上清 に関する公開一覧

上清」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「上清」の詳細情報や、「上清」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「上清」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(101,380件中)1/5,069ページ目

  1. 【課題】 大豆由来粉を生地原料に含む焼き菓子類を製造するにあたり、好ましくない大豆臭が抑制され、且つケーキ類又はクッキー類等に適した良好な風味を有する焼き菓子類を提供する。【解決手段】 大豆由来粉を配合して生地を調製する工程を含む焼き菓子の製造方法において、前記大豆由来粉として、成分(A):きな粉以外の大豆由来粉、及び、成分(B):きな粉、を配合する。また、前記製...

  2. 【課題】効率的な癌スフェロイドの製造方法を提供する。【解決手段】本開示は、癌スフェロイドの製造方法であって、 患者の癌組織から得た細胞集団を、 ROCK阻害剤、TGF-βI型受容体阻害剤、EGFおよびbFGF;並びに アデノシン受容体アゴニスト、PPARアゴニスト、カルシウム活性化カリウムチャネル(KCa)アクチベーター、NMDA型グルタミン酸受容体アゴニスト、...

    癌スフェロイドの製造方法

  3. 【課題】本発明は、検体中のマイコプラズマの有無を検査するための方法の提供を目的とする。【解決手段】検体中のマイコプラズマの有無を検査するための方法であって、(i)検体を含む組成物から夾雑物を除去するステップ、および(ii)夾雑物が除去された検体から核酸を抽出し、マイコプラズマ由来の核酸配列を増幅することができるプライマーを用いて核酸の増幅を行うステップ、を含む、前記方...

    マイコプラズマの有無の検査方法

  4. 【課題】本発明の目的は、スフィンゴミエリン合成酵素の活性を阻害できるスフィンゴミエリン合成酵素阻害剤を提供することである。【解決手段】ギンコール酸及び/又はその誘導体を有効成分とする、スフィンゴミエリン合成酵素阻害剤。

  5. 【課題】本発明の目的は、スフィンゴミエリン合成酵素の活性を阻害できるスフィンゴミエリン合成酵素阻害剤を提供することである。【解決手段】ダウリクロメン酸及び/又はその誘導体を有効成分とする、スフィンゴミエリン合成酵素阻害剤。

  6. 【課題】この発明は、タマネギの皮を効率よく発酵させることができる新規の乳酸菌、前記乳酸菌により発酵させた乳酸菌発酵食品及び前記乳酸菌を用いて抽出された成分を含有する血圧調整剤を提供することを目的とする。【解決手段】タマネギの皮を培地として生育可能な新規の乳酸菌であるラクトバチラス・プランタラム(Lactobacillus plantarum)E19株(受託番号NITE...

  7. 【課題】効率的に病理診断等において有効な情報を取得できる粒子測定方法、検体処理方法、および粒子撮像装置を提供する。【解決手段】粒子測定方法は、粒子内の標的核酸を粒子内で標識および増幅する工程(S13)と、粒子の表面の標的ポリペプチドおよび/または標的核酸とは異なる他の標的核酸を標識する工程(S14)と、標識された標的核酸と、標識された標的ポリペプチドおよび/または標識...

    粒子測定方法、検体処理方法、および粒子撮像装置

  8. 【課題】肌の質感改善剤の評価又は探索方法、肌の質感を簡便、且つ定量的に評価する方法を提供する。【解決手段】以下の工程(A)〜(C)を含む、肌の質感改善剤の評価又は探索方法。(A)動物に試験物質を摂取又は投与する工程 (B)前記動物から採取された生体試料中のオキシトシン量を測定する工程 (C)前記オキシトシン量を基準値と比較し、オキシトシン量を増加させる試験物質を、...

    肌の質感改善剤の探索方法

  9. 【課題】抗精神病薬のレベルを判定するための方法、特に設備を欠いているか又は迅速な試験結果を必要とする医療現場において行うことができる方法を提供する。【解決手段】競合的イムノアッセイ方法等において試料中のオランザピンを検出するために使用され得る、オランザピンに結合する抗体が開示される。本抗体は、単一の側方流動アッセイ装置におけるアリピプラゾール、オランザピン、クエチアピ...

    オランザピンに対する抗体及びその使用

  10. 【課題】 iPS細胞やES細胞などの幹細胞を培養する際に、週単位で使用可能な、ラット不死化細胞由来のフィーダー細胞を提供すること。【解決手段】 ラット線維芽細胞に、CDK4遺伝子とcyclinD遺伝子とTERT遺伝子を導入することによって不死化させた細胞由来のフィーダー細胞である。

    ラット不死化細胞由来のフィーダー細胞およびその使用

  11. 【課題】副作用を低減しつつ比較的安心に網膜変性疾患を予防または緩和することができる網膜変性疾患抑制剤を提供すること。【解決手段】玄米等の穀物由来のフェノール酸類を有効成分とし、フェノール酸類は、ヒドロキシ桂皮酸である網膜変性疾患抑制剤。

    網膜変性疾患抑制剤

  12. 【課題】視神経障害の発症リスク及び発症の有無や、視神経障害の重症度を精度よく判定できる、視神経障害の診断用バイオマーカーを提供すること。【解決手段】生体試料中の本件代謝物質群(例えば、脂肪酸、L−アセチルカルニチン、モノアシルグリセリド)の濃度変動を解析することにより、視神経障害の発症リスク及び発症の有無や、視神経障害の重症度を判定する。

    視神経障害の診断用バイオマーカー

  13. 【課題】抗ウイルス化合物を提供すること。【解決手段】1つの実施形態において、本発明は、本明細書中に記載されるような式(I):J−Y−J (I)の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩、あるいはプロドラッグである、本発明の化合物を提供する。本発明はまた、式Iの化合物であり、この化合物中の1個以上の位置で富化された同位体を含む、同位体が富化された化合物を提供する。本発明...

  14. 【課題・解決手段】本発明は、修飾された抗体に関する。特に、本発明は、減少したエフェクター機能及び標的抗原による細胞シグナル活性を媒介する改変された能力を有する、キメラ、霊長類化又はヒト化抗体若しくは断片を含む組換えモノクローナル抗体又は断片に関する。更に、本発明は、そのような抗体をコードする核酸分子、並びにそのような核酸分子を含むベクター及び宿主細胞に関する。本発明は...

    低減したADCPを有するオビヌツズマブ及びリツキシマブ変異体

  15. 【課題・解決手段】抗LAG−3抗体を開示する。こうした抗体を含む組成物、ならびにこうした抗体の使用およびこうした抗体を用いる方法もまた開示する。

    抗LAG−3抗体

  16. 【課題・解決手段】クリステンセネラ菌(Christensenella intestinihominis)およびその使用、具体的に、肥満およびその関連疾患の治療と予防におけるクリステンセネラ菌(Christensenella intestinihominis)の使用を提供する。また、肥満およびその関連疾患の治療と予防のための、薬品、飲料、食品、または動物飼料組成物などを...

    クリステンセネラ菌(Christensenella  intestinihominis)およびその使用

  17. 【課題・解決手段】本発明は、ヒトMICAポリペプチドに結合し得る抗原結合タンパク質を提供する。抗原結合タンパク質は、MICA発現細胞により特徴づけられる障害、特に癌の治療において増加した活性を有する。

    抗MICA抗体

  18. 【課題・解決手段】シンガス、プロデューサーガス、及びCO2と組み合わせた再生可能なH2などのガス状C1含有基質を、栄養バイオ生成物及び他の有用なバイオ生成物に変換する微生物並びにバイオプロセスが提供される。

    C1基質からのタンパク質、食料、及び有用な副生成物の生成のための微生物並びに人工エコシステム

  19. 【課題・解決手段】本発明は、ウイルス感染症を予防および/または治療するための、ウイルスに感染したTリンパ球の膜受容体に選択的に結合するよう構成された細胞傷害薬;該細胞傷害薬を含有する医薬組成物;ウイルス感染症を予防および/または治療するための、該細胞傷害薬の使用;細胞傷害薬を見出す方法;ならびにウイルス感染症を診断するための、非感染Tリンパ球と比較してウイルス感染Tリ...

    膜受容体への結合による抗ウイルス免疫療法

  20. 【課題・解決手段】血漿/血清及び組織試料を含む、臨床前の動物生体試料またはヒト生体試料中に存在し得るヒト及びヒト化抗体、ならびにそれらの複合体を検出、特徴付け、測定、及び定量化する方法が開示される。

    多重全抗体及び抗体複合体化薬物定量化アッセイ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 5069