質量濃度比 に関する公開一覧

質量濃度比」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「質量濃度比」の詳細情報や、「質量濃度比」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「質量濃度比」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(182件中)3/10ページ目

  1. 【課題】高温で母材溶解させることなく、鉄と亜鉛からなる鉄亜鉛化合物を作製する。【解決手段】平均粒径が100μm未満1μm超の鉄および亜鉛の粉末を真空もしくは不活性ガス中で混合した後、該粉末を外部の圧力を内部に伝えるBN製の容器内に入れ、該容器全体を該粉末と鉄/亜鉛比率の違いが10%以下である鉄および亜鉛の粉末、もしくは、BN粉中に入れて外部より圧力を加えながら、420...

    鉄亜鉛化合物の製造方法

  2. 【課題】 実施形態は、入出力特性又は寿命特性に優れる非水電解質電池、電池モジュール及び車両を提供する。【解決手段】 実施形態の電極は、集電体と、集電体上に電極合剤層を有し、電極合剤層は、集電体側に第1領域と、集電体側とは反対側に第2領域を有し、第2領域は、アクリル系樹脂を少なくとも含むバインダー含み、第2領域中のアクリル系樹脂に対する、第1領域中のアクリル系樹脂の...

    電極、電極体、二次電池、電池モジュール及び車両

  3. 【課題・解決手段】繊維表面の少なくとも1部に防汚性を有する樹脂が固着した繊維構造物であって、透過電子顕微鏡により観察される酸化オスミウムに染色された領域が該樹脂の内部の少なくとも1部に存在し、該領域の少なくとも1つは、円形であり、該領域の最大径は100nm以上、500nm以下であり、さらに繊維表面をエネルギー分散型X線分析装置で測定した際の酸素原子とフッ素原子の質量濃...

    防汚性繊維構造物

  4. 【課題】有機電界発光素子や有機電気化学発光素子等に適用でき、従来よりも昇華性に特に優れた、室温下で青色発光性の新規イリジウム錯体の提供。【解決手段】一般式(1)で表されるイリジウム錯体。(R1はアルキル基;mは2又は3;nは0又は1;m+n=3;Lはモノアニオン性2座配位子)。

    フッ素置換イリジウム錯体ならびに該化合物を用いた発光材料および有機発光素子

  5. 【課題】酸化鉄を含むが、リン酸濃度が高く、肥料効果の高いリン酸肥料原料を製造するのに適した脱リンスラグを合理的に、かつ低コストで製造し、さらに、その脱リンスラグを適切にリン酸肥料原料とする方法を提供する。【解決手段】リン濃度が0.5〜4質量%の溶銑を、塩基度が0.8〜1.5でt.Fe濃度が10質量%以上のフラックスを用いるとともに酸素を吹き込んで、処理終了時の温度を1...

    脱リンスラグ及びリン酸肥料原料の製造方法

  6. 【課題・解決手段】耐応力腐食割れ性、応力緩和特性、引張強度、耐力、導電性、曲げ加工性、はんだ濡れ性に優れた銅合金板を提供する。この銅合金板は、4〜14質量%のZnと、0.1〜1質量%のSnと、0.005〜0.08質量%のPと、1.0〜2.4質量%のNiとを含有し、残部がCu及び不可避不純物からなり、7≦[Zn]+3×[Sn]+2×[Ni]≦18、0≦[Zn]−0.3×...

  7. 【課題・解決手段】フッ素を用いずに所定の脱硫能を得ながらも脱硫処理に掛かるコストを低減することが可能な溶銑の脱硫方法および脱硫剤を提供すること。溶銑(16)を撹拌させて脱硫処理する際に、溶銑(16)に、カルシウムアルミネートと生石灰とを、質量濃度比Al2O3/(Al2O3+CaO)が0.01以上0.20以下、かつ脱硫剤(18)中のカルシウムアルミネートの混合率が0ma...

    溶銑の脱硫方法および脱硫剤

  8. 【課題】本発明は、溶銑脱珪処理時の鉄分のロス、及び主に含有Pに起因する発生スラグの再利用の障害という課題、さらにMn添加に掛るコストが高いという課題を解決する。【解決手段】溶銑と、酸素を含むガス、または、酸化鉄を含む精錬剤とを反応せしめる溶銑予備処理を、処理後のスラグの塩基度が0.5以下となるように行い、得られたスラグを転炉における脱炭工程で再利用する。

    発生スラグの利用方法

  9. 【課題】精錬炉において、滓化促進材となるAl2O3を多量に添加しても、スラグフォーミングを抑制すると共に耐火物の溶損抑制が可能な溶銑の精錬方法を提供する。【解決手段】予め脱珪及び脱りんの溶銑予備処理を実施した溶銑を精錬炉に装入し、精錬炉内にAl2O3を添加して脱炭処理を行った後、精錬炉からの出鋼及び排滓を行う溶銑の精錬方法において、精錬炉内に、脱炭処理後の精錬炉内のス...

    溶銑の精錬方法

  10. 【課題】 転炉内の溶銑に上吹きランスから酸素ガスとともに脱燐用媒溶剤を吹き付けて溶銑を脱燐処理する際に、脱燐処理開始から脱燐処理終了まで、炉内に存在するスラグの塩基度を適正な条件に制御して、脱燐反応を効率的に行う。【解決手段】 本発明の転炉における溶銑の脱燐処理方法は、転炉2内の溶銑18に上吹きランス5から酸素ガスを吹き付けるとともに、CaOを主成分とする脱燐用媒...

    転炉における溶銑の脱燐処理方法

  11. 【課題】 従来のR−T−B系磁石と比較して、磁気特性を著しく低下させることなく、温度特性に優れた永久磁石を提供すること【解決手段】 原料となるR−T−B系磁石に長時間熱処理を施すことにより、主相粒子をコアシェル化し、コア部と前記コアを被覆するシェル部を有する主相粒子を含み、前記コア部におけるR1とYの質量濃度をそれぞれαR1、αY、前記シェル部におけるR1とYの質...

  12. 【課題】 従来のR−T−B系磁石と比較して、磁気特性を著しく低下させることなく、めっきとの密着強度に優れた永久磁石を提供すること【解決手段】 Rとして、R1とCeを必須とするR−T−B系磁石において、原料となるR−T−B系磁石に長時間熱処理を施すことにより、主相粒子をコアシェル化し、コア部におけるR1とCeの質量濃度をそれぞれαNd、αCe、前記シェル部におけるR...

  13. 【課題】携帯電話や種々小型電子機器等に組み込まれて動作用又は接点用ばね等として用いられ、Beなどの有害な元素を含まず、導電性とばね特性、特に通電時の発熱に伴う熱へたり性に優れた高強度・高導電性の銅合金細線、銅合金ばね及び銅合金ばねの製造方法を提供する。【解決手段】本発明は、質量%で、Ni:5.0〜15.0%、Al:0.5〜5.0%、Si:0.3〜3.0%を含有して残部...

    高強度・高導電性の銅合金細線、銅合金ばね及び銅合金ばねの製造方法

  14. 【課題】亜包晶鋼の連続鋳造時、鋳片表面に発生する縦割れを防止する。【解決手段】亜包晶鋼の連続鋳造に使用するモールドフラックスである。CaO、SiO2、アルカリ金属酸化物、及びフッ素化合物を基本成分として、1.1≦(CaO)h/(SiO2)h≦1.9、0.10≦(CaF2)h/((CaO)h+(SiO2)h+(CaF2)h)≦0.40、及び0≦(アルカリ金属の弗化物)h...

  15. 【課題】鋼材表面に形成された酸化皮膜の除去性に優れたフェライト系ステンレス鋼を提供する。【解決手段】成分組成が、質量%で、C:0.001〜0.030%、Si:0.03〜0.30%、Mn:0.30%超2.00%以下、P:0.05%以下、S:0.005%以下、Cr:22.0%超28.0%以下、Ni:0.01%以上0.30%未満、Mo:0.2〜3.0%、Al:0.01〜0....

  16. 【課題・解決手段】本発明は生体試料よりRNAを分解生成する方法を公表する。本方法は次の工程を含む。(1)組織器官とホルムアミド、一価陽イオン塩水溶液とを混合、ホモジネートして、脱水生体試料を取る;(2)脱水生体試料を一価陽イオン塩水溶液とミックスして、インキュベートする;(3)沈殿機能をする一価陽イオン塩水溶液を入れて、ホモジネートミックスして、遠心してから、上清澄液...

    生体試料よりRNAを分離精製する方法

  17. 【課題・解決手段】質量%で、Ni:3.0〜15.0%、Al:0.5〜5.0%、Si:0.1〜3.0%を含有して残部Cuおよび不可避的不純物で構成された銅合金の線条材料であって、引張強さ(σB)900〜1300MPa、導電率10〜22%IACSを備え、その特性に加え、その所定断面におけるX線回折法で、Cu(111)、Cu(200)、Cu(220)各々の回折強度をA、B、...

    銅合金線及び銅合金ばね

  18. 【課題・解決手段】銅合金熱間鍛造品は、0.21〜0.44mass%のCoと、0.06〜0.13mass%のPと、0.003〜0.08mass%のSnと、0.00003〜0.0030mass%のOとを含有し、残部がCu及び不可避不純物からなる合金組成であり、Coの含有量[Co]mass%とPの含有量[P]mass%との間に、3.1≦([Co]−0.005)/([P]−0...

    銅合金熱間鍛造品及び銅合金熱間鍛造品の製造方法

  19. 【課題】溶鋼に巻き込まれにくく、スラブからスケールを剥離させやすくすることができるモールドフラックス、および該モールドフラックスを用いた鋼の連続鋳造方法を提供する。【解決手段】CaOおよびSiO2を主成分として含み、CaOの前記SiO2に対する質量濃度比(CaO/SiO2)が1.3以上2.0以下であり、B2O3を5質量%以上15質量%含み、Fを2質量%以上15質量%以...

    鋼の連続鋳造用モールドフラックスおよび連続鋳造方法

  20. 【課題・解決手段】従来のβ型サイアロン蛍光体よりも輝度を向上させた蛍光体を提供する。製造後のβ型サイアロン蛍光体中に、Al、O(酸素)、Euを特定濃度で含有することで、蛍光体の輝度が向上された蛍光体が提供される。すなわち、Si、Al、O、N、およびEuを含有するβ型サイアロン蛍光体であって、蛍光体中のAl濃度が0.80質量%以上、2.25質量%以下であり、O濃度が0....

    蛍光体、およびそれを用いた発光装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10