経口医薬品 に関する公開一覧

経口医薬品」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「経口医薬品」の詳細情報や、「経口医薬品」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「経口医薬品」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(151件中)3/8ページ目

  1. 【課題】排尿の頻度を低下させるための方法および組成物の提供。【解決手段】アセトアミノフェン及び抗利尿ホルモン(ADH)、アンジオテンシンII、アルドステロン、バソプレシン、バソプレシン類似体、デスモプレシン、アルギプレシン、リプレシン、フェリプレシン、オルニプレシン、テルリプレシン、心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)およびC型ナトリウム利尿ペプチド(CNP)受容体...

    排尿頻度を減少させるための遅延放出製剤およびその使用の方法

  2. 【課題】 本発明は、シロドシンの光による分解を抑制した光安定性に優れた経口固形製剤を提供すること。【解決手段】 本発明は、シロドシンを含有する薬物顆粒と光安定化剤をそれぞれ別個に含有する口腔内崩壊錠等の経口固形製剤に関するものである。前記光安定化剤は、酸化チタン、黄酸化鉄、黄色三二酸化鉄、褐色酸化鉄、三二酸化鉄、食用黄色4号、食用黄色5号、食用黄色4号アルミニウム...

  3. 【課題】皮膚、生殖器、眼のウイルス性いぼ感染、ニキビダニ属感染及び細菌感染の処置において有用である、安定な局所ゲル組成物の提供。【解決手段】0.1%〜10%のポビドン−ヨウ素(PVP−I)と、30%〜99%のジメチルスルホキシド(DMSO)と、1%〜10%のゲル化剤とを含む局所ゲル組成物において、前記局所ゲル組成物は、ゲル化剤を実質的に含まない0.1%〜10%のPVP...

  4. 【課題・解決手段】本発明が解決すべき課題は、RET阻害作用を有する新規な化合物を提供すること。またRET阻害作用に基づき、該RETが関与する疾患、特に癌の予防及び/又は治療に有用な医薬を提供することである。本発明は、式(I)[式中、A、R2、及びXは明細書中で定義したとおりの意味を有する]で表される化合物又はその塩を提供する。

    新規縮合ピリミジン化合物又はその塩

  5. 【課題・解決手段】液体に増粘多糖類含有製剤を添加したときのダマの発生が抑制され、また、増粘多糖類が本来有する、粘度付与機能又はゲル化機能の発現に優れる、増粘多糖類含有製剤の製造方法等を提供する。バインダー液を用いて増粘多糖類を造粒する工程を有する、増粘多糖類含有製剤の製造方法において、前記バインダー液の成分として、プルラン、グァーガム、グァーガム分解物、アラビアガム、...

    増粘多糖類含有製剤の製造方法

  6. 【課題・解決手段】炭酸カルシウムを含む組成物、その製造方法、及びその使用方法が述べられる。上記粒状鉱物は、例えば沈殿法及び/又は粉砕法によって製造され得る。上記組成物は、炭酸カルシウム及びマグネシウムを含む粒状鉱物を含み得て、該粒状鉱物は、その粒状鉱物の全重量に対して約7重量%〜約80重量%のマグネシウムを含む。上記粒状鉱物の総化学組成は、該粒状鉱物の表面のマグネシウ...

  7. 【課題・解決手段】本発明は、親水性相の存在下で自己乳化する脂質組成物に関し、該組成物は、組成物の総重量に対して、0.001重量%〜20重量%の少なくとも1種の活性物質;組成物の総重量に対して、5重量%〜60重量%の油性相;第一界面活性剤;第2の界面活性剤を含み、第1の界面活性剤と第2の界面活性剤との比率は、0.5〜6であり、前記脂質組成物は、親水性相に分散後、絶対値と...

  8. 【課題・解決手段】本発明は、健康管理を支え、用量ヘルパによる誤った用量提案を回避するためのデータ管理ユニットを参照し、このデータ管理ユニットは:所定の薬剤に関する用量ヘルパ機能を提供するように適用された用量ヘルパを有するプロセッサ(140)と、プロセッサ(140)に接続され、受信したメッセージを視覚的および/または可聴的および/または触知的に表示するように適用されたデ...

    健康管理を支えるためのデータ管理ユニット

  9. 【課題・解決手段】対象の子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症または過多月経を治療するための方法であって、対象に、1日当たり10mg〜60mgのN−(4−(1−(2,6−ジフルオロベンジル)−5−((ジメチルアミノ)メチル)−3−(6−メトキシ−3−ピリダジニル)−2,4−ジオキソ−1,2,3,4−テトラヒドロチエノ[2,3−d]ピリミジン−6−イル)フェニル)−N’−メト...

    子宮筋腫及び子宮内膜症を治療する方法

  10. 【課題・解決手段】本発明は、オキサジン誘導体BACE−1阻害剤を含む医薬組成物、その調製方法、およびアルツハイマー病の処置または予防でのその使用に関する。

    オキサジン誘導体を含む医薬組成物、およびこの医薬組成物のアルツハイマー病の処置または予防での使用

  11. 【課題・解決手段】本発明は、疾患又は障害の処置又は予防のための、短鎖脂肪酸(SCFA)、関連する処置化合物、及び他の化合物(それらの組み合わせを含む)を含む組成物及び方法に関する。

    疾患及び障害の処置及び予防のための短鎖脂肪酸の使用

  12. 【課題】薬剤と、少なくとも2種の賦形剤とを含む乱用抑止製剤を提供する。【解決手段】本発明は、一般的に、硫酸デキストロアンフェタミンを含有する乱用抑止製剤に関する。

    アンフェタミンの乱用抑止製剤

  13. 【課題】ドロー溶液の濃度を低エネルギーで高めることができる濃縮システムを提供する。【解決手段】濃縮システム10は、正浸透膜装置2、逆浸透膜装置3、第1半透膜装置4及び第2半透膜装置5を備える。第1半透膜装置4は、第一室41に逆浸透膜装置3からのドロー溶液と正浸透膜装置2で希釈されたドロー溶液とが供給され、かつ、第一室41内のドロー溶液を加圧して逆浸透法により濃縮する。...

    濃縮システム

  14. 【課題】被処理液の品質低下を防止することができる濃縮システム及び濃縮方法を提供する。【解決手段】濃縮システム1は、被処理液が供給される第一室21、被処理液よりも浸透圧の高いドロー溶液が供給される第二室22、及び第一室21と第二室22とに仕切る半透膜20を備える正浸透膜装置2と、正浸透膜装置2の第一室21で濃縮された被処理液が供給されかつ該被処理液を蒸発濃縮する蒸発濃縮...

    濃縮システム及び濃縮方法

  15. 【課題】飲食品の有するわさび感を増強しうる組成物を提供する。【解決手段】成分(A):一般式(I)γ−Glu−X−Glyで表される化合物、及び一般式(II)γ−Glu−Yで表される化合物(式中、X及びYは、アミノ酸残基又はアミノ酸誘導体残基を示す)からなる群より選択される少なくとも一つのγ−グルタミルペプチド又はその塩、ならびに成分(B)グルタチオンからなる群から選択さ...

  16. 【課題・解決手段】(a)FT4パウダーレオメータの使用により決定された以下のパラメータ(i)〜(viii)、 (i)特定基本流動エネルギー(sBFE)が最大で60mJ/g、 (ii)安定性指標(SI)が0.75〜1.25、 (iii)比エネルギー(SE)が最大で10mJ/g、 (iv)15kPaでの最大原理応力(MPS−15)が最大で40、 ...

    医薬品を調製するための方法

  17. 【課題】胃腸への刺激を防ぎ、食物の影響が全くなく、患者のコンプライアンスを向上させるための、エクジェイド(商標)(デフェラシロクス)のための製剤された組成物および対応する錠剤製造技術の提供。【解決手段】経口投与可能な医薬品であって、前記医薬品の総重量を基準として45重量%から60重量%までの量で存在する、デフェラシロクスまたはその薬学的に許容される塩を含み、胃条件下で...

    デフェラシロクスの経口製剤

  18. 【課題】典型的な抗精神病薬よりも症状緩和および副作用プロファイルに関して有利な化合物の提供。【解決手段】下式:で示される化合物の新規な多形体である、2-((1-(2-(4-フルオロフェニル)-2-オキソエチル)ピペリジン-4-イル)メチル)イソインドリン-1-オン・一塩酸塩・二水和物、すなわち、化合物・HCl・2H2Oの形態(A)。化合物・HCl・2H2Oの形態(A)...

    統合失調症を治療するための2−((1−(2(4−フルオロフェニル)−2−オキソエチル)ピペリジン−4−イル)メチル)イソインドリン−1−オン

  19. 【課題】大豆イソフラボンの食品素材としての新たな用途を提供する。【解決手段】腸内細菌叢改善剤として、二次胆汁酸の生成抑制剤として、大豆イソフラボンを有効成分として含有する組成物を提供する。

    腸内細菌叢改善剤および二次胆汁酸生成抑制剤

  20. 【課題】黒大豆種皮抽出物の食品素材としての新たな用途を提供する。【解決手段】二次胆汁酸の生成抑制剤として、また腸内におけるデオキシコール産生菌の存在割合を減少させて二次胆汁酸の生成を抑制するための剤として、黒大豆種皮抽出物を有効成分として含有する組成物を提供する。

    二次胆汁酸の生成抑制剤

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8