一次構造 に関する公開一覧

一次構造」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「一次構造」の詳細情報や、「一次構造」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「一次構造」の意味・用法はこちら

61〜80件を表示(3,323件中)4/167ページ目

  1. 【課題】ヒトおよび動物の癌のより良い診断および治療を助長するための腫瘍特異的分子を得ること。【解決手段】上皮成長因子受容体のタイプIIIの欠失型変異体であるEGFRvIIIと特異的に結合する単離したヒトモノクローナル抗体。

    上皮成長因子受容体の欠失型変異体を認識する抗体、およびそれらの使用

  2. 【課題】脂肪アミンおよびその誘導体の生産のための組換え微生物の提供。【解決手段】脂肪アルデヒドを脂肪アミンに変換するための遺伝子操作された代謝経路を含む、脂肪アミンの生産のための組換え微生物であって、該代謝経路が、アミノトランスフェラーゼ活性またはアミンデヒドロゲナーゼ活性を有する外因性生合成酵素を含む、インビボで脂肪アミンを産生する該微生物。

    脂肪アミンの微生物生産方法

  3. 【課題】 UDP−グリコシルトランスフェラーゼ(UGT)をコードする組換え遺伝子を発現するように操作された、組換え微生物、植物、および植物細胞が開示される。【解決手段】 かかる微生物、植物、および植物細胞は、例えばレバウジオシドAおよび/またはレバウジオシドDなどの、食品および栄養補助食品における天然の甘味料として用いることができるステビオール配糖体を生産することができる。

    ステビオール配糖体の組換え生産

  4. 【課題】ぐらつき感を抑制できるウレタンパッドの製造方法。【解決手段】ポリロタキサン13がポリオール組成物に配合されることで、軟質ポリウレタンフォーム10の引張応力を小さくできる。着座した使用者の体重による鉛直方向の圧縮応力、及び、横方向の振動入力による引張応力がウレタンパッドに作用するが、軟質ポリウレタンフォーム10の引張応力を小さくすることで、圧縮応力および引張応力...

    軟質ポリウレタンフォームの製造方法

  5. 【課題】C1エラスターゼインヒビター欠損に付随する血管浮腫を治療するための新規な長期持続的な治療アプローチを提供する。【解決手段】ヒトC1エステラーゼインヒビター又は第XII因子をコードする核酸配列に作動可能に連結したプロモーターを含むベクターを開示する。また、該ベクターを含む組成物及び該ベクターを用いて遺伝性血管浮腫を治療又は予防する方法を開示する。

    血管性浮腫の治療としてのC1EIのアデノ随伴ウイルス介在性送達

  6. 技術 複合糸

    【課題】補強材等に応用可能な高強度、高柔軟性、取り扱い性に優れたモノフィラメント状の複合糸の提供。【解決手段】マルチフィラメントである連続強化繊維の束の外周全体が熱可塑性樹脂により被覆されているモノフィラメント状の複合糸であって、該複合糸状態での複合糸中の連続強化繊維の引張強度が、複合糸から熱可塑性樹脂を除去した状態で測定した連続強化繊維の引張強度に対して99〜104...

    複合糸

  7. 【課題】多層ポリイミドフィルムを用いるフレキシブル金属張積層板をロールツーロール式で連続的に製造する際に、高い耐疲労特性を有するが故に搬送中のクラックを抑制することができるような多層ポリイミドフィルムを提供することと、上記多層ポリイミドフィルムからなるフレキシブル金属張積層板を提供する。【解決手段】非熱可塑性ポリイミドフィルムの少なくとも片面に熱可塑性ポリイミド層を含...

  8. 【課題】局所免疫刺激及び全身免疫刺激の組み合わせによる癌の免疫療法を提供すること。【解決手段】癌の免疫療法のための組成物及び方法を本明細書で提供する。前記方法は、ウイルス性抗原及び/または癌特異的腫瘍抗原(複数可)をコードする組み換え発現ベクターによる全身ワクチン接種により、活性化CD8 T細胞を誘発することを、TLRアゴニストを標準的な用法、または改変した用法で用...

    局所免疫刺激及び全身免疫刺激の組み合わせによる癌の免疫療法

  9. 【課題】プロテオリピドタンパク質1(PLP1)の構造不全を実質的に改善する手段の提供。【解決手段】式(I-1-1)又は(I-2-1)で代表される化合物、その立体異性体若しくはそれらの塩、又はそれらの溶媒和物を有効成分として含む、プロテオリピドタンパク質1(PLP1)の構造不全の改善剤。前記化合物、その立体異性体若しくはそれらの製薬上許容される塩を有効成分として含む、P...

    プロテオリピドタンパク質1の構造不全の改善剤、及びプロテオリピドタンパク質1の構造不全に起因する疾患又は症状の予防又は治療薬、並びにそれらの用途

  10. 【課題】層間強度を向上させる複合材の製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】本発明は、繊維強化基材に未硬化のマトリックス樹脂を含浸させた複数のプリプレグ10を積層し、加熱成形する複合材の製造方法であって、樹脂を含まない面内方向に連続した空隙層12と、空隙層の両面に配置された樹脂層11a,11bと、を備えたプリプレグ10を用い、隣り合うプリプレグ10とプリプレグ...

    複合材の製造方法および複合材

  11. 【課題】新たなキシラナーゼの提供。【解決手段】下記(A)または(B)のアミノ酸配列を有し、エンド型キシラナーゼ活性を有するポリペプチド:(A)ある特定のアミノ酸配列と80%以上の同一性を有するアミノ酸配列、(B)前記ある特定のアミノ酸配列において1又は数個のアミノ酸残基が置換、欠失、挿入及び/又は付加されたアミノ酸配列を有するアミノ酸配列。該ポリペプチドをキシランに作...

    キシラナーゼ及びその利用

  12. 【課題】塩基性線維芽細胞増殖因子を生成する、費用効率の高い方法を提供する。【解決手段】146個のアミノ酸を備え、C末端又はN末端に何の修飾もなく、真正で生物活性を有するヒト塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)を生成する方法を開示する。該方法は、枯草菌宿主を提供するステップと、5’末端から3’末端までセルロース結合ドメイン(CellBD)、インテイン配列、及びbFGFポ...

    枯草菌(BACILLUS  SUBTILIS)において真正で生物活性を有する塩基性線維芽細胞増殖因子を発現させる方法及び手段

  13. 【課題】癌を治療するための、ROS阻害剤を含む医薬組成物の提供。【解決手段】ROS遺伝子が関与する再配列を示す癌を有する患者へ投与される、NVP−TAE684およびPF−02341066から選択される治療有効量のROS阻害剤を含む医薬組成物。ROS遺伝子が関与する再配列を示す癌を有する患者として、FIG−ROSポリペプチドを発現する肝臓癌を有する患者。

    ヒト癌における変異ROS発現

  14. 【課題】本開示は、とりわけ終末補体(例えば、C5b−9 TCCのアセンブリ及び/または活性)及びC5aアナフィラトキシン媒介炎症を阻害するため、ひいては補体関連障害を治療するために有用な抗体を提供する。【解決手段】該抗体は、エクリズマブと比べていくつかの向上した特性を有し、これは例えば、ヒトにおける血清半減期の増加を含む。この開示は、本明細書に記載の新たな抗体が、標...

    向上した薬物動態を有する抗C5抗体

  15. 【課題】短鎖ないし中鎖脂肪酸選択性を有する、微生物由来のリパーゼの提供。【解決手段】カンジダ・シリンドラッセに由来し、以下の(1)又は(2)の置換が行われたアミノ酸配列からなり、乳脂肪の短鎖脂肪酸(C4〜C6)によく作用し、C4の脂肪酸に最もよく作用する改変型リパーゼ:(1)特定のアミノ酸配列の428位アミノ酸に相当するアミノ酸に対する、アスパラギンへの置換;(2)特...

    改変型リパーゼ及びその用途

  16. 【課題】バチルス・サーキュランス由来のβ−ガラクトシダーゼの有用性を更に高め、新たな用途への適用を可能にする方法の提供。【解決手段】特定のアミノ酸置換を含むアミノ酸配列からなり、オリゴ糖合成活性に関して、3糖以上の含有率が野生型酵素と同程度で、4糖の含有率が野生型酵素より少ない改変型β−ガラクトシダーゼ、改変型β−ガラクトシダーゼをコードする遺伝子、改変型β−ガラクト...

    改変型β−ガラクトシダーゼ

  17. 【課題】CD74の一部と癌原遺伝子チロシンプロテインキナーゼROS前駆体(ROS)キナーゼとを結合している融合タンパク質が原因となる、ヒト非小細胞肺癌(NSCLC)における新規な遺伝子転座(5q32、6q22)の同定方法の提供。【解決手段】変異ROSキナーゼポリペプチドをコードしている単離ポリヌクレオチド。

    ヒト非小細胞肺癌における転座および変異ROSキナーゼ

  18. 【課題】菌体外に分泌され、かつ、産業用途に用いるのに適した耐熱性を備え、通常の水処理プロセスでの利用に適したAHLラクトナーゼ、それを用いた水処理剤及び水処理方法の提供を目的とする。【解決手段】N−アシル化ホモセリンラクトン(AHL)ラクトナーゼを菌体外に分泌する菌体由来のAHLラクトナーゼであって、50℃、10分間の熱処理後の残存活性が80%以上である熱安定性を有す...

  19. 【課題・解決手段】抗体結合性に優れ、しかも薬品耐性が改善された環状ペプチドを提供する。環状ペプチドは、下記式(I)によって表される。RN−Xg−[Xi−Xa−Xm−X1−X2−X3−Xn−Xb−Xj]k−Xh−RC ・・・(I) 式(I)中、RNは、N末端基を表し;RCは、C末端基を表し;X1は、L−ロイシン残基、L−イソロイシン残基、L−メチオニン残基、L−...

  20. 【課題】個体由来の試料の分子プロファイリングを行い、分子プロファイリングの結果を用いて、がんなどの状態または疾患を有する個体に対する治療を同定する方法を提供する。【解決手段】対象由来の試料において免疫組織化学(IHC)解析,マイクロアレイ解析、蛍光インサイチューハイブリダイゼーション(FISH)解析、DNA配列決定を行い、がん細胞に対する生物活性が判明している治療につ...

    腫瘍の分子プロファイリング法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 548