需給制御システム に関する公開一覧

需給制御システム」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「需給制御システム」の詳細情報や、「需給制御システム」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「需給制御システム」の意味・用法はこちら

61〜72件を表示(72件中)4/4ページ目

  1. 【課題】 気象変化に伴う需要予測を高精度に行う。【解決手段】 所定時刻における気象予報情報を第1の入力部10により入力し、第1の入力部10により入力された気象予報情報に基づき各時刻の需要予測を需要予測部11で行い、所定時刻経過後の任意の時刻までの実際の需要実績と、当該任意の時刻までの実際の気象情報を第2の入力部12により入力し、第1の入力部10により入力された気象...

    需要予測装置及び方法並びにプログラム

  2. 【課題】電力のピーク対策に有効な分散型発電システムの発電制御方法及びそのプログラムを提供する。【解決手段】需給制御システム(5)は、発電所システム(7)から電力需給予測情報を受取り、蓄発電システム(9)から蓄発電設備の電力供給予定情報を受取り、電力需給予測情報と電力供給予定情報とに基づいて電力供給計画を作成し、電力供給計画に基づいて選択された蓄発電システムに対して蓄発...

    発電制御方法及びそのプログラム

  3. 【課題】 発電機の出力の制御において、効率的な発電を行ないつつ、同時同量制御を可能にする。【解決手段】 まず、30分単位で予測負荷電力量が作成され(S1)、それが、直前(またはそれ以前)の予測負荷電力量と実際の負荷電力量との割合に応じて補正される(S2)。また、S2における補正後の負荷電力量から、3分単位の発電量が求められる(S3)。また、S3では、発電機に対して...

    電力需給制御システム、電力需給制御方法、および、記録媒体

  4. 【課題】中央給電指令所(主中給)又は代替給電指令所(代替中給)の所員の手動による切替スイッチの操作では、緊急時の対応が遅れ、需要と供給の調整又は発電機の発電量並びに周波数制御が遅れるという問題点がある。【解決手段】通常運転時、主給電指令装置10が需要予測と発電状況に基づき発電制御装置30に出力指令を送信して給電制御を行うが、主給電指令装置10に異常が発生し、機能喪失と...

    代替給電制御システム及びその制御方法並びに代替給電制御システムで用いられる主給電指令装置、代替給電指令装置及び発電制御装置

  5. 【課題】大規模な発電機脱落・負荷脱落時に、系統周波数を確実、緊急に基準周波数に戻すことができる。【解決手段】発電機の立地点および使用燃料の違いを含めた発電機の性質や特徴から予めいくつかの発電機グループG1〜G8に分類しておき、選定した発電機グループ内の発電機を出力調整対象として決定する。揚水式発電所の揚水機の運転/停止および動力制御を出力配分処理に含める。系統周波数緊...

    需給制御システムの系統周波数緊急補正方式

  6. 【課題】 一般の電気事業者や特定規模電気事業者、発電事業者などの入札者に対して、電力取引所における最適な売りと買いの入札価格および入札量の決定を支援する。【解決手段】 電力取引入札支援システムは、演算部1、インタフェース部2、記憶部3、通信部4から構成される。演算部1は、限界費用曲線作成部11、入札データ作成部12、収益計算部13を備える。限界費用曲線作成部11は...

    電力取引入札支援システムと方法、およびプログラム

  7. 【課題】過負荷領域を使用するような目的での二次電池の仕様を検討するために使用する二次電池の電気的等価回路モデル作成方法、これを用いたシミュレーション方法およびプログラムを提供する。【解決手段】電流源Iは入出力電流,電流源i0は自己放電特性,C0は電池容量を模擬し、R1は膜抵抗と液抵抗と接触抵抗,R2//C2は電荷・イオンの移動・拡散による抵抗分,R3//C3はセル内部...

    二次電池の電気的等価回路モデル作成方法、これを用いたシミュレーション方法およびプログラム

  8. 【目的】クライアントが有するクライアントに特有な処理手続きと、データとそのデータ操作処理手続きを有するサーバの機能を結合させるため、クライアントが有する処理手続きをサーバに移動させ、サーバ上で処理をさせることにより、クライアントの要求に合った個性的な処理を実現する。【構成】各計算機ノードに分散配置されたデータの位置情報202を有し、計算機ノードの情報処理機構11で実行...

    分散型情報処理方法およびその装置

  9. 【目的】均鉱(ブレンドパイルまたはパイルともいう)の払出しと積付計画を自動的に作成し、計画制御運転を行う。【構成】原料ヤード計画,鉱石処理計画および原料生産計画より均鉱払出しと積付計画前提条件を取り込む。均鉱工程と焼結工場間の需給制御計画を計算する。積付均鉱を積付順位に従い仮想分割(ブロック)する。均鉱積付計画の制約条件系を複数生成する。前提条件より入力した評価関数と...

    均鉱の払出し積付計画作成装置

  10. 【課題】この需給調整システムを用いて、同時同量遵守をより的確に行えるようにすることを目的とする。尚、本発明は、一定の時間間隔(例えば30分や1時間)の間において需要量合計と発電量合計を一致させんとするものである。【解決手段】電力需給調整運転員用表示装置の画面には電力及び電力量の経時グラフと関係データの数値表を出す。すなわち、負荷予測値A,D、発電計画値B,E、同時同量...

    電力需給方法及び表示装置

  11. 【課題】売電事業者から電力を調達して電力需要者に供給する際に、安定にかつ効率的に電力需給制御を行うことができるようにする。【解決手段】ある売電事業者が任意の数の発電事業者、あるいは他の売電事業者から電力を調達して任意の数の電力需要者に供給する際に、任意の数の電力需要者の電力需要量を予め予測し、前記予測した電力需要量に基づいて発電計画を作成するとともに、前記任意の数の電...

    電力の需給制御方法、電力の需給制御装置、電力の需給制御システム及び記憶媒体

  12. 【課題】負荷母線が高くなると負荷の消費電力が大きくなり、それに伴う発電コストの増加を、本発明では、電圧安定度を考慮して変圧器のタップ整定値を変更することにより負荷の消費電力および必要な発電機出力を抑制する。【解決手段】本発明の発電機負荷配分装置101は、対象電力系統111の任意の時刻における状態量観測値112,将来時刻の負荷予測データ113,発電機燃料特性データ114...

    発電機負荷配分装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4