経口医薬品 に関する公開一覧

経口医薬品」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「経口医薬品」の詳細情報や、「経口医薬品」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「経口医薬品」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(646件中)1/33ページ目

  1. 【課題】典型的な抗精神病薬よりも症状緩和および副作用プロファイルに関して有利な化合物の提供。【解決手段】下式:で示される化合物の新規な多形体である、2-((1-(2-(4-フルオロフェニル)-2-オキソエチル)ピペリジン-4-イル)メチル)イソインドリン-1-オン・一塩酸塩・二水和物、すなわち、化合物・HCl・2H2Oの形態(A)。化合物・HCl・2H2Oの形態(A)...

    統合失調症を治療するための2−((1−(2(4−フルオロフェニル)−2−オキソエチル)ピペリジン−4−イル)メチル)イソインドリン−1−オン

  2. 【課題】大豆イソフラボンの食品素材としての新たな用途を提供する。【解決手段】腸内細菌叢改善剤として、二次胆汁酸の生成抑制剤として、大豆イソフラボンを有効成分として含有する組成物を提供する。

    腸内細菌叢改善剤および二次胆汁酸生成抑制剤

  3. 【課題】黒大豆種皮抽出物の食品素材としての新たな用途を提供する。【解決手段】二次胆汁酸の生成抑制剤として、また腸内におけるデオキシコール産生菌の存在割合を減少させて二次胆汁酸の生成を抑制するための剤として、黒大豆種皮抽出物を有効成分として含有する組成物を提供する。

    二次胆汁酸の生成抑制剤

  4. 【課題】ペプチドディスプレイライブラリー構築のための、ペプチド化合物の新規な環化方法、分枝ペプチド合成法の提供。【解決手段】環状部を有するペプチド化合物の製造方法であって、1)アミノ酸残基及び/又はアミノ酸類縁体残基、もしくは、アミノ酸残基及び/又はアミノ酸類縁体残基並びにN末端カルボン酸類縁体により構成される非環状のペプチド化合物を、該ペプチド化合物をコードする核酸...

    ペプチド化合物の環化方法

  5. 【課題】本発明は、加熱又は保存時に進行するシトラールの熱劣化によって劣化臭原因物質(シトラール熱劣化物)が生成されるのを抑制し、劣化臭の発生を抑える新規な手段を提供することを目的とする。【解決手段】シコウカ属、ナンヨウアブラギリ属、キバナヨウラク属、アカネ属、グネツム属、ハカマカズラ属、ツルウメモドキ属、ヤマノイモ属、チュクラシア属、及びナガバモッコク属植物からなる群...

    シトラールの熱劣化抑制用組成物及び熱劣化抑制方法

  6. 【課題】経口利用向けである化合物を送達すること、および取り込みをコントロールすることができる、自己乳化型薬物送達システムを含む組成物を提供する。【解決手段】少なくとも5のlog Pを有する化合物およびビヒクルを含む医薬組成物であって、ビヒクルが、脂肪成分が長鎖脂肪酸のモノグリセリド、長鎖脂肪酸のトリグリセリド、ならびに長鎖脂肪酸のモノおよびトリグリセリドから選択され...

  7. 【課題】注意欠陥障害(ADD)、あるいは、注意欠陥過活動性障害(ADHD)を処置するための治療用の組成物、ならびに方法を提供すること【解決手段】注意欠陥障害(ADD)、あるいは、注意欠陥過活動性障害(ADHD)を処置するためのものである治療のための、組成物、ならびに方法は、治療的である量の活性な薬物を、遅延型ならびにコントロールされた放出製剤において送達する投与形態を...

    注意欠陥障害の処置のための方法および組成物

  8. 【課題】血漿濃度における可変性が許容される、経口経路によるGLP-1ペプチドの投与又は使用のための改善された方法を提供すること。【解決手段】本発明は、GLP-1ペプチドを含む、2型糖尿病又は肥満症の治療方法に用いるための組成物であって、前記ペプチドは、ヒトにおいて少なくとも60時間の血漿内半減期を有し、1日おき又はそれ超の頻度で経口投与によって投与されるものである、組...

  9. 【課題】ゲル化組成物に水を加えた溶液に対して、例えば分注操作や他の成分との混合操作を容易にすることができる新たなゲル化組成物を提供することを主な課題とする。【解決手段】本発明として、例えば、ゲル化に金属イオンを必要とし、水を加え加温冷却操作を行うことなく常温でゾル状態からゲル状態に転移させて使用するゲル化組成物であって、かかるゲル化組成物に水を加えたゾル溶液は、加水後...

  10. 【課題】カプセル殻材料に関係なく、同じ方法、同じコーティング材料で低コストで容易に調製可能であって、徐放性、腸溶性等の改善された薬物放出プロファイルを示す放出調節コーティングカプセルの提供。【解決手段】非液体充填物(non−liquid fill)を含有し、放出調節コーティングを含むカプセルであって、前記放出調節コーティングの下でバンドシールされ、前記バンドシールは...

    放出調節コーティングカプセル

  11. 【課題】新規ランタン組成物カプセルの提供。【解決手段】シェルと、炭酸ランタン又は炭酸ランタン水和物と、タルクなどの潤滑剤とを含む経口医薬品カプセルであって、ここで、前記シェルは前記炭酸ランタン又はその水和物と、潤滑剤とを封入する。カプセルシェルは、例えば、ゼラチンを含む。また、炭酸ランタン又は炭酸ランタン水和物と、薬学的に許容可能な賦形剤とを含む経口医薬品粉末を含む。...

    ランタン化合物を含むカプセル製剤及び粉末製剤

  12. 【課題】カプセル殻材料に関係なく、同じ方法、同じコーティング材料で、低コストで容易に調製可能であって、徐放化、腸溶化等の改善された薬物放出プロファイルを示す、新規放出調節コーティングカプセルの提供。【解決手段】バンドシール及び放出調節コーティングを含むカプセルであって、前記放出調節コーティングが4〜7mg/cm2の放出調節コーティングの量でフィルム形成剤を含み、前記バ...

    放出調節コーティングカプセル

  13. 【課題・解決手段】化合物(I)及び/又はその薬学的に許容される塩を含む、コア組成物と、コア組成物をコーティングするサブコーティング層であって、ポリビニルアルコール及び/又はヒドロキシプロピルメチルセルロースを含む、サブコーティング層と、サブコーティング層及びコア組成物を封入する腸溶性コーティング層であって、アクリル/メタクリル/エタクリル酸ホモポリマー及びそのコポリマ...

    2−[3−[4−アミノ−3−(2−フルオロ−4−フェノキシ−フェニル)ピラゾロ[3,4−D]ピリミジン−1−イル]ピペリジン−1−カルボニル]−4−メチル−4−[4−(オキセタン−3−イル)ピペラジン−1−イル]ペント−2−エネニトリルの放出調節製剤

  14. 【課題・解決手段】本発明は、テコビリマット(ST−246)粉末およびシメチコンを含む再構成用の乾燥懸濁物に関する。乾燥懸濁物は、水中に分散されて、オルソポックスウイルス感染および/または種痘性湿疹を処置するための、経口投与用の水性医薬懸濁製剤を提供する。懸濁製剤は、優れた安定性および良好な溶解性を示し、改善された味覚および食感を有する。

    ST−246(テコビリマット一水和物)懸濁製剤

  15. 【課題】膀胱の充満度がその実働容積に対して100%未満の時に尿意に悩まされる男性および女性対象の治療のための組成物及びその使用を提供する。【解決手段】排尿の頻度を低下させるための方法および組成物。1つの方法は、それを必要とする対象に遅延放出製剤に配合された1つの鎮痛剤を含む医薬組成物の有効量を投与することを含む。もう1つの方法は、それを必要とする対象に複数の有効成分を...

    排尿頻度を減少させるための遅延放出製剤およびその使用の方法

  16. 【課題】注意欠陥障害(ADD)、あるいは、注意欠陥過活動性障害(ADHD)を処置するための治療用の組成物、ならびに方法を提供すること【解決手段】注意欠陥障害(ADD)、あるいは、注意欠陥過活動性障害(ADHD)を処置するためのものである治療のための、組成物、ならびに方法は、治療的である量の活性な薬物を、遅延型ならびにコントロールされた放出製剤において送達する投与形態を...

    注意欠陥障害の処置のための方法および組成物

  17. 【課題・解決手段】セニクリビロック(CVC)は、C−Cケモカイン受容体5型(CCR5)及びC−Cケモカイン受容体2型(CCR2)に結合するリガンドの経口活性アンタゴニストである。CVCは、CCR5へのRANTES、MIP−1α、及びMIP−1βの結合、ならびにCCR2へのMCP−1/CCL2の結合を遮断する。ケモカインアンタゴニスト、FXRアゴニスト、高投与量ビタミン...

    線維症の治療のためのセニクリビロック併用療法

  18. 【課題】排尿の頻度を低下させるための方法の提供。【解決手段】夜間頻尿の対象に於ける排尿の頻度を減少させるための医薬製剤の製造に於ける医薬組成物の使用であって、該医薬組成物が、(1)アセトアミノフェン、(2)イブプロフェン及び(3)α−遮断剤から成る3つの有効成分を含み、アセトアミノフェン及びイブプロフェンの各々が延長放出、遅延放出、又は遅延延長放出を目的として配合され...

    排尿頻度を減少させるための延長放出製剤およびその使用の方法

  19. 【課題】夜尿症を治療するための方法及び組成物の提供。【解決手段】対象における夜尿症を治療するための医薬製剤の製造における医薬組成物の使用であって、前記医薬組成物が:(1)アセトアミノフェンから成る有効成分;または(2)イブプロフェンから成る有効成分;または(3)アセトアミノフェン及びイブプロフェンから成る有効成分;または(4)アセトアミノフェン、イブプロフェンから成る...

    夜尿症のための医薬製剤およびその使用の方法

  20. 【課題】筋肉細胞若しくは筋肉組織に対する糖(グルコース)取り込み促進作用を有するトリペプチド、並びに当該トリペプチドの糖取り込み促進用組成物、抗疲労用組成物、または、血糖値上昇抑制用組成物の有効成分としての用途の提供。【解決手段】pGlu-Leu-Pro及びpELP前駆物質から選択される少なくとも1種を有効成分とする糖取り込み促進用経口組成物。筋持久力の向上、筋肉の疲...

    糖取り込み促進用経口組成物

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 33