漸次上方 に関する公開一覧

漸次上方」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「漸次上方」の詳細情報や、「漸次上方」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「漸次上方」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,038件中)1/52ページ目

  1. 【課題】繊維強化プラスチック部の剛性を損なわずに、繊維強化プラスチック部と他の構成材とを接合可能な繊維強化プラスチック部材、及び繊維強化プラスチック部と屋根部等の他部材とを接合可能な繊維強化プラスチック複合構造を提供する。【解決手段】構造物の柱梁架構に用いられる、繊維強化プラスチック部11と他の構成材20を接合させた繊維強化プラスチック部材10であって、前記繊維強化プ...

    繊維強化プラスチック部材及び繊維強化プラスチック複合構造

  2. 【課題】奥行き寸法の小型化を図ること。【解決手段】入金された硬貨の真贋及び金種を判別する検銭部21aと、検銭部21aにて正貨と判別された硬貨を一時的に保留する一時保留部22と、一時保留部22で一時的に保留された硬貨が自身に搬送された場合に、該硬貨を金種毎に振り分ける振分部23と、振分部23により振り分けられた硬貨を金種別に収納する複数の収納庫24と、収納庫24から繰り...

    硬貨処理装置

  3. 【課題】高周波信号の伝送を可能とするフレキシブル配線基板用のコネクタを提供すること。【解決手段】フレキシブル配線基板用コネクタ9は、コネクタ本体10と、コネクタ本体10に設けられた複数のコンタクト端子20と、コネクタ本体10により回動可能に支持されると共に、コネクタ本体10側にフレキシブル配線基板8を押圧するように構成されたロック部34を有するロックカバー30と、コネ...

    フレキシブル配線基板用コネクタ

  4. 【課題】口頸部の外周面には雄螺条及びこの雄螺条の下方に位置する係止あご部が形成されている容器に適用され、容器の口頸部を開封した後においても容器蓋の全体が容器の口頸部から分離されることがない、本体とタンパーエビデント裾部とを含む合成樹脂製容器蓋を改良して、容器蓋の軸線方向長さが比較的短い場合でも、口頸部から離脱された本体が所要開位置まで旋回されると、本体はかかる開位置に...

    合成樹脂製容器蓋

  5. 【課題】利便性を向上させつつ、補充作業を容易なものとすること。【解決手段】棚枠部材10に設けられた棚板ユニット20に商品を載置させた商品載置棚1であって、棚板ユニット20は、収納位置と繰出位置との間で、それぞれが前後方向に沿ってスライド可能となる態様で棚枠部材10に取り付けられた第1棚板20a及び第2棚板20bを備え、棚枠部材10は、前端部分に商品ストッパ14が取り付...

    商品載置棚

  6. 技術 容器

    【課題】本体部材を外側から覆わずに、底部材を本体部材に取り付け可能な容器を提供する。【解決手段】容器1は、内容物が収容される有底筒状の本体部材20と、本体部材の下端部に取り付けられた底部材30と、を備える。本体部材の底部には、上方に向けて窪む凹部23が形成され、底部材には、凹部内に挿入された凸部31と、凹部の内周面23aに対して弾性変形した状態で当接した爪部35と、が...

    容器

  7. 技術 容器

    【課題】摘み部の径方向の寸法を大きくせずに、摘み部を摘みやすくする。【解決手段】容器1は、内容物が収容される有底筒状の本体部20材と、本体部材の口部を閉塞する有頂筒状の蓋部材10と、を備える。蓋部材の周壁11には、周方向に突出した突片を有する摘み部と、突片から径方向内側に向けて突出する凸部16と、周方向に延びる弱化部11aとが形成されている。凸部が本体部材に当接するこ...

    容器

  8. 【課題】硬貨の分離に要する時間の短縮化を図ること。【解決手段】入金ユニット10aと分離ユニット10bとを備え、分離ユニット10bは、入金ユニット10aに搬送される硬貨Kのうち先頭の硬貨Kが入金ベルト12の上方側張設部分12aの後端部より後方に突出した状態で自身に当接する場合に、硬貨Kの搬送を規制するストッパ174と、前後一対の分離プーリ171間に、後方に向けて漸次下方...

    硬貨分離装置

  9. 【課題】製造コストやメインテナンス性の改善を図る。【解決手段】紙幣Mが所定の投入位置に配置された場合に搬送ローラ4を駆動して紙葉の搬送を行う紙葉搬送装置であって、投入位置に配置された紙葉を上流側において検出する入金検出センサ5aと、投入位置に配置された紙葉を下流側において検出する姿勢検出センサ5bと、姿勢検出センサ5bの検出結果が紙葉ありから紙葉無しとなった時点での入...

    紙葉搬送装置

  10. 【課題】船舶における主機の冗長性を高める。【解決手段】船舶1Aは、船体2と、主機3と、出力軸34と、プロペラ42と、プロペラ駆動軸4と、電動機5と、軸連結断続部7と、を備える。主機3は、船体2内に設けられる。出力軸34は、主機3により回転駆動される。プロペラ42は、船体2の外部に設けられる。プロペラ駆動軸4は、プロペラ42を回転させる。電動機5は、プロペラ駆動軸4に設...

    船舶、船舶の航行方法

  11. 【課題】ファーストトルクとセカンドトルクとの間の必要トルクが充分に低減される合成樹脂製容器蓋を提供すること。【解決手段】嵌合面38を有する嵌合部40を周方向に間隔をおいて複数個形成し、かかる嵌合部40の周方向配列を適宜に設定する。

    合成樹脂製容器蓋

  12. 【課題】省エネルギー化を維持しつつケース本体内に収納した商品をショーケース用及び自動販売機用に共用することができる商品収納装置を提供する。【解決手段】ケース本体1の前面、背板にショーケース用扉2と自動販売機用扉4を設けた商品収納装置であって、ケース本体1内に架設された商品載置棚6に商品をショーケース用扉方向に搬送して搬出する商品搬出機構を搭載した商品収納ラック7を配設...

    商品収納装置

  13. 技術 冷却装置

    【課題】凝縮器を通過する空気の圧力損失を低減させながら、結露水の蒸発を良好なものとすること。【解決手段】蒸発器31、圧縮機32及び膨張機構34とともに冷媒が封入された冷凍回路を構成し、圧縮機32で圧縮された冷媒を自身の周囲を通過する空気に放熱させて凝縮させる凝縮器33と、凝縮器33の後方側に設置され、蒸発器31で生じた結露水を貯留する蒸発皿36と、蒸発皿36に立設され...

    冷却装置

  14. 【課題】容易に水密性を確保し、かつ耐風圧の問題を解決すること。【解決手段】屋根妻パネル23の縁部に沿って配置される腕木18及び妻垂木19と、屋根妻パネル23の室内に臨む内表面23cに対向した状態で両端部がそれぞれ腕木18及び妻垂木19に固定される内補強部70Aと、屋根妻パネル23の室外に臨む外表面23dに対向した状態で配置され、内補強部70Aとの間に屋根妻パネル23を...

    面材の支持構造及び屋根構造体

  15. 技術 椅子

    【課題】着座者の腰椎部の荷重による弾性変形を適切な範囲に抑え、背凭れの姿勢に関わらず着座者の腰椎部に大きな押圧力を付与することができ、座り心地に優れたものを提供することができる。【解決手段】支持構造体2と、支持構造体2の上部に支持され、着座者Mの臀部を支持する座3と、支持構造体2の支基22から後方に延びるとともに上方に延設された背凭れ支持部材4と、背凭れ支持部材4に支...

    椅子

  16. 【課題】簡単な構造で支持部材に対して荷重支持部材を着脱でき、高さ調整を容易に行うことができ、しかも荷重支持部材に大きな負荷をかけずに支持部材に対する荷重支持部材の支持力を確保できる。【解決手段】ランバーサポート支持部材11に対して上下方向に移動可能に支持される荷重支持部材16を備え、荷重支持部材16は、幅方向に離間する一対の縦板状体161と、一対の縦板状体161同士を...

    背凭れ荷重支持構造、および椅子

  17. 【課題】ドアパージ処理に要する時間の短縮化を図りつつ、搬送対象物(ウェーハ)の性状変化を招来し得る望ましくない気体を搬送室内に流入させない構造のロードポート、及びこのようなロードポートを備えたEFEMを提供する。【解決手段】ベース21の前方における所定位置に配置されたFOUP4とベース21との間をシールする第1シール部5と、開口部21aを閉止した閉状態にあるロードポー...

    ロードポート及びEFEM

  18. 【課題】高い剛性と変形性能を備え、かつ耐火性能を向上させる。【解決手段】繊維強化木質部材10Aは、繊維強化プラスチックと木材を組み合わせた繊維強化木質部材10Aであって、断面形状が、矩形状、I形状、逆T形状、H形状、ボックス形状の何れかに形成された繊維強化プラスチック部11と、繊維強化プラスチック部11の外周囲に設けられる木質部20と、を備え、繊維強化プラスチック部1...

    繊維強化木質部材

  19. 【課題】従来と比較し、より効率的且つ効果的に支持耐力を向上させることが可能な場所打ちコンクリート杭の構築方法を提供する。【解決手段】杭用の掘削機を用いて地盤の所定の深度まで軸部2の掘削孔10を先行掘削して形成し、軸部2の掘削孔10よりも小径の軸部用の拡底用掘削機5を軸部2の掘削孔10の先端部に挿入し、且つ、軸部2の掘削孔10の内部に配設した偏心位置決め保持手段8によっ...

    場所打ちコンクリート杭の構築方法

  20. 【課題】従来と比較し、より効率的且つ効果的に支持耐力を向上させることが可能な場所打ちコンクリート杭の構築方法及び場所打ちコンクリート杭を提供する。【解決手段】杭用の掘削機5を用いて地盤Gの所定の深度まで軸部2の掘削孔10を先行掘削して形成し、軸部2の掘削孔10よりも小径の軸部用の拡底用掘削機5を軸部2の掘削孔10の先端部に挿入するとともに、拡底用掘削機5の中心軸O2を...

    場所打ちコンクリート杭の構築方法及び場所打ちコンクリート杭

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 52