補足物質 に関する公開一覧

補足物質」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「補足物質」の詳細情報や、「補足物質」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「補足物質」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(224件中)1/12ページ目

  1. 【課題】ベクターで安定にトランスフェクトされた不死化ヒト細胞系の無血清製造方法の開発。【解決手段】特異的ベクターの使用により、目的とするタンパク質をコードする遺伝子を含有するベクターで、無血清条件下において安定にトランスフェクトされた不死化ヒト細胞系を無血清製造するための方法を開発した。該方法により得られる生産細胞系、該生産細胞系を使用する目的とするタンパク質の製造方...

    ヒト細胞系における組換えヒトタンパク質の無血清安定トランスフェクションおよび製造

  2. 【課題】細胞退行分化、形質転換及び真核細胞再プログラミングのための方法、更に、インヴィトロ退行分化及びインヴィトロ再プログラミングの工程後に、患者に移植され得る細胞、細胞系、及び組織に関する。【解決手段】特定の実施形態では、細胞は、神経幹様細胞(NSLCs)を含む幹様細胞(SLCs)である。更に、これら細胞をヒト体細胞及び他の型の細胞から再生させるための方法に関する。...

    細胞の再プログラミングのための方法とその用途

  3. 【課題・解決手段】本発明は、細胞培養プロセス中に哺乳動物宿主細胞により発現される組換えタンパク質のグリコシル化を調節するための方法及び組成物に関する。また、二糖類又は三糖類を含む細胞培養培地中で、浸透圧を一定に維持しながら組換えタンパク質を発現する宿主細胞を培養する方法も開示される。

    組換えタンパク質の生産プロフィールの調節方法

  4. 【課題・解決手段】網膜色素上皮細胞を産生する方法が開示される。網膜色素上皮細胞を含む細胞集団およびその使用も開示される。

    網膜色素上皮細胞の調製法

  5. 【課題】ニューロンの軸索退縮を予防するための幹細胞の使用の提案。【解決手段】本発明は概して、ニューロン損傷の治療を対象とする。特に、本発明は、急性または慢性の神経系損傷の間に生じる、活性化マクロファージとジストロフィー軸索の相互作用の結果として起こる軸索退縮(「ダイバック」)を低減することを対象とする。本発明はまた、軸索成長/再生を促進することを対象とする。本発明は具...

    ニューロンの軸索退縮を予防するための幹細胞の使用

  6. 【課題・解決手段】本出願は、一態様において、コンジュゲート部分にコンジュゲートしたFc含有ポリペプチドを含むFc含有ポリペプチドコンジュゲートであって、当該Fc含有ポリペプチドが、N−グリコシル化部位に隣接するアクセプターグルタミン残基を含むN−グリコシル化Fc領域を含み、ならびに当該コンジュゲート部分が、当該アクセプターグルタミン残基を介してFc含有ポリペプチドにコ...

    酵素的方法による均一抗体薬物コンジュゲート

  7. 【課題】向上した薬物動態学的特性及び治療的特性を有する生物適合性ポリマー−複合機能性FVIIIポリペプチドを提供する。【解決手段】因子VIIIプロコアグラント活性を有する単離されたポリペプチド複合体であって、重鎖および軽鎖を有する機能性因子VIIIポリペプチドを含んでなり、該機能性因子VIIIポリペプチドが重鎖のみにおいて1個もしくはそれ以上の生物適合性ポリマーに共有...

    FVIIIの特定部位の変更

  8. 【課題・解決手段】この免疫測定装置は、第1反応容器に検体を分注するための検体分注部と、第1反応容器に固相試薬、標識試薬を分注する試薬分注部と、目的物質と標識物質とを含む免疫複合体が形成された固相担体と液体成分とを分離するBF分離部と、測定部と、第1反応容器を移送する移送部とを備える。試薬分注部は、第1反応容器に固相担体から免疫複合体を遊離させるための遊離試薬を分注する...

    免疫測定装置

  9. 【課題】Fabアーム交換を受ける能力が低減され、安定化されたIgG4抗体、該抗体を産生する方法、及び該抗体の薬剤としての用途を提供する。【解決手段】重鎖と軽鎖とを含む、薬剤として用いるための安定化されたIgG4抗体であって、該重鎖が409位のArg残基、405位のPhe残基、又は370位のLys残基の置換を有するヒトIgG4定常領域を含み、該抗体が409位に対応する位...

    安定なIgG4抗体

  10. 【課題】ニューロンの軸索退縮を予防するための幹細胞の使用の提案。【解決手段】本発明は概して、ニューロン損傷の治療を対象とする。特に、本発明は、急性または慢性の神経系損傷の間に生じる、活性化マクロファージとジストロフィー軸索の相互作用の結果として起こる軸索退縮(「ダイバック」)を低減することを対象とする。本発明はまた、軸索成長/再生を促進することを対象とする。本発明は具...

    ニューロンの軸索退縮を予防するための幹細胞の使用

  11. 【課題・解決手段】本発明は、タンパク質またはペプチドのSN−38複合体、好ましくは抗体または抗原結合型抗体フラグメントの免疫複合体を調製するための改良された方法及び組成物に関する。より好ましくは、SN−38は、CL2Aリンカーを用いて、抗体または抗体フラグメントあたり1〜12、より好ましくは6以下の、最も好ましくは1〜5のSN−38部分で抗体または抗体フラグメントへ結...

    CL2Aリンカーを有する抗体−SN−38免疫複合体

  12. 【課題】細胞退行分化、形質転換及び真核細胞再プログラミングのための方法。【解決手段】1つ以上の再プログラミング剤の細胞内レベルを一過性的に増加させて、1つ以上の遺伝子調節因子の内因性発現を直接又は間接的に誘導させることと、細胞の形質転換を支援するための条件中に配置させて、並びに再プログラミング剤の不在下で1つ以上の遺伝子調節因子を安定して発現させるために十分な期間時間...

    細胞の再プログラミングのための方法とその用途

  13. 【課題・解決手段】本発明の局面は、ベンジルイソキノリンアルカロイド(BIA)を産生するように操作された宿主細胞を含む。宿主細胞は、出発化合物からBIAへの宿主細胞の合成経路に関与する様々な酵素の異種コード配列を含む。また、宿主細胞の異種コード配列によってコードされる酵素の発現を促進する培養条件下で宿主細胞を培養することによって、関心対象のBIAを産生する方法も提供され...

    ベンジルイソキノリンアルカロイド(BIA)産生微生物、ならびにそれらを作製および使用する方法

  14. 【課題】ニューロンの軸索退縮を予防するための幹細胞の使用の提案。【解決手段】本発明は概して、ニューロン損傷の治療を対象とする。特に、本発明は、急性または慢性の神経系損傷の間に生じる、活性化マクロファージとジストロフィー軸索の相互作用の結果として起こる軸索退縮(「ダイバック」)を低減することを対象とする。本発明はまた、軸索成長/再生を促進することを対象とする。本発明は具...

    ニューロンの軸索退縮を予防するための幹細胞の使用

  15. 【課題】複数のモジュールへの電力供給を確実に一括して遮断する。【解決手段】検体測定装置(200)は、第1モジュール(62)および第2モジュール(61)を備え、第1接続部(511)と第1モジュール(62)との間の配線経路(Q1)、および前記第2接続部(510)と前記第2モジュール(61)との間の配線経路(P1)を機械的に一括して遮断する断路部(65)と、を備える。

    検体測定装置、電力供給の遮断方法

  16. 【課題】免疫検査に関する測定を円滑かつ適正に行うことができる検体測定装置および検体測定方法を提供する。【解決手段】検体測定装置100は、検体容器10を閉栓している栓体11を貫通可能で、栓体11により閉栓された検体容器10に収容された検体の吸引および吐出が可能なノズル31を有し、ノズル31により検体を検体容器10から使い捨ての他の容器20に分注する分注機構30と、ノズル...

    検体測定装置および検体測定方法

  17. 【課題】血液凝固検査に関する測定と、血液凝固検査とは異なる検査に関する測定とを行う場合に、血液凝固検査に関する測定を適正に行うことができる検体測定方法および検体測定装置を提供する。【解決手段】血液凝固検査に関する第1測定と、血液凝固検査とは異なる検査に関する第2測定とを行う検体測定方法において、ステップS3において第1測定に用いられる検体を検体容器から第1容器に分注し...

    検体測定方法および検体測定装置

  18. 【課題】ヒトCGRP受容体結合タンパク質の提供。【解決手段】ヒトCGRP受容体(CGRP R)に結合する抗原結合タンパク質を提供する。抗原結合タンパク質をコードする核酸、ベクター、および抗原結合タンパク質をコードする細胞も提供される。本抗原結合タンパク質は、CGRP RのCGRPへの結合を阻害することができ、片頭痛の治療および/または予防を含む、多数のCGRP ...

    ヒトCGRP受容体結合タンパク質

  19. 【課題・解決手段】結晶形の5−アミノ−2,3−ジヒドロ−1,4−フタラジンジオン(ルミノール)を製造するための新規な方法が提供される。この結晶形を検出剤として、または法医学目的のための薬剤として有利に使用すること、ならびに前記結晶形を含有する医薬組成物が開示されている。

    5−アミノ−2,3−ジヒドロフタラジン−1,4−ジオンの結晶形の製造方法

  20. 【課題・解決手段】本発明は、パーソナルケア組成物、特に皮膚美白組成物の分野に関する。ナイアシンアミドは、メラノサイトからケラチノサイトへのメラノソーム転送を低下させ、それにより皮膚美白をもたらすと考えられている。しかし、ナイアシンアミドは、メラノサイト中のメラニン含量に直接影響を及ぼすことはほとんど、または全くないことが知られている。したがって、メラノソーム転送の低下...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 12