免疫欠損 に関する公開一覧

免疫欠損」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「免疫欠損」の詳細情報や、「免疫欠損」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「免疫欠損」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(408件中)1/21ページ目

  1. 【課題・解決手段】標的化して対象ヌクレオチドを送達するために、キャプシドタンパク質によって提示される異種エピトープと、細胞上に発現されるタンパク質とを、特異的に結合する二重特異性抗体などの多重特異性結合分子を用いて、組換えウイルスキャプシドタンパク質/キャプシド/ベクターを、例えば生体内で再標的化するための組成物および方法が、本明細書で提供される。

    遺伝物質をヒト細胞に標的化して導入するための指向性改変組換えウイルスベクターおよびその使用

  2. 本発明は、式(I): 【化1】(式中、Qは、OまたはSから選択され;R1は、少なくとも1個の環窒素原子を含む非芳香族複素環基であり、R1は、環炭素原子によりスルホニルウレア基の硫黄原子に付着され、R1は、場合により置換されていてもよく;R2は、α位を置換された環状基であり、R2は、場合によりさらに置換されていてもよい)で示される化合物に関する。本発明はさらに、そのよ...

    新規なスルホンアミドカルボキサミド化合物

  3. 【課題】免疫関連疾患の診断及び治療のための組成物及び該組成物の使用方法の提供。【解決手段】特定のアミノ酸配列を有する単離されたヒトTIGITポリペプチド、および、試験免疫細胞が活性化ないし正常なTreg、メモリーT細胞、NK細胞又はTFh細胞のいずれであるかを決定する方法であって、試験免疫細胞においてTIGITの発現レベルを評価することと、既知の活性化ないし正常なTr...

    免疫関連疾患の治療のための新規組成物と方法

  4. 【課題】脂肪細胞由来幹細胞からの肝細胞様細胞の産生において、コストの低下、培養時間の低下、効率の増加、および収量の増加のための方法の提供。【解決手段】脂肪細胞由来幹細胞の集団を三次元培養(例えば、懸滴浮遊培養、高密度培養、スピナーフラスコ培養、マイクロキャリア培養など)に置く工程、ならびに細胞とアクチビンAおよび線維芽細胞成長因子を含む第1の培養培地および肝細胞成長因...

    肝細胞様細胞を産生するための方法および組成物

  5. 【課題・解決手段】本開示は、無細胞DNA(cfDNA)から体細胞変異体または生殖系列変異体を検出するためのシステムおよび方法を提供する。上記方法は、前記対象由来のcfDNAからシーケンシング情報を受け取るステップであって、前記シーケンシング情報が前記複数のゲノム遺伝子座由来のcfDNAシーケンシングリードを含むステップと、前記複数のゲノム遺伝子座のそれぞれについての定...

    無細胞DNAについての体細胞起源または生殖系列起源の識別

  6. 【課題・解決手段】本発明は、免疫トレランス及び/又は免疫不全を打ち消すための多機能性の抗体−リガンド・トラップ及びそれらの使用方法を提供する。本発明の多機能性の抗体−リガンド・トラップ及び融合タンパク質は、抗腫瘍の免疫応答又は病原体に対する免疫応答を回復及び引き起こすために、免疫不全を打ち消すことができる。本発明は、がん、感染症、及び免疫炎症性の障害を治療する、及び予...

    免疫トレランスを調節するための多機能性の抗体−リガンド・トラップ

  7. 【課題】同種抗体により駆動される慢性移植片対宿主病(cGVHD)を処置及び予防する方法の提供。【解決手段】イブルチニブ等の化合物の使用。

    同種抗体により駆動される慢性移植片対宿主病を処置及び予防する方法

  8. 【課題】抗原結合断片を用いて疾患又は障害を治療する方法、前記抗原結合断片を含む医薬組成物及び製造方法を提供する。【解決手段】B細胞成熟抗原(BCMA)、特にヒトBCMA(hBCMA)に特異的に結合し、BCMA受容体に対するBAFF及びAPRILの結合を阻害する抗原結合タンパク質及びその断片。医薬組成物、スクリーニング及び医療処置方法。多発性骨髄腫(MM)又は慢性リンパ...

    BCMA(CD269/TNFRSF17)結合タンパク質

  9. 【課題】ACC阻害剤およびその使用を提供すること。【解決手段】本発明は、アセチルCoAカルボキシラーゼ(ACC)の阻害剤として有用である化合物、その組成物、および被験体においてACCにより媒介される障害を処置するためにそれらを使用する方法を提供する。この化合物は具体的には、チエノピリミジン誘導体である。これらの障害は例えば、肥満症、脂質異常症、高脂質血症、真菌感染、寄...

    ACC阻害剤およびその使用

  10. 【課題】異常ヘモグロビン症の治療のための組成物および方法の提供。【解決手段】RNAポリメラーゼII発現のための特別に設計された合成BCL11A標的指向性マイクロRNA、および胎児型ヘモグロビンレベルの発現レベルを上昇させることによって鎌状赤血球症またはサラセミアなどの異常ヘモグロビン症を治療するための使用方法、赤血球、赤血球始原細胞および胚性幹細胞を含む造血細胞および...

    異常ヘモグロビン症を治療するための組成物および方法

  11. 【課題・解決手段】特に、がんの治療のための組成物及び方法が提供される。この方法は、治療が必要な被験体に、治療に有効な量のブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)アンタゴニストとROR−1アンタゴニストとを投与することを含む。さらに、BTKアンタゴニストと、ROR−1アンタゴニストと、薬学的に許容される賦形剤とを含む、医薬組成物が提供される。複数の実施形態では、BTKアンタ...

    がん治療の組み合わせ

  12. 【課題】感染および感染に伴う毒性のリスクは導入しないが、抗癌活性を付与するのに充分に強力で多様な免疫応答を引き起こす生細菌感染を模倣することが可能である免疫調節療法で用いられる免疫調節抗癌治療剤の提供。【解決手段】コレステロール依存性細胞溶解素タンパク質を含み、抗体、または抗体のFc領域を含むその他の分子を提示しない、細菌ミニ細胞。

    免疫調節ミニ細胞および使用方法

  13. 【課題】PDX1、NKX6.1及びHB9を発現している膵臓内胚葉細胞への多能性幹細胞の分化を促進するための方法の提供。【解決手段】多能性幹細胞から膵臓内分泌細胞に特徴的なマーカーを発現している細胞を製造する方法であって、a.多能性幹細胞を培養することと、b.多能性幹細胞を、前腸内胚葉細胞に特徴的なマーカーを発現している細胞に分化させることと、c.トリヨードチロニン、チ...

    HB9調節物を用いたヒト胚性幹細胞の膵臓内分泌細胞への分化

  14. 【課題・解決手段】腫瘍生検の増加した腫瘍免疫原性のEx vivo決定は、患者における腫瘍の免疫療法を同定するためのガイドとして用いられる。最も好ましくは、ex vivo試験は、その後、増加した活性化または活性について免疫コンピテント細胞を用いてアッセイされる、事前に処理した腫瘍細胞を生み出すストレス状態への生検試料の曝露を含むであろう。試験状態は、生検試料の免疫刺...

    免疫原性調節の方法

  15. 【課題・解決手段】コネキシン43ヘミチャネルに結合し、及びチャネル開口を阻害するまたは活性化する抗体が提供される。ある特定の態様において、Cx43チャネル開口を活性化する抗体で癌を検出するまたは治療するための方法も提供される。同様に、Cx43チャネル開口を阻害する抗体で炎症性疾患(例えば、骨関節炎)及び神経損傷(例えば、脊髄損傷)を治療するための方法が提供される。

    コネキシン(Cx)43ヘミチャネル結合抗体及びその使用

  16. 【課題】IL−18に特異的に結合する結合分子の提供。【解決手段】IL−18に特異的に結合し、IL−18/IL−18結合タンパク質(IL−18BP)複合体に結合せず、IL−18BPではない結合分子。特定のアミノ酸配列に規定されるIL−18上のIL−18エピトープに結合し、エピトープはアミノ酸Arg140およびGlu152を含む、結合分子。単離された抗体、単離された抗体の...

    IL−18結合分子

  17. 【課題・解決手段】本発明は、アセチルCoAカルボキシラーゼ(ACC)の阻害剤として有用な化合物の固体形態、その組成物、これらを製造する方法、およびACCにより媒介される疾患の処置においてこれらを使用する方法を提供する。本化合物およびそのアナログを生成するための新規合成方法、ならびにこのような化合物の合成における新規中間体もまた、開示される。このような方法および中間体は...

    チエノピリミジンジオンACC阻害剤の固体形態およびその生成のための方法

  18. 【課題・解決手段】本発明は、がんの処置におけるSMCの効能を増強するための方法及び組成物を含む。特に、本発明は、SMCと、1つ又は複数のアポトーシス経路又は免疫経路を刺激する少なくとも第2の薬剤とを含む組合せ療法のための方法及び組成物を含む。第2の薬剤は、例えば、免疫刺激若しくは免疫調節化合物又は腫瘍溶解性ウイルスであってよい。

    がんの処置のためのSMC組合せ療法

  19. 【課題】癌を治療、予防、又は管理する方法の提供。【解決手段】それを必要とする対象における癌を治療、予防、又は管理する方法であって、(i)該対象にEphA2ペプチドを含む組成物を投与すること、及び(ii)該対象における癌幹細胞の量を測定することを含む、前記方法。前記対象における癌幹細胞の量が低下し、及び又は増加しない、前記方法。前記癌幹細胞の量が、前記患者由来の生体液、...

    癌の状態を治療及びモニタリングする方法

  20. 【課題】胃腸管の状態の処置又は予防のための組成物の提供。【解決手段】約110ダルトン〜約40000ダルトンの範囲の分子量を有するフェノール成分と、過酸化物アニオンを放出することができる化合物とを含む組成物。該フェノール成分対該過酸化物アニオンを放出することができる化合物の質量比は、約1:1000〜約10:1の範囲。胃腸管の状態としては、過酸症、大腸炎、過敏性腸症候群、...

    標的部位におけるフェノール化合物の生理活性を選択的に増大させる、部位活性化結合システム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 80