高圧仕様 に関する公開一覧

高圧仕様」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「高圧仕様」の詳細情報や、「高圧仕様」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「高圧仕様」の意味・用法はこちら

61〜17件を表示(17件中)4/1ページ目

  1. 【課題】 本発明は、ノズル周りのスラグを確実に除去でき、耐圧構造が簡単で、メンテナス性が良好な石炭ガス化炉用バーナおよび石炭ガス化炉を提供することを目的とする。【解決手段】 本発明の石炭ガス化炉用バーナは、炉壁19に設けられた開口部26に装着された微粉炭11を炉内に噴出するノズル31と、ノズル31の先端部分を冷却する冷却手段39を有する石炭ガス化炉用バーナにおいて...

    石炭ガス化炉用バーナおよびこれを備えた石炭ガス化炉

  2. 【課題】エンジン・電動機複合型の車両駆動系において、電力ケーブルなどのワイヤハーネスの省略化、電力損失の改善を図る。【解決手段】車輪の一部1がエンジン3により駆動される。エンジン3により駆動される車輪以外の車輪2を回転電機4により駆動する。発進時,登坂時のように走行負荷が大きいときに、回転電機4は、エンジン駆動系をアシストするために車輪駆動用の電動機として駆動される。...

    車両駆動ユニット及び車両駆動装置

  3. 【課題】高圧の作動流体でも軸封部からの漏れをなくすことができる耐圧特性に優れたメカニカルシール構造を提供する。【解決手段】回転軸1側と一体に回転する回転環2に保持されたシールリング3とシールケーシング4側に保持された静止環5との間に、前記回転環2に対して相対回転自在でありかつ前記静止環5に対する相対回転を阻止された状態で、両端側部分がほぼ対称形状をなす遊動環6を挟圧保...

    メカニカルシール構造

  4. 【課題】耐圧性に優れ、充分な気密接合強度を確保した高耐圧性仕様の電動コントロールバルブを提供すること。【解決手段】ロータケース31と下蓋部材2とを、該両者の突き合わせ接合面31D、23Aに対して直交する方向に異なる位置に、2周に亘るレーザ溶接(W1、W2)により突き合わせ溶接する。

    電動コントロールバルブ

  5. 【課題】流体用の濾過システムを提供する。【解決手段】流体濾過システムは、流体収容ハウジング内に位置するフィルタ装着部と、フィルタ装着部に取り付けるのに適した交換可能なフィルタモジュールとを備えている。濾過すべき流体は、フィルタモジュール内に備えられ、且つ、フィルタ装着部に設けられたフィルタ室に取り付けられた濾過媒体にさらされる。濾過済み流体は、流体収容ハウジング内で且...

    交換可能なフィルタモジュールを備えた流体濾過システム

  6. 【課題】表面外観に優れ、高発泡倍率を有する熱可塑性樹脂発泡体を簡易に製造できる押出機用円環状ダイを得る。【解決手段】本発明の押出機用円環状ダイは、溶融樹脂を濾過するためのブレーカープレートと、ダイ中心部を構成するマンドレルと、ダイ外壁部を構成するダイ本体と、前記マンドレルの先端部に設けられたリップと、前記ダイ本体とリップとの間に設けられ、溶融樹脂の出口となる円環状のダ...

    押出機用円環状ダイ、該円環状ダイを用いた熱可塑性樹脂発泡体の製造法

  7. 【課題】必要最小限の構成部品点数でコスト低減化も図れ、応答性や耐久性の面でも優れ、しかも熱膨張体の膨張、収縮に伴う体積変化でピストンの所要ストロークによる進退動作を確保できる簡易型構造のサーモエレメントを得る。【解決手段】ケース11内部に熱膨張体(ワックス)12を内蔵したサーモエレメント10は、ケース内で軸線方向に沿って配置されたピストン13を備え、このピストンは、そ...

    サーモエレメント

  8. 【課題】製紙スラッジSを焼却した焼却灰を製紙用の白色顔料等の填料として再利用したりするのに際し、十分な有機分の分解、燃焼を促して白色度の向上を図りつつも、填料の主成分たる炭酸カルシウムの分解を抑えて、効率的かつ経済的な灰分の回収を図る。【解決手段】製紙スラッジSを焼却して処理する焼却炉1を備えた製紙スラッジの処理設備にあって、少なくとも焼却炉1内を大気圧よりも高圧の気...

    製紙スラッジの処理方法および処理設備

  9. 技術 電動弁

    【課題】弁ホルダ内に設けられる圧縮コイルばねの取付同心性を改善して回転摩擦抵抗の低減を図り、弁開閉に必要な駆動力が大きくなることがなく、低電力で弁開閉を行うこと。【解決手段】圧縮コイルばね29の一方の巻端29Aと弁ホルダ18の内端面18Bsの間にばね受け部材71を挟む。圧縮コイルばね29はばね受け部材71に径方向拘束状態で係合し、ばね受け部材71は弁ホルダ18の内端面...

    電動弁

  10. 【課題】従来のガス貯蔵装置と比較して格段に優れた特性を有するガス貯蔵装置を提供する。【解決手段】貯蔵されるガスに関する吸脱着等温線がヒステリシスループを示す化合物を収納してなるガス貯蔵装置によって上記課題は解決される。

    ガス貯蔵装置

  11. 技術 圧縮機

    【課題】一次圧用圧力計を用いることなく貯留タンク内の一次圧の有無を表示することにより、圧縮機の小型化、低価格化を図る。【解決手段】高圧用減圧弁12に設けられた設定ばね20は、調整用つまみ18を最も低圧側に操作したとしても、弁棒16Aをチェック弁14に押付けて排気通路17を遮断するための初期荷重をピストン16に与える構成としている。これにより、貯留タンク2,3に圧縮空気...

    圧縮機

  12. 【課題】耐圧性に優れ、充分な気密接合強度を確保した高耐圧性仕様の電動コントロールバルブを提供すること。【解決手段】半球状ドーム部31Bにより閉じられたキャンド形状のロータケース31の円環状開口縁31Cと下蓋26の円環状突条32とをレーザ溶接によって突き合わせ接合する。

    電動コントロールバルブ

  13. 【課題】本発明はガスタービン用の燃料噴射弁及び燃料噴射弁付燃焼器に関する。従来の燃料噴射弁は、燃料渦巻室形状により流量特性が一義的に決まり、結果、ターンダウン比がほぼ制限され、ガスタービンに供給される燃料流量範囲が決められ作動範囲が狭くなる不具合があった。本発明はこの不具合を解消できる噴射弁及び燃焼器の提供を課題とする。【解決手段】本発明の燃料噴射弁は、従来の燃料渦巻...

    燃料噴射弁及び燃料噴射弁付燃焼器

  14. 【課題・解決手段】圧力スイング吸着設備に対する装入ガスと製品ガスの定常的流れを維持する圧力スイング吸着法。製品ガス分流分を用いて3段階の再昇圧を実現する。3段階の第2段階中に2つの吸着器の間の追加の圧平衡化段階含み、それにより或る期間内に装入ガスを受け取る吸着器の数のうちの1つを周期的にスイングさせる。更にこれと組み合わせて、或いは組合せずに、相対的に高いパージガス圧...

    圧力スイング吸着法

  15. 【課題】小型かつ簡単で低コストなものにて効率よく浸漬作業が遂行でき連続的な浸漬処理も可能なようにする。【解決手段】上端開口31aにて浸漬対象物25を受け入れて浸漬し、下端の排出口31bから浸漬処理物25bを排出器33により排出するようにした浸漬タンク31、この浸漬タンク31にその開口31aのほぼ中央域の上方から浸漬対象物25aを供給する浸漬対象物供給手段H、浸漬タンク...

    浸漬装置とこれを利用した炊飯システム

  16. 技術 冷凍装置

    【課題】冷媒に二酸化炭素を用いた冷凍装置において、冷媒を適切な時期に充填することができるようにする。【解決手段】冷媒圧縮機2、ガスクーラ3、減圧装置4、蒸発器6を冷媒配管7,8,9で環状に接続し、冷凍サイクルを形成する。この冷凍サイクルで、冷媒が液化状態にある減圧装置4と蒸発器6との間の経路にレシーバタンク5を設け、これにその中の冷媒が見えるように監視窓10を設ける。...

    冷凍装置

  17. 【課題】チップシールの偏摩耗の発生を抑制して、オイルフリースクロール圧縮機の信頼性を向上させる。【解決手段】旋回スクロール部材3のスクロールラップ3b間に形成されるラップ溝底面部に、ラップ巻始めから180度程度巻進んだ位置からさらに180度程度巻進んだ位置まで凹部25を形成する。この凹部にラップ溝底面部より表面粗さの小さい摺動ピース31を嵌合し、ネジ39aで固定する。...

    オイルフリースクロール圧縮機

  18. 【課題】製造に使用された有機溶媒、特にハロゲン化炭化水素溶媒の含有量が極めて少なく、且つ粒径の揃ったポリカーボネート樹脂粉粒体を安定的に、且つ生産性良く製造する方法を提供する。【解決手段】ポリカーボネート樹脂と有機溶媒との割合が重量比で90:10〜35:65であり、且つポリカーボネート樹脂と水との割合がポリカーボネート樹脂100重量部に対して水5重量部以上であるポリカ...

  19. 【課題】圧縮空気の充填作業といった煩わしさを伴うことなく、コンプレッサから供給される高圧の圧縮空気で低圧仕様のエア工具を作動することが可能なエア工具用の圧力変換アダプタを提供する。【解決手段】圧力変換アダプタ10は、コンプレッサ40の圧縮空気を供給する高圧用エアホース41が接続可能な高圧用プラグ14と、釘打機30に接続可能な低圧用ソケット15と、高圧の圧縮空気を減圧し...

    エア工具用の圧力変換アダプタ

  20. 【課題】従来のプレス形成により形成したバルブプレートにおいては、ノッチ部の先端の形状が丸みをおびた形状となってしまい、細長く形成することが困難であったので、騒音低減効果が充分に得られないという問題があった。【解決手段】プランジャポンプ、プランジャモータ、及び油圧式無段変速機を構成するプランジャポンプ・モータに用いられ、プランジャブロック21bの摺動端面に配置されるバル...

    バルブプレート

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 21