発射光源 に関する公開一覧

発射光源」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「発射光源」の詳細情報や、「発射光源」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「発射光源」の意味・用法はこちら

1〜7件を表示(7件中)1/1ページ目

  1. 【課題】 輝度を増して温度を下げられるハイパワー発光ダイオード構造の提供。【解決手段】 基板底部に導熱板を設け、且つ導熱板上表面に複数の絶縁膜を敷設すると共に、絶縁膜表面より突出する複数の電気接点を設け、並びに中央の電気接点内に少なくとも一つのエピタキシャルチップを設け、該エピタキシャルチップの周囲に複数の導熱機能を具備する注入孔を設け、且つ基板上に射出方式を利用...

    ハイパワー発光ダイオード構造

  2. 【課題】レンズ押さえ枠を用いない場合も用いる場合も、レンズをレンズ枠に調芯しながら高い位置精度で固定できるレンズの調芯及び固定方法を得る。【解決手段】非晶質ポリオレフィン製のレンズ30に当接部31を形成し、非晶質ポリオレフィン製のレンズ枠10に当接部と当接すると共にレーザ光を吸収する当接受光部15を形成し、当接部を当接受光部に接触させつつレンズをレンズ枠に調芯しながら...

    レンズの調芯及び固定方法

  3. 【課題】使用寿命を延長する有機発光ダイオード、及び、その製造方法を提供する。【解決手段】主に、カラーフィルター21の上表面に、透光隔離層211を設置し、且つ、透光隔離層211の上表面に、少なくとも一つの下部電極231を定義し、下部電極231に被覆されない透光隔離層211をエッチングして、除湿チャネル31を形成し、ベーキング工程で、カラーフィルター内に残留する溶剤や水気...

    使用寿命を向上する有機発光ダイオード、及び、その製造方法

  4. 【課題】 レジスト内の極微小な領域間に存在するレジストの溶解特性のばらつきを評価する。【解決手段】 基板に塗布したレジストの測定領域に、このレジストを感光させるエネルギーを照射し、レジストを現像する現像液中に晒して現像しながら、測定領域の膜厚を測定する。レジストの膜厚が、所望の膜厚となった時に、現像を中止し、測定領域の表面の粗さを測定することにより、レジストの現像...

    レジスト現像速度ばらつき評価方法及びレジスト現像速度ばらつき評価装置。

  5. 【課題】大幅に視覚均一度を高めた発光ダイオード。【解決手段】リードフレームの凹部上表面に放置凹溝を形成し、放置凹溝内にLEDチップのLED基板を設置且つ被覆し、LEDチップが僅かにその発光作用層のみがリードフレームの凹部上表面より突出し、こうして発光作用層が通電により発光する時、その投射光線がLED基板に隔離されて外から見て暗帯を形成するのを防止し、全体の発光ダイオー...

    視覚均一度を高めた発光ダイオード

  6. 【目的】歯科治療用光硬化性樹脂からなる歯科用修復部材を光照射し、成形硬化させるための光重合装置において、赤外線の悪影響を排除する。【構成】側方の球面反射鏡3を介する発光ランプ2からの発射光線が角度45°に傾設した赤外線透過・可視線反射型の平面反射鏡4に凝縮して集射され、該反射鏡4で赤外線を除去されて可視線だけが下方に反射され、その反射光線は拡射光線となって凸レンズ6に...

    可視光重合性歯科修復部材硬化用の光重合装置

  7. 【目的】本発明は、フィルム上に塗工した樹脂皮膜の密着性を評価する方法の提供を目的とする。【構成】樹脂を塗工したフィルムの断面方向からフィルム断面に垂直にレーザー光を照射し、フィルム内に入った光がフィルムを通過する間にフィルム上に塗工した樹脂の密着性の度合いにより樹脂層に漏れる光の量が異なることを利用して、反対側の断面から出射した光の量を測定することにより密着性を評価す...

    フィルム上に塗工した樹脂皮膜の密着性評価方法