下部構造 に関する公開一覧

下部構造」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「下部構造」の詳細情報や、「下部構造」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「下部構造」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(9,669件中)1/484ページ目

  1. 【課題】現場打ちコンクリートを打設せずとも複数のプレキャスト柱が建て込まれた状態における一体化を可能とし、また、建て込まれた状態でプレキャスト柱同士が平面的に干渉しないため、各プレキャスト柱を独立して建て込むことを可能とする複数のプレキャスト柱の合成及びそれを用いた橋脚、施工方法を提案すること。【解決手段】複数のプレキャスト柱2,2,2,2を束ねた合成柱1であって、プ...

    合成柱及びそれを用いた橋脚、施工方法

  2. 【課題】インホイールモータとキャパシタとを結ぶ距離を短縮化することにより、インホイールモータの出力確保と車体重量軽減とを両立することができる車両の駆動装置を提供する。【解決手段】車幅方向中央部分に車室側に膨出して前後に延びるトンネル部22と、左右1対の前輪2aを夫々駆動するインホイールモータで構成された左右1対の副駆動モータ10と、これら1対の副駆動モータ10に駆動用...

    車両の駆動装置

  3. 【課題】通常の鋼板を用いて安価に大量生産可能な車体下部構造を提供する。【解決手段】車体下部構造12は、サイドシル13と、上部ビーム部材21と、下部ビーム部材22と、バッテリパック25と、を備える。サイドシルは、開口外向きハット断面のインナパネル42と、開口内向きハット断面のアウタパネル43とが接合されて中空断面13aを形成する。上部ビーム部材は、中空断面の上部断面13...

    車体下部構造

  4. 【課題】鉄骨柱の耐力及び剛性を高めるとともに、施工性を向上させることができる仕口部構造を提供する。【解決手段】仕口部構造10は、上面に柱主筋が突設された鉄筋コンクリート造の下部構造物としての下部柱12と、柱主筋18が挿通される挿通孔が下面に設けられ、梁22に接続される接続手段としての接続用鉄筋20が側面に設けられたプレキャストコンクリート造の柱梁仕口部材14と、柱脚部...

    仕口部構造

  5. 【課題】補給口から零れた還元剤が固形化して堆積するのを防ぐ。【解決手段】排気通路12に還元剤を噴射して排気ガスを浄化する排気浄化装置を備えた車両1における還元剤注入口構造であって、還元剤を貯留する還元剤タンク13と、還元剤を補給する補給口31と還元剤タンク13とを接続する補給管21と、補給管21の管周りに配置され、補給口31から漏れた還元剤を受ける還元剤受け部32と、...

    還元剤注入口構造

  6. 【課題】還元剤タンクおよび補給口の艤装性を向上する。【解決手段】還元剤を排気通路12に噴射して排気ガスを浄化する排気浄化装置を備えた車両1における排気還元剤注入口構造であって、還元剤を貯留する還元剤タンク13と、車両構造体11に一方向から取り付けられ、還元剤タンク13に還元剤を補給するための補給口31を有する第一補給ユニット14と、一方向とは反対方向から車両構造体11...

    排気還元剤注入口構造

  7. 【課題】還元剤タンクと地上との間に所定の距離を確保しつつ、還元剤タンクの十分な容積を確保する。【解決手段】還元剤を排気通路12に噴射して排気ガスを浄化する排気浄化装置を備えた車両1における還元剤注入口構造であって、還元剤を貯留する還元剤タンク13と、一端に設けられた補給口31から還元剤タンク13に還元剤を補給する補給管21と、を備え、補給管21は、補給口31から車両1...

    還元剤注入口構造

  8. 【課題】還元剤タンクに補給する還元剤が排気通路の発する熱の影響を受けないようにする。【解決手段】還元剤を排気通路12に注入して排気ガスを浄化する排気浄化装置を備えた車両1における還元剤注入口構造であって、還元剤を貯留する還元剤タンク13と、還元剤タンク13に還元剤を補給するための補給口31と、還元剤タンク13と前記補給口31とを接続する補給管21とを備え、排気通路12...

    還元剤注入口構造

  9. 【課題】主制御基板と枠制御基板とを双方向通信とする弊害を防止する遊技機を提供する。【解決手段】主制御装置はベットボタンの操作を検出すると、検出したベット数を枠制御基板に送信する。枠制御基板はベット数を受信すると応答信号を主制御基板に送信する。この応答信号を受信すると、主制御基板は始動レバーの操作を有効とする。主制御装置は、ベット数を送信した後から始動レバーが操作される...

    封入式回胴遊技機

  10. 【課題】主制御基板と枠制御基板とを双方向通信とする弊害を防止する。【解決手段】 主制御装置40はベットボタン7の操作を検出すると、検出したベット数を枠制御基板50に送信する。枠制御基板50はベット数を受信すると応答信号を主制御基板に送信する。この応答信号を受信すると、主制御基板40は始動レバー8の操作を有効とする。主制御装置40は、ベット数を送信した後から始動レバー...

    封入式回胴遊技機

  11. 【課題】主制御基板と枠制御基板とを双方向通信とする弊害を防止する。【解決手段】 主制御装置40はベットボタン7の操作を検出すると、検出したベット数を枠制御基板50に送信する。枠制御基板50はベット数を受信すると応答信号を主制御基板に送信する。この応答信号を受信すると、主制御基板40は始動レバー8の操作を有効とする。主制御装置40は、ベット数を送信した後から始動レバー...

    封入式回胴遊技機

  12. 【課題】主制御基板と枠制御基板とを双方向通信とする弊害を防止する。【解決手段】 主制御装置40はベットボタン7の操作を検出すると、検出したベット数を枠制御基板50に送信する。枠制御基板50はベット数を受信すると応答信号を主制御基板に送信する。この応答信号を受信すると、主制御基板40は始動レバー8の操作を有効とする。主制御装置40は、ベット数を送信した後から始動レバー...

    封入式回胴遊技機

  13. 【課題】MEMS技術を用いたカンチレバー構造センサを製造するに際し、可動電極に対してウエットエッチングの選択性が大きい犠牲膜の形成を提供する。【解決手段】基板処理装置200において、制御電極、台座及び対向電極を有する基板100を処理室202に搬入し、第一ガス供給管243aから処理室に不純物およびシリコンを含むノンプラズマ状態の第一処理ガスを供給すると共に、第二ガス供給...

    半導体装置の製造方法、基板処理装置およびプログラム

  14. 【課題】カンチレバー構造センサを製造するに際して、可動電極に対してウエットエッチングの選択性を有するよう、高ウエットエッチングレートの犠牲膜の形成を目的とする。【解決手段】制御電極、台座、対向電極を覆うように形成され、不純物を含有した犠牲膜を有する基板を基板載置部に載置し、前記基板を加熱し、加熱した後、前記基板にプラズマ状態の酸素含有ガスを供給して、前記犠牲膜から前記...

    半導体装置の製造方法、基板処理装置およびプログラム

  15. 【課題】アスペクト比の高い深溝に対しても、深溝の上部から下部において、特性が均一な膜を形成可能な技術を提供する。【解決手段】少なくとも上部と下部とで構成される深溝を有する基板100を、処理室内に備えられた基板支持部で支持し、前記処理室に、処理ガスを供給して前記深溝の内側表面に層を形成し、前記処理室で構成される処理空間の圧力を前記深溝の内側空間よりも低い圧力として、前記...

    半導体装置の製造方法、基板処理装置およびプログラム

  16. 【課題】構造がシンプルで、施工性が良く、また、高さ寸法の調整が可能である下部構造を備えた建具枠を提供する。【解決手段】上側の第1枠体6と下側の第2枠体7からなる下部構造を備えた四周状の建具枠であって、第1枠体6及び第2枠体7は、建具枠の幅方向に延びる長尺部材であり、第1枠体6は、建具枠の下枠4に固定されており、第2枠体7は、自重降下が規制された状態で第1枠体6に仮固定...

    建具枠の下部構造の設置方法及び構造、下部構造を備えた建具枠

  17. 【課題】パターニング特性に優れる感光性樹脂組成物、硬化膜の製造方法、及び硬化物、を提供すること。【解決手段】アルカリ可溶性樹脂(A)と、架橋剤(B)と、光重合開始剤(C)とを含む、感光性樹脂組成物であって、前記架橋剤(B)として、置換基を有していてもよいビフェニル骨格、又は置換基を有してもよいターフェニル骨格を有する単官能(メタ)アクリルモノマー(B1)を含む、感光性...

  18. 【課題】杭の仕様及び基礎梁の仕様を変更する最適化処理の内容の単純化を図ることができる杭基礎の設計システムを提供する。【解決手段】建物1の杭基礎20における基礎梁30の仕様及び杭40の仕様を決定する杭基礎20の設計システムであって、前記杭基礎20の設計情報について、前記杭40の仕様又は前記基礎梁30の仕様を変更することで、前記杭基礎20において要求される前記基礎梁30の...

    杭基礎の設計システム

  19. 【課題】接合界面で溶融した材料を攪拌することで、生成された金属間化合物を均一に拡散させるレーザ溶接方法などを提供する。【解決手段】少なくとも第1の部材62にレーザ48を照射することにより、第1の部材と第2の部材64を加熱し溶融させた状態で、レーザの照射位置66を第1の方向成分と第2の方向成分を含む方向に移動させる。

    レーザ溶接方法及びレーザ溶接装置

  20. 【課題】 低コストで車両用ステアリング遮蔽装置の下部構造を装備する。【解決手段】 ステアリング装置のコラムカバー20を通すために、インストルメントパネル10には開口15が形成されている。この開口15を遮蔽する装置において、開口15の下部15bを遮蔽する下部構造30は、上縁に沿って挿通部31aが形成された布製の遮蔽シート31と、遮蔽シート31の挿通部31aに通された...

    車両用ステアリング遮蔽装置の下部構造

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 484