質量濃度比 に関する公開一覧

質量濃度比」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「質量濃度比」の詳細情報や、「質量濃度比」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「質量濃度比」の意味・用法はこちら

121〜140件を表示(182件中)7/10ページ目

  1. 【課題】転炉型の精錬容器を用いた溶銑予備処理方法において、蛍石を使用することなく、少ないフラックス原単位で効率的な脱りんを行い、スラグ中のりん酸濃度を高めることが可能な溶銑予備方法を提供する。【解決手段】転炉型の精錬容器を用いて溶銑の脱りん処理を行う方法において、溶銑中のP濃度[質量%P]と溶銑中のSi濃度[質量%Si]が、下記[1]式の範囲になるように、脱りん処理前...

    溶銑予備処理方法

  2. 【課題】アクリル酸および(メタ)アクリル酸エステルを製造する方法に関するもので、反応生成物から副生物を効率よく、かつ安定して分離し、高純度のアクリル酸および(メタ)アクリル酸エステルを得ること。【解決手段】近赤外分光分析計を、任意の製造工程で得られる工程液の移送ライン上に設け、オンラインで前記工程液に含まれる不純物の濃度を分析し、この分析結果を指標として前記工程で分析...

    アクリル酸及び(メタ)アクリル酸エステルの製造方法

  3. 【課題】成形性と化成処理性に優れた540MPa級以上の高張力冷延鋼板の提供。【解決手段】質量%で、C:0.08〜0.30%、Si:0.30〜1.0%、Mn:1.0〜2.8%、P:0.05%以下、S:0.01%以下、Al:0.20〜1.5%、N:0.01%以下、場合によりV:0.1%以下、Ti:0.1%以下、Nb:0.1%以下、Mo:0.5%以下、Cr:0.5%以下、B...

    高張力冷延鋼板およびその製造方法

  4. 【課題】Laおよび/またはCeの添加により溶鉄中に効率よくP介在物を形成させて、溶解P濃度を低減するとともに、生成介在物を除去する必要のない処理方法を提供する。【解決手段】C:3.5%以下、Si:2.5%以下、Mn:3.0%以下、P:0.0001〜0.5%およびAl:3.0%以下を含有する溶鉄にLaおよび/またはCeを添加するに際し、スラグ中の(CaO/Al2O3)を...

    溶鉄のLaおよび/またはCe添加による処理方法

  5. 【課題】溶鋼の汚染を防止しつつ優れた保温効果を発揮する鋳造スタート用モールドパウダー、およびそのモールドパウダーを用いた連続鋳造方法を提供する。【解決手段】(1)CaO/SiO2が1.0〜1.9、Al2O3含有率が2〜18%、Na2O、Li2OおよびFの合計含有率が2〜25%であり、炭酸塩が炭素換算含有率2.5〜7.0%で、硝酸ソーダが含有率5.1〜8.0%で、炭素が...

  6. 【課題】粗大な第二相粒子の生成が抑制されたCu−Ni−Si−Co系合金を提供する。【解決手段】Cu−Ni−Si−Co系合金の製造工程において、(1)熱間圧延は950℃〜1050℃で1時間以上加熱後に行い、熱間圧延終了時の温度を850℃以上とし、15℃/s以上で冷却し、且つ、(2)溶体化処理は850℃〜1050℃で行い、15℃/s以上で冷却すること。本発明によれば、Ni...

  7. 【課題・解決手段】強度、導電率及びプレス打抜き性に優れたCu−Ni−Si−Co系合金を提供する。Ni:1.0〜2.5質量%、Co:0.5〜2.5質量%、Si:0.30〜1.2質量%を含有し、残部がCu及び不可避不純物からなる電子材料用銅合金であって、圧延方向に平行な断面で観察したときに、粒径が0.1μm以上1μm以下である第二相粒子の組成のばらつき及び面積率について、...

  8. 【課題】実質的にフッ素を含まない脱燐剤を使用して溶銑を脱燐処理する場合であっても、効率的に脱燐を進行させ、安定した操業を可能とする溶銑の脱燐処理を行う。【解決手段】転炉形式の炉を用いて、実質的にフッ素を含まない脱燐剤を使用して溶銑を脱燐処理する際に、脱燐処理後のCaOとSiO2の質量濃度比で定義されるスラグ塩基度を2.5、以上3.5以下にし、かつ脱燐処理後の溶銑鍋中の...

    脱燐処理後のスラグの排滓性向上方法およびそれを用いた溶銑の脱燐処理方法

  9. 【課題】端子、コネクタ、スイッチ、リレー用途に使用される素材として好適な強度、導電率及び曲げ加工性のバランスに優れた電子材料用銅合金を提供する。【解決手段】Co:1.00〜2.50質量%、Si:0.20〜0.70質量%を含有し、残部Cu及び不可避的不純物から構成され、CoとSiの質量濃度比(Co/Si比)が3.5≦Co/Si≦5であり、導電率が55%IACS以上、好ま...

  10. 【課題】Tb3+とYb3+間のエネルギー移動効率が高い、Tb3+とYb3+が添加されたアップコンバージョンガラスを実現すること。【解決手段】TeO2 とWO3 で構成され、TeO2 が68.5mol%、WO3 が31.5mol%の組成比とするテルライトガラスに、Tb3+とYb3+の合計の質量濃度が、25%となるよう添加した。このガラスは透明であり、Tb3+とYb3+の...

    アップコンバージョンガラス及び光増幅媒体

  11. 【課題】溶鋼の汚染を防止しつつ優れた保温効果を発揮するモールドパウダー、およびそのモールドパウダーを用いた連続鋳造方法を提供する。【解決手段】(1)CaO/SiO2が1.0〜1.9、Al2O3含有率が2〜18%、Na2O、Li2OおよびFの合計含有率が2〜25%であり、炭酸塩が炭素換算含有率0.8〜3.5%で、硝酸ソーダが含有率1〜5%で、炭素が含有率0.1〜10%で...

  12. 【課題】 本発明の課題は、強度と導電率を飛躍的に向上させた、優れた特性を有する電子材料用Cu−Ni−Si−Co−Cr系銅合金を提供することである。【解決手段】 Ni:0.5〜2.5質量%、Co:0.5〜2.5質量%、及びSi:0.30〜1.2質量%、Cr:0.09〜0.5質量%を含有し、残部Cuおよび不可避的不純物から構成される銅合金において、該合金組成中のNiと...

  13. 【課題】鋳片表面割れの発生しやすい溶鋼通過量6ton/min/str以上の高速鋳造下で鋳造する場合でも、鋳片表面割れを抑制することができ、かつ凝固シェル厚みを確保してブレークアウトの発生も抑制することができ、鋼の高品質化と生産性の向上とを両立させることが可能な鋼の連続鋳造用モールドパウダーを提供すること。【解決手段】CaOおよびSiO2を主成分とし、CaO/SiO2質...

  14. 【課題】 本発明は、耐火物の損耗、精錬能の低下およびスロッピング、さらにはCaO分の滓化不良といった問題を解決するもので、低Si濃度の溶銑を対象として、少量の副原料によって高効率かつ生産性の高い処理方法を提供することを目的とする。【解決手段】 Si濃度が0.20mass%以下の溶銑を処理炉で精錬する場合において、少なくとも一部にCaOとFetOとの化合物を含んだ、...

    反応効率の高い精錬方法

  15. 【課題】低炭素硫黄系快削鋼を、内部割れや表面割れの発生を起こすことなく連続鋳造できる方法を提供する。【解決手段】(1)C:0.05〜0.19%、Si:1.0%以下、Mn:0.4〜2.0%、P:0.001〜0.2%、S:0.2〜0.69%、Pb:0.01%未満、Al:0.2%以下、O(酸素):0.001〜0.02%およびN:0.001〜0.02%を含有し、残部がFeおよ...

    低炭素硫黄系快削鋼の連続鋳造方法

  16. 【課題】高強度及び高導電性を両立させた電子材料用Cu−Ni−Si合金を提供する。【解決手段】Niを1.0〜4.5質量%(以下%とする)、Siを0.25〜1.5%含有し、残部がCuおよび不可避的不純物からなる銅基合金において、NiとSiの質量濃度を[Ni]、[Si]とした場合のNiとSiの質量濃度比(以下[Ni]/[Si]とする)が4〜6で、且つ、(式1)で定義するχが...

  17. 【課題】本発明の目的は、上記事情を考慮して更なる鋳片品質を向上させるために、塩基度1.8以上の極めて高い領域でも安定且つスムースに溶融し、更に鋳片品質を向上する鋼の連続鋳造用モールドパウダーを提供することにある。【解決手段】本発明の鋼の連続鋳造用モールドパウダーは、JIS R8101に示されるゼーゲルコーンをJIS R2204に示す方法で試験用受台に設置し、5℃/分で...

  18. 【課題】比較的大きなAlN単結晶を簡易にかつ低コストで製造する。【解決手段】AlN単結晶の製造方法において、金属aとしてCr、Mn、Fe、Co、Cu、およびNiから選択された1種以上を含み、金属bとしてSc、Ti、V、Y、Zr、およびNbから選択された1種以上を含み、さらに成分cとしてAlを含むabc系合金の溶融液を窒素含有雰囲気下で調製し、そのabc系合金の融液を冷...

    AlN単結晶の製造方法

  19. 【課題】SIRSにおける多臓器不全を検査する、簡便で感度・定量性に優れた検査試薬および検査方法を提供する。【解決手段】血清などの体液中のチトクロムC量を、SIRSに伴う多臓器不全の指標として用いる。

    チトクロムC測定によるSIRSにおける多臓器不全の検査試薬

  20. 【課題】実質的にフッ素を含まない脱燐剤を使用して溶銑を脱燐処理する場合であっても、効率的に脱燐を進行させ、安定した操業を可能とする溶銑の脱燐処理を行う。【解決手段】転炉形式の炉を用いて、実質的にフッ素を含まない脱燐剤を使用して溶銑を脱燐処理する際に、脱燐処理後のCaOとSiO2の質量濃度比で定義されるスラグ塩基度を2.5以上、3.5以下に、脱燐処理後のスラグ中のT.F...

    脱燐処理後のスラグの排滓性向上方法およびそれを用いた溶銑の脱燐処理方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10