磁場成形 に関する公開一覧

磁場成形」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「磁場成形」の詳細情報や、「磁場成形」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「磁場成形」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(740件中)1/37ページ目

  1. 【課題】ハドロンを加速するサイクロトロンであって、第1の超伝導主コイルおよび第2の超伝導主コイルとで生成する主磁場の中に局所的な磁場バンプを作り出す第1の磁場バンプモジュールおよび第2の磁場バンプモジュールが局所的に生成する磁場バンプは幅の広い釣鐘形状を有する。【解決手段】作動させると、第1の超伝導バンプコイル51b、52bによって生み出された第1の勾配を、局所的に急...

    超伝導サイクロトロンリジェネレータ

  2. 【課題】希土類磁石に0.3 at%〜0.8 at%のCuと適量のCoを複合添加することにより、粒界に三種のCuリッチ相を形成し、この粒界に存在する三種のCuリッチ相の磁気的な効果や粒界におけるB不足問題の修復効果により、磁石の角形比や耐熱性への劇的な改善効果が得られる低Bの希土類磁石を提供すること。【解決手段】本発明は、R2T14B主相を含む希土類磁石であって、下...

    低Bの希土類磁石

  3. 【課題】低コストでありながら、高磁気特性、高耐食性、高耐久強度を実現できるケース付き圧縮ボンド磁石を提供する。【解決手段】等方性Nd−Fe−B磁石粉末などの希土類磁石粉末と熱硬化性樹脂の樹脂バインダとを含む圧縮ボンド磁石2と、圧縮ボンド磁石2を挿入するケース3と、封止部材4とを備えてなるケース付き圧縮ボンド磁石1であり、圧縮ボンド磁石2は、希土類磁石粉末と樹脂バインダ...

    ケース付き圧縮ボンド磁石

  4. 【課題・解決手段】本発明は、磁気特性が向上したMnBiを含む異方性複合焼結磁石及びその常圧焼結製造方法に関する。本発明のMnBiを含む異方性複合焼結磁石は、非常に優れた磁気特性を実現できるので従来の希土類ボンド磁石の代替が可能であり、常圧焼結方法で製造されるので連続工程が可能であり、従来の永久磁石工程で用いられていた焼結方式をそのまま用いるので経済的である。

    マンガンビスマスを含む異方性複合焼結磁石及びその常圧焼結方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、 R、Fe、Bを組成成分として含む希土類磁石原料粉末を準備するステップ(RはY及びScを含む希土類元素から選択される1種または2種以上が選択される)と、前記原料粉末を成形用金型に充填するステップと、磁場を形成しながら圧縮成形するステップと、を含んで成り、前記圧縮成形するステップは、磁場の方向をZ軸とするとき、X軸とY軸の2軸方向に圧縮する希...

    希土類磁石の製造方法

  6. 【課題・解決手段】本発明は、R、Fe、Bを組成成分として含む希土類磁石粉末を準備するステップ(ここで、RはY及びScを含む希土類元素から選択される1種または2種以上であり、Mは金属のうち1種または2種以上である)と、重希土水素化物を含む重希土化合物を、前記希土類磁石粉末と混合するステップと、混合された粉末を磁場成形するステップと、及び焼結及び重希土拡散を同時に行なうス...

  7. 【課題】低コストで製造可能であると共に、磁束の制御を可能とする。【解決手段】永久磁石4は、モータ1の回転子に取り付けられる希土類系磁石からなる永久磁石であって、磁化の方向が互いに異なる複数の磁石4A、4Bを組み合わせることにより構成され、長手方向に沿って磁化の方向が他の領域と異なる配向制御領域45を有する。

    永久磁石及びモータ

  8. 【課題・解決手段】本発明は、トロイダルプラズマ放電を加熱する電磁場を成形するアダプタに関する。これは、分光計における励起/イオン化源専用のプラズマトーチにおいて使用するためのものである。アダプタは、マイクロ波接続部の上側のブッシング(2)とマイクロ波接続部の下側のブッシング(3)との間に延伸される少なくとも2つの電磁場成形エレメント(1)から成り、電磁場を成形するエレ...

    マイクロ波周波数においてトロイダルプラズマ放電を加熱する電磁場を成形するアダプタ

  9. 【課題】磁石の原料である合金微粒子の集まりを金型に充填し、一定の磁場を同一方向に印加して圧縮した成形体が、合金微粒子の磁区が磁場方向に配向し、合金の密度に近い密度を持つ。この成形体に、合金微粒子の磁化を飽和させる磁界を印加すると、異方性希土類磁石が製造できる。さらに、この異方性希土類磁石は、従来の異方性希土類磁石に近い保磁力と最大エネルギー積を持ち、渦電流が発生せず、...

    異方性希土類磁石の製造方法

    • 公開日:2019/02/21
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-029503号
  10. 【課題・解決手段】異方性焼結磁石の作製工程でのシミュレーションを確立できて、合理的で適正な作製条件を得ることができる異方性焼結磁石の解析方法及び製造方法を提供する。磁粉を磁界配向させつつ成形し、成形体を得る工程と、作製した成形体を焼結して焼結体を得る焼結工程とを経て製造される異方性の焼結磁石を解析する方法において、前記焼結工程では、応力がかからない無応力過程と、応力が...

    異方性焼結磁石の解析方法及びそれを用いた異方性焼結磁石の製造方法

  11. 【課題】非磁性合金を結晶粒の界面に均一に分布させる熱間加圧変形磁石の製造方法を提供する。【解決手段】本発明によるR−TM−B熱間加圧変形磁石(ここで、Rは、Nd、Dy、Pr、Tb、Ho、Sm、Sc、Y、La、Ce、Pm、Eu、Gd、Er、Tm、Yb、Lu及びそれらの組み合わせからなる群から選択される希土類金属であり、TMは、遷移金属を意味する)は、異方化された板状結晶...

    非磁性合金を含む熱間加圧変形磁石及びその製造方法

  12. 【課題】GHz帯周辺の幅広い周波数範囲において低磁気損失と高透磁率を備え且つ異方性を持たないため高周波磁性部品に適用しても設計が制限されない、六方晶フェライト焼結体を提供する。【解決手段】MAαFe12−β(MB1−(γ+δ)MnγMCδ)βO19(式中、MAはBa、Sr、及びCaからなる群より選択される少なくとも一種であり、MBは、4価の金属イオンより選択される少な...

    六方晶フェライト焼結体、及びこれを用いた高周波磁性部品

  13. 【課題・解決手段】本発明は希土類磁石用急冷合金と希土類磁石の製造方法を提供し、R2Fe14B型主相を含み、前記RはNdを含む希土類元素であり、前記合金の主相結晶が短軸方向での平均粒径は10〜15μmであり、Ndリッチ相の平均間隔は1.0〜3.5μmであることを特徴とする。そのため、前記合金で製造した微粉中、1個の粒子中のドメイン数が減り、外部印加磁場に沿う配向がもっと...

    希土類磁石用急冷合金と希土類磁石の製造方法

  14. 【課題】ネオジム鉄ホウ素希土類永久磁石合金粉末の製造方法及びその設備の提供。【解決手段】材料混合が行われた水素粉砕粉末を材料送入装置2のホッパー1に入れ、この材料送入装置2により粉末をグラインド室4に入れ、かつノズル6で高速気流を噴射することにより粉砕を行う。次に、粉砕後の粉末が気流によって離心式粉末セパレーター5に入ることにより粉末の選別を行う。微粉末はセパレーター...

    ネオジム鉄ホウ素希土類永久磁石合金粉末の製造方法及びその設備

  15. 【課題・解決手段】本発明は、優れた熱的安定性を有すると共に高温で優れた磁気特性を有するMnBi焼結磁石、MnBi異方性複合焼結磁石、及びそれらの製造方法に関する。

    熱的安定性が向上したマンガンビスマス系焼結磁石及びそれらの製造方法

  16. 【課題】高いBrおよびHcJが維持され、しかも高いHk/HcJを有するフェライト焼結磁石を提供すること。【解決手段】下記式(1)で表される組成を有し、Ca1−w−xLawAxFezComO19・・・(1)前記式(1)中、w、x、zおよびmは、下記式(2)、(3)、(4)および(5)を満たし、0.30≦w≦0.50(2)、0.08≦x≦0.20(3)、8.55≦z≦10...

    フェライト焼結磁石

  17. 【課題】高いBrおよびHcJが維持され、しかも成型性が良好なフェライト焼結磁石を提供すること。【解決手段】下記式(1)で表される組成を有し、Ca1−w−xLawAxFezComMnaO19・・・(1)前記式(1)中、w、x、z、mおよびaは、下記式(2)、(3)、(4)、(5)および(6)を満たし、0.21≦w≦0.62(2)、0.02≦x≦0.46(3)、7.43≦...

    フェライト焼結磁石

  18. 【課題・解決手段】本発明は、R2T14B主相を含む希土類磁石であって、下記の原料成分:R:13.5 at%〜14.5 at%、B:5.2 at%〜5.8 at%、Cu:0.3 at%〜0.8 at%、Co:0.3 at%〜3 at%、残量のTと不可避の不純物とを含有し、前記RはNdを含む少なくとも一種の希土類元素であり、前記Tは主にFeを含む元素である...

    低Bの希土類磁石

  19. 【課題・解決手段】電子エミッタは:平面内で第1エミッタ端部から第2エミッタ端部まで両端間に一体的に接続されて平板パターンを形成する複数の長尺横木部材と;複数のコーナー部であって、各長尺横木部材が別の長尺横木部材に、コーナー頂点部及び反対側のコーナー奥底部を有するコーナー部を介して接続される、前記複数のコーナー部と;隣接する非接続横木部材と非接続横木部材との間の第1ギャ...

    放出特性を調整できる平板エミッタを有し、かつ磁気走査及び磁気収束を行うX線管

  20. 【課題】高い残留磁束密度を有するフェライト焼結磁石を提供すること。【解決手段】フェライト焼結磁石2は、六方晶構造を有するフェライトを含む複数の主相粒子5を備え、主相粒子5のうち、コア7とコア7を覆うシェル9とを有するコアシェル構造粒子5Aの数が、コアシェル構造粒子5A以外の主相粒子5の数よりも少ない。

    フェライト焼結磁石

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 37