回転曲げ疲労試験機 に関する公開一覧

回転曲げ疲労試験機」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「回転曲げ疲労試験機」の詳細情報や、「回転曲げ疲労試験機」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「回転曲げ疲労試験機」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(296件中)1/15ページ目

  1. 【課題】球状黒鉛鋳鉄に含まれる球状黒鉛結晶の寸法を効果的に推定する。【解決手段】本開示の一態様に係る推定装置10は、球状黒鉛鋳鉄の所定領域における球状黒鉛結晶の数を取得するように構成された取得手段としての取得部11と、この取得された値に基づいて前記球状黒鉛鋳鉄における球状黒鉛結晶の寸法を推定するように構成された寸法推定手段であって、前記球状黒鉛結晶の数が少ないほど前記...

    推定装置、推定方法及び、推定プログラム

  2. 【課題】片状黒鉛鋳鉄の黒鉛結晶の寸法を効果的に推定する。【解決手段】片状黒鉛鋳鉄の共晶セルサイズを取得する取得部12と、取得された共晶セルサイズが大きくなるほど片状黒鉛鋳鉄の黒鉛の寸法を大きく推定する黒鉛寸法推定部13とを備えた。

    推定装置、推定方法及び、推定プログラム

  3. 【課題】従来よりも耐摩耗性・耐欠損性に優れる超硬合金の製造方法の提供。【解決手段】WC粉末からなる硬質相原料粉末、およびCo粉末を主体とする結合相原料粉末を用意する原料準備工程と、少くとも前記硬質相原料粉末を含むスラリーを用意するスラリー調整工程と、前記スラリーを撹拌して前記スラリーに含まれる粉末の凝集を解砕する解砕工程と、前記スラリーに前記結合相原料粉末を加える原料...

    超硬合金の製造方法

  4. 【課題】Niを含まない成分系でありながら、その粉末のプレス成形品を焼結し、さらに浸炭・焼入れ・焼戻しした部品の機械的特性がNi添加品と同等以上の引張強さや靭性、焼結密度をもつ粉末冶金用合金鋼粉を提供する。【解決手段】Fe−Mo−Cu−C系の粉末冶金用合金鋼粉とし、Mo:0.2〜1.5mass%、Cu:0.5〜4.0mass%、C:0.1〜1.0mass%を含有し、残部...

    粉末冶金用合金鋼粉および焼結体

  5. 【課題】熱間加工後に調質処理(焼入れ・焼戻し)を省略することができる非調質鋼であり、熱間鍛造および機械加工により部品形状に成形した後、高周波焼入れや軟窒化などの表面硬化処理を省略しても、強度(特に疲労強度および耐摩耗性)、製造性(特に被削性)に優れる熱間鍛造用非調質鋼の提供。【解決手段】C、Si、Mn、Cu、Ni、S、Cr、Mo、V、Ce+Zr、Al、Nの含有量が特定...

  6. 【課題】部位を選択して強度を向上させた内燃機関用ピストン及びその製造方法を提供する。【解決手段】109cm/cm3以上1012cm/cm3以下の範囲内の転位密度を持つ部位を少なくとも有し、その転位密度を持つ部位は、加熱することにより長径が0.2μmの析出物が生成する、又は加熱したことによって長径が0.2μm未満の微細な析出物が生成している内燃機関用ピストン1によって上...

    内燃機関用ピストン及びその製造方法

  7. 【課題】高い耐ピッチング性と曲げ強度を有し、さらに浸炭や浸炭窒化処理と比較して低歪である高強度・低歪窒化鋼部材の製造方法を提供する。【解決手段】窒化鋼部材の製造方法において、機械構造用炭素鋼鋼材または機械構造用合金鋼鋼材からなる鋼部材を、全圧を1としたときに、NH3ガスの分圧比を0.08〜0.34、H2ガスの分圧比を0.54〜0.82、N2ガスの分圧比を0.09〜0....

    窒化鋼部材の製造方法

  8. 【課題】本発明は、略円筒状の金属材料の試験片を固定端側で装着部に固定して軸回転させ、自由端側で鉛直下方に荷重を負荷して試験片の回転曲げ疲労強度を測定する疲労試験装置を提供する。【解決手段】本疲労試験装置は、前記装着部は、前記試験片および該装着部と協動して軸回転する温度計測手段を備え、該温度計測手段は先端が試験片の内部に位置決めされる熱電対を有し、該熱電対で検出された試...

    疲労試験装置

  9. 【課題】熱処理歪が少なく、かつ耐摩耗性と疲労特性に優れた部品およびその製造方法を提供する。【解決手段】所定の成分からなり、かつ、下記(1)式で定義されるZ値が30以上である成分組成を有し、前記部品の表面から100μmの深さまでの組織が、残留オーステナイトの体積率が30%以下であり、残部がマルテンサイトおよびベイナイトの一方または両方からなり、前記浸窒部以外における組織...

    部品およびその製造方法

  10. 【課題】熱処理歪が少なく、かつ耐摩耗性と疲労特性に優れた部品およびその製造方法を提供する。【解決手段】所定の成分からなり、かつ、下記(1)式で定義されるZ値が30以上である成分組成を有し、前記部品の表面から100μmの深さまでの組織が、残留オーステナイトの体積率が30%以下であり、残部がマルテンサイトおよびベイナイトの一方または両方からなり、前記浸窒部以外における組織...

    部品およびその製造方法

  11. 【課題】熱処理歪が少なく、かつ耐摩耗性と疲労特性に優れた部品およびその製造方法を提供する。【解決手段】所定の成分からなり、かつ、下記(1)式で定義されるZ値が30以上である成分組成を有し、前記部品の表面から100μmの深さまでの組織が、残留オーステナイトの体積率が30%以下であり、残部がマルテンサイトおよびベイナイトの一方または両方からなり、前記浸窒部以外における組織...

    部品およびその製造方法

  12. 【課題】より安全に低コストで、容易に金属材料に疲労耐性を付与することができる金属疲労耐性付与剤および金属疲労耐性付与方法を提供する。【解決手段】本発明に係る金属疲労耐性付与剤は、カルボン酸またはその塩(a成分)と、第6族元素のオキソアニオンを含む化合物、スズ化合物、マンガン化合物およびカルシウム化合物からなる群より選択される少なくとも1種の化合物(b成分)と、アルカリ...

    金属疲労耐性付与剤および金属疲労耐性付与方法

  13. 【課題】強度−靭性バランスに優れる機械構造用部品を安定して作製するための素材に適した、非調質鋼を提供する。【解決手段】C:0.10〜0.25%、Si:0.10〜1.00%、Mn:0.30〜3.00%、P:0.050%以下、S:0.005〜0.150%、Cr:0.10〜2.50%、Al:0.010〜0.080%、Ti:0.25〜0.60%および N:0.0070%以下...

    非調質鋼およびその製造方法

  14. 【課題】熱処理歪が少なく、かつ耐摩耗性と疲労特性に優れた部品およびその製造方法を提供する。【解決手段】所定の成分からなり、かつ、下記(1)式で定義されるZ値が30以上である成分組成を有し、前記部品の表面から100μmの深さまでの組織が、残留オーステナイトの体積率が30%以下であり、残部がマルテンサイトおよびベイナイトの一方または両方からなり、前記浸窒部以外における組織...

    部品およびその製造方法

  15. 【課題】熱処理歪が少なく、かつ耐摩耗性と疲労特性に優れた部品およびその製造方法を提供する。【解決手段】所定の成分からなり、かつ、下記(1)式で定義されるZ値が30以上である成分組成を有し、前記部品の表面から100μmの深さまでの組織が、残留オーステナイトの体積率が30%以下であり、残部がマルテンサイトおよびベイナイトの一方または両方からなり、前記浸窒部以外における組織...

    部品およびその製造方法

  16. 【課題】熱処理歪が少なく、かつ耐摩耗性と疲労特性に優れた部品およびその製造方法を提供する。【解決手段】所定の成分からなり、かつ、下記(1)式で定義されるZ値が30以上である成分組成を有し、前記部品の表面から100μmの深さまでの組織が、残留オーステナイトの体積率が30%以下であり、残部がマルテンサイトおよびベイナイトの一方または両方からなり、前記浸窒部以外における組織...

    部品およびその製造方法

  17. 【課題】焼結体の疲労強度を向上させる焼結体の製造方法を提供する。【解決手段】Cu粉を添加した鉄系原料粉末を加圧成形して成形体を作製する成形工程と、前記成形体を、800℃以上1000℃以下の予熱温度で予熱する予熱工程と、前記予熱された成形体を、前記予熱温度から80℃/分以上の昇温速度で昇温し、1120℃以上1300℃以下の焼結温度で焼結する焼結工程とを備える焼結体の製造方法。

    焼結体の製造方法

  18. 技術 高強度鋼

    【課題】疲労特性に優れる高強度鋼を提供する。【解決手段】本発明の高強度鋼は、Cが0.38質量%以上0.48質量%以下、Siが1.6質量%以上2.4質量%以下、Mnが0.1質量%以上0.4質量%以下、Crが0.8質量%以上1.2質量%以下、Cuが0.1質量%以上0.6質量%以下、Niが0.1質量%以上0.6質量%以下、P及びSが0質量%超0.020質量%以下、Alが0質...

    高強度鋼

  19. 【課題】優れた高温疲労特性及び高温クリープ特性を備えたAl−Cu−Mg系耐熱性アルミニウム合金形材の提供。【解決手段】耐熱性アルミニウム合金形材の組成が、Cu:2.9〜5.5質量%、Mg:1.0〜2.5質量%、Ni:0.5〜3.0質量%、Fe:0.3〜1.4質量%、Si:0.4質量%以下、Mn:0.15〜0.4質量%、Zr:0.13質量%以下、Ti:0.005〜0.1...

  20. 【課題】従来よりも硬質相粒子の粒度分布の偏りが小さい超硬合金の提供。【解決手段】WC粒子を主体とする硬質相がCoを主体とする結合相により結合されてなる超硬合金。この超硬合金の硬質相を構成するWC粒子の平均粒径が0.4μm未満であり、かつ、WC粒子径の均一性を表す指標である分散度数が0.55以下である超硬合金。[ここで、分散度数は、WC粒子の粒度分布の半値幅(累計頻度7...

    超硬合金、および加工工具

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 15