退避制御 に関する公開一覧

退避制御」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「退避制御」の詳細情報や、「退避制御」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「退避制御」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(644件中)1/33ページ目

  1. 【課題】不揮発性メモリの不良をユーザに気付かせることができる情報処理装置を提供する。【解決手段】MFP100は、HDD108を備え、HDD108の異なる記憶領域にスプールデータ202及び当該スプールデータ202と同一内容のスプールデータ203を書き込む。MFP100は、HDD108からスプールデータ202を読み出し、スプールデータ202のリードエラー回数をエラーカウン...

    情報処理装置、その制御方法、及びプログラム

  2. 【課題】ロータリー装置やラッセル装置等に設けられる除雪翼を備えた作業車と無線通信するための地上子の準備を容易にすると共に、設置ミスを無くし且つ設置作業性を向上させるデータ管理プログラムを提供する。【解決手段】作業者が無線通信するために地上に配置される複数の地上子のデータを管理するプログラムであって、地上に設置された状態の地上子にライタが近づく際に、記憶装置に記憶された...

    地上子のデータ管理プログラム、装置及び方法

  3. 【課題】ユーザがより簡単且つ手軽にミシンの機能活性化を実現できるソフトウエア活性化システム、ミシン、及びサーバを提供する。【解決手段】ミシンのCPUは、活性化対象に対応した認証コードを取得する(S1)。CPUは、取得された認証コードを含む認証リクエストをサーバに送信する(S11)。サーバは、ミシンから認証リクエストを受信すると、認証リクエストに基づいて認証キーを取得し...

    ソフトウエア活性化システム、ミシン、及びサーバ

  4. 【課題】同一軌道上を往復する除雪車両の両運行方向で地上子を共有する場合において、除雪車両が地上子付近で前進と後進とを交互に繰り返す往復動作をしても誤動作を防止する。【解決手段】除雪制御部は、前記除雪車両が除雪作業を行う方向を運行方向として検知する運行方向検知部で検知される現在の運行方向が第1運行方向であると、地上子から受信した第1情報及び第2情報のうち、前記第2情報を...

    除雪車両の制御装置

  5. 【課題】交通信号を認識できない場合でも、適切に車両を走行させることができる車両制御装置を提供する。【解決手段】動作決定部78は、距離検出部76が第1距離D1以下の距離を検出した時点t1で、外界認識部66が停止指示を示す交通信号を認識する場合には、距離検出部76が第1距離D1よりも短い第2距離D2以下の距離を検出した時点t2で、第1減速度a1の減速制御を行い、距離検出部...

    車両制御装置

  6. 【課題】制限領域への入庫を抑制して作業効率の向上を図ることのできる機械式駐車装置の退避運転制御システム、及びその制御方法並びにプログラム、機械式駐車装置を提供することを目的とする。【解決手段】乗入階における入庫領域70aに入庫された車両を格納階66における格納領域へ搬送する機械式駐車装置60の退避運転制御システムであって、予め設定された期間内において、格納領域における...

    機械式駐車装置の退避運転制御システム、及びその制御方法並びにプログラム、機械式駐車装置

  7. 【課題】運転者が運転困難な状態に陥った場合に、自動退避制御へと確実に移行させることが可能な技術の提供。【解決手段】車両制御ECU70は、運転者の異常の検知が継続した場合に、当該運転者が運転困難状態にあると判定し、この運転困難状態の判定に基づき、自車両Aを自動で停車させる自動退避制御を開始することができる。加えて車両制御ECU70は、異常が検知されたときから、運転困難状...

    情報提示装置

  8. 【課題】手動運転される先頭車両に後続車両の状態を適切に伝達することができる隊列走行システムを提供する。【解決手段】隊列走行システムは、隊列を組む複数の車両の各々に搭載される車両制御システム11を有している。車両制御システム11は先行車両との間の無線通信を通じて先行車両に自車両が追従するように自車両を制御する。車両制御システム11は、自車両の異常を検出する異常検出センサ...

    隊列走行システム

  9. 【課題】複数の半導体チップを積層する際の接続不良が生じないようにする。【解決手段】ステージ上に載置された支持基板上に、半導体チップ又は半導体チップの積層体を実装する半導体製造方法は、半導体チップ又は積層体の実装処理の最中に、所定の条件を満たしたか否かを判定するステップと、所定の条件を満たすと判定された場合に、それまでに支持基板上に実装された半導体チップ又は積層体を支持...

    半導体製造方法、半導体製造装置及び半導体装置

  10. 【課題】被牽引車両を連結した状態での自動運転であって、車線変更を行うに際し、運転モードが、ハンドルの把持を条件としない第2運転支援モードから手動運転モードへいきなり遷移することをなくし、運転者の負担を軽減する。【解決手段】運転モード設定演算部12は自車両Mに被牽引車両Mtが連結されたことを検出すると、運転モードを運転者がハンドルを把持しないで同一車線を継続的に走行させ...

    牽引車両の運転支援装置

  11. 【課題】誤動作の低減、低消費電力化が図られた、新規な構成の半導体装置を提供する。【解決手段】第1のラッチ回路及び第2のラッチ回路を有するフリップフロップと、不揮発性の記憶部を有するシャドーレジスタと、を有するデータ保持回路と、第1のラッチ回路に与える第1の制御信号、及び第2のラッチ回路に与える第2の制御信号を生成する制御信号生成回路と、を有する構成とする。シャドーレジ...

    半導体装置

  12. 【課題】過電流の検出によってフェールセーフ制御を実行するに当たり、インバータのスイッチング素子の1つがオフ故障している可能性も考慮して過電流発生要因を推定する。【解決手段】トルクの絶対値と回転速度との関係で規定される回転電機の動作点が特定領域の範囲内にあり、インバータ及び回転電機の少なくとも一方において過電流状態(OC)であることが検出された場合に、動作点が特定領域の...

    インバータ制御装置

  13. 【課題】 防火シャッター等、遮断壁の稼働に支障となる位置に傾斜を持たせた搬送路が配置される場合であっても、装置間を完全に分離できる搬送路の遮断機構を提供すること、また、事前に遮断壁の遮断動作を検知することで、その搬送路における装置の断、損傷あるいは遮断壁の機能を損傷することなく傾斜を有する搬送路を退避させ、安全に遮断する、搬送路の遮断機構を提供すること。【解決方法】...

    搬送路の遮断機構

  14. 【課題】自動細胞培養装置を開発するにあたり、作業者の手段に依存する培地交換プロセスを効率よく自動的に実施する為の、単純な構成でかつ合理的な細胞処理方法およびシステムの提供。【解決手段】液体を収容した収容容器10を収容容器10の長軸に垂直な軸周りに回転させて、収容容器10内の液体を回収容器30に排出ができるロボットシステムであって、第1角度θ1において第1角速度で収容容...

    細胞処理方法およびそのシステム

  15. 【課題】細胞培養の自動化の為の単純な構成でかつ合理的な細胞処理方法およびシステムを実現する、ロボットシステムの提供。【解決手段】液体を収容した収容容器10を軸周りに回転させることで、収容容器10内の液体を回収容器30に排出することができるロボットシステムであって、第1の所定の軸A周りに、収容容器10を回転する排出制御、及び第2の所定の軸周りに、収容容器10を回転する退...

    細胞処理方法およびそのシステム

  16. 【課題】主索の肉厚部がリニア駆動装置を通過することができるエレベーター及びエレベーターの制御方法を提供する。【解決手段】エレベーター1は、2つのプーリ150A、160Aの間を循環移動する主索130Aと、主索130Aに接続される昇降体120Aと、主索130Aに推力を発生させるリニア駆動装置10と、を備えている。リニア駆動装置10は、駆動部10Aと、退避機構11Aと、を有...

    エレベーター及びエレベーターの制御方法

  17. 【課題】緊急退避制御が解除されて先行車追従制御が復帰された際に、運転者がアクセルペダルを踏み込んでも、加速度がACC目標車速内では一律に制限されず、加速不足による後続車との急接近を防止することができるようにする。【解決手段】退避解除後制御において、ACC要求スロットル開度θaccと運転者のアクセル操作によって設定された運転者要求スロットル開度θdrとを比較し(S12)...

    緊急時運転支援装置

  18. 【課題】一フレームで送信可能な大きさの異なるネットワークに跨って送受信される制御コマンドの異常の発生を車載中継装置等を提供する。【解決手段】車載中継装置116は、車両10において複数の制御装置が接続されている複数の制御ネットワークに跨る複数の制御装置間の通信を中継し、複数の制御装置の少なくとも一部に実行させる制御のための制御コマンドを一フレームに複数含む制御データを複...

    車載中継装置、車載監視装置、車載制御ネットワークシステム、通信監視方法及びプログラム

  19. 【課題】ロボットが作業者に衝突した場合に、ロボットを速やかに減速させるとともに、ロボットと作業者の再衝突を抑制することのできるロボットの制御装置を提供する。【解決手段】各関節が各モータMにより駆動されるロボット10を制御する制御装置70であって、ロボットが物体に衝突したことを検知する衝突検知部と、衝突検知部によりロボットが物体に衝突したことが検知された場合に、各モータ...

    ロボットの制御装置

  20. 【課題】走行経路を認識するための情報が取得不能となった場合にも適切な走行制御を継続することができる車両の走行制御装置を提供する。【解決手段】走行制御装置10は、過去の自車位置に関する情報を用いた複数の演算方法によって現在の自車位置に関する複数の推定位置をそれぞれ算出するとともに、推定位置を含む位置情報の比較により推定位置信頼度を算出し、測位情報或いは車線区画線情報のう...

    車両の走行制御装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 33