質量濃度比 に関する公開一覧

質量濃度比」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「質量濃度比」の詳細情報や、「質量濃度比」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「質量濃度比」の意味・用法はこちら

181〜182件を表示(182件中)10/10ページ目

  1. 【構成】パウダー中のB2O3濃度が1mass%以上10mass%未満、1573Kにおける粘度が1Pa・s未満、融点が1173K以上であり、(CaO+CaF2×0.718)/SiO2(質量濃度比)が 0.9以上 1.3未満、添加カーボン濃度が 1.0mass%以上、かさ密度が900kg/m3未満であるモールドパウダー。【効果】割れやブレークアウト等を生じることなく、鋳片...

    連続鋳造用モールドパウダー

  2. 【目的】カーボン濃度が30ppm 以下の極低炭素鋼でも、パウダから溶鋼へのカーボンの移行が少なくなるように、パウダ中の骨材カーボン量を低下させても融解を適正に制御可能な連続鋳造用モールドパウダを開発する。【構成】パウダ原料中の炭酸塩濃度を、CO2 濃度に換算して、4質量%以上、15質量%未満とし、(CaO+CaF2×0.718)/SiO2 質量濃度比を0.8 以上1....

    連続鋳造用モールドパウダ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10