質量濃度比 に関する公開一覧

質量濃度比」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「質量濃度比」の詳細情報や、「質量濃度比」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「質量濃度比」の意味・用法はこちら

1〜15件を表示(15件中)1/1ページ目

  1. 【課題】粗大介在物、MnS、Ti系炭窒化物を同時に大幅低減すると同時に連続鋳造時の鋳造安定性を格段に向上させた鋼を工業的に容易に製造する。【解決手段】質量%で、C:0.002%以上0.400%以下、Mn:0.1%以上2.0%以下、Si:0.001%以上1.000%以下、S:0.001%以上0.005%以下、Al:0.005%以上1.000%以下、O:0.005%以下、...

    高清浄鋼とその精錬方法

  2. 【課題】土壌および水中における固液分離能、運搬性、および透水性などの性能が向上したDCPDである花冠状第二リン酸カルシウム二水和物を提供する。【解決手段】花冠状第二リン酸カルシウム二水和物は、微小粒子が放射状に凝集した花冠様の形状を有する花冠状第二リン酸カルシウム二水和物であって、前記花冠状第二リン酸カルシウム二水和物は、その体積基準の粒度分布をヒストグラムに基づく折...

    花冠状第二リン酸カルシウム二水和物、これを用いた土壌改良剤、歯科用研磨剤、および花冠状第二リン酸カルシウム二水和物の製造方法

  3. 【課題・解決手段】この快削性銅合金は、Cu:75.4〜78.7%、Si:3.05〜3.65%、Sn:0.10〜0.28%、P:0.05〜0.14%、及びPb:0.005%以上、0.020%未満を含み、残部がZn及び不可避不純物からなり、組成は以下の関係を満たし、 76.5≦f1=Cu+0.8×Si−8.5×Sn+P≦80.3、60.7≦f2=Cu−4.6×Si−0....

    快削性銅合金、及び、快削性銅合金の製造方法

  4. 【課題・解決手段】溶銑の脱燐効率を向上できる溶銑の脱燐方法を提供する。脱燐精錬剤を溶銑に添加して行なう溶銑の脱燐方法であって、脱燐精錬剤は、細孔径が0.1μm以上2.0μm以下の範囲内の全細孔容積の和が0.1mL/g以上であって、R−CO2が1質量%以上の範囲内の石灰系脱燐剤を含む。

    溶銑の脱燐方法

  5. 【課題・解決手段】本発明はモバイル機器の発熱解消のためのシールドカン(shield can)用素材、自動車及びその他の半導体リードフレーム用素材、自動車を含む産業全般にかけて使用されるコネクタ、リレー、スイッチなどのような電気電子部品用素材に適する耐熱性及び放熱性に優れた銅合金板材及びその製造方法を提供する。

    耐熱性及び放熱性に優れた銅合金板材

  6. 【課題】リン酸肥料とマンガン肥料の効果を併せ持ったリン酸肥料原料及びその製造方法を提供する。【解決手段】CaO、SiO2、P2O5、酸化鉄(Fe換算)及びMnOを合計で70質量%以上含有し、CaOとSiO2の質量濃度比で表示する塩基度αが1.5以上3.0以下であり、P2O5を8質量%以上(−4α2+23α−4)質量%以下、酸化鉄をFe換算で5質量%以上25質量%以下、...

    リン酸肥料原料及びその製造方法

  7. 【課題】RH式真空脱ガス処理装置(RH)にて精錬用フラックスを真空槽内溶鋼表面に吹き付ける処理において、高い脱硫率と清浄性を有する溶鋼の精錬用フラックスおよびそれを用いた溶鋼の精錬方法を提供する。【解決手段】RHにて精錬用フラックスを真空槽内溶鋼表面に吹き付ける精錬用フラックスとして、CaO、ランタノイド酸化物(RemO)、および金属CaまたはCa合金を含み、かつ、各...

    溶鋼の精錬用フラックスおよび溶鋼の精錬方法

  8. 【課題】酸化鉄を含むが、肥料効果の高いリン酸肥料原料とその製造方法を提供する。【解決手段】CaO、SiO2、P2O5、MgO、及び、酸化鉄(Fe換算)を合計で70質量%以上含有し、CaOとSiO2の質量濃度比で表示する塩基度αが1.5以上3.0以下であり、P2O5を8質量%以上(−4α2+23α−4)質量%以下、酸化鉄をFe換算で5質量%以上25質量%以下、MgOを8...

    リン酸肥料原料及びその製造方法

  9. 【課題】半導体材料上の銅を化学機械研磨(CMP)するためのCMP研磨配合物、方法及びシステムを提供し、低ディッシング及び高除去率を可能にする。【解決手段】CMP研磨配合物は、粒状物質と、少なくとも2種以上のアミノ酸を適度な質量濃度比で含み、酸化剤と、腐食防止剤と、水と、界面活性剤を含み、さらにpH調整剤、殺生物剤、分散剤及び湿潤剤からなる群より選択される少なくとも1種...

    低ディッシング銅化学機械平坦化

  10. 【課題】鉱物相組成を特定した、高い鉄イオン供給能力を有する製鋼スラグを原料とした肥料及びその製造方法を提供する。【解決手段】製鋼スラグを原料とする肥料であって、製鋼スラグの鉱物相は、ダイカルシウム・シリケート及びトリカルシウム・フォスフェイトを主成分とする固溶体相と、非結晶相とを含み、製鋼スラグにおける非結晶相の体積比は25%以上70%以下であり、製鋼スラグ中のFe2...

    高い鉄イオン供給能力を有する製鋼スラグを原料とした肥料及びその製造方法

  11. 【課題】酸化鉄を含むが、肥料効果の高いリン酸肥料原料とその製造方法を提供する。【解決手段】CaO、SiO2、P2O5、及び、酸化鉄(Fe換算)を合計で60質量%以上含有し、CaOとSiO2の質量濃度比で表示する塩基度αが1.5以上3.0以下であり、P2O5を8質量%以上(−4α2+23α−4)質量%以下、酸化鉄をFe換算で5質量%以上25質量%以下含有するリン酸肥料原...

    リン酸肥料原料及びその製造方法

  12. 【課題】Al濃度が0.1 質量%以上、2.0質量%以下の亜包晶鋼を連続鋳造した場合に、鋳片表面に発生する縦割れを防止する。【解決手段】CaO 、SiO2、アルカリ金属の酸化物、フッ素化合物を基本成分とし、溶鋼中に含有されるAlの質量濃度(質量%)をAとした場合に、鋳型内に供給する前の初期組成が、0.9 −0.35×A2 ≦f(1) =(CaO)h/(SiO2)h≦1....

  13. 【課題】従来一般的に用いられていたCaF2を使用せず、出鋼時に取鍋内へAlを添加して溶鋼を脱酸したり、溶鋼上のスラグを改質したりせずに、しかもCaO-Al2O3系のフラックスやCaOと金属CaまたはCa合金との混合物を脱硫剤として用いたりせずに、安価で合理的に溶鋼脱硫処理を行う。【解決手段】転炉を用いて溶鋼を製造した後、転炉から取鍋への出鋼中にAlを添加せずにSiとM...

    溶鋼の脱硫処理方法

  14. 【課題・解決手段】転炉型精錬炉内の溶銑を脱燐処理する際に、上吹きランスからの酸素ガス供給量に応じて上吹きランスからの脱燐用媒溶剤の供給量を適切に調整し、脱燐反応を効率的に行う。転炉型精錬炉2内の溶銑18に上吹きランス5から、酸素ガスを吹き付けるとともに、CaO系脱燐用媒溶剤20を酸素ガスの溶銑への衝突面に吹き付け、酸素ガスによって溶銑中の燐を酸化し、生成した燐酸化物を...

    溶銑の脱燐処理方法

  15. 【課題・解決手段】本発明は、酎酸化性に優れるとともに、処理製品等の相手材への付着を抑制することができる炭素材料及び熱処理用治具を提供することを目的としている。炭素−炭化ホウ素−炭化ケイ素焼結体である炭素質基材の表面に、炭化ケイ素から成る保護層が形成されていることを特徴とするものであり、上記保護層中の一部の炭化ケイ素は、上記炭素質基材の気孔中に浸透していることが望ましく...

    炭素材料及びこの炭素材料を用いた熱処理用治具