免疫欠損 に関する公開一覧

免疫欠損」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「免疫欠損」の詳細情報や、「免疫欠損」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「免疫欠損」の意味・用法はこちら

101〜120件を表示(411件中)6/21ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、抗原CS1に特異的な新世代のキメラ抗原受容体(CAR)(多重鎖CARと称される)に関する。このようなCARは、免疫細胞の特異性および反応性を、腫瘍抗原CS1を発現する悪性細胞に再指向させるためのものである。これらのCARを構成するアルファ、ベータおよびガンマポリペプチドは、最適なシグナル伝達を付与する天然受容体により近いフレキシブルなアーキ...

    CS1特異的多重鎖キメラ抗原受容体

  2. 【課題】ACC阻害剤およびその使用を提供すること。【解決手段】本発明は、アセチルCoAカルボキシラーゼ(ACC)の阻害剤として有用である化合物、その組成物、および被験体においてACCにより媒介される障害を処置するためにそれらを使用する方法を提供する。この化合物は具体的には、チエノピリミジン誘導体である。これらの障害は例えば、肥満症、脂質異常症、高脂質血症、真菌感染、寄...

    ACC阻害剤およびその使用

  3. 【課題】標的部位における天然フェノール化合物の生理活性を選択的に増大させる、部位活性化結合システムの提供。【解決手段】抗生物質耐性菌の殺傷における使用のための結合システムであって:110〜40000Daの範囲の分子量を有するフェノール成分;及び過酸化水素;を含み、前記フェノール成分は、茶、ザクロ、五倍子、レスベラトロール及びそれらの混合物から選択される抽出物から得られ...

    標的部位におけるフェノール化合物の生理活性を選択的に増大させる、部位活性化結合システム

  4. 【課題】脂肪組織又は胎盤組織に由来する接着性細胞を使用して疾患を処置する方法の提供。【解決手段】虚血及び/又は結合組織の再生並びに/或いは修復を処置することにおける使用のための医薬品を製造するための、胎盤組織及び脂肪組織から選択される組織の接着性細胞の使用であって、二次元接着性細胞選択、及びそれに続く三次元マトリックス上での又はバイオリアクター中の三次元設定における接...

    脂肪組織または胎盤組織に由来する接着性細胞および治療におけるその使用

  5. 【課題・解決手段】既存の抗HER2薬に対し耐性又は難治性のHER2発現癌に対して有効な治療として、式:-(Succinimid-3-yl-N)-CH2CH2CH2CH2CH2-C(=O)-GGFG-NH-CH2-O-CH2-C(=O)-(NH-DX)で示されるリンカー及び薬物と、抗HER2抗体と、が結合した抗体−薬物コンジュゲートを使用した、既存の抗HER2薬に対し耐...

    抗HER2抗体−薬物コンジュゲート投与による耐性癌の治療

  6. 【課題・解決手段】ここで提供されるのは、免疫抑制剤を含む合成ナノキャリアを含む組成物、およびウリカーゼを含む組成物、および抗炎症性治療剤を含む組成物に関する、方法およびキットなどの組成物である。また、ここで提供されるのは、ウリカーゼを用いる投与または処置を必要とする対象の処置のための方法および組成物である。

    抗炎症剤および免疫抑制剤を含む合成ナノキャリアによる組み合わせ処置に関連する方法および組成物

  7. 【課題・解決手段】本発明は、抗原ROR1に特異的なヒト化標的化ドメインを有するキメラ抗原受容体(CAR)に関する。本発明は、前記CARをコードするポリヌクレオチド、ベクター及び特に、免疫治療におけるその使用のための、その表面にそれらを発現する単離された細胞を包含する。

    ヒト化標的化ドメインを有するROR1特異的キメラ抗原受容体(CAR)

  8. 【課題・解決手段】本発明は、DUX4およびDUX4によって調節される下流遺伝子の遺伝子およびタンパク質発現を低減するためにp38キナーゼを阻害する組成物および方法に関する。本発明はさらに、DUX4の増加した発現またはDUX4の異常形態の発現と関連した疾患、例えば、顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー(FSHD)に罹患している患者を治療するための方法に関する。

    DUX4の発現を低減するためのp38阻害剤の使用

  9. 【課題】哺乳類対象において循環腫瘍細胞を検出する方法を提供する。【解決手段】方法は、細胞集団を含む試験サンプルを哺乳類の対象の血液から得ること、試験サンプルを支持体上に載せること、試験サンプル中の循環腫瘍細胞と選択的に結合する第1のマーカーを検出すること、試験サンプル中の細胞集団または細胞集団の小集団と結合する第2のマーカーを検出すること、ならびに、第1のマーカーおよ...

    循環腫瘍細胞の検出方法および哺乳類対象における癌の診断方法

  10. 【課題・解決手段】組織傷害部位での炎症機構および凝固促進機構の過剰な活性化または活性化の繰返しにより瘢痕組織が発達し、それにより、内膜過形成および線維症性疾患を生じ得る。LYSTタンパク質の阻害が組織損傷の部位での炎症応答の軽減および血小板活性の軽減に関連することを明らかにした。LYSTタンパク質の発現および機能の阻害のための組成物および方法を記載する。本組成物および...

    抗LYSTによる免疫調整のための組成物及び方法

  11. 【課題・解決手段】本開示は一般に、他のもののうちでもとりわけtoll様レセプター(例えば、TLR−8)を調節する、ジアミノピリド[3,2−d]ピリミジン化合物などのtoll様レセプターモジュレーター化合物および薬学的組成物、ならびにこれらの作製方法および使用方法に関する。特定の実施形態において、TLR−8を調節する方法が提供され、この方法は、本開示の化合物、またはその...

  12. 【課題】脳腫瘍など再発性膠芽細胞腫の治療、予防のために有用なペプチドワクチンとしての医薬組成物の提供。【解決手段】無細胞であり、特定配列を有するIL−13Rα2ペプチド、EphA2ペプチド及びsurvivinペプチドを含む、再発性膠芽細胞腫の治療、予防のために有用な医薬組成物。該医薬組成物は、さらにアジュバント、特にモンタニド(Montanide)ISA−51を含むこ...

    インターロイキン−13受容体α2ペプチド脳がんワクチン

  13. 【課題】細胞表面抗原に対する複数のヒト抗体・抗原を迅速に分類する手段の提供して、癌の治療や診断などに有効な抗体の提供すること。【解決手段】特定の配列番号の組合せで規定される、重鎖可変領域CDR1〜CDR3と軽鎖可変領域CDR1〜CDR3を備えることを特徴とするCD73に対する特異的結合性を有する前記ヒト抗体。

    抗体及びその用途

  14. 【課題・解決手段】標的療法による、肺癌、特に小細胞肺癌の治療のための方法が提供される。該療法は、CD24、CD166、CD56、CD326、CD298、CD29、CD63、CD9、CD164、CD99、CD46、CD59、CD57、CD165、およびEpCAMを含めた1種または複数種の細胞表面抗原を標的とし、該療法は、SIRPaへのCD47の結合を選択的に遮断する作用...

    小細胞肺癌に対する標的療法

  15. 【課題・解決手段】小単層小胞(SUV)と呼ばれるリポソームは、20−50nmサイズの範囲で合成することができるが、粒子間の融合をまねく不安定性及び凝集などの課題に遭遇し得る。これは、治療上の送達薬剤としてのこれらの使用を制限する。SUVの表面陰電荷を増加させることは、DNA/RNAなどの陰イオン性実体の付着を介して、これらの小胞のコロイド性安定度を増加させる。加えて、...

    リポソーム粒子、前述のものを作製する方法及びその使用

  16. 【課題・解決手段】インターフェロン遺伝子刺激因子(STING)アゴニストの腫瘍内投与による癌治療のための方法及び組成物が開示される。いくつかの実施形態では、インターフェロン遺伝子刺激因子(STING)アゴニストの有効量を対象者に投与することを含む、当該対象者における癌治療のための方法に関する組成物及び方法が提供され、ここで、当該STINGアゴニストは、腫瘍内に投与される。

    癌処置としてのSTINGアゴニストの使用

  17. 【課題】エクスビボ培養されたナチュラルキラー(NK)細胞の集団を提供する。【解決手段】該集団は、NK細胞を含む細胞の集団を、少なくとも1つの増殖因子、ならびに、効果的な濃度、効果的な暴露時期および効果的な暴露継続期間のニコチンアミドおよび/または他のニコチンアミド成分とともに培養されており、前記NK細胞を、前記少なくとも1つの増殖因子、ならびに、前記効果的な濃度、効果...

    エクスビボ培養されたナチュラルキラー細胞の集団

  18. 【課題】胚性幹細胞に由来する造血系統の細胞を生産するための系を提供する。【解決手段】分化は、造血サイトカインおよび他の因子の存在下において行われる。得られる細胞集団は、自己再生能を有する初期造血前駆体のマーカーである、CD45+ve細胞が著しく増加している。分化工程において骨形成タンパク質を含むことによって、細胞集団の二次コロニー形成能が増強される。胚性幹細胞の非常に...

    ヒト胚性幹細胞に由来する造血細胞

  19. 【課題・解決手段】本発明は、タンパク質またはペプチドのSN−38複合体、好ましくは抗体または抗原結合型抗体フラグメントの免疫複合体を調製するための改良された方法及び組成物に関する。より好ましくは、SN−38は、CL2Aリンカーを用いて、抗体または抗体フラグメントあたり1〜12、より好ましくは6以下の、最も好ましくは1〜5のSN−38部分で抗体または抗体フラグメントへ結...

    CL2Aリンカーを有する抗体−SN−38免疫複合体

  20. 【課題・解決手段】本発明は、一部には、診断および予後適用に有用な抗ガレクチン−1(Gal1)モノクローナル抗体、ならびにその免疫グロブリン、ポリペプチドおよび核酸の発見に基づく。

    抗ガレクチン−1モノクローナル抗体およびその断片

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. ...
  13. 21