分画 に関する公開一覧

分画」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「分画」の詳細情報や、「分画」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「分画」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(69,953件中)1/3,498ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、医療用注入装置に関するものであって、振動を与えて、注入液入りのコンテナとコンテナ内に備えられた撹拌手段とを揺動させて注入液を攪拌するようにすることにより、注入液中に含まれている目的物質が十分に攪拌された状態で均一な濃度をもって注入できるように誘導して、目的物質の濃度不均一により発生するおそれのある致命的な医療事故を前もって防止することができ...

    医療用注入装置

  2. 【課題・解決手段】水溶性の中性ポリマーを表面に吸着させた酸化アルミニウムを担体として使用することで、少量の体液試料からセルフリーDNAを効率よく回収することを可能とする。

    セルフリーDNAの回収方法

  3. 【課題・解決手段】受精卵移植及び生殖医療の発展に有用な技術を提供することを課題とする。脂肪組織由来幹細胞、歯髄由来幹細胞、骨髄由来幹細胞及び臍帯血由来幹細胞からなる群より選択される一以上の細胞の破砕物を有効成分とした精子活性化剤及びそれを利用した人工授精方法が提供される。

    精子活性化剤及びその用途

  4. 【課題・解決手段】本発明の固体電解コンデンサ素子は、多孔質層を表面に有する弁作用金属基体と、上記多孔質層の表面に形成された誘電体層と、上記誘電体層上に設けられた固体電解質層とを備える固体電解コンデンサ素子であって、上記固体電解質層は、上記誘電体層の細孔を充填する内層と、上記誘電体層を被覆する外層とを含み、上記固体電解質層の外層は、導電性ポリマー及びスルホン化ポリエステ...

    固体電解コンデンサ素子、固体電解コンデンサ、固体電解コンデンサ素子の製造方法、及び、固体電解コンデンサの製造方法

  5. 【課題・解決手段】Δ12-デサチュラーゼ及びΔ6-デサチュラーゼの発現を促進させたナンノクロロプシス(Nannochloropsis)属に属する藻類を培養し、脂肪酸又はこれを構成成分とする脂質を生産させる、脂質の製造方法、並びに、Δ12-デサチュラーゼ及びΔ6-デサチュラーゼの発現が促進されている、ナンノクロロプシス属に属する藻類の形質転換体。

    脂質の製造方法

  6. 【課題】抗菌性に優れた化合物を提供するとともに、他の抗菌剤の抗菌性を増強することに優れた化合物を提供する。【解決手段】下記の(1)または(2)の化学式で示される、単糖がグリコシド結合で鎖状又は環状に連結した抗菌作用のある糖誘導体又はその塩。ここで、R1はアミノ基を含む構造を示す。nは3以上の整数を示す。また、下記の(5)または(6)の化学式で示される、単糖がグリコシド...

    糖誘導体またはその塩、それらを用いた抗菌剤または抗菌活性増強剤

  7. 【課題・解決手段】Lin28a活性化剤は、リボース、キシロース及びそれらの誘導体からなる群から選択される1種以上を含む多糖類を有効成分として含有する。単球の脱分化誘導剤は、マクロファージコロニー刺激因子と、リボース、キシロース及びそれらの誘導体からなる群から選択される1種以上を含む多糖類と、を有効成分として含有する。細胞、組織又は器官の損傷に関係する疾患の治療剤は、リ...

    Lin28a活性化剤及びその使用

  8. 【課題・解決手段】内視鏡システムは、プロセッサを備え、生体組織の撮像画像から求められる生体物質特徴量の分布画像を表示する。前記プロセッサは、少なくとも2つの光で照明された生体組織のカラー画像データの成分を用いて、前記生体組織における生体物質特徴量、例えばヘモグロビンの量及び前記ヘモグロビンの酸素飽和度を算出し、前記生体物質特徴量の分布を示す特徴量分布画像を生成し、生成...

    内視鏡システム

  9. 【課題】このような背景から、安定性及び安全性が良好で、長期間連続して使用することができ、従来知られている保湿効果などを損なうことなく、におい、呈色などの製剤上の問題を解決し、多量に配合可能なコラーゲン発酵液及びそれを配合した皮膚外用剤が求められていた。【解決手段】発明者らは、コラーゲン類そのものではなく、これをサッカロミセス属酵母によって発酵させた培養液、好ましくは、...

    コラーゲンのサッカロミセス属酵母発酵液を含有する皮膚外用剤

  10. 【課題】新規な放射性フッ素標識化合物を提供することを課題とする。【解決手段】下記式(I)で表される化合物又はその塩。

    放射性フッ素標識化合物

  11. 【課題】コラーゲン結合材、その製造方法などを提供する。【解決手段】触媒ドメインとリンカーとプレペプチダーゼC末端ドメインとをこの順に含む細菌性M9Aコラゲナーゼのアミノ酸配列の一部であって、少なくともリンカーの一部と前記リンカーに連続して配列されるプレペプチダーゼC末端ドメインとを含むアミノ酸配列(I)、または該配列(I)において1〜20個のアミノ酸残基の欠失、付加、...

    コラーゲン結合材、その製造方法、ドラッグデリバリーシステム、および担持体

  12. 【課題・解決手段】麻酔ハロカーボン捕獲システムが提供される。システムは、超臨界流体抽出前に1つ又は複数のタイプの麻酔ハロカーボンを捕獲するフィルタ材料を含む圧力非耐性スリーブと、スリーブを挿入することができ、それにより、スリーブの内容物を超臨界流体抽出に必要な圧力に露出させる圧力耐性筐体とを備える。

    超臨界流体を使用した揮発性麻酔剤の製造及び再生の改善

  13. 【課題・解決手段】複数の態様は、細菌感染症、特にブドウ球菌細菌による感染症を処置または予防するための方法および組成物に関する。複数の局面には、該細菌に対する受動免疫反応を提供するための方法および組成物が含まれる。ある種の態様において、該方法および該組成物は、コアグラーゼ(Coa)に結合する抗体を含む。さらなる局面は、少なくとも1つのブドウ球菌コアグラーゼRドメインを含...

    黄色ブドウ球菌疾患の間にコアグラーゼ活性を中和する抗体に関連した組成物および方法

  14. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)の化合物(R1、m、Z、G1、R2及びR3は明細書で定義の値のいずれかを有する。)及びそれの薬学的に許容される塩を提供し、それは嚢胞性線維症、シェーグレン症候群、膵臓機能不全、慢性閉塞性肺疾患、及び慢性閉塞性気道疾患などのCFTRが介在及び調節する疾患及び状態の治療における薬剤として有用である。さらに、1以上の式(I)の化合物からな...

    嚢胞性線維症膜コンダクタンス制御因子タンパク質のモジュレータ

  15. 【課題・解決手段】本発明は、動物の寄生虫と闘うための長時間作用性注射用組成物であって、少なくとも1種のイソオキサゾリン活性薬、液体PEG及び/又は中性油、任意で共溶媒、及び任意で医薬的に許容される添加剤又は賦形剤を含む組成物に関する。本発明は、外部寄生虫に対して持続性効力を有する新規イソオキサゾリン活性薬をも提供する。本発明は、動物の寄生虫感染症及び外寄生を根絶、防除...

  16. 【課題・解決手段】本発明は、3−(3−ヒドロキシ−4−メトキシ−フェニル)−1−(2,4,6−トリヒドロキシフェニル)プロパン−1−オンの使用であって、不快な味の物質もしくは物質の混合物、好ましくは苦い、酸いおよび/もしくは渋い味の物質もしくは物質の混合物の不快な味の印象、好ましくは苦い、酸いおよび/もしくは渋い味の印象、特に苦い味の物質の苦い味の印象を遮蔽する、低下...

  17. 【課題・解決手段】本開示は、一般に、TREM1タンパク質、例えば、哺乳動物TREM1又はヒト TREM1と特異的に結合する、抗体、例えば、モノクローナル、キメラ、ヒト化抗体、抗体断片等を含む組成物及びそれを必要とする個体のリスクの防止、低減又はその治療におけるこのような組成物の使用を対象とする。

    抗TREM1抗体及びその使用方法

  18. 【課題・解決手段】本発明は、新規試薬組成物を用いた、電気化学発光による、試料中の分析物の検出のための方法に関する。新規試薬組成物、電気化学発光(ECL)を測定するための試薬キット、および新規試薬組成物を用いる電気化学発光検出法を開示する。特に、本発明は、改善されたアッセイ性能を提供するために、前記測定において使用可能である化合物の新規組み合わせの使用に関する。

    電気化学発光検出における分枝鎖アミン

  19. 【課題・解決手段】本発明は、一般に、新規のプロテアーゼ活性化型T細胞活性化二重特異性分子と、マスキング部分として作用するイデオタイプ特異的ポリペプチドとに関する。本発明はまた、このようなプロテアーゼ活性化型T細胞活性化二重特異性分子及びイデオタイプ特異的ポリペプチドをコードするポリヌクレオチドと、このようなポリヌクレオチドを含むベクター及び宿主細胞とにも関する。本発明...

    プロテアーゼ活性化T細胞二重特異性分子

  20. 【課題・解決手段】増加する投与間隔を使用して患者におけるIL−12/23関連疾患を治療する方法は、患者へのIL−12/IL−23抗体の投与間隔を増加させることであって、抗体が、最初に投与され、かつ4週間後、16週間後、及び28週間後に投与される、増加させることと、28週間後に、投与間隔を、例えば、16、20、又は24週間に1回の増加した間隔に増加させることと、を含む。

    抗IL12及び/又は−23抗体の増加した間隔投与による乾癬の処置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 3498