三相 に関する公開一覧

三相」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「三相」の詳細情報や、「三相」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「三相」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(3,059件中)1/153ページ目

  1. 【課題】高圧燃料の応力によるモジュールケースからの燃料の漏出を簡単な構成によって抑制することができる燃料ポンプモジュールを提供する。【解決手段】燃料ポンプモジュールは、開口3を有する略筒形状のモジュールケース2と、開口3を閉塞するモジュールカバーと、モジュールケース2の内部に配置されるポンプ本体と、燃料をモジュールケース2の外部に送出する送出配管と、モジュールカバーの...

    燃料ポンプモジュール

  2. 【課題】組付け時や溶着時におけるシール部材の劣化を未然に防止することができる燃料ポンプモジュールを提供する。【解決手段】燃料ポンプモジュールは、モジュールケース2と、ポンプ本体11と、モジュールカバーと、シール部材21と、を備える。モジュールケース2は、軸方向の端面の内周縁部に面取り部2dを有する。モジュールカバーは、ベース壁4aと、ベース壁4aの外周縁部に位置する溶...

    燃料ポンプモジュール

  3. 【課題】小型化を図りつつ、フィルタ収容室内での燃料と気泡の気液交換性を高めることができる燃料ポンプモジュールを提供する。【解決手段】燃料ポンプモジュールは、フィルタ、ポンプ本体、モジュールケース2、吸入配管7、を備える。モジュールケース2は、フィルタ収容室36、ポンプ収容室12、両室を隔成する隔壁、を有する。吸入配管7の基部の内部通路41の一部は、吸入配管7の延出方向...

    燃料ポンプモジュール

  4. 【課題】ポンプ収容室内の滞留水を通して電動モータの給電端子と中継ケーブルユニットの接続部に電食が生じるのを抑制することができる燃料ポンプモジュールを提供する。【解決手段】燃料ポンプモジュールは、ポンプ本体11、モジュールケース2、送出配管8、リターン配管9、圧力調整弁26、中継ケーブルユニット16を備える。圧力調整弁26は、ポンプ本体から吐出された余剰燃料を燃料排出口...

    燃料ポンプモジュール

  5. 【課題】モジュールケースの周壁の肉厚増加を抑制しつつ、周壁とケース側給電端子の間のシール性能を高めることができる燃料ポンプモジュールを提供する。【解決手段】燃料ポンプモジュールは、ポンプ本体11、モジュールケース2、ケース側給電端子60、中継ケーブルユニット16を備える。ケース側給電端子60は、内側端子部60aと、外側端子部60bと、周壁埋設部60cと、を備える。内側...

    燃料ポンプモジュール

  6. 【課題】大量のセンサを必要とせず、負荷変動が小さくとも精度良く設備の診断を行うことができる設備診断装置、設備診断方法、及び設備診断プログラムを提供する。【解決手段】設備診断装置は、誘導電動機によって回転駆動される回転軸を有する設備の診断を行う設備診断装置であって、誘導電動機に供給される駆動電流を検出する電流検出部と、回転軸の回転を検出する回転検出部と、電流検出部の検出...

    設備診断装置、設備診断方法、及び設備診断プログラム

  7. 【課題】高スペックな計算機を必要とすることなく、現場において高精度に回転機の異常予兆を判定可能な技術の提供を図る。【解決手段】異常予兆診断システム1は、診断対象となる回転機2に接続された電源ケーブル3または接地線4に対して取り付けられた電流センサ5と、電流センサ5で計測された回転機2の電流波形データが入力される診断装置6とを備えている。この診断装置6は、事前に正常状態...

    回転機の異常予兆診断システム、回転機の異常予兆診断方法

  8. 【課題】現実的なクロックを用いつつ、高い分解能のPWM信号を発生することができるようにすること。【解決手段】実施形態に係るPWM制御回路は、発振器と、カウンタと、第1のコンパレータ回路と、鋸歯状波形発生回路と、サンプルアンドホールド回路と、D/Aコンバータと、第2のコンパレータ回路と、を具備する。カウンタは、発振器の信号をカウントする。第1のコンパレータ回路は、カウン...

    PWM制御回路及び医用画像診断装置

  9. 技術 充電装置

    【課題】蓄電池の公称電圧よりも低い最大出力電圧の外部直流電源によって蓄電池を充電することを可能とする。【解決手段】充電装置の制御回路は、第一端子を介して第一中間点と外部直流電源の正極端子とが接続され、第二端子を介して第二中間点と外部直流電源の負極端子とが接続され、かつ第一切替スイッチおよび第二切替スイッチが開いた状態で、第一中間点と正極とを接続するとともに第二中間点と...

    充電装置

  10. 【課題】ロータの永久磁石と、ステータとの間に覆い部材を介在させることによるロータの回転特性の低下を抑えることができるモータ(回転機)を提供する。【解決手段】ロータが、ロータコア11と、ロータコア11の外周面上で間隔をあけて並ぶ複数の永久磁石12と、径方向の外側からロータコア11を複数の磁石12とともに覆う覆い部材13とを備え、覆い部材13が、周方向において交互に並ぶ磁...

    ロータ、及び回転機

  11. 【課題】ロータコア内部に保持される永久磁石と、ステータとの間に覆い部材を介在させることによるロータの回転特性の低下を抑え、且つ覆い部材によってロータの強度を高めることができるモータを提供する。【解決手段】ロータが、回転軸線Aを中心に回転するロータコア11と、回転軸線Aを中心にした周方向に並ぶ態様でロータコア11の内部に保持される複数の永久磁石12と、回転軸線Aを中心に...

    ロータ、及び回転機

  12. 【課題】PM型のロータの部品として使用するのに適した炭素繊維強化樹脂成形品を提供する。【解決手段】炭素繊維強化樹脂成形品は、ロータの一部を構成し、ロータコア11を径方向の外側から覆う覆い部材13として用いられる。覆い部材13は、熱硬化性樹脂と、炭素繊維と、強磁性体粉末粒子とを含む材料が円筒状に成形されたものであって、円筒の周方向において交互に並ぶ磁性部13a及び非磁性...

    炭素繊維強化樹脂成形品

  13. 【課題】金型が導電線に干渉することによる絶縁不良を抑制し、かつ、樹脂漏れによるバリの発生を抑制可能な回転電機用配線部材を提供する。【解決手段】複数の導電線2を有し、回転電機10におけるステータ11のコイルエンド113と端子台13の電極132とを接続する回転電機用配線部材1であって、複数の導電線2を保持する保持部3を備え、保持部3は、複数の導電線2の長手方向の一部におい...

    回転電機用配線部材

  14. 技術 駆動装置

    【課題】キャリア周波数を迅速に切り換えることが可能な駆動装置を提供する。【解決手段】駆動装置1は、励磁周波数Feに応じた周波数の電圧指令値Vcを生成するとともに、励磁周波数Feがしきい値周波数Ft1よりも低い場合にはキャリア周波数Fc1を有する三角波信号Vtを生成し、励磁周波数Feがしきい値周波数Ft1よりも高い場合にはキャリア周波数Fc2を有する三角波信号Vtを生成...

    駆動装置

  15. 【課題】ユーザーが車両の内外どちらに居ても容易に充電情報を把握することができる車両の表示装置を提供すること。【解決手段】車室内に対向する表示面を有し、かつ透過可能であり、フロントウィンドウに配置されたディスプレイ14と、車室内または車室外のいずれか一方から視認可能な画像をディスプレイ14の表示面に表示させるディスプレイECU7と、車室外の車両近傍に人が存在するか否かを...

    車両の表示装置

  16. 【課題】電力計測部とリレー部を1つの機器筐体内に設けて、「省スペース化」等を実現する。【解決手段】所定の電路に接続される電機器1である。所定の電路における電力を計測する電力計測部2と、計測した電力に応じてリレー動作を行うリレー部3が、1つの機器筐体4内に設けられている。又、所定の電路における電流を検知するセンサ部5も備え、センサ部5からセンサ電路6に流れる電流値が1A...

    電力計リレー、盤、及び、自家消費型の電力システム

  17. 【課題】アモルファス鉄心とケイ素鋼板鉄心を組み合わせた静止誘導電器用鉄心において、従来よりもさらに無負荷損および物量を低減できる静止誘導電器用鉄心を提供する。【解決手段】 本発明の静止誘導電器用鉄心(10)は、アモルファス金属からなる第1の鉄心(1)と、ケイ素鋼からなる第2の鉄心(2)とを備え、第1の鉄心(1)は、アモルファス金属の箔帯が積層された鉄心が巻回された巻...

    静止誘導電器用鉄心

  18. 技術 ステータ

    【課題】ステータの小型化を達成する。【解決手段】回転電機に設けられるステータであって、複数のスロットが形成されるステータコアと、複数のスロットのうち一対のスロットに収容されるセグメントコイルを複数備え、複数のセグメントコイルが互いに接続される分布巻コイルCuと、を有し、分布巻コイルCuは、複数のスロットのうち同じ一対のスロットに収容される複数のセグメントコイルが互いに...

    ステータ

  19. 技術 電源装置

    【課題】給電対象に対して安定した電力を供給することができる電源装置を提供する。【解決手段】電源装置5は、補助電源40、アナログ判定回路80、ラッチ回路90、電源切替回路50を有している。補助電源40は主電源6のバックアップ用である。アナログ判定回路80は、主電源6から操舵制御装置4へ供給される電圧V3に基づき、給電状態の正常または異常を示す制御信号SCを生成する。ラッ...

    電源装置

  20. 技術 作業機械

    【課題】作業機械が動作できない状況を少なくする。【解決手段】作業機械は、制御装置13と、制御装置13に電力を供給する第1電源14が設けられる第1電気回路40と、作業機械を動作させるのに必要な電動駆動源12と、電動駆動源12に電力を供給する第2電源17が設けられる第2電気回路70と、を備える。作業機械は、第2電気回路70に設けられるコンデンサ16cと、第1電源14の電力...

    作業機械

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 153