加熱槽 に関する公開一覧

加熱槽」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「加熱槽」の詳細情報や、「加熱槽」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「加熱槽」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(120件中)1/6ページ目

  1. 【課題】収束性及びその耐久性が十分であり、釣り糸等で使用中にガイドに糸が絡むことがなく、風の影響を受けにくく、操作性も良好な超高分子量ポリエチレンマルチフィラメント融着糸の製造方法を提供する。【解決手段】超高分子量ポリエチレンからなるマルチフィラメント延伸糸に次の式で算出する撚り係数Kが、100〜4000の片撚りをかける工程と、K=t×D1/2、t:撚り数(回/m)、...

    超高分子量ポリエチレンマルチフィラメント融着糸の製造方法

  2. 【課題】成形加工時にミキシングロールへの粘着性が極めて良好で、組成物の架橋反応を阻害せず、粘着性が過度とならない燃料電池用ガスケットの提供。【解決手段】末端二重結合を有する共重合体、ヒドロシリル基を1分子中に少なくとも2個持つヒドロシリル基含有化合物、ヒドロシリコーン架橋用の白金系触媒、反応抑制剤、およびブローンアスファルトからなる共重合体組成物を含むことを特徴とする...

  3. 【課題】豆腐のおいしさを損なうことなく、ボイルクール工程による離水を効果的に抑えて歩留りを向上させることができる豆腐の製造方法を提供する。【解決手段】ボイルクール工程を有するカット豆腐の製造方法であって、 熟成工程により得られた豆腐をボイルクール工程に付すことを含むカット豆腐の製造方法であって、 前記豆腐が木綿豆腐の場合、前記熟成工程により、得られる木綿豆腐の硬度...

  4. 【課題】より純度の高い電解製錬を行うことが可能な電解製錬システムを提供する。【解決手段】電解製錬システム100は、溶融鉱石Wmが導入される炉本体10、炉本体10内の底部10Bに設けられた陰極基板11、及び、炉本体10内の陰極基板11の上方に設けられた陽極基板12を有する電解製錬炉1と、電解製錬炉1内に供給した不活性ガスを酸素とともに回収して、不活性ガスを再度溶融鉱石W...

    電解製錬システム

  5. 【課題】被処理液を濃縮し、溶媒を回収するための、効率的なシステムを提供すること。【解決手段】溶質及び溶媒bを含有する被処理液流aと、誘導溶液流dとを、正浸透膜oを介して向流又は並流させ、被処理液流aに含有される溶媒bを正浸透膜oを通過させて誘導溶液流dに移動させ、誘導溶液流dが希釈された希釈誘導溶液流e、及び被処理液流aが濃縮された濃縮流cを得る、被処理液流濃縮工程と...

    溶媒含有物品の濃縮システム

  6. 【課題】中空状シール部の壁厚が部分的に変化した長尺なウェザーストリップと、押出成形法に基づくウェザーストリップの製造方法とを提供する。【解決手段】押出成形型は口金40と中芯50とを備え、中芯50は、押出方向に沿って移動可能な可動中芯部51と、固定中芯部52とを有する。可動中芯部51は、押出方向に沿った前後二箇所(51a,51b)において横断面形状が非相似形状となってい...

    ウェザーストリップ

  7. 【課題】FPD加工に耐えられ且つ担体の再利用可能な物品形成のための基板と担体の制御された結合方法を提供する。【解決手段】基板を担体に制御可能に結合し物品を形成する方法は、第1の表面エネルギーを持つ基板結合表面を有するガラス基板を得て、第2の表面エネルギーを持つ担体結合表面を有するガラス担体を得て、担体結合表面の表面エネルギーを低下させるように担体結合表面上に表面改質層...

    高分子表面の担体との制御された結合のための物品および方法

  8. 【課題】滴定液が滴定管中で変質して滴定管の目詰まり等が発生することを防止する。【解決手段】滴定が行われる反応槽1に滴定液を供給する滴定管L4と、滴定管L4の途中の第1の合流点gに合流しているエア供給管L6備える滴定装置において、滴定終了後に、滴定管L4の第1の合流点gより反応槽1側の液体を総て排出すると共に、第1の合流点gの反応槽1と反対側に所定範囲の純水層とその純水...

    滴定装置及び滴定管の洗浄方法

  9. 【課題】外界を高精度に撮像する新規構造のカメラモジュールを、提供すること。【解決手段】車両においてフロントウインドシールドの内側に装着されて車両の外界を撮像するように構成されるカメラモジュール1は、光軸Alの姿勢を決めるアセンブリ基準面351aを有し、外界から光軸Al上に入射した光像が結像されることにより外界を撮像する光学アセンブリ30と、フロントウインドシールドに対...

    カメラモジュール

  10. 【課題】原料である廃プラスチックをロータリーバルブで廃プラスチック分解装置へ投入するに当たり、配管やロータリーバルブのポケットの閉塞を効果的に防止し、廃プラスチックの定量投入を確実に維持する。【解決手段】ロータリーバルブ6の排出口34の下方であって、ローター30の回転方向の下流側から、ローター30の羽根板29の間のポケット34に気体噴入する気体噴入手段35を設ける。

    廃プラスチック投入装置

  11. 【課題】熱分解で生じた分解ガスに含まれるテレフタール酸や塩化水素などの酸性分を簡単に中和できるとともに、分解ガスに含まれるタール分や触媒成分も同時に分離できるようにする。【解決手段】分解蒸発槽から蒸発して来た分解ガスにアルカリ液を噴霧するアルカリスプレー装置14を備える。アルカリスプレー装置14は、中和槽15内を、分解ガスが下向きに流れる上流室29aと上向きに流れる下...

    廃プラスチック油化システム

  12. 【課題】ハイブリッド樹脂の製造方法において、硬化後の硬化物が高い接着強度を有し且つひずみに対する応力が小さいハイブリッド樹脂を製造する。【解決手段】本発明のハイブリッド樹脂の製造方法は、熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂とを混合するハイブリッド樹脂の製造方法であって、前記熱硬化性樹脂を前記熱可塑性樹脂の軟化点以上に加熱する工程と、前記熱可塑性樹脂の軟化点以上の温度の前記熱硬化...

    ハイブリッド樹脂の製造方法及びハイブリッド樹脂

  13. 【課題】 ニッケル酸化鉱石スラリーの移送配管系において生じやすい配管閉塞を防止する方法を提供する。【解決手段】 硫酸を用いた高圧酸浸出法による湿式製錬プロセスの原料としてのニッケル酸化鉱石スラリーをその供給槽1から高圧の加熱槽4に移送するスラリー移送配管系3の閉塞防止法であって、前記移送配管系3に設けられた供給ポンプ4の吐出圧と前記加熱槽2の槽内圧との圧力差が所定...

    ニッケル酸化鉱石スラリーの移送配管系の閉塞防止方法

  14. 【課題】フォトリソグラフィ性を有し、気泡の発生が少なく、転写欠陥が少ない転写フィルム;静電容量型入力装置の電極保護膜;積層体;静電容量型入力装置;画像表示装置の提供。【解決手段】仮支持体と、硬化性である硬化性樹脂層と、保護フィルムと、をこの順で有し、保護フィルムの酸素透過係数が100cm3・25μm/m2・24時間・atm以上であり、保護フィルムの硬化性樹脂層側の面の...

    転写フィルム、静電容量型入力装置の電極保護膜、積層体および静電容量型入力装置

  15. 【課題】本発明は、ゴム組成物としての成形性を保持しながらも、一定の蓄熱特性をも兼ね備えたゴム組成物を提供することを目的とする。【解決手段】本発明のゴム組成物は、第15族元素を含有するゴム(X)100質量部と、バナジウムを構成元素として含む金属酸化物(Y)10〜400質量部と、焼成酸化亜鉛(Z)10〜300質量部と、架橋剤(C)0.01〜10質量部とを含む。

    定温保持性組成物

  16. 【課題】仮支持体と硬化性透明樹脂層が直接接し、かつ、段差を有する基材へのラミネート時の気泡混入を抑制できる転写フィルムの提供。【解決手段】厚みが38μm以下である仮支持体と、前述の仮支持体上に直接接して配置された硬化性透明樹脂層とを有し、前述の硬化性透明樹脂層の厚みが、5μm以上であり、前述の硬化性透明樹脂層がバインダーポリマー、重合性化合物、および重合開始剤を含み、...

    転写フィルム、積層体の製造方法、積層体、静電容量型入力装置および画像表示装置

  17. 【課題】フォトリソグラフィ性を有し、気泡の発生が少なく、転写欠陥が少ない転写フィルム;静電容量型入力装置の電極保護膜;積層体;静電容量型入力装置;画像表示装置の提供。【解決手段】仮支持体と、硬化性である硬化性樹脂層と、保護フィルムと、をこの順で有し、保護フィルムの酸素透過係数が100cm3・25μm/m2・24時間・atm以上であり、保護フィルムの硬化性樹脂層側の面の...

    転写フィルム、静電容量型入力装置の電極保護膜、積層体および静電容量型入力装置

  18. 【課題】充填機と加熱殺菌工程との間を連続的につなぎ、スパウトを上にして吊り下げた状態のままスパウト付き袋を加熱殺菌することができるシステムを提供すること。【解決手段】加熱殺菌装置100は、加熱槽40と、間隔を開けて並行に配置された一対の無端ベルト42が加熱槽40の湯面の上を移動するよう懸架された加熱槽コンベア41と、スパウト付き袋1の袋部3を下にスパウト2を上にした姿...

    加熱殺菌装置

  19. 【課題】排水から抗生物質を除去する。【解決手段】排水処理システム(100または200)は、排水を加熱することによって、該排水に含まれる抗生物質を分解する加熱工程を実行する。

    排水処理方法および排水処理システム

  20. 技術 調湿装置

    【課題】液体を収容するタンクの内部全体を万遍なく清潔に保つことが可能な調湿装置を提供する。【解決手段】本発明の調湿装置は、外部の湿度を調節する加湿手段13と、加湿手段13の液体収容部として設けられるタンク8と、タンク8内の液体から次亜塩素酸水を生成する第2除菌手段23と、第2除菌手段23で生成した次亜塩素酸水を、タンク8内に循環させる第2ポンプ22と、を備えている。第...

    調湿装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 116