加硫 に関する公開一覧

加硫」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「加硫」の詳細情報や、「加硫」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「加硫」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(59,508件中)1/2,976ページ目

  1. 【課題】タイヤ毎に加硫工程の終了時点を確実に決定することにより、加硫時間を短縮し、生産性を著しく向上した空気入りタイヤの製造方法を提供すること。【解決手段】一対のビード部と、ビード部の各々からタイヤ径方向外側に延びるサイドウォール部と、サイドウォール部の各々のタイヤ径方向外側端に連なって踏面を構成するトレッド部とを備えた未加硫の生タイヤを、金型内で加熱加硫する加硫工程...

    空気入りタイヤの製造方法

  2. 【課題】 無機質充填剤の分散性に優れ、架橋硬化物の耐磨耗性、転がり抵抗およびウェットグリップ性を改善することができ、所望の低燃費タイヤを実現し得るゴム組成物を与える有機ケイ素化合物の混合物を提供すること。【解決手段】 平均構造式(2)で表され、GPCにおいて構造式(1)で表される有機化合物が占める面積百分率が5〜95%である混合物。(R1O)3-p(R2O)pSi...

  3. 【課題】優れた耐摩耗性と良好な低発熱性を有する架橋ゴムが得られるゴム組成物を提供すること。【解決手段】ゴム組成物であって、一般式(1):D50/膨潤度≧8(一般式(1)中、D50は、前記ゴム組成物から形成される架橋ゴムの透過型電子顕微鏡を用いた計算機トモグラフィー法による3次元画像において、ゴムの網目構造に存在する空隙部を球体近似することにより求められる粒径に基づいて...

    ゴム組成物、および空気入りタイヤ

  4. 【課題】耐摩耗性に優れた空気入りタイヤの提供。【解決手段】タイヤは、窒素雰囲気下(酸素濃度0.1体積%以下)における摩耗試験で求められる摩耗量Ci、及び、空気雰囲気下(酸素濃度21体積%)における摩耗試験で求められる摩耗量Caを用いて、式:R=(Ca−Ci)/Ca×100により定義される変化率Rが60%以下となる組成の加硫ゴムからなる部材を備えている。摩耗量Ci及びC...

    空気入りタイヤ

  5. 【課題】開閉弁の詰まりの除去作業に要する作業コストを低減可能なタイヤ金型の清掃方法を提供する。【解決手段】タイヤ金型2は、タイヤ20に接する成形面2dから背面2eまで連通するベントホール3aと、ベントホール3aの内部に固定される筒状弁座5および筒状弁座5を閉止する位置及び開放する位置に移動可能な弁体6を有する開閉弁4と、ベントホール3aの延びる方向に交差する方向に延び...

    タイヤ金型の清掃方法及びタイヤ金型

  6. 【課題】低温環境下においても良好なシール性を発揮することを可能にしたシーラント材組成物を提供する。【解決手段】空気入りタイヤの内表面に配置されたシーラント層を構成するシーラント材組成物として、−20℃環境下における引張降伏強度または引張破断強度のうちの最大値が0.1MPa以下であるものを用いる。

    シーラント材組成物

  7. 【課題】走行に伴うシーラント材の流動を抑制しながら、優れたシール性を発揮することを可能にしたシーラント材組成物を提供する。【解決手段】空気入りタイヤの内表面に配置されたシーラント層を構成するシーラント材組成物として、加硫ゴムに対する接着力が0.20N/mm以上、且つ、金属に対する接着力が0.05N/mm以上0.15N/mm以下であるものを用いる。

    シーラント材組成物

  8. 【課題】低温環境下においても良好なシール性を発揮することを可能にしたシーラント材組成物を提供する。【解決手段】空気入りタイヤの内表面に配置されたシーラント層を構成するシーラント材組成物として、−100℃〜100℃の温度範囲で測定したtanδが最大となる温度が−35℃以下であるものを用いる。

    シーラント材組成物

  9. 【課題】セルフシールタイプの空気入りタイヤのタイヤ内表面に設けられるシーラント層のシール性を向上し、且つ、走行に伴うシーラントの流動を抑制し、これら性能をバランスよく両立することを可能にした空気入りタイヤを提供する。【解決手段】トレッド部1におけるインナーライナー層9のタイヤ径方向内側にシーラント層10を有する空気入りタイヤにおいて、シーラント層10を構成するシーラン...

    空気入りタイヤ

  10. 【課題】最外層が導電性発泡弾性層であり、電圧が印加された際に対向部材との間に異常放電を起こしにくい導電性ロールを提供すること。【解決手段】支持部材と、前記支持部材上に配置された導電性発泡弾性層と、を備え、前記導電性発泡弾性層の外周面の軸方向の凹凸波形を高速フーリエ変換して得た周期(μm)と振幅(μm)のスペクトルにおいて周期100μm以上300μm以下の範囲の振幅の積...

    導電性ロール、導電性ロールの製造方法、転写装置、プロセスカートリッジ及び画像形成装置

  11. 【課題】反応液に対する高DSセルロースの溶出を抑制してエステル化セルロース繊維を高収率で製造する方法を提供する。【解決手段】本発明の一態様は、エステル化セルロース繊維の製造方法であって、セルロース繊維原料を、エステル化剤及び水性媒体の存在下でエステル化することを含み、前記水性媒体が、水を20質量%以上含む方法を提供する。本発明の別の一態様は、上記方法によってエステル化...

    エステル化セルロース繊維の製造方法

  12. 【課題】接着前の液の状態で、フェノール樹脂の酸化劣化によると考えられる黄変を防止すること。【解決手段】クロロプレン系ゴムとフェノール樹脂と、フェノール樹脂の添加量に対し、0.001〜3倍量のマロン酸を含むクロロプレンゴム系接着剤組成物を提供することである。

  13. 【課題】低燃費性能、ウェットグリップ性能、耐摩耗性能、および耐チッピング性能がバランスよく改善された重荷重用タイヤを提供すること。【解決手段】スチレンブタジエンゴムを20質量%以上およびイソプレン系ゴムを20質量%以上含むゴム成分100質量部に対し、窒素吸着比表面積(N2SA)が175m2/g以上のシリカを30質量部以上含有するゴム組成物からなり、接地面積に対する周方...

    重荷重用タイヤ

  14. 【課題】低燃費性能、ウェットグリップ性能、耐摩耗性能、および耐チッピング性能がバランスよく改善された重荷重用タイヤを提供すること。【解決手段】イソプレン系ゴムと、スチレンブタジエンゴムおよびブタジエンゴムの少なくとも1種とを含むゴム成分100質量部に対し、窒素吸着比表面積(N2SA)が175m2/g以上のシリカ20質量部以上と、粘着樹脂4.0質量部以上とを含有するゴム...

    重荷重用タイヤ

  15. 【課題】低燃費性能、ウェットグリップ性能、耐摩耗性能、および耐チッピング性能がバランスよく改善された重荷重用タイヤを提供すること。【解決手段】イソプレン系ゴムと、スチレンブタジエンゴムおよびブタジエンゴムの少なくとも1種とを含むゴム成分100質量部に対し、窒素吸着比表面積(N2SA)が175m2/g以上のシリカを50質量部以上含有するゴム組成物からなり、接地面積に対す...

    重荷重用タイヤ

  16. 【課題】開閉弁の詰まりの除去作業に要する作業コストを低減可能なタイヤ金型の清掃方法を提供する。【解決手段】タイヤ金型2は、タイヤ20に接する成形面2dから背面2eまで連通するベントホール3aと、ベントホール3aの内部に固定される筒状弁座5および筒状弁座5を閉止する位置及び開放する位置に移動可能な弁体6を有する開閉弁4と、を有する。タイヤ金型2の清掃方法は、タイヤ金型2...

    タイヤ金型の清掃方法及び清掃装置

  17. 【課題】定着性および転写性に優れ、高精細な画像を得ることができる画像形成方法を提供すること。【解決手段】本願発明の画像形成方法は、中間転写体の表面に前記活性線硬化型インクを付与する工程と、裏面側から活性線を照射して、中間転写体の移動する表面に活性線硬化型インクを付与する工程と、裏面側から活性線を照射して、前記付与されて前記移動する活性線硬化型インクを増粘させる工程と、...

    画像形成方法および画像形成装置

  18. 【課題】弾性率を低く保ちながら、低発熱性及び耐破壊特性に優れたゴム組成物及びそれを用いたタイヤを提供することである。【解決手段】ゴム成分がジエン系ゴムを含み、前記ジエン系ゴムがウレタン骨格のセグメントとジエン骨格のセグメントとを一分子内に有する重合体(A)を含み、前記重合体(A)がウレタン骨格のセグメントとジエン骨格のセグメントとが不規則に配列してなるランダム共重合体...

  19. 【課題】手間のかかる作業であるヘアーカラーリング作業を、もっと簡単且つスピーディにする道具として、ヘアーカラーリング用手袋を提供する。【解決手段】本発明のヘアーカラーリング用手袋(10)は、装着者の手の親指、人差し指、中指、薬指および小指をそれぞれ受け入れ可能な親指部(12a)、人差し指部(12b),中指部(12c)、薬指部(12d)および小指部(12e)と、上記の装...

    ヘアーカラーリング用手袋

    • 公開日:2021/03/25
    • 出願人: 原素子
    • 発明者: 原素子
    • 公開番号:2021-046644号
  20. 【課題】ホットメルト性を有し、平坦性と均一性に優れ、実質的にフィラーレスであってもよい硬化性シリコーンシートを効率よく製造する方法、当該硬化性シリコーンシートを含む積層体の製造方法を提供する。【解決手段】工程1:固体状のオルガノポリシロキサン樹脂等を分散乃至溶解させた溶液から、150℃以上の温度で有機溶剤の除去を行い、ホットメルト性の固形分を得る工程、工程2:工程1で...

    ホットメルト性を有する硬化性シリコーンシートの製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 2976