需給制御システム に関する公開一覧

需給制御システム」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「需給制御システム」の詳細情報や、「需給制御システム」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「需給制御システム」の意味・用法はこちら

1〜15件を表示(15件中)1/1ページ目

  1. 【課題】電力系統においてインバランスが生じた場合に、経済性および電力品質を精度よく確保しつつ、電力市場を介し需給調整を行う電力需給制御装置、電力需給制御プログラムおよび電力需給制御方法を提供する。【解決手段】電力需給制御装置は、複数の電源を備える電力系統における電力の需給の調整を行う。エリアインバランス量算出部は、系統におけるインバランス量を算出する。メリットオーダー...

    電力需給制御装置、電力需給制御プログラムおよび電力需給制御方法

  2. 【課題】調整力の調達・運用においてメリットオーダーに送電損失の影響を反映し、経済的な調整力の調達・運用を実現することが可能な送電損失計算装置及び送電損失計算方法を提供する。【解決手段】送電損失計算装置1は、電力系統105における需給バランス及び潮流状態の監視情報216と、電力系統における短期の将来に亘る総需要を予測した短期予測結果217とに基づいて、短期需要分布変化を...

    送電損失計算装置及び送電損失計算方法

  3. 【課題】インバランス調整時における経済負荷配分制御、負荷周波数制御による電力需給制御により、経済性および電力品質を精度よく確保する。【解決手段】電力需給制御システムにおいて、制御装置は、電力系統における電気的な変化量を検出する検出部により検出された変化量に基づいて地域要求電力を算出するAR算出部44と、電力系統に電力を供給する複数の発電設備1a〜1nのメリットオーダー...

    電力需給制御装置、電力需給制御システム、電力需給制御用コンピュータプログラムおよび電力需給制御方法

  4. 【課題】経済性の優れた電力需給制御を行うことができる電力需給制御システム、電力需給制御用コンピュータプログラムおよび電力需給制御方法を提供する。【解決手段】電力系統9aに電力を供給する複数の発電設備1a〜1nと、自然エネルギー発電設備2a〜2nと、電力系統の周波数変化量、連系潮流電力変化量および融通電力量を測定する検出装置3と、複数の発電設備1に発電目標値を指示する制...

    電力需給制御システム、電力需給制御用コンピュータプログラムおよび電力需給制御方法

  5. 【課題】電力調達コストを抑制することができる需給制御装置を得ること。【解決手段】配電線からの充電および配電線への放電を複数の蓄電装置を用いて行う需給制御システムにおける、それら複数の蓄電装置のそれぞれの充放電を、受信される充放電指令に基づいてそれぞれ制御する複数の充放電制御装置と通信する需給制御装置12であって、将来の買電コスト、配電線の負荷および配電線に接続される発...

    需給制御装置、充放電制御装置、蓄電装置、需給制御システムおよび需給制御方法

  6. 【課題・解決手段】蓄電池制御装置(100)は、周波数取得部(102)と、充電残量検出部(101)と、系統周波数を基準周波数に近づけるために蓄電池に充放電させる充電量又は放電量を、取得された周波数に応じて設定する充放電量設定部(104)と、充電量又は放電量を、周波数と充電残量とに応じて調整するゲイン調整部(103)と、蓄電池を充放電させる充放電制御部(105)とを備え、...

    蓄電池制御装置、蓄電池制御方法、及び、蓄電池制御システム

  7. 【課題】電力需要変化量を精度よく制御可能なデマンドレスポンスの実施を可能とする。【解決手段】エネルギーマネジメントシステム10は、デマンドレスポンス(DR)実施を決定した場合、EMS機能を有さないユーザ端末23Aを備える需要家Aに対しては、対象期間より前に事前に、DR実施を通知して、ユーザによる電力需要抑制行動を期待する。EMS機能を有するユーザ端末24Bを備える需要...

    電力需要誘導装置

  8. 【課題】精度高くDR評価を行うことができるベースライン負荷推定装置を提供する。【解決手段】需要家のベースライン負荷を推定するベースライン負荷推定装置であって、需要家によって選択された需要家のベースライン負荷の推定方式に応じて、需要家の過去の消費電力の情報を含む実績データを用いてベースライン負荷を推定するベースライン計算部と、需要家によって選択された、推定されたベースラ...

    ベースライン負荷推定装置及びベースライン負荷推定プログラム

  9. 【課題】対象設備の種別に関係なく、運転計画との乖離を適切に調整する。【解決手段】運転計画に基づいて電力需給を管理するエネルギー管理システム(EMS)2は、現状の電力需給状態と、発電装置7、8及び蓄電装置6のうち少なくとも1種類の1又は複数の装置である対象設備を含む電力設備1についての出力電力とを取得する通信装置と、取得した現状の電力需給状態及び出力電力に基づいて、運転...

    エネルギー管理システム、エネルギー管理方法及びコンピュータプログラム

  10. 【課題】電力調達コストを抑制することができる需給制御装置を得ること。【解決手段】系統に接続される蓄電装置の充放電を制御する充放電制御装置に対して当該蓄電装置の充放電の制御を指令する需給制御装置12であって、決定された買電計画を記憶する記憶部22と、買電計画の期間中に、記憶部22に記憶された買電計画に基づいて、実際の買電量と買電計画における買電量との差に基づいて発生する...

    需給制御装置、蓄電装置、充放電制御装置、需給制御システムおよび需給制御方法

  11. 【課題】蓄電設備の容量増大を招くことなく系統周波数を安定的に制御する。【解決手段】再生可能エネルギー利用発電設備及び蓄電設備が少なくとも接続されて負荷設備に電力を供給する電力系統の周波数制御方法であって、電力系統10の上位に位置する需給制御システム40が、系統周波数と前記各設備から送信された情報とに基づいて再生可能エネルギー利用発電設備Gb1〜Gbn及び蓄電設備Ba1...

    電力系統における周波数制御方法及び周波数制御システム

  12. 【課題】発電機の調整余力が少ない場合又は偏った運転体制の場合に、地域要求電力の配分残の発生を抑制する。【解決手段】実施形態の需給制御システムの地域要求電力配分手段は、地域要求電力の配分残を前記複数種の発電機に配分する順番を定め、この順番に従って配分残が無くなるまで個々の発電機に対する配分残の配分を順次実施し、複数種の発電機の全てに対して配分残の配分を実施しても配分残が...

    需給制御システム、プログラム、記録媒体及び方法

  13. 【課題】精度の高い太陽光発電設備の短期の出力予測値を容易に得て、適切な需給制御を行うことができるマイクログリッドの需給制御システムを提供する。【解決手段】電力系統内の、予測対象太陽光発電設備PV−0と、それの周囲に配設された周囲太陽光発電設備PV−nとに各々設けられ、各太陽光発電設備の出力を計測する照度センサー10、10nと、照度センサー10、10nにより所定時間前に...

    マイクログリッドの需給制御システムおよび需給制御方法

  14. 【課題】ピークカットと周波数制御とを効率的に実施しやすい需給制御方法を提供する。【解決手段】需給制御方法は、一定の時間単位で区切られた時間スロットごとに需要家の消費電力を予測する予測ステップS101と、予測された消費電力に基づいて、周波数制御およびピークカットを少なくとも含む複数の制御内容のうちの1つを時間スロットに割り当てる計画ステップS103および計画ステップS1...

    需給制御方法、需給制御装置、および、蓄電システム

  15. 【課題】電力系統から電力が供給される機器の有効電力を適切に推定することができる電力負荷推定装置、電力負荷推定システム、電力負荷推定方法及び電力負荷推定プログラムを提供することである。【解決手段】電力負荷推定装置は、高調波成分算出部と、推定部とを持つ。高調波成分算出部は、機器に電力を供給する電力系統の電気物理量に基づいて、機器の有効電力の高調波成分値を算出する。推定部は...

    電力負荷推定装置、電力負荷推定システム、電力負荷推定方法及び電力負荷推定プログラム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4