細胞関連 に関する公開一覧

細胞関連」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「細胞関連」の詳細情報や、「細胞関連」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「細胞関連」の意味・用法はこちら

61〜80件を表示(1,859件中)4/93ページ目

  1. 【課題・解決手段】本開示は、CD2、CD3、CD4、CD5、CD7、CD8、およびCD52抗原に対する抗原認識ドメインを有するキメラ抗原レセプターポリペプチド、およびそれらをコードするポリヌクレオチドを提供する。本開示はまた、ポリヌクレオチドまたはポリペプチドを発現する操作された細胞を提供する。いくつかの実施例において、本開示は、CD2、CD3、CD4、CD5、CD7...

    血液系腫瘍を標的としたキメラ抗体受容体(CARs)の構成およびその使用方法

  2. 【課題】ゲノム情報を含むデータセット内の変異をフィルタリングする方法およびシステムを提供する。【解決手段】ゲノム情報が被験者から入手された後に、そのゲノム情報を調査して、被験者のゲノムが1つまたは複数の標準ゲノムまたは制御ゲノム(control genome)と異なる場合を判定する。ゲノム情報を以前に収集されたゲノム情報のデータベースと比較することによって、変異を同定...

    原因ゲノム変異の同定の方法およびシステム

  3. 【課題・解決手段】本発明は、標的細胞の表面上におけるヒトCDH3に結合する第1ヒト結合ドメイン及びT細胞の表面上におけるヒトCDSに結合する第2結合ドメインを含む二重特異性抗体構築物に関する。さらに、本発明は、当該抗体構築物をコードするポリヌクレオチド、当該ポリヌクレオチドを含むベクター及び当該ポリヌクレオチドもしくはベクターで形質転換されたまたは当該ポリヌクレオチド...

    CDH3及びCD3に対する二重特異性抗体構築物

  4. 【課題・解決手段】本開示は、少なくとも2つの抗体重鎖定常領域またはその断片を各々含む少なくとも2つの二価結合単位またはその変種もしくは断片を含む、多量体のヒト免疫不全ウイルス(HIV)タンパク質結合分子、例えば二量体IgA結合分子または五量体もしくは六量体IgM結合分子であって、各重鎖定常領域またはその断片がHIV抗原結合ドメインと結合している、多量体結合分子を提供す...

    多価ヒト免疫不全ウイルス抗原結合分子およびその使用方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)の化合物、または立体異性体、互変異性体、または医薬的に許容される塩またはその溶媒和物に関し、X、Y、Z、Q、W、m、u、環(A)、R2、R3、R4およびR5、R6は、明細書および特許請求の範囲に定義されているとおりである。本発明は、式(I)の化合物を含む医薬組成物、ならびにダウン症候群、β−アミロイド血管障害、認知障害に関連する障害...

    BACE1阻害剤としての化合物およびそれらの使用

  6. 【課題・解決手段】関心対象の標的に特異的に結合する新規結合ドメイン含有ポリペプチド(DBDpp)が本明細書において提供される。DBDppをコードする核酸、ならびに前記核酸を含有するベクターおよび宿主細胞も提供される。DBDppライブラリー、このようなライブラリーを生成およびスクリーニングする方法、ならびにこのようなライブラリーおよびスクリーニングから特定されたDBDp...

    新規結合ドメイン含有ポリペプチドおよびその使用

  7. 【課題・解決手段】本発明は、インテグリンα10サブユニットまたはその断片または変異体を発現する哺乳類組織を検出し、インテグリンα10サブユニットに特異的な薬物に投与することによって、中枢神経系の悪性新生物を診断し、治療する方法に関する。

    中枢神経系における悪性腫瘍の検出及び治療

  8. 【課題・解決手段】本発明は、増殖性疾患の治療に有用な式:F1−L1−T−L2−F2の新規二官能性CTI−CTIおよびCBI−CTI二量体[式中、F1、L1、T、L2およびF2は、本明細書において定義されている通りである]であって、本発明の二量体が、独立型薬物、抗体−薬物コンジュゲート(ADC)におけるペイロード、およびそのようなADCの生成または投与との関連で有用なリ...

  9. 【課題】葉酸受容体1の検出のための診断分析およびキットを提供すること。【解決手段】本発明は、概して、ヒト葉酸受容体1に結合する抗体、および葉酸受容体1に基づく療法のための診断分析に関する。抗体を用いて療法を監視する方法もさらに提供される。本発明は、試料中のFOLRIを検出し、例えば、患者を層別化するために使用され得る方法を提供する。したがって、一実施形態において、本発...

    葉酸受容体1の検出のための診断分析およびキット

  10. 【課題】広範な種類の腫瘍由来の癌幹細胞を正確に同定、ソーティング、濃縮及び/又は特徴づけるための方法の提供。【解決手段】CD46、CD324、CD66c及びこれらの組み合わせから成る群から選択される、腫瘍開始細胞関連マーカー(TICAM)。

    細胞亜集団の同定及び濃縮

  11. 【課題】生きている対象において、MASP-2依存性補体活性化の作用を阻害する方法の提供。本方法は、MASP-2依存性補体活性化を阻害するのに有効な量のMASP-2阻害物質を、それを必要とする対象に投与する工程を含む。【解決手段】MASP-2阻害物質は、免疫系の古典的(C1q依存性)経路成分を完全な状態のままにしておきながら、MASP-2によって媒介される別の補体経路活...

    MASP−2依存性補体活性化に関連した状態を治療するための方法

  12. 【課題・解決手段】栄養膜幹細胞から誘導された肝細胞、該細胞を誘導するための方法、およびそれらの組成物が本明細書で開示される。本明細書で開示される誘導肝細胞を利用することによって疾患または障害(例えば、肝臓関連)を処置する方法も本明細書で開示される。

    誘導肝細胞およびそれらの使用

  13. 【課題・解決手段】実施形態は、多種多様な細胞をベースにした、分泌物、発現タンパク質、および他の細胞成分を検出できる機器プラットフォームを使用して実施される、生物学的スクリーニングおよび分析を行うための装置、方法およびソフトウェアを開示する。このプラットフォームは、多数の個別試料が個々に隔離され評価されて、試料由来の成分を高度に並列化され、かつスケーラブルな形で検出また...

    細胞分泌プロファイルの分析およびスクリーニング

  14. 【課題・解決手段】本発明は、免疫細胞の特異性および反応性を選択された膜抗原へ向け直すことができる、組換えキメラタンパク質であるキメラ抗原受容体(CAR)、より具体的には、細胞外リガンド結合がHSP70陽性細胞に対する特異的な免疫を付与する抗HSP70モノクローナル抗体に由来するscFVであるものに関する。そのようなCARを賦与された操作された免疫細胞は、具体的には白血...

    がん免疫治療のための抗HSP70特異的キメラ抗原受容体(CAR)

  15. 【課題・解決手段】式Iの化合物:を提供し、式中、R1A〜R1E、R2〜R4、R5a、LおよびX1〜X3は、本明細書中に示された意味を有し、これらの化合物は、抗炎症作用を有し(例えば、p38マイトジェン活性化プロテインキナーゼ酵素のファミリー;Sykキナーゼ;およびチロシンキナーゼのSrcファミリーのメンバーの阻害により)、特に、肺、眼および腸の炎症性疾患を含む炎症性疾...

    P38キナーゼ阻害剤としてのジアリール尿素誘導体

  16. 【課題・解決手段】改変ヒンジドメイン配列を含む、キメラ抗原受容体(CAR)ポリペプチド(及びCARを発現する免疫エフェクター細胞)を提供する。標的抗原及びヒト白血球抗原(HLA)をコードする導入遺伝子を発現する遺伝子操作抗原提示細胞(APC)も提供する。さらなる態様では、上昇したミトコンドリアの予備呼吸能に関して選択されている免疫エフェクター細胞を提供する。抗原結合性...

    免疫エフェクター細胞の拡大のための遺伝子改変免疫エフェクター細胞及び遺伝子操作細胞

  17. 【課題】部位特異的コンジュゲーションの為の操作された抗体定常領域、並びにその為の方法の提供。【解決手段】操作された定常ドメインが、コンジュゲーションに有用なシステイン残基を導入する為の1つ以上のアミノ酸置換を含み、定常ドメインポリペプチドが、特定の位置から選択される1つ以上のアミノ酸置換を含む操作されたヒトIgG重鎖定常ドメイン(Cγ)ポリペプチド又はその部分、特定の...

    部位特異的コンジュゲーションのための操作された抗体定常領域、ならびにそのための方法および使用

  18. 【課題】RSV免疫原をナノエマルションアジュバントと組み合わせて含んでなるナノエマルション呼吸器合胞体ウイルス(RSV)ワクチン組成物の提供。【解決手段】少なくとも1つの呼吸器合胞体ウイルス(RSV)表面抗原またはその抗原性フラグメントと、約1000nm以下の平均サイズを有する液滴ならびに、水相、少なくとも1種類の油、少なくとも1種類の界面活性剤および少なくとも1種類...

    ナノエマルション呼吸器合胞体ウイルス(RSV)サブユニットワクチン

  19. 【課題・解決手段】本発明は、患者の(i)骨疾患、骨障害、または骨損傷の治療または予防、および/または(ii)骨形成分化、骨形成、骨化作用、骨再生、および/または骨の形態形成の誘導または増強、に用いる骨形成タンパク質(BMP)をコードする配列を有するRNAを含む医薬組成物に関する。本発明は、BMPをコードするRNA(BMP・RNA)にも関し、特に化学修飾された形態でのB...

    BMPをコードするRNAの送達による骨形成誘導

  20. 【課題・解決手段】本発明は、免疫細胞を基礎とする抗癌治療薬および該治療薬の癌の治療における使用方法に関する。

    多様な多重抗原のターゲティングのための汎用的キメラ抗原受容体を発現する免疫細胞および該免疫細胞の製造方法ならびに該免疫細胞の、癌、感染症および自己免疫疾患の治療のための使用

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 93