周波数間隔 に関する公開一覧

周波数間隔」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「周波数間隔」の詳細情報や、「周波数間隔」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「周波数間隔」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(7,366件中)3/369ページ目

  1. 【課題】低い周波数を消音することができ、高い通気性と防音性能を両立することができ、また、通気スリーブに合わせた設計が不要で汎用性の高い防音システムを提供する。【解決手段】壁16を貫通して設置された通気スリーブ12に消音器22が配置された防音システム10において、消音器22は、通気スリーブの外周部に形成された空洞部30と空洞部と外部とを連通する開口部32とを有する。消音...

    防音システム

  2. 【課題】350Hz〜700Hz程度の低い周波数を消音することができ、高い通気性と防音性能を両立することができ、また、風切り音の発生を抑制でき、また、通気スリーブに合わせた設計が不要で汎用性の高い防音システムを提供することを課題とする。【解決手段】壁を貫通して設置された通気スリーブに、消音器が配置された防音システムにおいて、消音器は、通気スリーブの外周部に形成された空洞...

    防音システム

  3. 【課題】データチャネルの特徴付けのためのOTFS方法およびその使用の提供。【解決手段】ファイバ、ケーブル、および無線データチャネルは、典型的には、エコーおよびデータ波形の周波数偏移を伴うチャネル状態を生じる、反射器および他の欠陥によって損なわれる。ここでは、チャネル状態の詳細な2Dモデルを自動的に生成するためにOTFSパイロット記号波形バーストを使用する方法が提示され...

    データチャネルの特徴付けのためのOTFS方法およびその使用

  4. 【課題】送信波の軸ずれを迅速に検出すること。【解決手段】実施形態に係るレーダ装置は、生成部と、算出部と、検出部とを備える。生成部は、規定の方向に向けて設置されたレーダ装置において、送信波が物標で反射する複数の反射点それぞれについて、物標の自車両への向きの相対速度を含む瞬時データを生成する。算出部は、生成部によって生成された複数の瞬時データにおける相対速度に基づき、当該...

    レーダ装置および軸ずれ検出方法

  5. 【課題】位相折り返しを発生させずに物標の角度精度を向上できる到来方向推定技術を提供する。【解決手段】到来方向推定装置は第1〜第3の算出部及び推定部を備える。前記第1,2の算出部は、複数の受信アンテナの組み合わせである第1,3のサブアレーで得られた受信信号と、前記第1,3のサブアレーと同一形状であって前記第1,3のサブアレーとの間に第1,2の位相差が生じる第2,4のサブ...

    到来方向推定装置及び到来方向推定方法

  6. 【課題】アンテナ配置の自由度が高い到来方向推定技術を提供する。【解決手段】到来方向推定装置は、複数のアンテナを不等間隔の配置で組み合わせた第1のサブアレーと、前記第1のサブアレーと同一形状であって前記第1のサブアレーとの間に位相差が生じる第2のサブアレーと、前記第1のサブアレーで得られた受信信号及び前記第2のサブアレーで得られた受信信号から電波の到来方向を推定する推定...

    到来方向推定装置及び到来方向推定方法

  7. 【課題】光学共振器の共振周波数を連続的に途切れなく変化させて掃引することができ、fceoを光学素子の構成により制御可能な光学共振器の共振周波数の掃引方法を提供する。【解決手段】光の多光束干渉を、共振周波数を決定する原理とする光学共振器において、その内部の光路上に、幾何学的位相シフタを有し、その幾何学的位相シフタを用いて前記光学共振器内の光路長を連続的に変化させる。幾何...

    光学共振器の共振周波数の掃引方法

  8. 【課題】チャンネルスキャンに要する時間を短縮することが可能とする。【解決手段】放送信号を受信する受信回路により受信された放送信号から、チャンネルの信号の帯域幅を示す信号帯域幅情報を検出する情報検出部、を備え、信号帯域幅情報は、チャンネルスキャンの実行に用いられる、信号処理回路、が提供される。

    信号処理回路および信号処理システム

  9. 【課題】長距離測定を高精度で短時間に行うことの可能な距離計及び距離測定方法並びに光学的三次元形状測定機を提供する。【解決手段】第1の干渉光学系43に入射される第1の測定光と第1の基準光との光路長差と、測定面に照射される第2の測定光と第2の干渉光学系44に入射される測定面による第2の測定光の反射光の光路長との光路長和と、第2の干渉光学系に入射される第2の基準光の光路長の...

    距離計及び距離測定方法並びに光学的三次元形状測定機

  10. 【課題】変調器と、変調器に結合され、かつ、変調器がデータで変調するように構成されている光ビームを放出するように構成された光送信機とを備える装置を提供する。【解決手段】発散ビーム通信システム100において、光送信機は、光ビームからのデータを検出および回復するように構成された光受信機による受信のために、人工の閉じ込めを伴わないデータを伝搬する光ビームを放出する。光送信機は...

    発散ビーム通信システム

  11. 【課題】D2D(Device to Device)通信において正確かつ完全な情報伝送を実現することができる装置及び方法を提供する。【解決手段】配置情報生成ユニット102は、基地局、D2Dクラスタヘッド、またはユーザ機器を構成する装置100に含まれる。配置情報生成ユニット102は、D2D通信を行うユーザー機器間の信号伝送の再送回数に関連する情報を示す再送回数関連情報...

    無線通信システムにおける装置及び方法

  12. 【課題】本発明は、不連続チャネルを利用した無線通信方法及び無線通信端末に関する。【解決手段】そのために本発明は、プロセッサ及び送受信部を含む無線通信端末であって、前記プロセッサは、前記通信部を介して無線パケットを受信し、前記受信されたパケットの不連続チャネル割当情報を獲得し、獲得した不連続チャネル割当情報に基づいて前記受信したパケットをデコーディングする無線通信端末及...

    不連続チャネルを利用した無線通信方法及び無線通信端末

  13. 【課題】低反射材から高反射材まで連続的に反射光レベルのダイナミックレンジの広い計測を行うことが可能な距離計及び距離測定方法並びに光学的三次元形状測定機を提供する。【解決手段】基準光検出器3、増幅回路31Aにより第1の干渉光から第1の干渉信号を生成するとともに、測定光検出器6、低利得増幅回路31B、高利得増幅回路31Cにより第2の干渉光から低利得の第2の干渉信号と高利得...

    距離計及び距離測定方法並びに光学的三次元形状測定機

  14. 【課題】IFoF伝送システムのアンテナサイトでの周波数変換を基地局側に設けられた監視装置で一括監視する監視装置、IFoF伝送システムおよび監視方法を提供する。【解決手段】アンテナから発射する無線電波をIF(Intermediate Frequency)信号として光ファイバ伝送するIFoF(IF - over Fiber)伝送システムに適用される監視装置100であって、...

    監視装置、IFoF伝送システムおよび監視方法

  15. 【課題】残留搬送波の周波数を正しく推定することができる周波数推定装置および追尾受信機を提供する。【解決手段】周波数推定装置10は、直交検波およびデジタル化された受信信号を離散フーリエ変換して周波数ポイントごとの複素数である周波数スペクトルを生成する離散フーリエ変換部6と、周波数スペクトルの振幅値に基づく周波数ポイントごとの信号レベルを算出する信号レベル算出部73と、各...

    周波数推定装置および追尾受信機

  16. 【課題】波長分割多重化を利用する光ネットワークのためのファイバ通信システム及び方法を提供する。【解決手段】光通信ネットワークのための注入ロック送信機126は、単一縦モードに実質的に限定されたマスタシードレーザ源入力と、入力データストリームと、マスタシードレーザ源の単一縦モードの周波数に注入ロックされた共振器周波数を有する少なくとも1つのスレーブレーザを含むレーザ注入変...

    ファイバ通信システム及び方法

  17. 【課題】異なる事業者間の時分割タイミングのずれを抑制し、サービス品質の向上及びサービスの継続性を確保する。【解決手段】実施形態の通信中継システムは、TDD方式で通信を行う複数の基地局システムのそれぞれからの信号を光ディジタル信号に変換して親局装置に送信する複数の高周波ユニット、前記親局装置及び複数の子局装置を有し、前記複数の子局装置のうち対応する子局装置を介して、移動...

    通信中継システム及び方法

  18. 【課題】異なる事業者間の時分割タイミングのずれを抑制し、サービス品質の向上及びサービスの継続性を確保する。【解決手段】実施形態の通信中継システムは、TDD方式で通信を行う複数の基地局システムのそれぞれからの信号を光ディジタル信号に変換して親局装置に送信する複数の高周波ユニット及び親局装置を有し、複数の子局装置のうち対応する子局装置を介して、移動通信端末装置と前記基地局...

    通信中継システム及び方法

  19. 【課題】異なる事業者間の時分割タイミングのずれを抑制する。【解決手段】通信システム10において、通信中継システム20は、TDD方式で通信を行う複数の基地局システム11−1〜7のそれぞれからの信号を光ディジタル信号に変換して親局装置13に送信する複数の高周波ユニット(RFU)12−1〜6及び親局装置を有し、複数の子局装置14−1〜8のうち対応する子局装置を介して、移動通...

    通信中継システム及び方法

  20. 【課題】臨界サンプリングされたフィルタバンクにおけるモデル・ベースの予測を提供する。【解決手段】方法は、オーディオ信号の第一のサブバンド信号は、オーディオ信号からそれぞれ複数のサブバンドにおける複数のサブバンド信号を提供する複数の分解フィルタを有する分解フィルタバンク612を使って決定される。信号モデルのモデルパラメータ613を決定する段階と、第一のサブバンド信号から...

    臨界サンプリングされたフィルタバンクにおけるモデル・ベースの予測

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 369