血管抵抗値 に関する公開一覧

血管抵抗値」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「血管抵抗値」の詳細情報や、「血管抵抗値」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「血管抵抗値」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(28件中)1/2ページ目

  1. 【課題】流体指標の信頼性を示す情報を提供すること。【解決手段】実施形態の医用情報処理装置は、取得部と、特定部と、出力部とを備える。取得部は、被検体の血管が描出された医用画像データを取得する。特定部は、前記医用画像データから血管形状を抽出し、抽出した前記血管形状から各領域における蛇行の程度を求め、前記蛇行の程度に基づいて、血管内にデバイスが挿入されることで前記蛇行の程度...

    医用情報処理装置、医用情報処理システム及び医用情報処理方法

  2. 【課題・解決手段】MVOは、心臓の自然な圧送が罹患した微小血管に注入物を押し込むことを助けるように、逆行性流れを遮断しつつ正確な流量でMVOに罹患した血管に注入物を導入することによって治療される。閉塞バルーンの遠位圧力を監視することによって、治療の有効性および心臓の健康状態を判定する。

    MVOを治療するためのシステムおよび方法

  3. 【課題】患者別の血管の情報を決定する方法に関する。より詳細には、簡略化された冠循環モデルを適用した患者別の心臓血管情報を決定する方法に関するものである。また、患者別に動脈から発源する血管の分枝に対する血流量を決定する方法に関する。【解決手段】コンピューターを利用して、心血管情報を決定する方法は、大動脈から発源する複数の冠状動脈を含む画像データの提供を受けるステップと、...

    患者別の血管情報を決定する方法

  4. 【課題・解決手段】一酸化炭素放出有機分子が、本明細書に記載されている。該分子は、投与前に(例えば、ex vivoで)合成することができ、またはin vivoで形成させることができる。該分子がin vivoで形成される実施形態では、反応剤は、生理学的条件下で投与されて、環化付加反応を受け、一酸化炭素を放出する生成物を形成する。in vivoでの治療用途にこのよう...

    治療用途のための一酸化炭素放出分子ならびにその作製および使用の方法

  5. 【課題・解決手段】流量センサを用いる流量モニタリングとともに組織に対する処置を行うデバイスおよび方法が提供される。デバイスは、長尺部材と長尺部材の上に配置された少なくとも1つの流量センサとを含む。流量センサは、少なくとも1つの温度センサと、空洞を有する少なくとも1つの加熱素子とを含む。少なくとも1つの温度センサの少なくとも一部は空洞に収容される。温度センサの温度測定値...

    流量センシングを含むカテーテルまたはガイドワイヤデバイスおよびその使用

  6. 【課題】本発明は、患者別の血管の情報を決定する方法に関するものである。より詳細には、簡略化された冠循環モデルを適用した患者別の心臓血管情報を決定する方法に関するものである。また、患者別に動脈から発源する血管の分枝に対する血流量を決定する方法に関するものである。【解決手段】本発明に係るコンピューターシステムを利用して、心血管情報を決定する方法は、大動脈から発源する複数の...

    患者別の血管の情報を決定する方法{METHOD  FOR  DETERMINING  PATIENT−SPECIFIC  BLOOD  VESSEL  INFORMATION}

  7. 【課題・解決手段】部分的に、本開示は、血管データを使用してステント展開場所及び他のパラメータを決定することに関する。ステント留置されていない血管に対するステント留置から回復された血流の量が1つ又はそれよりも多くの評価指標だけ増大するようステント展開を計画することができる。エンドユーザは、ある範囲のステント長を含む、1つ又はそれよりも多くのステント長を特定することができ...

    ステント計画システム及び血管表現を使用する方法

  8. 【課題】 体表面からの迷走神経電気刺激により埋め込み型と同等の効果を得ることができ、かつ、心機能監視装置を備えた、安全で簡便、安価な心機能監視装置付き表面式迷走神経電気刺激装置を提供する。【解決手段】 体表面からの迷走神経電気刺激により神経活動を修飾する迷走神経電気刺激装置において、左側頸動脈外後方に沿って走行する迷走神経(B)を刺激する陽極と陰極から成る迷走神経...

    心機能監視装置付き表面式迷走神経電気刺激装置

  9. 【課題】簡便に、脳血流状態および血管抵抗を測定できる電磁血流計および血管検査システムを提供する。【解決手段】電磁血流計101は、一対の励磁コイル1a,1bと、一対の電極2a,2bと、フレーム31とを備える。フレーム31は、略コの字型形状をしており、略コの字型両サイドには、励磁コイル1a,1bが対向する様に配置されている。励磁コイル1a,1bは、調整ネジ32により位置が...

    電磁血流計

  10. 【課題・解決手段】心拍出量を確定するシステムおよび方法が開示される。心拍出量を確定する例証的な方法は、肺動脈内に配置された圧力センサを使用して動脈圧力波形を検知すること、検知された動脈圧力波形を使用して肺動脈弁に関連する弁閉鎖時間を識別すること、動脈圧力波形の収縮期部分を使用して一回拍出量を推定すること、および、推定された一回拍出量に基づいて心拍出量の値を取得することを含む。

    肺動脈圧力測定値を使用して心拍出量を確定するシステムおよび方法

  11. 【課題】粘性率分布およびずり応力分布を測定する血液力学特性測定装置を提供すること。【解決手段】経皮的に血管内の血流に向けて超音波等の波動を入射させ、その血管内の血液中に含まれる血球成分からの散乱エコーを受信した後、超音波ドプラ計測によって血流速度分布を計測する手段4と、血流速度分布に基づいて、2次元または3次元のナビエ-ストークス方程式より、血液の粘性率分布及び/また...

    血液力学特性測定装置

  12. 【課題・解決手段】(要約)(課題) 患者の血行動態を解析することにより、心疾患の異常をきたす原因を正確に診断し、この診断結果に応じて自動的に投薬を行い、心疾患を治療する心疾患治療システムの提供。(解決手段) 患者の心拍出量値と、左心房圧値及び/又は右心房圧値を入力する入力手段2と、入力された前記心拍出量値及び前記左心房圧値又は右心房圧値から、左心機能値又は右心機能...

    心疾患治療システム

  13. 【課題・解決手段】超音波診断撮影システムは、ピーク又は平均速度等のパラメータが自動的にトレースされるスペクトルドップラ表示を生成する。ユーザが、自動的に描画されたトレース(30)に満足しない場合、ユーザは、トレースにおける点(82,86)をつかむように表示スクリーンにおいてカーソル(88)を操作し、スペクトル表示に対して新しい位置にトレースをドラッグし、又はそのトレー...

    ドップラ速度スペクトルにおける流速の調節可能トレース方法及び装置

  14. 【課題・解決手段】埋込み可能な心臓デバイスが、1つまたは複数の埋込み可能な圧力センサから血圧波形を収集するように構成されプログラミングされる。検知された心臓サイクルと位置合わせされた波形を平均化することによって、この圧力波形から特徴を抽出し、かつノイズを減少させるための技術が記載される。ノイズはまた、他のセンサ・データに従って行われるゲーティングおよび較正機能によって...

    埋込み可能なデバイスによる血圧測定のための技術

  15. 【課題・解決手段】本発明は、高密度集束超音波(HIFU)を追尾し、誘導するためのシステム及び方法を提供している。より具体的には、開示されたシステム及び方法は、HIFUが可能なトランスデューサの、ターゲット領域に対する焦点位置を検出するために、音響的な照射による力のパルス(ARFI)撮像の使用を含む。当該焦点位置は、次に、所望する治療部位と比較され、これによって、前記ト...

    高密度集束超音波ビームを追尾し、誘導するシステム及び方法

  16. 【課題・解決手段】1つ以上の心臓血管パラメーターが、動脈血圧波形(P(t))の関数として、特に、1より大きい次数を有する別個の表現(P(k))の圧力波形の少なくとも1つの統計学的モーメント(μ2P、μ3P、およびμ4P)を用いて推定される。動脈圧力は、侵襲的にまたは非侵襲的に測定され得る。動脈コンプライアンス(K)、指数圧力減衰定数(τ)、血管抵抗(R)、心臓拍出量(...

    動脈圧力に基づく、心臓血管パラメーターの自動決定

  17. 【課題】粘性率分布およびずり応力分布を測定する血液力学特性測定装置を提供すること。【解決手段】経皮的に血管内の血流に向けて超音波等の波動を入射させ、その血管内の血液中に含まれる血球成分からの散乱エコーを受信した後、超音波ドプラ計測によって血流速度分布を計測する手段4と、血流速度分布に基づいて、2次元または3次元のナビエ-ストークス方程式より、血液の粘性率分布及び/また...

    血液力学特性測定装置

  18. 【課題】患者の心臓酸素消費量を高い精度で推定することができる上に、心臓酸素消費量を最小化することができる心臓酸素消費量自動最小化システムおよび心疾患治療システムを提供する。【解決手段】心疾患治療システム10は、少なくとも心拍数を含む、患者20の血行動態指標を入力する入力部12と、入力部12から入力される血行動態指標に基づいて、患者20の心臓酸素消費量の推定値を算出する...

    心臓酸素消費量自動最小化システムおよびこれを用いた心疾患治療システム

  19. 【課題・解決手段】患者の血行動態を解析することにより、心疾患の異常をきたす原因を正確に診断することを可能にする心疾患診断システムの提供を目的とする。この心疾患診断システムは、患者の心拍出量値と、左心房圧値及び/又は右心房圧値を入力する入力手段2と、入力された前記心拍出量値及び前記左心房圧値又は右心房圧値から、左心機能値又は右心機能値を算出する第1算出手段31と、前記第...

    心疾患診断システム

  20. 【課題】 人体の動作に対する心拍数及び血圧を高精度に演算でき心臓負担評価を客観的且つ簡易に行える心臓循環器系モデルを提供する。【解決手段】 動作の運動タイプが等張性収縮運動、等尺性収縮運動、心臓位置の急激な上下移動を伴う上下移動運動の各場合に、各運動タイプに応じた心拍数算出モデルを用いて、運動タイプに対応した運動強度指標と人体の血液循環作用に影響を与える個人特性情...

    心臓循環器系モデル及び心臓負担評価装置

  1. 1
  2. 2