予防接種法 に関する公開一覧

予防接種法」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「予防接種法」の詳細情報や、「予防接種法」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「予防接種法」の意味・用法はこちら

1〜6件を表示(6件中)1/1ページ目

  1. 【課題】スクアレンを含有するアジュバント組成物であって、広範囲の粒子径で安定なエマルションとすることができ、しかも必要に応じて安定な凍結乾燥製剤とすることができ、さらに、成分の酸化や分解が抑制された組成物を提供する。【解決手段】スクアレン、界面活性剤、ジブチルヒドロキシトルエン及び/又はブチルヒドロキシアニソール、並びにクエン酸緩衝剤を含むアジュバント組成物。この組成...

    スクアレン含有アジュバント組成物

  2. 【課題】タンパク質キナーゼの阻害剤として有用な化合物を提供すること。【解決手段】本発明は、式I−aおよびI−bのタンパク質キナーゼの阻害剤、薬学的に許容されるその組成物およびその使用方法を提供する。本発明の化合物および薬学的に許容されるその組成物は、タンパク質キナーゼ媒介イベントによって引き起こされる異常細胞応答に付随する様々な疾患、障害または状態を治療するのに有用で...

    ヘテロアリール化合物およびそれらの使用

  3. 【課題・解決手段】本発明は、複製能を有する制御組換えウイルスの有効量を含んでなるワクチン組成物に関する。本発明の複製能を有する制御組換えウイルスを含んでなる組成物を用いる、免疫化における使用、および免疫化する方法もさらに包含される。

    新規免疫化剤および使用方法

  4. 【課題】タンパク質キナーゼの阻害剤として有用な化合物を提供すること。【解決手段】本発明は、式I−aおよびI−bのタンパク質キナーゼの阻害剤、薬学的に許容されるその組成物およびその使用方法を提供する。本発明の化合物および薬学的に許容されるその組成物は、タンパク質キナーゼ媒介イベントによって引き起こされる異常細胞応答に付随する様々な疾患、障害または状態を治療するのに有用で...

    ヘテロアリール化合物およびそれらの使用

  5. 【課題】ヘテロアリール化合物およびそれらの使用の提供。【解決手段】本発明は、化合物、薬学的に許容されるその組成物およびそれを使用する方法を提供する。本発明の化合物および薬学的に許容されるその組成物は、タンパク質キナーゼ媒介イベントによって引き起こされる異常細胞応答に付随する様々な疾患、障害または状態を治療するのに有用である。そうした疾患、障害または状態には本明細書で説...

    ヘテロアリール化合物およびそれらの使用

  6. 【課題】ウシ・ウイルス性下痢症ウイルス(BVDV)1型と2型、ウシ・ヘルペス・ウイルス1型(BHV-1)、ウシ呼吸器多核体ウイルス(BRSV)、パラインフルエンザ・ウイルス(PI3)、カンピロバクター・フィタス、レプトスピラ・カニコーラ、レプトスピラ・グリッポティフォーサ、レプトスピラ・ボルグペテルセニイ・ハージョ-プラジトゥノ、レプトスピラ・イクテロヘモルハジア、レ...