丸剤 に関する公開一覧

丸剤」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「丸剤」の詳細情報や、「丸剤」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「丸剤」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(38,586件中)1/1,930ページ目

  1. 【課題】モノアシルグリセロールアシルトランスフェラーゼ2(MGAT2)阻害作用を有するテトラヒドロピリジン誘導体を含有する医薬組成物の提供。【解決手段】式(I)で示される化合物又はその製薬上許容される塩を含有する医薬組成物。(X及びZはC(=O)等;Lは単結合、O、S等;RはR6又はB等;A及Bは各々独立に芳香族炭素環等;R2はH等;R3はアルキル等;R4a及びR4b...

    MGAT2阻害活性を有する非芳香族複素環誘導体およびそれらを含有する医薬組成物

  2. 【課題】カテコール−O−メチル基転移酵素阻害作用及びドパ脱炭酸酵素阻害作用を有する新規ニトロカテコール誘導体又はその塩、及びそれらを含有する医薬組成物の提供。【解決手段】式(1)で表す化合物又は医薬上許容の塩、及びこれらを含む医薬組成物。[環Aはオキサジアゾール等に代表される3〜6の複素環式化合物;Q1〜Q6はC、N、S、又はO;X、Y、Zは各々独立に単結合、C、O、...

  3. 【課題】幹細胞を効率的に増殖促進させることができるイネ品種又は系統を見出し、生体安全性に優れた幹細胞の増殖促進剤を提供することを課題とする。【解決手段】日本型イネと印度型イネの交雑種もしくはその後代の種子、又は該種子の抽出物を有効成分として含有する、幹細胞増殖促進剤。

  4. 【課題】ヒアルロン酸産生促進作用を有する新規なヒアルロン酸産生促進剤とその用途を提供する。【解決手段】本発明のヒアルロン酸産生促進剤は、植物油の不鹸化物を有効成分とする。本発明は、前記ヒアルロン酸産生促進剤を含有する美容組成物もまた提供する。本発明のヒアルロン酸産生促進剤及びそれを含む美容組成物は、例えば経皮投与による皮膚の保湿、張り向上、皮膚のしわ改善等への用途が期待される。

    ヒアルロン酸産生促進剤

  5. 【課題】認知機能を維持、向上または改善する新規組成物の提供。【解決手段】本発明によれば、βトリケト化合物を有効成分として含んでなる、認知機能の維持、向上および/または改善用組成物であって、前記認知機能が、空間記憶機能、作業記憶機能およびエピソード記憶機能からなる群から選択される1または2以上の機能である、組成物が提供される。

    認知機能改善用組成物

  6. 【課題】髪の外観を改善することができる新規素材およびそれを含む組成物の提供。【解決手段】本発明によれば、WYのアミノ酸配列を有するペプチドまたはその薬学上許容される塩もしくは溶媒和物を有効成分として含んでなる、髪の外観改善用組成物が提供される。本発明の組成物は髪の外観悪化の改善のためのものとすることができ、髪の外観悪化は加齢に起因するものとすることができる。髪の外観悪...

    髪の外観改善用組成物

  7. 【課題】本発明の目的は、病中及び病後以外での体力低下を抑制できる医薬組成物を提供することである。【解決手段】十全大補湯及び/又はそのエキスには病中及び病後以外での体力低下を抑制する作用があり、十全大補湯及び/又はそのエキスを含む医薬組成物は病中及び病後以外での体力低下の抑制用途に使用できる。

    体力低下抑制用の医薬組成物

  8. 【課題】活動量を改善できる医薬組成物、及び、疲労を改善できる医薬組成物の提供。【解決手段】茯苓及び/又はそのエキスには活動量を改善する作用及び疲労を改善する作用があり、茯苓及び/又はそのエキスを含む医薬組成物、茯苓を含む漢方又はそのエキスを含む医薬組成物を活動量改善及び疲労回復用途に使用する。前記漢方は、加味帰脾湯、当帰芍薬散、及び酸棗仁湯よりなる群から選択される少な...

    活動量改善用の医薬組成物

  9. 【目的】ツバキの抽出物を含有する、マトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)阻害剤やフィラグリン産生促進剤を提供する。【構成】本発明のツバキの抽出物は、優れたマトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)阻害効果、フィラグリン産生促進効果を有していた。ツバキの抽出物は、皮膚の老化予防といった美容分野だけでなく、老化による機能低下の抑制、ガンの予防、治療等といった医療分野にも利...

  10. 【課題】大豆イソフラボンの食品素材としての新たな用途を提供する。【解決手段】腸内細菌叢改善剤として、二次胆汁酸の生成抑制剤として、大豆イソフラボンを有効成分として含有する組成物を提供する。

    腸内細菌叢改善剤および二次胆汁酸生成抑制剤

  11. 【課題】黒大豆種皮抽出物の食品素材としての新たな用途を提供する。【解決手段】二次胆汁酸の生成抑制剤として、また腸内におけるデオキシコール産生菌の存在割合を減少させて二次胆汁酸の生成を抑制するための剤として、黒大豆種皮抽出物を有効成分として含有する組成物を提供する。

    二次胆汁酸の生成抑制剤

  12. 【課題】ターメロノールBを含む低水分組成物では、製造時の乾燥工程において、或いは、保存中に、ターメロノールBが揮発により低減するという課題がある。【解決手段】上記課題の解決手段として本発明は、ターメロノールBを含む低水分組成物においてターメロノールBの揮発を抑制する方法であって、水中にターメロノールBと単糖類及び二糖類から選択される1以上の糖類とを含む水溶液を乾燥して...

    ターメロノールBの揮発を抑制する方法

  13. 【課題】マクロファージ活性化剤等の免疫賦活剤を提供すること。【解決手段】ユーグレナ、パラミロン、パラミロン加工物、及びβ−1,3−グルカンからなる群より選択される少なくとも1種を含有する、マクロファージ活性化剤。

    マクロファージ活性化剤

  14. 【課題】老化を抑制する薬剤。【解決手段】老化抑制薬剤であって、NM_026333(1-269aa)の部分タンパク質であるNM_026333(88-269aa)、または、NM_026333(88-269aa)の活性部分を有すると共にNM_026333(88-269aa)のうち1もしくは複数のアミノ酸が、置換、欠失、挿入等した配列から成るペプチド、或いは、前記NM_026...

    個体老化抑制剤

  15. 【課題・解決手段】補体タンパク質、例えば補体タンパク質C3を切断して、その活性を阻害し、それによって補体活性化を阻害するように変更された活性および/または特異性を有するように改変されたMTSP−1ポリペプチドが提供される。補体活性化を阻害する改変されたMTSP−1ポリペプチドは、補体活性化が役割を果たす疾患および状態を処置するのに使用することができる。このような疾患お...

    改変された膜型セリンプロテアーゼ1(MTSP−1)ポリペプチドおよび使用方法

  16. 【課題】 イブプロフェンとロラタジンを含有しても、ロラタジンの経時的な含量低下が抑制された固形組成物を提供すること。【解決手段】 (a)イブプロフェン及び(b)ロラタジンを含有するところに、更に(c)カルボシステイン、アンブロキソール及びその塩、ブロムヘキシン及びその塩、トラネキサム酸、グリチルリチン酸及びその塩、チペピジン及びその塩、並びにデキストロメトルファン...

  17. 【課題】腫瘍学関連ポリヌクレオチド、腫瘍学関連一次転写物、及び腫瘍学関連mmRNA分子の組成物、並びに、これらの調製、製造、及び治療的使用の方法の提供。【解決手段】目的の腫瘍学関連ポリペプチドのレベルを高めることにより、疾患、障害、及び/又は状態の治療を必要とする対象の前記疾患、障害、及び/又は状態を治療する方法であって、前記腫瘍学関連ポリペプチドをコードする単離ポリ...

    腫瘍学関連タンパク質およびペプチドの産生のための修飾ポリヌクレオチド

  18. 【課題】JNK経路の阻害により治療可能または予防可能な疾患または障害を治療または予防するための医薬組成物及び剤形の提供。【解決手段】2−(tert−ブチルアミノ)−4−((1R,3R,4R)−3−ヒドロキシ−4−メチルシクロヘキシルアミノ)−ピリミジン−5−カルボキサミドまたはその薬学的に許容される塩、立体異性体、溶媒和物、水和物、同位体置換体、もしくは固体形態の医薬組成物。

    2−(tert−ブチルアミノ)−4−((1R,3R,4R)−3−ヒドロキシ−4−メチルシクロヘキシルアミノ)−ピリミジン−5−カルボキサミドの製剤

  19. 【課題】同種幹細胞移植(SCT)の主要な合併症である移植片対宿主病(GVHD)の発症を予防する、又はGVHD発症の重症度を減少させる方法の提供。【解決手段】1−[(3R)−3−[4−アミノ−3−(4−フェノキシフェニル)ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−1−イル]ピペリジン−1−イル]プロプ−2−エン−1−オン(イブルチニブ)に代表される、ピラゾロ[3,4−d]ピリミ...

    移植片対宿主病を処置し予防する方法

  20. 【課題】ヒト4−リン酸アダプタータンパク質2糖脂質移行タンパク質様ドメインの高分解能結晶構造及び創薬における使用方法並びにホスホイノシトール4−リン酸アダプタータンパク質−2(FAPP2)に結合する化合物を設計、選択および/または最適化する方法も提供される。を提供する。【解決手段】FAPP2に結合する化合物を同定する方法において、、FAPP2の基質結合ポケットを構成す...

    ヒト4−リン酸アダプタータンパク質2糖脂質移行タンパク質様ドメインの結晶構造

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1930