固定相 に関する公開一覧

固定相」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「固定相」の詳細情報や、「固定相」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「固定相」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(9,748件中)1/488ページ目

  1. 【課題】糖鎖中のラクトンを迅速に安定化する。【解決手段】試料の調製方法は、糖鎖を含む試料の調製方法であって、糖鎖に含まれるシアル酸の少なくとも一部をラクトン化するラクトン化反応を行うことと、試料に、ラクトン化されているシアル酸と反応させるアンモニア、アミンおよびこれらの塩からなる群から選択される少なくも一つを含む、アミド化反応溶液を加え、ラクトン化されているシアル酸の...

    試料の調製方法および分析方法

  2. 【課題】カラムを容易かつ確実に組み立てることが可能なバイス及びシステムを得る。【解決手段】カラム用バイス10は、カラム支持部を成す底部キャップ400と、本体部を成すバイスチューブ500と、カラム押圧部を成す頂部キャップ600とを主に備える。バイスチューブ500の底部に底部キャップ400がねじ込まれ、頂部に頂部キャップ600がねじ込まれ、これによりカラム用バイス10が形...

    カラム用バイス及びクロマトグラフィー用カラムシステム

  3. 【課題・解決手段】本発明は、プロテアーゼ耐性ペプチド、このようなペプチドを作製する方法ならびにプロテアーゼ耐性ペプチドを含む組成物およびこのようなペプチドを利用して処置する方法を提供する。ある種のアミノ酸残基の脂質付加および天然アミノ酸に対する代替的アミノ酸の置換およびペプチド鎖に付加されるさらなるアミノ酸の組み合わせが、プロテアーゼ耐性ペプチドを生成させることが分かった。

    プロテアーゼ耐性一脂質付加ペプチド

  4. 【課題・解決手段】液体フレッシュニング組成物が提供される。液体フレッシュニング製品は、液体フレッシュニング組成物の約0.5重量%〜約15重量%のミリスチン酸イソプロピルと、40重量%超の1つ以上の香料原材料とを含む。液体フレッシュニング組成物は、25℃で約0.004kPa〜約0.13kPa(約0.03Torr〜約1.0Torr)の蒸気圧を有する。液体フレッシュニング組...

    ミリスチン酸イソプロピルを含むフレッシュニング組成物

  5. 【課題・解決手段】開示されているのは、感染性疾患の治療のための化合物及び組成物、ならびにそのような疾患を治療する方法である。化合物及び組成物にはクレブジンの誘導体が含まれる。化合物及び組成物には別の抗ウイルス剤との併用でクレブジンの誘導体が含まれる。化合物及び組成物には、ラミブジン、アデフォビル、テノフォビル、テルビブジン、エンテカビルのホスホロアミデート、またはそれ...

    B型肝炎ウイルスの治療のためのホスホロアミデート

  6. 課題】【解決手段】炭素源から少なくとも1種のアルコールを生成する方法であって、(a)好気的条件下、水性培地中でアルコールを生成することと、(b)(bi)水性培地中のアルコールと、少なくとも1種の抽出媒体とを、水性培地から抽出媒体中にアルコールを抽出するために十分な時間接触させ、(bii)抽出媒体を、抽出したアルコールと共に水性培地から分離することにより、水性培地からス...

  7. 【課題・解決手段】本明細書において、特に、化合物及びCCR4活性の調節のためのそれの使用方法が開示される。

  8. 【課題】長期の保存安定性とコスト面において有利な新しい標準物質と、それを用いた分析装置を校正する方法を提供する。【解決手段】本発明の標準物質は、フェニルアゾメチン骨格およびカルバゾール骨格から選ばれる少なくとも1種を樹状分岐構造の構成単位とするデンドリマーからなる。このデンドリマーは、通常の高分子とは異なり構造が明確で分子量の分布がきわめて小さく、本発明の標準物質は、...

    デンドリマーを用いた標準物質とそれを用いた分析装置を校正する方法

  9. 【課題】酸化的損傷および細胞死に関する治療適用に有益な手段を提供する。【解決手段】本開示は、芳香族カチオン性ペプチドに関する組成物と方法を提供する。この方法は有効量の芳香族カチオン性ペプチドを、これを必要とする対象に投与することを含む。例えば、このペプチドはミトコンドリアを標的とする抗酸化剤を必要とする対象に投与され得る。

  10. 【課題・解決手段】以下の式(I)を有する化合物:およびその薬学的に許容される塩(式中、A、B、D、EおよびR1は本明細書で定義された通りである)が提供される。神経学的障害、例えば、パントテン酸キナーゼ関連神経変性症などの処置のためのこのような化合物の使用を含む方法、およびこのような化合物を含有する医薬組成物、および神経学的障害の処置におけるこれらの使用もまた提供される...

    神経性障害の処置のためのパンテテイン誘導体

  11. 【課題・解決手段】本明細書では、心血管疾患(CVD)または他のHDL関連疾患に罹患している対象、または罹患が疑われる対象由来の試料から1種以上のHDL関連タンパク質(例えば、ApoC3;ApoC3及びApoA1;ApoC3及びSAA1/2;またはバイオマーカーパネル1〜30のタンパク質)を検出するための方法、システム、及び組成物を提供する。ある特定の実施形態では、その...

    HDL関連タンパク質のバイオマーカーパネル検出

  12. 【課題・解決手段】本発明は、多孔質支持体に共有結合された少なくとも11mg/mlのFc結合リガンドを含む分離マトリックスに関し、この際:a)リガンドは、アルカリ安定化プロテインAドメインの多量体を含み、かつb)多孔質支持体は、56〜70マイクロメートルの体積加重メジアン径(d50、v)および55〜80mg/mlの乾燥固体重量を有する架橋ポリマー粒子を含む。

    分離マトリックス

  13. 【課題・解決手段】入口と、出口と、充填媒体で充たされる管内のチャンバーを形成するフローディストリビュータ間にあるカラムチューブの壁に配置されたポートアセンブリと、を有するクロマトグラフィカラムを備えたシステムが記載されている。ポートアセンブリは、充填カラムからレジンを除去しやすくし、且つクロマトグラフィ分離の為の、カラムの通常使用時の流体の流れ又はカラム内の衛生状態の...

    クロマトグラフィ充填媒体の回収

  14. 【課題・解決手段】本発明は、プロセス制御またはリアルタイムリリースのどちらかのためにプロセスに介入するために、精製および/または濃縮プロセス中にリアルタイムでの生物学的製剤の濃度、純度および効力の割り出しを可能にする方法および装置に関する。少なくとも2つのオンラインセンサーによっておよび多変量統計解析の助けを借りて、プロセスの流れの特性が連続的にモニターされるので、濃...

    製剤精製のリアルタイムモニタリング

  15. 【課題・解決手段】本発明は、アミノ酸配列YEKLTTLDTGGV(SEQ ID NO: 1)、又はその機能的変異体を含む、中枢神経系損傷を治療する活性ペプチドであるペプチドを提供する。また、本発明は、活性ペプチドと内因性ペプチドとを含むキメラペプチドを提供する。さらに、本発明は、活性ペプチド又はキメラペプチドを含む医薬組成物、及び活性ペプチド又はキメラペプチドの...

    興奮製神経毒性に関連した損傷の治療方法

  16. 【課題・解決手段】本開示は、保存されたサンプルからゲノム又は染色体レベルの構造情報を単離する方法を提供する。場合によっては、FFPEサンプルなど、長距離の核酸情報が修復不能なほど失われると考えられる条件下で保存されるサンプルは、サンプル保存プロセスの一部として安定された核酸タンパク質複合体を再生するために処理される。複合体は、核酸が共通の複合体に結合されることに関する...

    保存されたサンプルからの長距離連鎖情報の回復

  17. 【課題・解決手段】手動でツールを使用することなく、管をポートに迅速に接続または接続解除するための流体接続アセンブリおよび方法。本体は、それを通して管を受容するように適合され、ヒンジ連結される少なくとも2つの側面を有し得る。ヒンジ連結された側面はそれぞれ、本体の下端の近傍に位置する対応する掛止部分または突起を有する。これらの突起は、ポートまたは他の継手の中へ嵌合し、定位...

    迅速接続/接続解除のための流体接続アセンブリ

  18. 【課題】 本発明の目的は、光源として発光ダイオード(LED)を使用したとしても、硬化性に優れる活性エネルギー線硬化性組成物を提供することにある。【解決手段】 単官能モノマー組成物(A)及び多官能(メタ)アクリルモノマー(B)を含有する活性エネルギー線硬化性組成物であって、前記(A)が、単官能モノマー(M1)及び単官能モノマー(M2)を含有し、前記(M1)が、アクリ...

  19. 【課題・解決手段】本発明は、一本鎖RNA(ssRNA)を提供する方法に関する。さらに、本発明は、本発明の方法によって得ることができるssRNA、及び治療におけるこのようなssRNAの使用に関する。

    一本鎖RNAを提供する方法

  20. 【課題・解決手段】配列番号4〜7の11位に対応する位置の少なくともアスパラギンまたはセリン残基が、グルタミン酸、リジン、チロシン、トレオニン、フェニルアラニン、ロイシン、イソロイシン、トリプトファン、メチオニン、バリン、アラニン、ヒスチジンおよびアルギニンからなる群から選択されるアミノ酸に変異している、配列番号1、配列番号2、配列番号3、配列番号4、配列番号5、配列番...

    変異免疫グロブリン結合ポリペプチド

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 488