転炉形式 に関する公開一覧

転炉形式」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「転炉形式」の詳細情報や、「転炉形式」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「転炉形式」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(119件中)1/6ページ目

  1. 【課題】エネルギーコストを低減でき、かつ、アンチモンを除去可能なリンの製造方法を提供する。【解決手段】炉10内に堆積する炭材21の燃焼により、炉10内のガスを還元性のガスに調整した状態で、炉10内の炭材21に液状のリン原料を吹き込むことにより、リン原料を熱分解してリンを生成し、リンを蒸発させる吹き込み工程と、蒸発したリンを、炉10の排出ガスから回収する回収工程と、を含む。

    リンの製造方法

  2. 【課題・解決手段】溶銑の脱燐効率を向上できる溶銑の脱燐方法を提供する。脱燐精錬剤を溶銑に添加して行なう溶銑の脱燐方法であって、脱燐精錬剤は、細孔径が0.1μm以上2.0μm以下の範囲内の全細孔容積の和が0.1mL/g以上であって、R−CO2が1質量%以上の範囲内の石灰系脱燐剤を含む。

    溶銑の脱燐方法

  3. 【課題】縦型炉内で、脱燐スラグに含まれる燐の、溶融鉄への濃縮を効果的に促進させることにより、得られる燐含有鉄中の燐の濃度を有効に高めることのできる燐含有鉄の製造方法及び、肥料の製造方法を提供する。【解決手段】この発明の燐含有鉄の製造方法は、縦型炉を用いて、製鋼精錬の脱燐処理で発生した脱燐スラグから、燐を濃化させた燐含有鉄を製造する方法であって、縦型炉内の底部に底部炭材...

    燐含有鉄の製造方法及び、肥料の製造方法

  4. 【課題】製鋼工程で発生する還元スラグの系外排出量の削減を目的とする、還元スラグの再利用技術として、還元スラグ中の硫黄を速やかに分離し、かつ、新たにCaO源を追加することなく脱硫能力の回復を図ることができる技術を提供すること。【解決手段】溶銑脱硫処理工程で発生した溶銑脱硫スラグを水中に懸濁させ、炭酸ガスを含有する水と接触させて、炭酸ガスを含有する水と接触させて、溶銑脱硫...

    スラグの回生処理方法

  5. 【課題】天然の燐鉱石の代替として利用可能な人工燐鉱石を、産業副産物や産業廃棄物を有効に活用しつつ製造する方法を提供する。【解決手段】溶解炉21内に燐原料、珪素原料および炭材とともに鉄原料を装入して溶融し、燐を濃化させた溶融鉄27を排出することにより得られる燐含有鉄を人工燐鉱石とすることを特徴とする人工燐鉱石の製造方法である。この場合、溶融鉄27の燐の飽和濃度を増加させ...

    人工燐鉱石の製造方法

  6. 【課題・解決手段】この溶銑の脱珪・脱リン方法は、炉の上方から溶銑の表面に向けて酸素ガスを吹き付ける酸素ガス吹き付け工程と;前記溶銑の表面に向けて、脱炭スラグ、二次精錬スラグの少なくとも一方をリサイクルスラグとして供給するリサイクルスラグ添加工程と;前記溶銑の表面に吹き付ける前記酸素ガスに、最大粒径が500μm以下の微粉生石灰を随伴させて供給する微粉生石灰添加工程と;を...

    溶銑の脱珪・脱リン方法

  7. 【課題・解決手段】転炉型精錬炉内の溶銑を脱燐処理する際に、上吹きランスからの酸素ガス供給量に応じて上吹きランスからの脱燐用媒溶剤の供給量を適切に調整し、脱燐反応を効率的に行う。転炉型精錬炉2内の溶銑18に上吹きランス5から、酸素ガスを吹き付けるとともに、CaO系脱燐用媒溶剤20を酸素ガスの溶銑への衝突面に吹き付け、酸素ガスによって溶銑中の燐を酸化し、生成した燐酸化物を...

    溶銑の脱燐処理方法

  8. 【課題】金属アルミニウムを使用せずに溶銑出湯中の発煙を防止する方法を提供する。【解決手段】炭素含有量が2質量%以上である溶銑を溶銑容器に出湯するに当たり、上記溶銑の出湯中に、メジアン粒径が1.0〜5.0mmである粉粒体を、上記溶銑容器に投入する、溶銑出湯中の発煙防止方法。

    溶銑出湯中の発煙防止方法

  9. 【課題】 転炉内の溶銑に上吹きランスから酸素ガスとともに脱燐用媒溶剤を吹き付けて溶銑を脱燐処理する際に、脱燐処理開始から脱燐処理終了まで、炉内に存在するスラグの塩基度を適正な条件に制御して、脱燐反応を効率的に行う。【解決手段】 本発明の転炉における溶銑の脱燐処理方法は、転炉2内の溶銑18に上吹きランス5から酸素ガスを吹き付けるとともに、CaOを主成分とする脱燐用媒...

    転炉における溶銑の脱燐処理方法

  10. 【課題】低コストかつ簡易な手法で、脱燐スラグ中のP2O5含有量を、「く溶性燐酸を3.0%以上含有する」レベルに濃縮して、鉱さい燐酸肥料用原料を回収する技術を提供すること。【解決手段】溶銑の脱燐処理に伴い発生する脱燐スラグから、く溶性燐酸を3.0%以上含有する鉱さい燐酸肥料用原料を回収する方法であって、脱燐スラグを、炭酸ガスを溶解させた水中に投入して撹拌しながら炭酸化処...

    鉱さい燐酸肥料用原料回収方法

  11. 【課題】溶銑上のスラグをスラグドラッガーなどの機械除去装置にて除滓した後に発生してしまう発塵を出来る限り防止する。【解決手段】本発明に係る発塵防止方法は、溶銑鍋2内の溶銑1に浮かぶスラグ5を溶銑鍋2から除滓することによって露出した溶銑面に、粒径が3〜5mm以下の石灰粉体を80〜130kg/分で且つ10〜20Nm3/分の不活性ガスと共に吹き付ける。吹きつけ時には、石灰粉...

    発塵防止方法

  12. 【課題】低りん鋼の製造と、副生する製鋼スラグの強アルカリ化と膨張の抑制を、経済的に安定に両立させる。【解決手段】溶銑脱りんと転炉吹錬を行うプロセスにおいて、溶銑脱りん工程では脱炭滓と粒径1mm以下のCaO源を用い、その他にはCaO源を添加せずに脱りん処理を行う。溶銑の脱りん工程での塩基度を1.8以下とする。また、脱炭工程での塩基度を4.5以下とする。更に脱りん工程に用...

    安定なスラグを副生する製鋼方法

  13. 【課題】実質的にフッ素を含まない脱燐剤を使用して溶銑を脱燐処理する場合であっても、効率的に脱燐を進行させ、安定した操業を可能とする溶銑の脱燐処理を行う。【解決手段】転炉形式の炉を用いて、実質的にフッ素を含まない脱燐剤を使用して溶銑を脱燐処理する際に、脱燐処理後のCaOとSiO2の質量濃度比で定義されるスラグ塩基度を2.5、以上3.5以下にし、かつ脱燐処理後の溶銑鍋中の...

    脱燐処理後のスラグの排滓性向上方法およびそれを用いた溶銑の脱燐処理方法

  14. 【課題】安価な鉄源を製鋼工程にリサイクルすることにより、鉄鋼生産量を増大させることのできる経済性に優れたプロセスを提供する。【解決手段】鉄分を含有するダストを炭素含有物質とともに加熱還元して得られた還元鉄を溶銑脱燐炉に装入し、溶銑と接触させて溶解または溶解および還元することにより、溶銑中に溶鉄として回収する製鋼方法である。前記製鋼方法において、還元鉄中の硫黄含有率は0...

  15. 【課題】脱燐剤を酸素とともに溶銑に上吹きすることにより、高い脱燐処理能率および脱燐反応効率を得ることのできる溶銑の処理方法を提供する。【解決手段】高炉から出銑後に脱珪処理した溶銑を転炉型脱燐炉にて脱燐処理するに際して、脱珪処理溶銑を、溶銑が収容された溶銑鍋から上記脱燐炉に装入する前に、脱珪処理で生成したスラグを除去することなく、または上記スラグの一部を除去後、脱燐炉に...

    溶銑の処理方法

  16. 【課題】極低りん鋼溶製のために、効率良く確実に溶銑りん濃度を低位にすることができるようにする。【解決手段】脱炭工程に先だって上底吹き転炉型精錬容器にて気体酸素及び固体酸素源を供給して溶銑の脱りん処理を行うに際し、全酸素に対する前記固体酸素源の酸素比率を10〜60%とし、処理中に供給する酸素量であって脱珪反応に使用される酸素以外の酸素量を16Nm3/t〜22Nm3/tと...

    極低りん鋼溶製のための脱りん方法

  17. 【課題】 CaF2を使用せず、事前脱珪処理を省略した脱珪脱りん処理を短時間で安定して行う。【解決手段】溶銑の脱りんと転炉吹錬を行うプロセスにおいて、未脱珪溶銑を溶銑脱りん工程で固体酸素源として3000kg/m3以上の見かけ密度、3〜30mmの粒径を持つ固体酸素源を用いて脱りんを行う。また、脱りん工程において、脱炭滓脱炭滓、または粒径1mm以下のCaO源を用い、粒径1...

    溶銑の脱珪脱りん方法

  18. 【課題】 多種多様な鉄スクラップを鉄源として、各種の高品位鋼の製造に使用できる銑鉄を製造する実用的なプロセスを提供する。【解決手段】 上記課題を解決するための本発明に係る溶銑の製造方法は、鉄スクラップを鉄源として用いて炭素を含有する溶銑を電気炉にて製造する工程と、その後、該溶銑に対して脱銅処理を行う工程と、脱銅された溶銑と高炉にて製造された溶銑とを混合する工程と、...

    溶銑の製造方法

  19. 【課題】 多種多様な鉄スクラップを鉄源として、各種の高品位鋼の製造に使用できる銑鉄を製造する実用的なプロセスを提供する。【解決手段】 上記課題を解決するための本発明に係る溶銑の製造方法は、鉄スクラップを鉄源として用いて炭素を含有する溶銑をアーク炉にて製造する工程と、該溶銑と高炉にて製造された溶銑とを混合する工程と、混合した後の溶銑に対して脱硫処理を行う工程と、を有...

    溶銑の製造方法

  20. 【課題】フッ素含有物質を用いずに、CaO含有粉体を上吹きしつつ、且つ脱炭スラグを有効にリサイクル使用し、高い効率で脱燐できる溶銑脱燐方法を提供する。【解決手段】上底吹き機能を有する転炉形式の炉を用いて、フッ素含有物質を用いずにCaO含有粉体を上吹き酸素とともに溶銑浴面へ吹き付けて脱燐する方法において、脱燐吹錬前および脱燐吹錬の前半のうちのいずれか一方または両方において...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6