光学分割 に関する公開一覧

光学分割」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「光学分割」の詳細情報や、「光学分割」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「光学分割」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(4,235件中)1/212ページ目

  1. 【課題】本発明は、優れたEP300および/またはCREBBPのヒストンアセチルトランスフェラーゼ阻害活性を有する化合物またはその薬理上許容される塩を提供するものである。【解決手段】式(1)で表される化合物またはその薬理上許容される塩。【化1】(ここで、式(1)中の環Q1、環Q2、環Q3、X、およびLは、それぞれ明細書中の定義と同義である。)。

  2. 技術 ペプチド

    【課題】新規意欲低下、うつまたはうつ的気分障害もしくはそれらに基づく症状の治療薬、意欲低下、うつまたはうつ的気分障害もしくはそれらに基づく症状の予防薬、抗不安剤、又は意欲向上剤である医薬組成物の提供。【解決手段】10アミノ酸残基からなるペプチドを含む大豆のベータコングリシニンタンパク質のサーモリシン消化物を有効成分とする医薬組成物であって、意欲低下、うつまたはうつ的気...

    ペプチド

  3. 【課題】体臭の原因物質の揮発性を低下させることにより、臭いの発生を抑制する効果を発揮する、体臭抑制剤を提供する。【解決手段】本発明の体臭抑制剤は、下記式(1)[式中、R1、R2は、同一又は異なって、水素原子、又は、置換基を示す。nは1以上の整数を示す]で表される化合物、その塩、及びそれらの水和物から選択される少なくとも1種を有効成分として含む。化1】。

    体臭抑制剤

  4. 【課題】特定のアミノプリン化合物、有効量のそのような化合物を含む組成物、及びそれを必要とする対象に投与することを含む、癌、例えば、メラノーマを治療又は予防する方法の提供。【解決手段】以下に例示される化合物。

  5. 【課題】本発明は、新規含窒素スピロ環化合物及びその医薬用途に関する。【解決手段】下記一般式[I]で示される化合物又はその医薬上許容される塩、或いはその溶媒和物、並びにその臓器移植時の拒絶、移植後の対宿主性移植片反応、自己免疫疾患、アレルギー性疾患及び慢性骨髄増殖性疾患治療の医薬用途。(式中、各記号は明細書に記載のとおりである)。

  6. 【課題】 ソマトスタチン受容体サブタイプ2作動化合物を含有してなる医薬組成物の提供。【解決手段】 本発明で開示される、一般式(I)で示される化合物、またはその塩を含有してなる医薬組成物は、ソマトスタチン受容体サブタイプ2に対して強力な作動活性を有する医薬組成物であり、経口投与が可能であるため、容易に服用可能で患者の治療に伴う苦痛を軽減することができる。また、本医薬...

  7. 【課題】マラリアの治療に有用な化合物の提供。【解決手段】式(VII)の化合物、並びに製薬上許容しうるその塩。(式中、R8及びR9は、それぞれ独立にハロゲン又はC1〜C6ヘテロアルキルであり、o及びpは、独立に0〜5の整数である。)。

    マラリアの治療のための化合物及び方法

  8. 【課題】 従来がん性疼痛等の激しい慢性痛に用いられてきた麻薬性のオピオイド薬物による副作用の問題を回避し、慢性疼痛に苦しむ患者の負担を軽減するために有用である。【解決手段】 本発明は、Cox阻害薬(例えば、S−フルルビプロフェン)とモルフィナン系麻薬拮抗鎮痛薬(例えば、酒石酸ブトルファノール)との組み合わせによる、がん性疼痛等の激しい慢性痛の軽減又は処置に従来使用...

    Cox阻害薬とモルフィナン系麻薬拮抗鎮痛薬との組み合わせ

  9. 【課題】悪性腫瘍の持続的増殖、がんの転移、再発及び抗腫瘍剤への耐性に重要な関与が示唆されるCSCを標的とする、新規抗腫瘍剤として有用な化合物を提供する。【解決手段】式(I)で表される化合物又はその製薬学的に許容される塩。[式中、Raは、フッ素等を表し、nは、1〜4を表し、R1及びR2は、水素原子等を表し、Lは、結合等を表し、Vは、C1−6アルキレン等を表し、Qは、C6...

  10. 【課題】良好な保存安定性を有するレボセチリジン含有医薬製剤を提供すること。【解決手段】レボセチリジンまたはその薬学的に許容され得る塩を含有するフィルムコーティング錠剤であって、フィルムコーティング層に可塑剤として少なくともトリアセチンまたはクエン酸トリエチルを含有するフィルムコーティング錠剤。

    レボセチリジン含有錠剤

  11. 【課題】良好な溶出特性と良好な硬度を兼ね備えたレボセチリジンを含有する錠剤を提供すること。【解決手段】レボセチリジンまたはその薬学的に許容され得る塩を含有する錠剤であって、崩壊剤として、クロスポビドン、カルボキシスターチナトリウム、カルボキシメチルスターチナトリウム、デンプン、部分アルファー化デンプン、コーンスターチ、乳糖、クエン酸カルシウム、合成ケイ酸アルミニウム結...

    レボセチリジン含有錠剤

  12. 【課題】代謝型グルタミン酸受容体サブタイプ2(mGluR2)が関与する疾患の治療剤として有用な化合物及び当該化合物を含む医薬品組成物の提供。【解決手段】式(1)で表される化合物またはその製薬学的に許容される塩。[Xは、C(O)−NRA等;環AはC6−10芳香族炭素環等;環Bは5〜10員の芳香族複素環等;R1及びR2はH、アルキル又は飽和炭素環;R3及びR4はH、シアノ...

  13. 【課題】強力なFXIa阻害剤であって、経口吸収性および血中動態に優れ、経口投与後長時間にわたり強力な抗凝固活性を示し、かつ抗凝固活性とCYP阻害活性の間に乖離のある化合物を提供すること。【解決手段】一般式(I)(式中、すべての記号は明細書記載の通り。)で示される化合物、その塩、その溶媒和物、そのN−オキシド体またはそのプロドラッグは、強力なFXIa阻害剤であって、経口...

    ジヒドロインドリジノン誘導体

  14. 【課題】新規なエスゾピクロンジベンゾイル−D−酒石酸塩を製造する技術を提供すること。また、熱に対して安定なエスゾピクロンジベンゾイル−D−酒石酸塩を提供すること。【解決手段】炭素数3以上10以下のケトン類を主とする溶媒を用いてエスゾピクロンジベンゾイル−D−酒石酸塩を溶解させ、溶解後の溶媒から結晶を析出させる。

    エスゾピクロンジベンゾイル−D−酒石酸塩の製造方法、エスゾピクロンの製造方法、及びエスゾピクロンジベンゾイル−D−酒石酸塩の結晶

  15. 【課題】価格競争力を高め、製造過程の危険要素を減らし、効率的な大量生産を容易にし、光学的に純粋な高純度のシロドシンを得ることができるシロドシン合成用中間体の製造方法及びシロドシンの製造方法の提供。【解決手段】3−(5−(2−((tert−ブトキシカルボニル)アミノ)プロピル)−7−シアノインドリン−1−イル)プロピルベンゾエートを中間体として合成し、光学活性のある有機...

    シロドシン合成用中間体の製造方法及びこれを用いたシロドシンの製造方法

  16. 【課題】PI3K-δ及び/又はPI3K-γ等のPI3Kアイソフォームの活性を選択的に低下させ又は阻害することにより、血液悪性腫瘍を治療するための医薬組成物の提供。【解決手段】下記の化学式で表されるPI3K阻害剤の15mg BID〜50mg BID、及びbcl-2阻害剤、HDAC阻害剤、MEK阻害剤、EZH2阻害剤、PLK-1阻害剤、抗CD37抗体、抗CD20抗体、抗C...

    PI3キナーゼアイソフォームモジュレーターを用いる癌の治療

  17. 【課題】優れたRBP4低下作用を有し、RBP4の上昇あるいはRBP4により供給されるレチノールによって媒介される疾患又は症状の予防又は治療用薬剤として有用な複素環化合物を提供する。【解決手段】式(I):で表される化合物またはその塩。[式中、環Aは、さらに置換されていてもよい単環式含窒素芳香族複素環を示し;Xは、CH2またはOを示し;Rは、水素原子またはC1−6アルキル...

  18. 【課題】本発明は、真菌株であるアスペルギルス属株(Aspergillus udagawae IFM54302株)を利用し、血小板凝集阻害活性やがん細胞増殖抑制効果を有効に発揮させることができる阻害活性物を提供するものである。【解決手段】本発明の阻害活性物は、真菌株であるアスペルギルス属株(Aspergillus udagawae IFM54302株)を精製し、...

    阻害活性物及びその精製方法

  19. 【課題】本発明の課題は、in vitro実験で皮膚のバリア機能を高める効果を有する薬剤のスクリーニング法の開発し、皮膚バリア機能を高める薬剤又はセリンラセマーゼ活性化作用を有する薬剤を取得することを目的とする。【解決手段】加水分解カラス麦タンパク、ルムプヤン抽出物、シロバナイガコウゾリナ抽出物、ピリドキサールリン酸、及びビタミンB6類を、セリンラセマーゼの活性化作用及...

    セリンラセマーゼ活性化剤、及び皮膚のバリア機能亢進剤

  20. 【課題】化合物が免疫調節性であるかどうかを決定する方法の提供。【解決手段】(a)第1の細胞を対象の化合物と接触させること;ここで、任意に、該細胞は癌細胞であるか、又は任意に、該細胞は免疫細胞である;(b)工程(a)の該第1の細胞から第1の試料を得ること;(c)該第1の試料中のバイオマーカーのレベルを決定すること、及び(d)工程(c)の該バイオマーカーのレベルを参照試料...

    びまん性大細胞型B細胞リンパ腫、多発性骨髄腫、及び骨髄癌の治療の薬効を決定するための方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 212