加熱槽 に関する公開一覧

加熱槽」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「加熱槽」の詳細情報や、「加熱槽」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「加熱槽」の意味・用法はこちら

21〜40件を表示(2,274件中)2/114ページ目

  1. 【課題・解決手段】本開示の実施形態は、ポリマーフローインデックスを調整するための方法に関する。例として、ポリマーフローインデックスを調整するための方法は、モノマーを重合反応器に提供することと、クロム触媒を重合反応器に提供することと、活性量のフローインデックス調整剤を重合反応器に提供することとを含んでもよく、フローインデックス調整剤は、二酸化炭素、一酸化炭素、2,4−ヘ...

    ポリマーフローインデックス調整剤

  2. 【課題】2次加工後も安定した形状の成形体を提供することを課題とする。【解決手段】合成樹脂が2次加工された成形体であって、前記合成樹脂の損失正接(tanδ)が最大となるときの温度+15℃の温度をT1(℃)、該T1+30℃の温度をT2(℃)としたとき、前記T1から前記T2の範囲における前記合成樹脂の貯蔵弾性率(E´)は、前記T1における前記合成樹脂の貯蔵弾性率(E´T1)...

    成形体及び加工方法

  3. 【課題】従来のEPDM系防振ゴムよりも動倍率および圧縮永久歪が改善された防振ゴムを製造することができるゴム組成物を提供すること.【解決手段】エチレン・炭素原子数3〜20のα−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(A)100重量部、および、ジメチルジクロロシランで表面処理された疎水性シリカ(B)1〜100重量部を含有することを特徴とする防振ゴム用組成物。

    防振ゴム用組成物および防振ゴム製品

  4. 【課題】従来のEPDM系防振ゴムよりも動倍率および圧縮永久歪が改善された防振ゴムを製造することができるゴム組成物を提供すること.【解決手段】エチレン・炭素原子数3〜20のα−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(A)100重量部、および、オクチルシランで表面処理された疎水性シリカ(B)1〜100重量部を含有することを特徴とする防振ゴム用組成物。

    防振ゴム用組成物および防振ゴム製品

  5. 【課題】従来のEPDM系防振ゴムよりも動倍率および圧縮永久歪が改善された防振ゴムを製造することができるゴム組成物を提供すること.【解決手段】エチレン・炭素原子数3〜20のα−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(A)100重量部、および、オクチルシランで表面処理された疎水性シリカ(B)1〜100重量部を含有することを特徴とする防振ゴム用組成物。

    防振ゴム用組成物および防振ゴム製品

  6. 【課題】風味が良好であり、容器剥離性に優れる、高タンパク質の充填豆腐様食品の提供。【解決手段】容器と、豆乳およびマグネシウムを含む原料液が前記容器内で凝固した豆腐様組成物を有し、前記豆腐様組成物は、タンパク質を6質量%以上含み、タンパク質の含有量に対するマグネシウムの含有量の質量比が0.014以上である、充填豆腐様食品。

    充填豆腐様食品およびその製造方法

  7. 【課題】収束性及びその耐久性が十分であり、釣り糸等で使用中にガイドに糸が絡むことがなく、風の影響を受けにくく、操作性も良好な超高分子量ポリエチレンマルチフィラメント融着糸及びその製造方法を提供する。【解決手段】超高分子量ポリエチレンからなるマルチフィラメント延伸糸を熱融着したマルチフィラメント融着糸であって、前記マルチフィラメント融着糸は片撚りがかけられており、前記片...

    超高分子量ポリエチレンマルチフィラメント融着糸及びその製造方法

  8. 【課題・解決手段】熱プロファイルにおいて核酸を熱処理するための方法及び装置が提供される。本方法は、少なくとも第1の槽及び第2の槽を使用し、本方法はさらに、核酸を含む反応物質を収容する反応器を保持するための反応器ホルダを使用する。本方法は、槽内の槽媒体を2つの異なる温度で維持するステップと、複数の熱サイクルで反応器を2つの槽内に交互に配置して、所定の高い目標温度THTと...

    試料分析及び処理のための急速熱サイクル

  9. 【課題・解決手段】熱プロファイルにおいて核酸を熱処理する装置及び方法が提供される。装置は、核酸を含む反応物質をそれぞれが収容する反応器を保持する反応器ホルダを使用する。装置は、第1の槽及び第2の槽であって、槽内の槽媒体はそれぞれ、2つの異なる温度THIGH及びTLOWで維持可能である、第1の槽及び第2の槽と、複数の熱サイクルで反応器を2つの槽内に配置し、所定の高い目標...

    試料分析及び処理のための急速熱サイクル

  10. 技術 加湿装置

    【課題】長期間連続して加湿運転を行う場合でも、加湿量を大きく変動させずに加熱槽内の水の硬度の上昇を抑える。【解決手段】加熱槽(10)に形成され、加熱槽(10)内に給水するための給水口(17)と、加熱槽(10)に形成され、加熱槽(10)内の水を排水するための排水口(20)とをそれぞれ異なる位置に設け、加熱槽(10)内の水を排水口(20)から連続的に排出し、加熱槽(10)...

    加湿装置

  11. 【課題】取扱い時等における外部からの負荷や、無機塩潜熱蓄熱材(PCM)の相変化に伴う膨張・収縮等による破損を抑制し、かつPCMの潮解性を防止する蓄熱カプセルを提供する。【解決手段】蓄熱カプセル10は、シラスで形成される有孔中空材(シラスバルーン)と、シラスバルーンに含まれ、固体と液体との聞の相変化により吸熱と放熱とが可能なPCMと、PCMを担持したシラスバルーンの周り...

    蓄熱カプセルとその製造方法およびそれを配合した壁材

  12. 【課題】本発明は、低温領域での電気特性と機械的物性に優れるOA機器ロール用共重合体組成物を開発することを目的とする。【解決手段】本発明は、エチレン[A]に由来する構造単位、炭素数4〜20のα−オレフィン[B]に由来する構造単位、および非共役ポリエン[C]に由来する構造単位を含み、下記(1)〜(4)を満たすエチレン・α−オレフィン・非共役ポリエン共重合体を含んでなること...

  13. 【課題】本発明は、混練−成形加工する際の50〜130℃の比較的低い温度では、混練途中で架橋が起こらないようにスコーチタイムが長く、架橋温度である150〜200℃では、短時間で架橋し得る共重合体組成物を開発することを目的とするものである。【解決手段】本発明は、エチレン・α−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(S)、ヒドロシリル基を1分子中に少なくとも2個持つヒドロシリル...

  14. 【課題】従来のEPDM系防振ゴムよりも動倍率および圧縮永久歪が改善された防振ゴムを製造することができるゴム組成物を提供すること.【解決手段】エチレン・炭素原子数3〜20のα−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(A)100重量部、および、ヘキサメチルジシラザンで表面処理された疎水性シリカ(B)1〜100重量部を含有することを特徴とする防振ゴム用組成物。

  15. 【課題】従来のEPDM系防振ゴムよりも動倍率および圧縮永久歪が改善された防振ゴムを製造することができるゴム組成物を提供すること.【解決手段】エチレン・炭素原子数3〜20のα−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(A)100重量部、飽和カルボン酸またはその誘導体がグラフトされたグラフト変性エチレン・α−オレフィン共重合体(B)1〜100重量部、および、シリカ(C)1〜10...

  16. 【課題・解決手段】有機金属構造体を生成させるための装置であって、使用中に、金属有機構造体を形成する前駆体化合物がその中に供給され、流れる管状体、を含む管式フロー反応器を含み、前記管状体が、少なくとも1つの環状ループを含む、装置。

    金属有機構造体の生成

  17. 【課題・解決手段】着色剤と、一般式Dで表されるD体構造と一般式Tで表されるT体構造を有しD/T比が0を超え2.5以下であるシリコーン樹脂、および、D体構造を有するシリコーンゴムの一方とを含む加熱器具加飾用着色組成物(RD1、RD2、RT1はメチル基、フェニル基、ベンジル基)は、耐傷性、ひび割れの観点での耐熱性、着色の観点での耐熱性および調色性が良好である;加熱器具加飾...

    加熱器具加飾用着色組成物、加熱器具加飾用転写材料、加熱器具および調理器

  18. 【課題】TNAP阻害剤の提供。【解決手段】アルカリホスファターゼ(TNAP)に起因する過剰な鉱化に関連した医学的な病状、例えば、変形性関節症、内側血管石灰化、および、強直症を防ぐためのTNAP阻害剤として、下記構造のスルホンアミド化合物を提供する。

    TNAP阻害剤としてのスルホンアミド化合物およびその使用

  19. 【課題】本発明の目的は、高い水処理能力とコンパクト性、高い造水効率を兼ね備えた膜蒸留装置を提供することである。【解決手段】 本発明に係る膜蒸留装置は、処理用水から膜蒸留法で蒸留水を取り出す膜蒸留装置であって、処理用水を有する処理用水部、蒸留水部、及び、処理用水部と蒸留水部を隔てる疎水性多孔質膜、を有する蒸留部と、蒸留水部に連結された凝縮部と、を備え、蒸留水部及び凝縮...

    膜蒸留装置

  20. 【課題・解決手段】NOxを含む排気流を処理する方法であって、排気流を受け取り、それを少なくとも1種類の窒素含有試薬と混合して、混合流を形成する工程;その混合流を、約870℃から約1100℃に及ぶ反応温度に加熱して、窒素含有試薬の少なくとも一部を反応させる工程;反応流を第1の冷却工程において第1の温度に冷却する工程;および必要に応じて、反応流を第2の冷却工程において第2...

    選択的非触媒NOx還元のための方法およびシステム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 114