見積り基準データ に関する公開一覧

見積り基準データ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「見積り基準データ」の詳細情報や、「見積り基準データ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「見積り基準データ」の意味・用法はこちら

1〜8件を表示(8件中)1/1ページ目

  1. 【課題】容易にコスト算出を行うと共に、有効な経済評価を簡単に行うことができる自動車部品開発支援システムを提供すること。【解決手段】データ入力を行う入力手段10は、自動車部品の構成データを入力する構成データ入力部12と、自動車部品に対する比較条件を入力する比較条件入力部13とを有し、データを格納したデータベース20は、自動車部品の構成データを格納する構成データ格納部21...

    自動車部品開発支援システム

  2. 【課題】製造ラインの各プロセス間で扱う情報を一元化することで生産性の高い製造ラインを短期間で設計すること。【解決手段】工程設計、レイアウト設計及び生産能力設計の相互間において製品・製造データベース7を介して各情報の受け渡しを行ない、少なくとも製品の形状及び製品の部品構成情報に基づいて工程フローを作成し、この工程フローと、製品を製造するための少なくとも設備及び作業者から...

    製造ライン設計方法及びその装置並びに工程設計方法

  3. 【課題】 ソフトウェア開発における間接費を比較的容易に見積もることが可能な見積り作業支援システム、及び見積り作業支援装置、見積り作業支援方法を提供する。【解決手段】 ソフトウェアの開発費用を直接費と間接費の項目に分割し、直接費の算出基準となる基幹情報と、この基幹情報を基に割り出した間接費の見積り基準データをデータベースに格納し、開発対象ソフトウェアの開発情報を入力...

    見積り作業支援システム、見積り作業支援装置及び見積り作業支援方法

  4. 【課題】複数の製造者の見積りを比較・検討できるようにすること。【解決手段】開発部門10が提供する部品のCADデータ等の情報に対して複数のメーカ13からコスト要因データが提供されてデータベース15,16に格納される。製造コストは、コスト要因データに基づいて各メーカ単位で算出され表示される。提供された情報の閲覧、データベース15,16上のコスト要因データの閲覧、データベー...

    製品コスト見積り方法および装置

  5. 【課題】見積り要素や原単位表、見積り計算式などの見積り基準の変更に依存することなく工数見積りを行う。【解決手段】見積り要素と原単位表とを参照し、少なくとも四則演算ルールにより記述された見積り計算式を演算して工数の見積りを行うに際し、この見積り計算式から見積り要素を抽出し、この見積り要素を標準ソースコードを参照して予め実装されたプログラミングルールで実行可能なソースプロ...

    工数見積り方法及びその装置並びに記憶媒体

  6. 【課題】製品開発の上流段階で設計者が自ら短時間にしかも高精度にコストや工数を試算でき、製品立ち上げ時間を大幅に短縮できる環境を作り出すこと。【解決手段】3次元CAD10から見積もりに必要なパラメータを取得する見積り要素抽出部16と、この取得されたパラメータに基づいて加工工程を設定する工程設定部17と、この加工工程ごとの加工工数を見積もる工数見積り部18と、この加工工数...

    製品製造の見積り方法及びその装置並びに記憶媒体

  7. 【課題】人手を省力化し、転記ミスを削減し、より多角的な調整作業を実施することができる価格積算データ調整システムを提供すること。【解決手段】基準価格積算処理手段1の基準価格積算処理部8で主に装置の構成データ5と単価データ6により積算処理を行って価格積算データ9を作成する。価格積算データ調整処理手段2の価格調整用データ作成処理部11で価格積算データ9を編集して、価格調整元...

    価格積算データ調整システム

  8. 【課題】製造工程の詳細について決定する以前の設計の初期段階で、製品のコスト見積りを可能とすることを課題とする。【解決手段】入力操作を受け入れる入力装置と、情報を表示する表示装置と、入力装置からの入力を受け入れて処理する入力情報処理部と、入力された情報を基に製造コストを計算するコスト計算処理部と、処理された情報を表示装置に表示する結果表示部とからなるコスト見積り装置およ...

    コスト見積り装置およびその見積り方法