加熱槽 に関する公開一覧

加熱槽」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「加熱槽」の詳細情報や、「加熱槽」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「加熱槽」の意味・用法はこちら

81〜100件を表示(2,133件中)5/107ページ目

  1. 技術 洗浄方法

    【課題・解決手段】フォトリソグラフィにおける現像工程後の洗浄工程において、基板に残る残渣を好適に除去できる洗浄方法の提供を課題とする。洗浄方法は、フォトリソグラフィにおける現像工程を終了した基板を回転しつつ、洗浄液を吐出するノズルを、基板の回転の中心側から周縁側に移動して基板の洗浄を行うと共に、基板の回転中心からのノズルの距離に応じて、ノズルの移動速度を、中心側から周...

    洗浄方法

  2. 【課題】 被加熱物の連続的な処理においても熱転移液の蒸気層の変動を少なくすると共に、加熱処理後の急速な冷却を可能とすることで、生産性を向上させることができる気相式加熱装置を提供する。【解決手段】 2種類の異なる沸点の熱転移液の蒸気により段階的に加熱するにあたり、第1の加熱槽103と第2の加熱槽104に対し、個別に第1の加熱源105と第2の加熱源106を備える。さら...

    気相式加熱装置

  3. 【課題・解決手段】本開示は、液体充填医療機器、例えば、限外濾過器や毛細管透析器などの濾過および/または拡散機器の蒸気滅菌方法に関する。

    水充填機器の滅菌方法

  4. 【課題】粒子径1〜10μmの金属微粒子を効率良く製造する金属微粒子の作製装置を提供する。【解決手段】金属微粒子の作製方法は、粒子発生槽と、第1超音波振動子と、を含み、粒子発生槽内で第1溶剤内の溶融した金属組成物に第1超音波振動子による第1超音波を照射し、金属組成物から一次粒子を発生させる粒子発生部と、粒子発生槽の周囲とその上方を囲み第1溶剤を満たした粒子分裂槽と、第2...

    金属微粒子の作製装置および金属微粒子の作製方法

  5. 【課題・解決手段】金属上のスケールを溶解するのに適した低腐食性組成物。スケールは硫化鉄スケールを含む。組成物は、過酸化水素を含む過酸化水素水溶液と、少なくとも1つの酸を含む酸性溶液とを含み、過酸化水素および酸は、過酸化水素がほぼ室温で分解して目に見える気泡を形成しないような濃度で存在し、過酸化水素および酸は、組成物が室温より高い高温で金属および硫化鉄スケールと接触した...

  6. 【課題】本発明の目的は、60℃におけるtanδを小さく、且つ、0℃におけるtanδが小さくならない、耐熱老化性に優れるゴム組成物を得ることにある。【解決手段】本発明は、ジエン系ゴム(X)100質量部、当該ジエン系ゴム(X)100質量に対して、下記要件(1)〜(3)を満たすリシノール酸および/またはその誘導体[α]、ジカルボン酸[β]およびジオール[γ]との共重合体(A...

  7. 【課題】触媒被毒が生じることなくヒドロシリコーン架橋が可能であり、かつ、圧縮永久歪みに優れた架橋成形体を得ることができる末端二重結合を有する重合体を含む樹脂組成物を提供することにある。【解決手段】本発明の樹脂組成物は、末端二重結合を有する重合体(A)、ヒドロシリル基を1分子中に少なくとも2個持つヒドロシリル基含有化合物(B)、およびポリフェノール系老化防止剤(C)を含...

  8. 【課題】容器剥離性に優れる充填豆腐様食品の提供。【解決手段】容器と、豆乳及び凝固剤を含む原料液が前記容器内で凝固した豆腐様組成物とを有し、前記豆腐様組成物における、タンパク質1g当たりのカルシウムの含有量が5mg超であり、かつタンパク質1g当たりのマグネシウム及びカルシウムの合計の含有量が0.6ミリモル以上である、充填豆腐様食品。

  9. 【課題】本発明の課題は、従来のEPDM系防振ゴムよりも動倍率および圧縮永久歪が改善された防振ゴムを製造することができるエチレン系共重合体組成物を得ることにある。【解決手段】本発明は、エチレン・α−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(A)、当該エチレン・α−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(A)100質量部に対して、オクチルジメトキシランの加水分解物で表面処理された疎...

    エチレン系共重合体組成物およびその用途

  10. 【課題】粘度が低く、成形性が良好で、且つ得られる成形体の破断強度(引張強度)が改善された防振材を得るに好適なエチレン系共重合体組成物の提供。【解決手段】エチレン(a1)と、炭素原子数3〜20のα−オレフィン(a2)と、非共役ポリエン(a3)とに由来する構成単位を有するエチレン・α−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(A)100質量部、および、親水性シリカの一部をトリメ...

    エチレン系共重合体組成物およびその用途

  11. 【課題】フォトリソグラフィ性を有し、気泡の発生が少なく、転写欠陥が少ない転写フィルム、静電容量型入力装置の電極保護膜、積層体、静電容量型入力装置、画像表示装置を提供する。【解決手段】転写フィルム30は、仮支持体26と、硬化性である硬化性樹脂層7と、硬化性樹脂層に隣接して配置された第二の樹脂層12と、保護フィルム29と、をこの順で有し、保護フィルムの酸素透過係数が100...

    転写フィルム、静電容量型入力装置の電極保護膜、積層体および静電容量型入力装置

  12. 【課題】インストルメントパネルの軽量化および低コスト化を図りつつ、エアバッグドアの展開性能を確保することが可能な表皮材を提供することにある。【解決手段】加熱されたスラッシュ成形型(13)の成形面(19)に粉体樹脂原料(R)を供給して付着させると共に溶融することにより溶融樹脂層(53)を形成し、溶融樹脂層を冷却し固化させて、エアバッグドア部(3)を有するインストルメント...

    表皮材のスラッシュ成形方法およびスラッシュ成形装置

  13. 技術 滴定装置

    【課題】滴定液が滴定管中で変質して滴定管の目詰まり等が発生することを防止する。【解決手段】滴定管L4全体に充填された滴定液を滴定ポンプにより反応槽1に吐出することにより滴定を行う滴定装置であって、滴定終了後次の滴定開始までの間に待機期間が存在し、待機期間の間、滴定管L4の先端側に、滴定液が充填されていないバリア領域が形成されており、バリア領域は、第1エア層A1と、第1...

    滴定装置

  14. 【課題】透明電極パターンが視認される問題がない透明積層体を形成することができる転写フィルムの提供。【解決手段】仮支持体と、第一の硬化性透明樹脂層と、該第一の硬化性透明樹脂層に隣接して配置された第二の硬化性透明樹脂層とをこの順で有し、前記第二の硬化性透明樹脂層の屈折率が前記第一の硬化性透明樹脂層の屈折率よりも高く、前記第二の硬化性透明樹脂層の屈折率が1.6以上である転写フィルム。

    転写フィルムおよび透明積層体、それらの製造方法、静電容量型入力装置ならびに画像表示装置

  15. 【課題】粒子径1〜10μmの金属微粒子を効率良く製造するための方法およびその作製装置を提供すること。【解決手段】溶剤(106)内の金属組成物(107)に超音波を照射し、一次粒子を発生させる粒子発生工程(102)と、一次粒子(111)に超音波を照射し、一次粒子(111)を分裂させる粒子分裂工程(103)と、を有する金属微粒子の作製方法を用いる。また、溶剤(205)内に供...

    金属微粒子の作製方法および金属微粒子の作製装置

  16. 【課題】共重合体組成物を伝動ベルトに加工する際に、成形可能な粘着性を有し、かつ耐摩耗性、耐熱性、耐寒性に優れた伝動ベルトを得るに好適な共重合体組成物を開発することにある。【解決手段】本発明は、エチレン(a1)と、炭素原子数3〜20のα−オレフィン(a2)と、非共役ポリエン(a3)とに由来する構成単位を有するエチレン・α−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(A)100重...

    伝動ベルト用共重合体組成物及び当該共重合体組成物からなる伝動ベルト

  17. 【課題】細菌バイオフィルムまたはバイオフィルム形成に関連する細菌を含む組織および/または表面を処置するための、ビスマス−チオール(BT)組成物、ならびにそれを合成および使用する方法の提供。【解決手段】ビスマス−チオール(BT)化合物を含む複数の微粒子を含むビスマス−チオール組成物であって、前記微粒子の実質的に全てが、約0.4μm〜約5μmの体積平均径を有し、BT化合物...

    細菌バイオフィルムの処置および他の使用をはじめとする、生体医学的使用のための消毒薬としてのビスマス−チオール

  18. 【課題】オゾンを処理槽に導入する導入部に被処理物が付着することを抑制して、オゾンを効率よく導入することが可能なオゾンを用いた処理装置を提供する。【解決手段】このオゾンを用いた処理装置は、被処理物と、被処理物よりも比重が大きいとともに被処理物と相分離する液体とが収容される処理槽2と、処理槽2の被処理物と相分離する液体が収容される位置に配置され、処理槽2にオゾンを導入する...

    オゾンを用いた処理装置

  19. 【課題】従来よりも燃料費及び水道料金の低減を図ることができるゆばの製造装置を提供する。【解決手段】豆乳を注入するゆば槽10と、ゆば槽を加熱する加熱槽20と、加熱槽20内の水を加熱する蒸気加熱装置30を備え、加熱槽20内に蒸気を循環させる加熱パイプ31を配置し、加熱パイプ31の出口側33は蒸気が還流するように蒸気加熱装置30に接続され、加熱槽20に給水管21と排水管22...

    ゆばの製造装置

  20. 【課題】測定場所の気圧等によらず、正確なCODを容易に測定することができるCOD測定装置およびCOD測定方法を提供する。【解決手段】COD測定装置100は、反応槽10と、この反応槽10に連通された加熱槽20と、を備えている。このCOD測定装置100において、加熱槽20と反応槽10との間で互いに測定対象である溶液の移送が可能であり、加熱槽20は、反応槽10から移送された...

    COD測定装置およびCOD測定方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 107