分化 に関する公開一覧

分化」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「分化」の詳細情報や、「分化」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「分化」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(73,332件中)1/3,667ページ目

  1. 【課題・解決手段】NKT細胞を刺激する樹状細胞の製造方法は、単核球を培養容器に入れ、静置して単核球のうちの一部の細胞を容器の底面に定着させる工程と、培養容器の底面に定着した細胞以外の浮遊細胞を除去する工程と、前記培養容器に所定の因子を入れて前記底面に定着した細胞のうちの単球を未成熟樹状細胞に分化させる工程と、前記培養容器にα-ガラクトシルセラミドを入れて、成熟した樹状...

    ナチュラルキラーT(NKT)細胞を刺激する樹状細胞の製造方法、NKT細胞を刺激する樹状細胞、NKT細胞を刺激する樹状細胞とNKT細胞とを含む細胞組成物の製造方法およびNKT細胞を刺激する樹状細胞とNKT細胞とを含む細胞組成物

  2. 【課題・解決手段】嫌気性細菌などの細菌と上皮細胞との共培養を行う手段を提供するため、嫌気性細菌などの1種又は複数種の細胞から構成される第1の細胞群を、上皮細胞などの1種又は複数種の細胞から構成される第2の細胞群で形成された細胞層または組織と嫌気条件下で共培養する第1培養槽と、好気状態の培養液を貯留する第2培養槽と、前記第1培養槽と前記第2培養槽とを接続するように配され...

    嫌気性細菌などの細菌と上皮細胞との共培養装置及び共培養方法

  3. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)で示される化合物、それを含むレチノイド代謝経路の阻害剤、メモリーT細胞の割合を増大させるための剤、癌または感染症の予防および/または治療剤、癌の免疫療法の補助剤、免疫力増強剤、ならびに式(I)の化合物を用いるメモリーT細胞の割合が増大したT細胞集団の作成方法を提供する。

    T細胞集団の改変方法

  4. 【課題・解決手段】多能性幹細胞を、ヘパリン結合性増殖因子を含む培地を用いて体細胞に分化誘導する方法において、ラミニンE8フラグメントとヘパラン硫酸プロテオグリカンの増殖因子結合部位を含むフラグメントとが連結したコンジュゲートを細胞に接触させることを特徴とする分化誘導方法を提供する。本発明により、多能性幹細胞から任意の体細胞へ高効率で分化誘導することができる。

    多能性幹細胞から体細胞への分化誘導方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)の化合物および薬学的に許容できるその塩[式中、R1、R2、R2A、R2B、R3、R4、R5A、R5B、R6、R7、R8、R9、p、qおよびrは、本明細書で定義されている通りである]、そのような化合物および塩を含む医薬組成物、ならびに、がんを含む異常な細胞成長の治療のためにそのような化合物、塩および組成物を使用する方法に関する。

    ピリドピリミジノンCDK2/4/6阻害剤

  6. 【課題】日常的に安全に摂取でき、FGFの活性低下により引き起こされる症状を効率よく予防又は改善し得る機能性素材、これを利用した医薬組成物や飲食品組成物を提供することを課題とする。【手段】ロフェノール化合物及びシクロラノスタン化合物からなる群から選択される1又は複数の化合物を有効成分として含有する、FGF分泌促進用組成物を提供する。前記組成物は、嗜好性調節、体温調節、心...

  7. 技術 注入液

    【課題】遠心分離条件を制御せずとも生産でき、効果の高い細胞組織の増加を促進するための注入液を提供すること。【解決手段】PRP(多血小板血漿)1を生成し、人体から抽出したプラセンタ2、人体から抽出した脂肪組織3又はヒアルロン酸を、PRP1に混合した注入液とする。プラセンタ2は、線維芽細胞増殖因子を含むことが好ましい。マクロファージが誘導され、線維芽細胞が遊走、増殖される...

    注入液

  8. 【課題】アミロイドβ蛋白の含有量を減少させることができるアミロイドβ蛋白の生成阻害剤、タウ蛋白のリン酸化を阻害する阻害剤、アミロイドβ蛋白の減少方法及びタウ蛋白のリン酸化阻害方法に関すること。【解決手段】ローズマリー、レモン、ラベンダー及びオレンジからなる群より選ばれる1種又は2種以上の抽出物を有効成分とする、アミロイドβ蛋白の生成阻害剤。ローズマリー、レモン、ラベン...

    アミロイドβ蛋白の生成阻害剤

  9. 【課題】細胞等の物体に発生する応力の可視化および定量化が可能なフィルム状ソフトマテリアル及び蛍光フィルム基材、並びにそれらを用いる応力計測方法を提供する。【解決手段】高分子化合物からなる3次元網目構造を有し、該3次元網目構造の主骨格の側鎖に蛍光色素が導入されているフィルム状ソフトマテリアル11。フィルム状ソフトマテリアル上に細胞等の物体を接触させる工程と、フィルム状ソ...

    フィルム状ソフトマテリアル、蛍光フィルム基材及びフィルム状ソフトマテリアルの製造方法、並びに応力計測方法

  10. 【課題】乳房腫瘍の発生と転移を抑制する方法の提供。【解決手段】有効量の糖質コルチコイド受容体促進剤であって、主な活性組成物とされる牛樟芝成分のアントシンAと、担体や賦形剤とが含まれる医学組成物が、投与され、該組成物と乳癌細胞とが反応し、糖質コルチコイド受容体αの転写活性化によりマイクロRNA-708を活性化し、上記乳癌細胞の増殖を抑制しながら、細胞の周期停滞を誘発させ...

    乳癌腫瘍の発生と転移を抑制できる糖質コルチコイド受容体促進剤のアントシンA

  11. 【課題・解決手段】本発明は、タウに特異的に結合する抗体を提供する。抗体は、タウ関連症状および関連病状悪化を抑制するまたは遅らせる。

    タウ認識抗体

  12. 【課題・解決手段】新規の抗TNFRSF21抗体及び抗体薬物コンジュゲート並びに抗TNFRSF21抗体及び抗体薬物コンジュゲートを使用してがんを治療する方法が提供される。

    新規の抗TNFRSF21抗体及び使用方法

  13. 【課題・解決手段】本発明は、タウに特異的に結合する抗体を提供する。これらの抗体は、タウ関連症状およびタウに関連する病状悪化を抑制するか、または遅延させる。

    タウ認識抗体

  14. 【課題・解決手段】本発明は、抗ヒトIL−17Aモノクローナル抗体、その製造方法及び用途を提供する。本発明に係る抗ヒトIL−17Aモノクローナル抗体は、ヒトIL−17Aに特異的に結合し、IL−17Aによって誘導される各細胞系がIL−6等の炎症性サイトカインを分泌することを効果的に抑制し、免疫介在性炎症反応に関連する疾患を治療対象とする薬品の製造に有用である。

    抗ヒトインターロイキン−17Aモノクローナル抗体、その製造方法及び用途

  15. 【課題・解決手段】本発明は、化学療法誘発性脱毛症(CIA)を予防又は軽減するための方法及び医薬組成物を提供する。本発明の医薬組成物は、局所製剤中に有効量のビタミンD化合物を含む。本発明は、脱毛症を誘発する化学療法、例えば、子宮頸部がん、子宮内膜がん、卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜癌、軟部組織肉腫、又は骨肉腫のためのタキサンをベースにした化学療法において広範な適用性を有...

    ビタミンDを使用する化学療法誘発性脱毛症の予防又は軽減

  16. 【課題・解決手段】本発明は、結腸直腸癌の病期診断、予後及び監視ならびに、結腸直腸癌を有する個人又は結腸直腸癌を発病し易い場合がある個人における治療介入のために有用な最小に侵襲性の方法、試薬、診断及び予後マーカーを提供する。

    結腸直腸腺腫及び癌腫の検出、病期診断及び監視方法

  17. 【課題・解決手段】がんを有する対象を処置する組成物及び方法が本明細書に開示される。組成物及び方法は、腫瘍細胞の死滅をもたらす免疫応答細胞を利用する。

    ヒト白血球抗原拘束ガンマデルタT細胞受容体及びその使用方法

  18. 【課題・解決手段】本発明者は、本明細書で、機密情報の保護に有用な破壊的な(自己破壊)文書を開示している。本発明は、多数の個別構成要素に容易かつ即座に分解できる文書を備え、よって、その上に含まれるあらゆる情報を抹消できる。文書の自己破壊は、破壊のために外部の機器を必要とせず、可読データの除去を保証するので、本発明は、従来技術に対する大きな改善となる。異なる用途のために分...

    情報セキュリティ及びプライバシー保護のための自己破壊文書

  19. 【課題・解決手段】本開示は、新規脂質およびそれを含む組成物を特徴とする。脂質ナノ粒子は、新規脂質ならびに追加の脂質、例えばリン脂質、構造脂質、およびPEG脂質を含む。治療薬および/または予防薬、例えばRNAをさらに含む脂質ナノ粒子は、例えば、ポリペプチド、タンパク質、または遺伝子発現を調節するための、哺乳動物細胞または臓器への治療薬および/または予防薬の送達において有用である。

    脂質ナノ粒子の安定化製剤

  20. 【課題・解決手段】本発明は、二重特異性ヘテロ二量体チェックポイント抗体を対象とする。

    二重特異性チェックポイント阻害剤抗体

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 3667