加熱槽 に関する公開一覧

加熱槽」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「加熱槽」の詳細情報や、「加熱槽」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「加熱槽」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(2,272件中)1/114ページ目

  1. 【課題】硫酸灰分を低減しつつも、デポジットの発生を抑制することができると共に、高温清浄性及び塩基価維持性に優れ、ロングドレイン性に優れる、ガスエンジン用潤滑油組成物を提供する。【解決手段】ガスエンジンに用いられる潤滑油組成物であって、基油(A)と、金属系清浄剤(B)と、を含有し、前記金属系清浄剤(B)は、カルシウム系清浄剤(B1)と、マグネシウム系清浄剤(B2)及びナ...

  2. 【課題】蒸気の温度や圧力を一定化させることにより、弁の開時間に基づいて蒸気の供給量を制御可能な調理器を提供する。【解決手段】調理器1は、水を加熱することにより蒸気を生成する蒸気生成部5と、蒸気生成部5への水の供給を制御する制御部19と、蒸気生成部5により生成された蒸気を液体とチョコレートを収容する容器100内へ中継する中継管7と、中継管7途中に配設され、容器100内へ...

    チョコレート溶液を製造する調理器

  3. 【課題】表面滑り性に優れる発泡体を形成することのできる、エチレン・α−オレフィン・非共役ポリエン共重合体を含有する組成物を提供する。【解決手段】特定のエチレン・α−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(S)と、ヒドロシリル基を1分子中に少なくとも2個持つヒドロシリル基含有化合物(Y)と、ヒドロシリル架橋用の白金系触媒(Z)と、脂肪族モノカルボン酸および水酸化金属化合物か...

  4. 【課題】凍結乾燥法を用いる原料液の濃縮システムにおいて、凍結乾燥に適切な前処理工程を配置することによって、原料液中の成分が高度に維持された凍結乾燥濃縮物を得るための、原料液濃縮システムを提供すること。【解決手段】溶媒b及び溶質を含有する原料液aと、誘導溶液dとを、正浸透膜oを介して接触させ、原料液a中の溶媒bを誘導溶液d中に移動させて、濃縮原料cと希釈誘導溶液eを得る...

    原料液濃縮システム

  5. 【課題】融点が500℃以下である金属のレーザクラッド層を、ビードのダレ発生を防止しつつ効率的に形成可能なレーザクラッド層形成方法及びレーザクラッド装置を提供する。【解決手段】レーザクラッド層形成方法は、母材W周面におけるレーザクラッド層の形成予定部を、各々が周方向に90度以下となる複数の領域に区画する区画工程S1と、母材Wを軸方向が水平となるように保持し、複数の領域の...

    レーザクラッド層形成方法及びレーザクラッド装置

  6. 【課題】廃触媒およびスクラップ中の白金族金属を、水性溶媒により効率的に抽出する方法を提供する。【解決手段】本発明の前処理方法は、白金族金属を含む原料と、アルカリ金属の炭酸塩または水酸化物と、酸化物との混合物を加熱して、加熱産物を得る工程、および/または、上記原料と、アルカリ金属の炭酸塩または水酸化物と、酸化物との混合物を加熱して得られた加熱産物を水性溶媒に溶解して、溶...

    前処理方法、白金族金属の抽出方法、および白金族金属の抽出システム

  7. 【課題】患者の吸気と呼気の間のガス濃度差を正確に測定するためのシステムと方法を提供する。【解決手段】第一採取部10は、第一混合ガスからなる吸気ガスを採取する。第二採取部12は、第二混合ガスからなる呼気ガスを採取する。ガス分析器23は、ガス濃度を測定する。切替弁21は、第一混合ガスと第二混合ガス内のガス成分の濃度が交互に測定されるように、採取された吸気ガスと呼気ガスの分...

    吸気と呼気の間でのガス濃度差を測定するためのシステムおよび方法

  8. 【課題】実質的に単分散の微粒子懸濁液を有益に含むビスマス−チオール組成物、ならびにそれらの合成および使用方法の提供。【解決手段】細菌性バイオフィルム感染を有するリスクのあった、または細菌性バイオフィルム感染を有するリスクのある、開放型創傷、慢性創傷、または急性創傷の処置用の医薬の製造における、ビスマスチオール(BT)組成物の使用であって、前記BT組成物が、0.4μmな...

    農業用、工業用およびその他の使用のための消毒薬としてのビスマス−チオール

  9. 【課題】発電効率、省エネルギー性および省スペース性に優れる車載発電システムを提供すること。【解決手段】車載発電システム1に、エンジン11と、エンジン11から排ガスを排出させるための排気管15と、温度が経時的に上昇および下降することによって電気分極する第1デバイス3と、第1デバイス3から電力を取り出すための第2デバイス4と、冷却媒体を第1デバイス3に供給するための冷却管...

    車載発電システム

  10. 【課題】 フェルール同士の接合状態の検査の所要時間を短縮することができる検査方法及び検査装置を提供する。【解決手段】 検査方法は、光導波路の端部を保持する第1フェルールと、光ファイバの端部を保持する第2フェルールとの接合状態を検査する検査方法において、前記光導波路と前記光ファイバが光学的に結合されるように、互いに接合された前記第1フェルール及び前記第2フェルールを...

    検査方法及び検査装置

  11. 【課題】熱空気下で架橋しても発泡体表面が劣化せず、かつ表面平滑性、圧縮永久歪みに優れる発泡体を得るに好適なエチレン・α−オレフィン・非共役ポリエン共重合体組成物の提供。【解決手段】エチレン(A)と、炭素原子数3〜20のα−オレフィン(B)と、非共役ポリエン(C)とに由来する構成単位を有するエチレン・α−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(S)、ヒドロシリル基を1分子中...

  12. 【課題】本発明は、ゴム成形体としたときの架橋後の機械強度に優れるリシノール酸重合体組成物を提供することを目的とする。【解決手段】本発明のリシノール酸共重合体組成物は、リシノール酸および/またはその誘導体[α]と、ジカルボン酸[β]と、ジオール[γ]との共重合体(A)100質量部と、補強材(B)10〜300質量部と、架橋剤(C)0.01〜10質量部とを含み、且つ、当該共...

  13. 【課題】本発明は、リシノール酸共重合体を可塑剤として含むゴム組成物において、ゴム成形体としたときの架橋後の強度を改善することを目的とする。【解決手段】本発明のゴム組成物は、架橋可能なゴム(X)100質量部と、リシノール酸および/またはその誘導体[α]と、ジカルボン酸[β]と、ジオール[γ]との共重合体(A)を1〜50質量部と、架橋剤(C)0.01〜10質量部とを含み、...

  14. 【課題】従来のEPDM系防振ゴムよりも防振特性(動倍率、tanδ)およびゴム弾性(圧縮永久歪)が改善された防振ゴムを製造することができるゴム組成物を提供すること。【解決手段】エチレン・炭素原子数3〜20のα−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(A)100重量部、および、シリコーンオイルで表面処理された疎水性シリカ(B)1〜100重量部を含有することを特徴とする防振ゴム用組成物。

    防振ゴム用組成物および防振ゴム製品

  15. 【課題】従来のEPDM系防振ゴムよりも防振特性(動倍率)、ゴム弾性(圧縮永久歪み)、支持機能(静的ばね定数)および加工性(コンパウンドのムーニー粘度)が改善された防振ゴムを製造することができるゴム組成物を提供すること。【解決手段】エチレン・炭素原子数3〜20のα−オレフィン・非共役ポリエン共重合体(A)100重量部、シリカ(B)1〜100重量部、および、シラン変性エチ...

    防振ゴム用組成物および防振ゴム製品

  16. 【課題】ロフティ特性、弾性特性及び高強度特性のうちの少なくとも1つを有する連続フィラメントスパンレイドウェブを提供する。【解決手段】連続フィラメントスパンレイドウェブは、ウェブ内に複数のポリマー繊維を含み、ウェブは第1の厚さを有し、またウェブはいかなる熱又は機械的結合処理も受けない。ウェブの活性化は、活性化前の第1の厚さから活性化後の第2の厚さへの増大(ここで第2の厚...

    ロフティ特性、弾性特性及び高強度特性のうちの少なくとも1つを有するスパンレイドウェブ

  17. 【課題】本槽内の水と前予備槽内の水との間、および本槽内の水と後予備槽内の水との間で十分な断熱作用を得ることができ、そして大型化を避けることができる食品高温加熱装置を得る。【解決手段】それぞれ水を貯留する本槽14、前予備槽13および後予備槽15の3槽から高温加熱槽10が構成され、前予備槽13および後予備槽15はそれぞれ、上部に開口を有する第1貯留部と、この第1貯留部と該...

    食品高温加熱装置

  18. 【課題】食材の加熱処理を均一に効率よく実施できるコンベクション装置を提供する。【解決手段】食材を加熱処理するコンベクション装置であって、コンベクション装置は、加熱槽10と、加熱槽に加熱流体を供給する加熱流体供給部20と、加熱槽内部に食材を支持する支持部材とを備え、食材と加熱流体との間に相対的な移動を生じさせる少なくとも一つの手段を備える。さらに、食材と加熱流体との間に...

    コンベクション装置

  19. 【課題・解決手段】ポリエチレン系樹脂を含み、糸長方向に配向した複数のミクロフィブリルと、該ミクロフィブリルの両端に連結したラメラ積層体からなる結節部とを有する多孔質中空糸膜であって、分子量10000以下の成分の質量分率が、17.5質量%以上であり、かつ分子量100万以上の成分の質量分率が、1.5質量%未満であるポリエチレン系樹脂多孔質中空糸膜。

    ポリエチレン系樹脂多孔質中空糸膜、分離膜及びそれらの製造方法

  20. 【課題】パウチ容器などの物品の表面が損傷するおそれがなく、物品が安定的に貯水槽内を搬送される物品熱処理装置を提供する。【解決手段】加熱槽20には、所定温度に設定された温水が貯留される。第1の搬送コンベヤ22は加熱槽20でパウチ容器を搬送する。第1の挟持コンベヤ23は、第1の搬送コンベヤ22の上方に設けられ、第1の搬送コンベヤ22とともにパウチ容器を挟持して搬送する。規...

    物品熱処理装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 114