼製造時に、ウェブ中心偏りの抑制を図るための制御を、当該ウェブ中心偏りの発生量の被圧延材長手方向位置での相違を考慮して行い、ウェブ中心偏りの抑制を被圧延材の全長にわたってより効果的に実現できるようなH形鋼の製造方法を提供する。【解決手段】ユニバーサル圧延機を用いたH形鋼の製造方法であって、前記ユニバーサル圧延機でのユニバーサル圧延...

    H形鋼の製造方法

  16. 【課題】ロット単位で製品を生産または処理するための計画を、集合分割問題を用いて立案するに際し、当該集合分割問題の最適解の候補となる部分集合(キャスト(ロット))を効率よく抽出するための計画作成装置の提供。【解決手段】キャスト編成装置100は、集合分割問題MPを線形緩和した線形緩和問題LPを主問題とした場合の双対問題DLPの最適解である双対解(双対変数λiの最適解)を導...

    計画作成装置、計画作成方法、およびプログラム

  17. 【課題】 圧延材の倒れの発生を防止し、品質や歩留まりの各向上及び部品類の破損防止を図る。【解決手段】 ガイドボックスにガイドローラーを有する対のローラーホルダーを支点を中心として回転可能に設け、各ローラーホルダーの後部側に中心振分機構及び抱合力維持機構を配置し、抱合力維持機構は液圧シリンダ71と、ピストンロッド71bの先端に取り付けてある保持手段と、液圧シリンダ7...

    圧延材の誘導方法及び誘導装置

  18. 技術 蒸煮装置

    【課題】蒸し麺や即席麺の生産における蒸煮の工程においてより効率的に蒸煮をする装置を開発することを目的とする。【解決手段】麺線群を蒸煮するための蒸煮装置であって、麺線群が三段に搬送されるようにコンベアを設置し、上段及び中段においてそれぞれ麺線群に蒸気を供給するための蒸気供給機構と、当該蒸気供給領域をその他の領域と区切る仕切り部と、前記蒸気供給後に麺線群に水分を供給する水...

    蒸煮装置

  19. 技術 絶縁電線

    【課題】平角導線への樹脂絶縁層の密着性が優れると共に、樹脂絶縁層の厚さの均一性が高く、且つ耐外傷性が優れる絶縁電線を提供する。【解決手段】絶縁電線10は、扁平な断面形状を有する平角導線11と、その外周面を被覆するポリアミドイミド樹脂で形成された厚さが1.5μm以上5μm以下の樹脂絶縁層12とを備える。絶縁電線10をJISC3216−3:2011に基づいて急激伸張試験し...

    絶縁電線

  20. 【課題・解決手段】本明細書では、ロール(130)および/またはロール加工エンジニアリング材料(例えば、金属ストリップ)上に冷却剤などの粘性材料を封じ込めるためのシステムおよび方法が提供される。具体的には、粘性材料封じ込めシステム(100)は、可動シール(110)とガス送達装置(120)を含むことができる。ロール(130)を冷却するための方法は、冷却剤などの粘性材料をロ...

    ロール加工において粘性材料を封じ込めるためのシステムおよび方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 827